アーカイブ: 田布施システム

[思索の日記]初詣や神前結婚式や見合い結婚や天皇現人神は、日本の伝統!?みな真っ赤なウソです。

竹下雅敏氏からの情報です。
 これは〜とってもわかりやすい。やはり、靖国神社は田布施神社と名付けるべきなのです。権力者に騙されないようにしましょう。
 連中の一部は、天皇がイスラエル人だという妄説を信じさせようとしています。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
初詣や神前結婚式や見合い結婚や天皇現人神は、日本の伝統!?みな真っ赤なウソです。
記事配信元)
本記事文章は現在公開を停止しております。 (2016/4/23)
記事の提供元にてご覧ください。

[Sputnikほか]安倍首相が田布施村の守護社・靖国神社に供え物 / 神社本庁は「日本神話韓国起源説」を支持していた 〜 日本の支配層は田布施村出身の朝鮮民族

竹下雅敏氏からの情報です。
 神社本庁が、上田正昭京大名誉教授の「日本神話は韓国が起源」という珍説を支持したという記事が2つ目です。
 これは八咫烏を含め、日本の支配層が渡来人であるということでしょう。明治以降の天皇のすり替わりで、“田布施村出身の朝鮮民族”による日本支配がすすんだということだと思います。
 “続きはこちらから”以降の記事は、孝明天皇は謀略で殺されたとしていますが、私の直感では孝明天皇は暗殺されておらず、“孝明天皇は息子、睦仁親王と共に堀川御所に移って「京都ウラ天皇」となり、その息子が堀川辰吉郎である”という落合莞爾氏の説が正しいのではないかと思います。
 ネトウヨは、日本で正直に働いている在日の方を攻撃するのではなく、安倍一族に代表される“田布施村出身の朝鮮民族”を攻撃すべきではありませんか?
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
安倍首相、靖国神社に供え物
転載元より抜粋)
b10
安倍晋三首相が靖国神社に供え物を行った。

首相は中韓の反応を考慮し、個人参拝は控えた。11月初頭に予定されている3か国サミットの開催が中止されるのを恐れた形だ。

靖国神社は第二次世界大戦における日本の軍国主義を連想させ、それを日本の政治家が参拝することは日本が地域帝国主義を再興させる意図をもっていることを懸念させる。靖国には日本が行った様々な戦争で死亡した250万人の兵士・将校の名を記したリストが保管されており、その中には14人の第二次世界大戦における戦争犯罪者も含まれている。
————————————————————————
[神社本庁をめぐる売国疑惑いろいろ]  神社本庁が「日本神話韓国起源説」を指示・戸隠修験・丹生都比売神社
記事配信元)
本記事文章は現在公開を停止しております。 (2016/4/23)
記事の提供元にてご覧ください。
» 続きはこちらから

[NAVERまとめ]実は韓国を愛しまくっている安倍総理―韓国大好きエピソード集

竹下雅敏氏からの情報です。
 鬼塚英昭著「日本のいちばん醜い日」のp391に、次の記述があります。
 『大室寅之祐は田布施町の生まれ。…大室寅之祐の生家の近くに岸信介一族の生家もある。』
 明治天皇になりすました大室寅之祐の出身地である田布施町から多くの著名人が出ているため、日本の支配構造を“田布施システム”と呼ぶ人がいます。鬼塚氏は、大室家を南朝の末裔ではなく、“むしろ、北朝鮮系の被差別部落民ではないのか”と記しています。これなら安倍晋三が、北朝鮮と深い繋がりのある統一教会と懇意である理由がよくわかります。
 今回取り上げた記事でも、安倍晋三の父・晋太郎自らが「私は朝鮮だ」と言っていたということなので、鬼塚氏の説明は説得力があります。記事ではパチンコ富豪と親密であること、実は韓国大好きであることが示されています。その人物が在特会などと関係を持ち、ヘイトデモを擁護する立場に立っているわけです。
 実にわかりやすいやり方で、ユダヤ人から資金援助を受けていたナチスと同様の手法だと思います。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

――――――――――――――――――――――――
実は韓国を愛しまくっている安倍総理―韓国大好きエピソード集
記事配信元)
本記事文章は現在公開を停止しております。 (2016/4/23)
記事の提供元にてご覧ください。

[Martin Island]なぜにここまで日本を動かした要人が同じ出自なのか?「山口県田布施町の怪(上)」

竹下雅敏氏からの情報です。
 日本の支配層の血筋に係る記事です。記事の中にある2つの動画は興味深いもので、時間のある方は是非ご覧になって下さい。
 記事の中にある鬼塚氏の著書「日本の一番醜い日」は、最も重要だと言ってよい歴史書だと感じます。私も本は購入しているのですが、残念ながら読む時間が取れないのです。この本の重要な部分を要約してくれています。特に赤字にした部分は重要で、この通りではないかと思います。こうした事柄が真実だとすると、皇室問題がタブーになるのも無理はないと思います。
 文中、朝鮮系とか部落などの言葉が出てきますが、私はこういった出身に関しては、はっきり言ってどうでも良いことだと思います。鬼塚氏も同様で、単に事実を記述しているだけだと思います。実際日本人の先祖を辿って行くと、ほとんどの人が何らかの形で外から入って来た人たちの末裔ではないかと考えられるからです。
 ただ大切なのは、犯罪を犯している者を、法に基づいてきちんと裁かなければならないということです。田布施生まれの大室寅之祐が明治天皇にすり替わったというのは、間違いのない事実だと思います。明治天皇・大正天皇は、本来の意味で天皇になる資格の無い人たちですが、昭和天皇以降、元の北朝の天皇の血筋に戻っているように思います。それともう一つ、孝明天皇は暗殺されたと言われていますが、実はそういうことにして身を隠したようで、実際には1908年(77歳)頃まで生きていたと思います。この辺りの事が秘められた日本の歴史で、私も詳しくわかっていない分野です。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

――――――――――――――――――――――――
なぜにここまで日本を動かした要人が同じ出自なのか?「山口県田布施町の怪(上)」
記事配信元)
本記事文章は現在公開を停止しております。 (2016/4/23)
記事の提供元にてご覧ください。
» 続きはこちらから