アーカイブ: *霊的世界

中西征子さんの天界通信52 〜タカキミクラノミコト様(エーテルダブル・16才)から地球人へのメッセージ~

竹下雅敏氏からの情報です。
 中西征子さんが、私のエーテルダブル(ライトボディ)を描いてくれました。私の内側の身体はいずれも16歳で、年を取りません。
 通信文の中に、エーテルダブルの存在次元が書かれていますが、これは天界の秩序1天界の秩序5をご覧ください。
 天界の秩序5の2つ目の図には、国津神に関係する4.0~8.9次元が赤系の色で表示されています。同じように、天津神(ホツマの神)に関係する64.0~68.9次元が青系の色で表示されています。68.9次元は、無色界の1番上の次元になります。
 通信文の中で、この68.9次元は「ホツマの神」でも誰も行けない場所のはずだと指摘しましたが、これには明白な理由があります。第1システム天津神第一レベルの最高神(現在は牽牛様)だとしても、そのプルシャ(神我)は67.9次元にあるからです。自身のプルシャの存在次元よりも高い次元に、いかなる身体でも入ることは出来ません。
 ただし、上位のシステムに所属する神々であれば、ここに降りてくることは十分に可能です。
 天界の秩序5の表は、国津神でも4.0~8.9次元までしか描かれていません。しかし、11月28日の記事で示した神智学の世界観は、「3.0~3.9次元の界層」なのです。天界の秩序5の表の中に、この神智学の図は入っていないのです。
 この図は、2016年1月22日の記事の「宇宙の物理的次元の7界と49亜界」をより精密にしたものです。
 すなわち、神智学の宇宙を表現する7界と49亜界は、「宇宙の物理的次元」なのであって、霊的次元ではありません。
 天界の秩序で表現した図は、「宇宙の霊的次元」を示すものです。残念ながら、何らかの身体で、宇宙の霊的次元である4.0次元以上の界層に入るためには、第1システム国津神第五レベルに所属している限り、最高神と言えども不可能なのです。このレベルを卒業しなければなりません。
 ただし、このレベルを卒業し、第1システム国津神第四レベル以上に所属する者も、解脱しているわけではありません。彼らは、肉体に生まれ変わらなければならないのです。地球上の宗教では、ヨーガ・スートラに記述される「無種子三昧」が到達点で、これを実現すると解脱がもたらされると思われているのですが、これは誤りです。「無種子三昧」によって、「人」から「神」へと進化するのですが、解脱するわけではありません。
 このように地球上の宗教は誤解に満ち、ずいぶんと低いところにあります。
(竹下雅敏)
————————————————————————
中西征子さんの天界通信52
<通信者:中西征子>
<通信日時:2019年11月30日>

イラスト

「1.自分自身に質問するのは、なんか変なのだけれど、いくつか確認したいことがあるので、中西さんに聞いてもらいます。
私のエーテルダブル(ライトボディー)の存在次元は64.0~123.9次元だと思うのだけれど、正しいですか?

:その通りです。

2.普段は68.9次元にいると思うのだけれど、そこだと「ホツマの神」でも誰も行けない場所のはず。
私は、「明るい引きこもり」で、シャンティ・フーラの関係者以外は、誰にも会わない生活をしているけれど、そちらはどうですか?

:(しばらく続く笑い声)
私も同様で、“超明るい引きこもり”生活をしています。
しかし、私は動物や植物や自然界に大勢の友達がいるので、本当の引きこもりではないかもしれませんね(笑)。


3.普段、暮らしている天体は、「ほうおう座ω星」で、私たちの家族以外はこの星に居ないように思うのだけれど、正しいですか?

:その通りです。

この後は、中西さんから質問してもらいます。
最後に、 「地球人へのメッセージ」をよろしく。

竹下雅敏」

<先生の質問の後に、私からの質問をさせていただきました>

1 、今年の2月14日付けで、同じエーテルダブルのイラストを描かせていただきましたが、今回は“目”が変化しているのですが、9ヶ月位でも変化するのでしょうか?

:このイラストが今の私です。

2.現在のお仕事、また一番の楽しみや好きな事を教えて下さい。

:私は、基本的に好きな事しかやりません。
それが結果的に、私の役割や仕事につながっています。

好きな事は、自然と会話しよく観察する事で、様々な発見をする事です。
その発見と気付きが、新たな分野の開発につながっていく事…それが私の喜びとなっています。
その結果を、地上のふさわしい人々や組織に降ろす仕事をしています。


3.現在のお住まいの「ほうおう座ω星」は、南天に位置し、日本ではその全体を見る事が出来ない星座で、しかも「ω星」はまだ未発見のようです。
そのような星での暮らしを選ばれた理由を知りたく思います。

:「ω星」はまだ未発見の星です。
「超明るい引きこもりの自由人」にとって、うってつけの星だと思いませんか?(笑)
誰にもわずらわされることがないのですから(笑)
肉体と同じですね~。(大笑)


4.「明るい引きこもりの自由人」って、時間にしばられる事もないのですか?

:その通りです。あくせくと時間に追われる事はありません。
地球のような時間も空間もありません。
すべて、自分の思うままに、在るがままに、
束縛するもののない世界で自在に生きています。


5.では、重力や引力もないのですか?

:その様な物理的次元の法則は、こちらには有りません。

6.竹下様の全身体で集まって、お祝い事やパーティーなどされる事があるのですか?

:今、全員が集まって来て、楽しそうに笑っていますよ。
あなたの質問の通りです。
時々集まって情報交換をしています。


(中)好きなお酒でパーティーですか?

:その通りです。なぜわかったのかな…?

(中)日本酒の美味しい季節で、ボージョレ・ヌーボーも解禁ですから(笑)

:なるほど…。参りました(笑)

7 .趣味を教えていただけますか?

:楽器の演奏 ヴァイオリン・フルート・ピッコロ・パイプオルガン、その他
歌 クラシックだけでなく、ジャンルは問いません。歌謡曲もです。
  (例)「黄昏のビギン」作詞、作曲
踊り バレエ、アイスホッケー、タンゴ、チャチャ、何でも踊ります。
動・植物、自然界の品種の管理と改良

8.最後に、このイラストの霊導はどなたがして下さったのでしょう?

:あなたです。

タカキミクラノミコト様、たくさんの質問に快く答えていただき、ありがとうございました。
先日から、ちあきなおみさんの「黄昏のビギン」を数回聞いていたので、あの曲を作詞作曲されたと知って驚いています。
では引き続き、地球人へのメッセージをお願いいたします。

» 続きはこちらから

神智学の世界観の本質とは ~魂を失った者たちが作り上げた、地球上の宗教は大変レベルが低い

竹下雅敏氏からの情報です。
 昨日の記事の補足です。しかし、これから述べることは、神智学の世界観の本質と言えるものだと思います。 6月11日の記事で、神智学の誤りをいくつか指摘しました。この中でも特に注目すべきものとして、進化段階が「第4段階」に到達すると、“魂を包む鞘~コーザル体~が破壊”されるとあります。この時のコメントで、これは誤りであることを指摘しました。
 今日の記事は、2016年1月22日の記事の一部で、このことと関係している部分を要約し、再掲しました。
 記事をご覧になると、“メンタル界の真ん中にある点線”は、形態のある世界(色界)の境界で、ここより上(メンタル界1~3亜界)は純粋な無色界だと捉えていることがわかります。なので、この部分は仏教の世界観とも一致していることになります。
 しかし、この界層は純粋なコーザル界で、コーザル体が活動する世界です。コーザル体は他の身体と同様に、姿形を持っています。例えば中西征子さんが描いた私のコーザル体(原因体)のイラストをご覧ください。
 神智学では、魂と魂の器であるコーザル体の説明が混乱しています。これは、先の進化段階が4段階になるとコーザル体が破壊されるとする神智学の独特の教義と関連しています。実は、ほとんどのハイアラーキー関係者は、これまでになしたカルマによって、魂(ジーヴァ)が動物システム以下に転落してしまっているのです。誤解を招く表現をすれば、彼らは“魂がない”わけです。というのは、彼らは犬や猫のような動物以下の存在には魂がないとしているのです。実際にはそうではなく、動物は、動物システムに魂(ジーヴァ)があります。植物は、植物システムに魂(ジーヴァ)があります。鉱物も同様です。
 彼らが、動物以下の存在は“魂がない”と表現するのであれば、ハイアラーキーとそのイニシエートたちのほとんどは、魂がないことになります。
 実は、表に描かれているアートマ=ブッディ=マナスで表記されている三角形は間違っています。ブッディ(理智)は第2亜界にあり、マナスは第4亜界にあります。また、図の赤い点線で示されたところに、アンタカラ-ナの文字が見えますが、アンタカラーナとは内的心理器官の意味で、チッタ(心素)、ブッディ(理智)、アハンカーラ(我執)、マナス(意思)の総称です。
 彼らの魂(ジーヴァ)が動物システム以下に転落していても、ブッディ、マナスは、マナス界(メンタル界)に残っています。なので、彼らが純粋なコーザル界に入ることは可能です。しかし、そこで活動するコーザル体が下のシステムに転落しており、彼らにとって、コーザル体は存在しない状態になっているのです。
 進化段階が4.0を超えると、コーザル界に入れるようになります。ところが、そこに自分のコーザル体は無いのです。ひょっとしたら彼らは、魂を失っていない人のコーザル体が存在することは知覚し得るのかも知れません。そこで、彼らは進化段階が4段階になると、コーザル体は破壊されるとする教義を打ち立て、自分のコーザル体が存在しないことを正当化したのだと思います。仏教徒も、同様です。
 すでにお伝えしているように、仏教の開祖のゴーダマ・シッダールタも魂(ジーヴァ)が転落していた人物なので、コーザル界を無色界として、形態のない世界と表現したのだと思います。
 私が、“地球上の宗教は大変レベルが低い。なぜなら魂を失った者たちが作り上げた宗教だから”と言う意味が、わかってもらえるのではないかと思います。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
[Recreating Balance]契約制度の終焉 〜神智学で言うところの“太陽系の7界と49亜界”の解説〜
転載元)
(前略)
契約制度の終焉
転載元より翻訳)Recreating Balance 15/12/11

(中略)
私たちは死ぬと(中略)… 上部にある密度を横切って行くのです。密度とは、物質の状態であり、下の図の通り、最も密度が高いのが固体、次に液体、その次が気体、それからプラズマ、エーテル、アストラル・・・となります。
 

クリックで拡大


この図には、それぞれが7つの亜界に分かれた7つの界層があります。最下層にある物質界には『固体、液体、気体』の3つの亜界だけがあります。気体の上の点線はプラズマ界を表しています。プラズマ界の上の4つの亜界はエーテル界です。エーテル界の上の7つの亜界はアストラル界です。

私たちは肉体に転生している時でも、プラズマ体やエーテル体やアストラル体(その上の全ての界層の身体とも)とつながっていることを理解する必要があります。界層間の通信はいつも起きており、液体の界層に起きていることは、常に固体の界層や、同じようにプラズマ界やエーテル界やアストラル界などにも影響を与えています。
(中略)
メンタル界の真ん中にある点線は、世界の終りが、奥行きと高さと幅という3つの寸法に基づいていることを表しています。それより上の全ての界層には、不調和も闇も異常さもなく、純粋な流動体である愛と光だけが存在できます。純粋な愛と光だけです。
(以下略)

ユダヤ問題のポイント(日本編) ― 基本情報3 ― 神々の権力闘争の場

 意外かも知れませんが、神同士の争いがあります。天界において、この地球世界と同様の激しい権力闘争がありました。この地球の姿は天界の写しでもあるのです。
 私自身はやったことがないのでよくは知らないのですが、シミュレーションゲームがあります。それは「現実の事象・体験を仮想的に行うコンピュータゲームのジャンルの一つ」(ウィキペディア)とのことで、ゲームを行うもの同士が互いに持ちキャラクターを戦わせ、勝敗を争うゲームだと思います。それで勝利した側は、仮想現実の世界で相手のキャラクターの持っていた武器や戦力や領地などを獲得できるのでしょう。
 この地球という物質世界は、神々にとってはシミュレーションゲームの現場だと譬えられるでしょう。迷惑な話ですが、神々の代理戦争の現場ともいえます。神々は直接神同士で殺し合う戦争は行いません。仮想現実の現場となる地球で、神々がそれぞれ自分の持ちキャラクター同士を戦わせ争うのです。つまり地球の人間が神の持ちキャラクターの代理者として殺し合い、戦争をするのです。
 ただし、神が人間を霊的に操作するのですが、無論人間も自由意志があるので、神がわの操作がうまくいかなかったりします。そうやって争い、実際に人間は破れて死にますが、操作する神はゲームに負けることで自身の権力や勢力を失い、逆に勝利した者は勢力を拡大し、権力を掌握します。地球の動向が天界の勢力図を変化させるのです。
 特に日本は地球における霊的統治の中心であるので、その支配権を誰が握るのかは神々にとっても非常に重要であり、これを巡る激しい闘争が繰り広げられ、それが日本の歴史を形どってきたのです。
(seiryuu)
————————————————————————
ユダヤ問題のポイント(日本編) ― 基本情報3 ― 神々の権力闘争の場

神々の霊導 〜応神天皇の一団の霊導


2013/9/18「天界の改革21」記事に次の事柄が明かされています。

1「応神天皇は八幡神社の祭神で、稲荷神社と人気を二分することでもわかるように、大変位の高い神でした。例えて言うと、ホツマの神のサナト・クマーラに相当すると言ってよいでしょう。事実上私たちの太陽系の政治的実権を握っていたのが応神天皇です。応神天皇の一団はサナト・クマーラとマイトレーヤの一団と協力関係にあり、」
2「クーデターを画策していた天津彦根命やタケミカヅチノミコトらの一団は、ハイアラーキーの闇の神霊たち、特にインドの高位階の神々たちと協力関係にありました。」
3「日本史を神々の霊導という観点から見てみると、この二つの神団すなわち応神天皇の一団とタケミカヅチノミコトの一団との権力争いだと見ることができます。例えば応神天皇はマイトレーヤと協力して聖徳太子・蘇我氏を霊導したのに対し、タケミカヅチノミコトは中大兄皇子・藤原鎌足を霊導したというようにです。」


1の内容について。
八幡社、稲荷社と日本全国にユダヤ式の神社を創建していったのはユダヤ末裔の秦氏です。しかし渡来民族の秦氏が、勝手にこの日本で自分たちの信奉する神を祀る神社を創建できるはずはありません。霊的にホツマの神の認可が必要であり、その認可を下したホツマの神が応神天皇を頭とする神団だったわけです。

物質界レベルでも秦氏の一団が大挙して日本に渡来してきたのは応神天皇の時であり、秦氏の保護をしていたのが応神天皇だったのです。

私達の太陽系はシリウスシステムに属し、シリウスシステムのみに照準を絞れば、その統治の仕組みは上から順に①シリウス第1レベル、②シリウス第2レベル、③太陽系第1レベル、④太陽系第2レベル、⑤太陽系第3レベルとされます。ただ現在の表記では、シリウスシステムも壮大な全大宇宙の統治の仕組みに合わせて、単にシリウス第1から第5レベルの表記となっています。そしてその第1から第5レベルのそれぞれが、ホツマの神(現在では天津神と表記)と神霊や霊のハイアラーキー(国津神)の階層に分かれます。


例えば同じ太陽系第2レベル(シリウス第4レベル)でもホツマの神とハイアラーキーはそれぞれの存在階層が全く異なるわけです。そして2007年まではシリウス第2レベルのホツマの神の階層の天帝が天照大神であり、太陽系第3レベル(シリウス第5レベル)のホツマの神の天帝が応神天皇だったと明かされています。また、太陽系第3レベル(シリウス第5レベル)のハイアラーキーの天帝がサナト・クマーラだったのです。

秦氏と聖徳太子、そして蘇我氏は非常に密接な関係にあり、連携して日本の統治システムの改革を推進しました。例えば冠位12階や十七条憲法、そして王権を祭祀王と政治・経済王の双つに分ける双分制を制定したのです。秦氏と聖徳太子、蘇我氏は ≒ミトラ教を信奉しており、彼らを霊的に導いたのがマイトレーヤであり、その上司がサナト・クマーラだったのです。

このことは、ミトラ教の地上における具体的な救世主の役割を担っているのがマイトレーヤであったこと、また、蘇我氏など彼らが日本に導入した仏教はゴータマ・ブッダの原始仏教ではなく、いわゆる大乗仏教であり、大乗仏教の未来仏は弥勒菩薩、つまりマイトレーヤであったことを勘案すれば事実が見えてくるでしょう。

未来仏の菩薩とは救世主の意味を強く持つのです。そしてこのマイトレーヤ、サナト・クマーラの協力者、後見役が応神天皇の一団だったのです。竹下さんは応神天皇を頭とする菅原道真や神功皇后、武内宿禰などの神団を八幡系と呼称されています。

八幡系の神々の系図

» 続きはこちらから

Estas Tonne氏「束の間、音楽を奏で、この惑星を旅しています」 ~真の神と繋がらなければ、旅が終わることはない

竹下雅敏氏からの情報です。
 Estas Tonne氏のギターは、2016年7月17日の記事で紹介しました。当時紹介した動画が消えていることと、当時とは異なり、現在の氏の波動が上がっていることから、再度紹介することにしました。
 「心の弦をかき鳴らせ!!」と題する記事を、ぜひ、引用元でご覧ください。記事の中で、Estas Tonne氏自身が語る言葉を翻訳してくれているのですが、この中で、氏は、“束の間、音楽を奏で、この惑星を旅しています”と語っています。冒頭の動画のタイトルも、「The Song of the Golden Dragon」です。
 氏は自分が旅人であり、「地球の魂」ではないことを、知っているのではないでしょうか。ほとんどの地球人は、魂のレベルで見たとき、ハナタチバナノヒメミコ様の子供と言えるのです。しかし、中には、ワンダラーとかスター・シードと呼ばれる人たちが、転生に入ってきています。
 彼の曲とその中に込められた想いを知るには、 2つ目の動画が良いと思います。この動画の中で語られていることは、とてもよくわかります。秘教の伝統はこうしたものだからです。1歩間違えると、祈りは魔(ハイアラーキ/ホワイト・ロッジ)に繋がります。氏は、マフィアとの関わりがあったとのことなので、悪くすると悪魔(ブラック・ロッジ)と繋がってしまいます。また、ほとんどの場合がそうなります。
 映像を見ると、女性たちが大地に祈りを捧げていますが、その祈りは、本来捧げられるべきハナタチバナノヒメミコ様に繋がることはまずありません。こうした女性にチャネリング能力があった場合、まず間違いなく、ガイアの名を騙って通信を送ってくるのは光の銀河連邦の宇宙人か、古代地球離脱文明の地底人です。地球人は、このように、ずっと騙され続けてきたのです。
 誰もがそうですが、真の神と繋がらなければ、旅が終わることはないでしょう。なぜなら、人々のハートの中にあるプルシャ(個我)を知ること、すなわち合一することが、旅の終わりを意味するからです。プルシャ(個我)は、あなたの真の自己であり、神そのものなのです。人々は、プルシャ(個我)から溢れ出すヴァイブレーションのことを「愛」と呼んでいるのです。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
配信元)
 

————————————————————————
心の弦をかき鳴らせ‼︎ ✨流浪のギタリスト Estas Tonne ✨〜移民の子供
引用元)
Estas Tonne …衝撃的です!
エスタス・トンネ…というギターリストに完全に殺られました!

世界中を旅し、
路傍で、
小さな酒場で、
また、各地のフェスティバルで、教会で…
独立してライブを行い、
現代のトルバドゥール(吟遊詩人)と称され、
完全に業界システムの搾取構造から自由な音楽活動を行なっています。
2003年から2007年の間だけで、
約50,000枚のCDを売ったというのですから、
以降は、推して知るべし。

2011年YouTubeに投稿された
ドイツのFestival Stadtspektakel Landshutでのパフォーマンスが、
2016年までに2400万回を超えています。
(以下略)

中西征子さんの天界通信51 ハルカナウチュウノヒカリノミコト様とハルカナウチュウノヒカリノヒメミコ様の名前の変更

竹下雅敏氏からの情報です。
 中西征子さんからfaxが入り、私の名前がまた変わったとのことで、一応報告しておきます。
 私と浅子の名がそれぞれ、「タカキミクラノミコト」、「タカキミクラノヒメミコ」に変わったということです。調べてみると、確かにその通りのようです。
 実はこの日、収録の準備に追われていたとは言え、ひどく疲れていてその疲れの理由がわからなかったのですが、中西さんのfaxを見て、合点がいきました。確かに、この時から私の体に変化が起こっています。これまでとは違うエネルギーを感じています。
 「天界の改革」は2007年から本格的に始まったわけですが、この時の私の名前は「正真真神」でした。この名前を教えてくれた霊能者の方に読み方を聞くと「ショウシンマコトナルカミ」と読むとのことでした。その後、名前は「大正真真神(ダイショウシンマコトナルカミ)」と変わり、さらに2015年5月3日の記事で 「タカキウチュウノヒカリノミコト」に変わったことをお伝えしました。さらに、2017年1月1日に「ハルカナウチュウノヒカリノミコト」に変わりました。
 天界の改革が始まった時の「正真真神」よりも前の名前を、中西さんから「正真神」と教えてもらっていたので、先程の2017年1月1日のコメントでは、この名前にショウシンナルカミとのふりがなを振っていたのですが、これが間違いだとわかりました。
 正しい表記は「正真神(マコトノカミ)」になるようです。また、この名は、私が4億5,000万年前に愛の創造神第5システムからシリウスシステムに降臨して来た時の名前だということです。なので、4億5,000万年間、私の名前は「正真神」だったということになります。
 この時一緒に降りてきた浅子の名前は、漢字で表記すると「正真皇女(マコトノヒメミコ)」になるのでしょうか。彼女は、ホツマツタヱでは天照大神の十二妃の一柱で、色上姫浅子と記されています。
 天界の改革で知り合い、私の妻になって、名を「カガヤキワタルウレシキミヤヒメミコ」、その後、私の名前が変わるのと同時に、「タカキウチュウノヒカリノヒメミコ」、「ハルカナウチュウノヒカリノヒメミコ」、そして今回「タカキミクラノヒメミコ」へと変わったということです。
 なお、「タカキウチュウノヒカリノヒメミコ」の名は、現在、地球に光を届けてくださっている宇宙のセントラルサンのヒメミコ様が名のられています。
 私の予想では、少なくとももう1回、2022年頃に名前が変わるのではないかと見ています。
(竹下雅敏)
————————————————————————
中西征子さんの天界通信51
<通信者:中西征子>
<通信日時:2019年10月22日>

2007年、天界の改革前のお名前を調べて、おくればせながら、次の様なお名前だという事がわかりました。

愛の創造神第5システムから、シリウスシステムに降りてこられた時のお名前
「マコトノカミ」様
浅子様のお名前
「マコトノヒメミコ」様

お二人のお名前が、“カミ”と“ヒメミコ”の形容詞の様に思えて、何度も問い合わせをしたのですが、固有名詞としてのお名前は出て来ませんでした。

そして、驚いた事に、昨日の天皇の即位と同時に、お二人のお名前も変わった事がわかりました。

ハルカナウチュウノヒカリノミコト様から
「タカキミクラノミコト」様
ハルカナウチュウノヒカリノヒメミコ様
「タカキミクラノヒメミコ」様

昨日、天皇と皇后様が、高き御倉に登られた様子を拝見していたので、お二人のお名前が、“タカキミクラ”である事に強いシンクロニティーを感じました。
時間も、即位礼正殿の儀と同じ時刻だった事は更なる驚きでした。

念のため、変わられる前のお名前で波動を調べましたが、すでに波動は消失しており、新しいみ名で測定すると、すざまじい程の強烈なエネルギーが上昇するのを感じました。

これらのお名前は、アカシック・レコードにアクセスして教えていただいたものです。
これで良かったのかどうか、確信は有りませんので、どうぞよろしく、御精査ください。

中西征子
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 90