[GFLサービス]強くプログラムされていたプレアデス高等コマンドとプレアデスの高等評議会のリーダーたち 〜地球上でポジティブにしろ、ネガティブにしろ、マインドコントロールから自由である人間はほとんど居ない〜

竹下雅敏氏からの情報です。
 太字にした部分をご覧下さい。これまで時事ブログではプレアデス高等評議会のミラを名乗る人物などの通信は闇からのものなので、相手にしないようにと忠告して来ました。今回のこの記事では、彼らがドラコによって、“強くプログラムされていた”と書かれています。これまで再三にわたり、チャネリング情報について私が説明した事が正しかった、ということがわかると思います。最近では、コーリー・グッド氏の暴露によって、古代離脱文明の地下都市の住人たちが、アセンディッド・マスターやETの名を騙って偽情報をチャネラーに送っていることが示されました。これも私が説明した通りで、ほとんどの通信文はその名を騙る偽物であるということが証明されたと思います。
 ドラコ側にプログラムされた連中は闇であり、古代離脱文明側は光ですが、これは相対的なもので、どちらの側も人類を第三次大戦に引き込み地上の人類を一掃しようとしていたことには変わりはありません。また、相対的な光の側として「光の銀河連邦」がありますが、彼らはいわゆるアセンディッド・マスターたち(例えばイエス覚者、クートフーミ覚者など)を頂点とする一団によって、ネガティブなマインドコントロールを受けていました。このグループは、事実上ドラコの王族たちを霊導していたのです。
 一方、「(偽の)銀河連邦」に属する者たちは、アセンディッド・マスターたちを頂点とする一団からポジティブなマインドコントロールを受けていました。彼らの中には、コブラやアレックス・コリアー、デーヴィッド・ウィルコックなど、多くの人々が居ます。
 要するに、この地球上でポジティブにしろ、ネガティブにしろ、マインドコントロールから自由である人間はほとんど居ないのです。本来宗教はそれを目指しており、完全にあらゆるレベルでマインドコントロールから自由になった人間を“解放に到達した者”と言うのです。
 ところが、本来完全に開放に到達した者であるはずのアセンディッド・マスターたちが、よりによって、ネガティブなマインドコントロールを弟子に強要し、その事によってドラコを霊導するという暴挙がずっと続いていたのです。
 このようなことを説明しているサイトは、シャンティ・フーラのみです。時事ブログでは、有用な情報としてコブラ情報やデーヴィッド・ウィルコック氏のコズミック・ディスクロージャーなどを積極的に紹介していますが、彼らが精神的な自由を獲得しているわけではありません。また、コーリー・グッド氏は、誠実な信頼できる人物ですが、かつてイルミナティに属していたこともあって、ドラコによるネガティブなマインドコントロールの犠牲者でしたが、現在はネガティブなマインドコントロールからは解放されています。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

――――――――――――――――――――――――
ホワイトハット、ダークハット 情報ドロップNO1-3  2016年3月2日
記事配信元)
本記事文章は現在公開を停止しております。 (2016/4/23)
記事の提供元にてご覧ください。

Comments are closed.