2016年3月4日 の記事

[GFLサービス]強くプログラムされていたプレアデス高等コマンドとプレアデスの高等評議会のリーダーたち 〜地球上でポジティブにしろ、ネガティブにしろ、マインドコントロールから自由である人間はほとんど居ない〜

竹下雅敏氏からの情報です。
 太字にした部分をご覧下さい。これまで時事ブログではプレアデス高等評議会のミラを名乗る人物などの通信は闇からのものなので、相手にしないようにと忠告して来ました。今回のこの記事では、彼らがドラコによって、“強くプログラムされていた”と書かれています。これまで再三にわたり、チャネリング情報について私が説明した事が正しかった、ということがわかると思います。最近では、コーリー・グッド氏の暴露によって、古代離脱文明の地下都市の住人たちが、アセンディッド・マスターやETの名を騙って偽情報をチャネラーに送っていることが示されました。これも私が説明した通りで、ほとんどの通信文はその名を騙る偽物であるということが証明されたと思います。
 ドラコ側にプログラムされた連中は闇であり、古代離脱文明側は光ですが、これは相対的なもので、どちらの側も人類を第三次大戦に引き込み地上の人類を一掃しようとしていたことには変わりはありません。また、相対的な光の側として「光の銀河連邦」がありますが、彼らはいわゆるアセンディッド・マスターたち(例えばイエス覚者、クートフーミ覚者など)を頂点とする一団によって、ネガティブなマインドコントロールを受けていました。このグループは、事実上ドラコの王族たちを霊導していたのです。
 一方、「(偽の)銀河連邦」に属する者たちは、アセンディッド・マスターたちを頂点とする一団からポジティブなマインドコントロールを受けていました。彼らの中には、コブラやアレックス・コリアー、デーヴィッド・ウィルコックなど、多くの人々が居ます。
 要するに、この地球上でポジティブにしろ、ネガティブにしろ、マインドコントロールから自由である人間はほとんど居ないのです。本来宗教はそれを目指しており、完全にあらゆるレベルでマインドコントロールから自由になった人間を“解放に到達した者”と言うのです。
 ところが、本来完全に開放に到達した者であるはずのアセンディッド・マスターたちが、よりによって、ネガティブなマインドコントロールを弟子に強要し、その事によってドラコを霊導するという暴挙がずっと続いていたのです。
 このようなことを説明しているサイトは、シャンティ・フーラのみです。時事ブログでは、有用な情報としてコブラ情報やデーヴィッド・ウィルコック氏のコズミック・ディスクロージャーなどを積極的に紹介していますが、彼らが精神的な自由を獲得しているわけではありません。また、コーリー・グッド氏は、誠実な信頼できる人物ですが、かつてイルミナティに属していたこともあって、ドラコによるネガティブなマインドコントロールの犠牲者でしたが、現在はネガティブなマインドコントロールからは解放されています。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

――――――――――――――――――――――――
ホワイトハット、ダークハット 情報ドロップNO1-3  2016年3月2日
記事配信元)
本記事文章は現在公開を停止しております。 (2016/4/23)
記事の提供元にてご覧ください。

[日本や世界や宇宙の動向]今後数ヶ月以内に多くの船会社が倒産する恐れ 〜一方の極に固執した見解のみを信奉し何の準備もしないのは愚か〜

竹下雅敏氏からの情報です。
 記事をご覧になると、実体経済の方は最悪だとわかります。このままだと、“今後数か月以内に多くの船会社が倒産する恐れ”があるとのことで、実は、これがかなり深刻な状況をもたらすと当初から懸念していました。チャネリング情報などで度々報告されている、通貨改革と各家庭へのかなりの額の入金ですが、楽観主義者の人たちは、NESARAが実行され、自分の通帳に大金が入金され、バラ色の未来が待っていると単純に信じ切っているようです。
 ちょっと考えて見てください。あなたの預金通帳に1億円が入金されました。誰もが潤沢な資金を手にすることが出来ました。しかし、実体経済は破綻しており、物流は止まっています。今年は農産物の収穫がアメリカでは15%低下するという予測もあります。何が起こるでしょうか。生き残るための必要物資を手にするだけで、入金された1億円はあっという間に消えてしまいます。
 もう少し想像力を働かせてください。会社が倒産するのは簡単ですが、一度倒産した会社を元に戻すのは至難の業なのです。経済崩壊と物流の停止で大混乱となり、商店の棚から商品が消えた状態が続いて、パニックになるなというのが無理なのです。
 ポジティブな勢力は、出来るだけスムーズに、一般人が変化に気付かない位自然に、経済システムを転換したいのです。一方ネガティブな勢力は、出来るだけ多くの混乱を引き起こし、人々をパニックにし、多くの人々を餓死させたいのです。この両者の綱引きが常に行われているわけです。一方の極に固執した見解のみを取り上げて信奉し何の準備もしないというのは、あまりにも楽観過ぎ、愚かだということを理解してください。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

――――――――――――――――――――――――
転載元より抜粋)
http://www.zerohedge.com/news/2016-03-03/dry-bulk-ceo-warns-bankruptcy-tsunami-we-havent-seen-market-bad-viking-age
(概要)
3月3日付け

最近になり株価が少し回復していますが、ドライバルク(液体ではない貨物)の需要が、以下の記事のタイトルを見てもわかる通り、過去最低となっています。

今やドライバルク・タンカーを借りる方がフェラリを借りるよりも安い状況にある。
・ドライバルクの需要が過去最低となり、最悪の事態になりつつある、とDeutscheが警告。
・全てが停滞中。関係者が貿易は止まってしまったと警告すると同時にバルチック海運指数が崩壊。
・バルチック海運指数が過去最低の300以下まで落ち込み世界最大のコンテナ船がまるで座礁状態
・・・
ドライバルクの船会社(Golden Ocean Group)のCEOはオスロで開催された産業会議にて、ドライバルク需要は今が最悪な状態であると考えるのは楽観的だと述べました。

(Golden Ocean Group)

(Golden Ocean Group)



また、CEOは、ドライバルクの船会社は今後2年間は需要が停滞すると見ています。そして貨物船の供給過剰が深刻化しており、このまま維持することはできないと懸念しています。2016年は注文書控元帳の5割程度しか搬送されないだろうと言っています。

さらに、CEOは今後数ヶ月以内に多くの船会社が倒産する恐れがあり取引先のリスクも懸念されると言っています。
そして、今の市場はバイキング時代以来最悪の状態であり、このままの状態を維持していくことはできない。大きな変化が起こることになるだろう、とも言っています。

CEOが言う通り本当に最悪の事態です。
さらに悪いことに、今後、ドライバルクの船会社が次々に倒産すれば、造船会社も次々に倒産することになります。
問題は、どの銀行(大部分がヨーロッパの銀行)が、ドライバルク業界に最大の融資(抵当貸し)を行ってきたかということです。

[Hiroiro]激しく腹筋するニャンコ

竹下雅敏氏からの情報です。
 下の動画は、捨てがたい魅力があったのですが、ちょっと腹筋の回数が少ないかな、と感じていました。ところがこれを上回るやつが今回出て来ました。
(竹下雅敏)
――――――――――――――――――――――――
激しく腹筋するニャンコ
記事配信元)
本記事文章は現在公開を停止しております。 (2016/4/23)
記事の提供元にてご覧ください。

[NHKニュース]辺野古埋め立て巡る裁判 国と沖縄県の和解が成立 / 辺野古巡る裁判和解へ ポイントは?背景は?

竹下雅敏氏からの情報です。
 これは面白いことになって来ました。辺野古埋め立て裁判で、国が和解案を受け入れたとのこと。
 受け入れの背景を調べてみました。すると、昨日紹介したフルフォードレポートのアルフレッド・サウザーが率いるウィンストンという一団の全てのメンバーの名前が白龍会に知られたことが、決定打だったようです。この暗殺集団に暗殺を依頼したのが誰なのかを、白龍会は知っているということです。加えてNSAからもたらされる通信の記録などが将来公表されれば、現在悪事を成し続ける政権内部の悪人どもは、一掃されてしまうことでしょう。
 アメリカのファシストたちは、国民の完全支配のために、あらゆる情報をNSAに一極集中させたのですがそれが致命傷となり、スノーデン氏によって最も重要な機密情報までも含めて、盗み出されてしまいました。これが公開されると悪人どもはお陀仏です。今、ヒラリー・クリントンが追い詰められていますが、今後世界中で似たようなことが起こるはずです。これまで何度も囁かれて来たイベントと大量逮捕は、現実のものとして視野に入って来ました。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

――――――――――――――――――――――――
辺野古埋め立て巡る裁判 国と沖縄県の和解が成立
記事配信元)
本記事文章は現在公開を停止しております。 (2016/4/23)
記事の提供元にてご覧ください。

――――――――――――――――――――――――
辺野古巡る裁判和解へ ポイントは?背景は?
記事配信元)
本記事文章は現在公開を停止しております。 (2016/4/23)
記事の提供元にてご覧ください。

[ 水は情報を記憶する]ロシアの映画製作チームによって製作されたドキュメンタリー映画“ウオーター”

 上の動画は、2006年にロシアの映画製作チームによって製作されたドキュメンタリー映画“ウオーター” の8分弱の予告編ですが、とても興味深く有意義な内容になっています。
 時事ブログでも取り上げられたヴィクトル・シャウベルガー氏によると「私たちが飲む水のほとんどは“死んだ水”」ということでしたが、この映画でも同様のことが指摘されています。
 "水の自然な構造は、(水道管を)直角に曲がるごとに、どんどん破壊されてしまいます"として、その画像があり、分かりやすいです。
さらに大都市の閉鎖系の水供給システムについて、"激しい化学的洗浄"や"強力なフィルターによる濾過"や"何キロもの長さの水道管を通って、何千という家やアパートを通り過ぎて行くときに、水が蓄積していく情報汚染"の問題が指摘されています。
 水が情報を記憶することは、江本 勝氏の氷の結晶写真で分かりやすく証明されていると思います。
 また、ヴィクトール・イニューシン氏の"水の記憶は、高度に希釈されると、わずかに希釈された場合よりもはるかに強い影響を及ぼす"との指摘は、ホメオパシーの理論と同じだと思いました。
(編集長)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
WATER予告編(日本語字幕最新版)
転載元より抜粋)

2:42〜 
ナレーターコロトコフ教授の研究室では、人間の感情が水に及ぼす影響について、たくさんの実験を行ってきています。

スクリーンショット 2016-03-04 10.37.30 

目の前に置かれたフラスコ一杯の水に対して、愛や優しさや思いやりというような、ポジティブな感情を投影するように、あるグループに依頼しました。

その後、フラスコを新しいものと交換し、今度は、恐れ、攻撃、憎しみといった
否定的な感情を投影するように、同じ人々に依頼しました。

スクリーンショット 2016-03-04 10.42.12 

その後、これらの水試料が分析されました。その結果、明らかに水は一定の方向への変化を示したのです。

スクリーンショット 2016-03-04 10.43.44 

コロトコフ教授愛は、水のエネルギー・レベルを増大させて、水を安定化します。攻撃的な感情は、エネルギーを減少させて、水に急激な変化をもたらします。


3:41
ナレーター:江本氏の研究室では、さまざまな種類の外界からの影響にさらされた水試料について研究が行われています。冷凍庫の中で凍結させることによって、水に刻印された情報が記録されます。

スクリーンショット 2016-03-04 10.45.57

これは電子レンジで温められた水の様子を示しています。

スクリーンショット 2016-03-04 10.47.08 

これは、携帯電話の影響を示しています。

スクリーンショット 2016-03-04 10.51.57 

この水に対しては誰かが「ありがとう」と言いました。

スクリーンショット 2016-03-04 10.52.30 

こちらは「ごめんなさい」です・

スクリーンショット 2016-03-04 10.52.39 

そしてこれは「ムカツク・コロス」です。

» 続きはこちらから