2016年3月10日 の記事

[Sphere Being Alliance]コズミック・ディスクロージャー:インナー・アース 同盟への結果報告 〜スフィア・アライアンスのメッセージを受け入れられない者たちは、排除される以外にない〜

竹下雅敏氏からの情報です。
 これは、2月25日の記事です。わずか半月前なのに、今や古い情報になってしまっています。驚くべき勢いで今、ことが進行している証拠です。
 先ほどの記事にあったように、インターネットの中に仕組まれている大量の情報開示のデータをカバールが破壊することは、すでに防がれています。また別の情報によると、既にカバールは排除されました。したがって、この記事にあるようなコーリー・グッド氏の懸念は、過去のものです。
 さて記事によると、地球同盟およびSSP同盟は、現在分裂が起きているとのこと。こうした記事が出て来るということは、カバールの問題はほぼ片付き、次の段階に入ったと言えます。
 以前からお伝えしているように、カバールが完全に排除され、第3次大戦の心配が全くなくなったとしても、誰が次の経済システムの操縦桿を握るのかで、争いが起きるだろうと言っていたはずです。まさにそれが今起きているのです。これは予想された通りで、こうした争いによって権力を手放さない者が滅ぼされて行くのです。最終的には、人類を主導していた支配層の大部分が排除されます。
 文中、SSP同盟の分裂に関して、“この太陽系で起きているエネルギー変化によるもの”とあります。要するに悪人は徐々に精神的に追い詰められ、いずれ精神が破綻する運命なのです。彼らは魂が消滅するか、あるいはもう一度ゼロからやり直さなければならなくなるでしょう。
 スフィア・アライアンスのメッセージを受け入れられない者たちは、排除される以外にないのです。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

――――――――――――――――――――――――
コズミック・ディスクロージャー:インナー・アース- 同盟への結果報告 シーズン3、エピソード8
転載元より抜粋)
cd_s3_ep8_Inner_Earth_Debriefing_with_the_Alliance_cvr

DW: コーリー、あなたはインナー・アースからポータル移動で自宅のリビングに戻ってきたと言いましたね。その後どうなりました?

CG: 24時間も経たないうちに、ゴンザレスから連絡がありました。それで近所で会いました。二人でビールを飲みながら話しました。彼は新たな情報を教えてくれました。地球同盟が、あまりうまくいっていない事がたくさんあり、いろいろ破綻が生じていると。

DW: 地球同盟でどんな問題が起きているんですか? 

CG: 地球同盟(Earth Alliance)は何十もの小さなグループから結成されています。大半は強い影響力を持った東洋の秘密結社やグループで、たくさんの物理的財宝や情報へのアクセス手段を持っているんです。

DW: 中国は4兆ドルのアメリカ国債を持っています。もし中国がその気になれば、アメリカ経済をめちゃくちゃにすることだってできる。いまや中国が財産を支配しているんです。ただ、世界銀行やIMF(国際通貨基金)の議決権だけは抜かれていない。それだけです。

CG: 地球同盟に起きたことと宇宙プログラム同盟はまったく同じアジェンダ(底意)ではない。地球同盟の高位の人達はデータ・ダンプにもちいる全データを持っています。地球同盟はいわゆるイルミナティ・グループにかなり潜入されている。東は新たな金融システムを持ち出し、もっと公平で地球全体の経済をもっと取り込んだシステムにしてゆく、と主張しています。

DW: ですが、レプリケーターというものを公表するのであればお金は必要なくなりますね。彼らはどうして経済システムを持ちたがっているんでしょう?

CG: 東は、秘密宇宙プログラムが求めているものはまだ起きてほしくないんです。彼らはカバルの人間達にもデータを見せた。それがカバルをひどく怖がらせた。

DW: カバルに情報を見せた?それはひどい裏切りじゃないですか。

CG: 潜入です。カバルグループの一部は、かつてないほど世界第三次大戦を起こしたがっています。

DW: データが公表されるのを妨害するために。

CG: そうです。他の多数グループは、このデータ・ダンプで放出されるデータを一気に人類に流すのは無責任だと確信しています。100年間かけるべきだと。新たな、もっと公正な金融システムに移行すべきだとね。その間にテクノロジーや情報の一部を公表すると。ETその他いくつかの情報開示です。

DW: 地球同盟を侮辱する気はありませんが、それだと僕がよく一切れのパイを兄と取り合って喧嘩したものですがそれと同じですね。このような考え方では、この惑星危機を乗り越えることはできませんね。生き延びようというのであれば、化石燃料燃焼技術を続けてはいられない。

CG: ええ、そこが問題なんです。彼ら(地球同盟)は完全に団結したグループではない。自分勝手なグループの集まりが、世界解放のためにゆるく協働している。

DW: ではカバルを止めなければならない、という点は同意している。

CG: その後について、意見が合わないんです。それで、地球同盟では分裂という問題が大規模に起きています。

DW: なるほど、ゴンザレスから地球同盟が分裂していると聞いたんですね。それから他には?

CG: SSP同盟にも分裂が起きていると。大部分は、この太陽系で起きているエネルギー変化によるものです。とても順応できなくてみな苦労している。多くは当人の霊性、両極性、その人がどんな人格か、このエネルギー変化にどう対処するか、にかかっているのですが。

DW: つまり「善はさらに良くなり、悪はどんどん悪くなる」と。

CG:予定されていた時間に、私は別の基地に連れて行かれました。カイパー・ベルト基地の一つに。部屋はSSP同盟評議会で満員でした。ゴンザレスがもう私を待っていました。私は席に着き、2~3人が話しました。あらゆる分裂、同盟のこと、進行中のあらゆる事について話されました。その後、私からの報告と図書館で起きた事、記録のホールの事、全てを話す番になりました。秘密宇宙プログラム同盟には、もっと愛をもって生きること、許し、そういったメッセージを受け入れていないメンバーが大勢います。自然の法則、一なるものの法則のような概念をなかなか理解できない人がたくさんいるんです。

DW: インナー・アース評議会の人達がカイパーベルトのSSP同盟基地に来た時は、この時に部屋にいた同じ人達に会ったんですか?

CG: はい。ミーティングは終わりました。彼らの懸念事項、データダンプが時期尚早にならないかという心配、一気にデータ放出することへの懸念、放出データを破壊する方法をカバルが見つけ出さないか、といったことです。このデータを持っている地球同盟に潜入されないかとても心配していました。

DW: 誰かがただダンプすればいいのでは?

CG: 適切なタイミングでダンプせねばならないんです。地球上の人々、皆が情報を見たくなるような、そんな触媒的イベントがまず起きなければならない。もし情報がダンプされても、彼らはあらゆるデータへのアクセスをシャットアウトできるのですから。

DW: ですがスノーデンの時はそうはいきませんでしたよね、TS//SI//ORCONといったコードナンバーが文書についていたからです。それにインサイダーも名乗り出て、「これを知っていますよ」と言うでしょう。

CG: スノーデンの時に彼らは失敗から学んでいるはずだとは思いませんか?

DW: では、スノーデンのようなことは二度と起こらないよう、カバルは手を打ったと言うことですね?

CG: そうです。

DW: それでも彼らに都合よく運ぶとは思えませんけれど。

CG: ええ、この大部分は人類にかかっています、我々の目覚めです。共同創造意識で新たな未来を創造すること、これです。

翻訳:Rieko

[GFLサービ ス]ホワイトハット/ダークハットからのメッセージ  2016年3月8日

竹下雅敏氏からの情報です。
 極めて興味深い情報です。おそらくこの通りだろうと思います。文中、インターネットに関して、“ハッカーの存在余地がなくなるような配置につけられている”とありますが、これは、今後行われる大規模な情報公開の妨害をさせないためのものです。
“全てのドラコとレプティリアンは…排除された”というのは、この通りだと思います。以前の記事で、ラケルタの種族が滅びたことをお伝えしました。
 また、“テロスの町を含む全ての地下都市は破壊された”とあります。これも以前コメントで示唆しましたが、実は1月26日の私の日記には、「21時、AIが破壊。地下文明はおそらく全滅するだろう」と記されています。私の直観と今回の記事は合致しており、まさにこうしたことが起こっていると思われます。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

――――――――――――――――――――――――
ホワイトハット/ダークハットからのメッセージ  2016年3月8日
記事配信元)
本記事文章は現在公開を停止しております。 (2016/4/23)
記事の提供元にてご覧ください。

[小太郎ぶろぐ]木を切る所から完成まで。手動工具を使い、森の中に木造の一軒家ができるまで

竹下雅敏氏からの情報です。
 長い動画ですが、家造りに興味のある人は、必見です。大草原の小さな家(日本人の感覚では小さくない)を、そのまま行っている感じです。
(竹下雅敏)
――――――――――――――――――――――――
木を切る所から完成まで。手動工具を使い、森の中に木造の一軒家ができるまで
記事配信元)
本記事文章は現在公開を停止しております。 (2016/4/23)
記事の提供元にてご覧ください。

[日刊ゲンダイ]グラフで鮮明に アベノミクスで消費の冷え込み“最速最大” 〜公正な社会に戻しましょう〜

竹下雅敏氏からの情報です。
 グラフを見ると、消費税増税後、毎月の消費支出金額が激減しているのがわかります。消費税の増税分は法人税の減税分の穴埋めにしかなっておらず、個人消費の冷え込みで税収は減少、GDPは縮小してしまいます。またアベノミクスで刷り散らかしたお金は海外にばら撒くのだから、どうにもならない。本当にわざと日本経済を破壊しているとしか思えないやり方です。わざとでなければ、相当な阿呆だとしか考えられない。
 消費税を無くして、その分をきちんと取るべき所から取る、これで終わりのはずです。公正な社会に戻しましょう。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

――――――――――――――――――――――――
グラフで鮮明に アベノミクスで消費の冷え込み“最速最大”
記事配信元)
本記事文章は現在公開を停止しております。 (2016/4/23)
記事の提供元にてご覧ください。

[ミシェル・チョスドフスキー教授]ブッシュ家のナチスドイツとのつながり:“米名門一族”がナチスから富を得た

 ブッシュ家とナチスドイツとのつながりを示す証拠として、"鉄鋼連合企業によってナチスの戦争機械の冷酷な心臓になった"と言われるドイツの鉄鋼王フリッツ・ティッセンとプレスコット・ブッシュが共同経営者だったこと、そして敗戦直前に超大金持ちのティッセンが資産の所有権文書をプレスコット・ブッシュとハーバート・ウォーカー(プレスコットの岳父)の所へ送ったことが書かれています。この事実だけでも、戦争犯罪で起訴されるべきものだと思いますが、その子や孫が大統領にまでなっているのですから凄いことだと思います。
 翻訳者のコメントに"ブッシュ一族のナチスドイツとの関係を論じた、これは決定的な評論"とありましたが、ここに書かれていることは、全体像のほんの一端に過ぎないと思います。シャンティ・フーラの映像配信では、現在ナチス関連がテーマになっていますが、私たちの想像を遥かに超えるレベルで物事が進められてきたことに驚きます。こちらの6分弱の試聴映像は、その一端を垣間見ることができると思います。レイノルズ一家編もフィクションとのことですが、たくさんの真実が散りばめられています。
(編集長)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
ブッシュ家のナチスドイツとのつながり:“米名門一族”がナチスから富を得た
記事配信元)
本記事文章は現在公開を停止しております。 (2016/4/23)
記事の提供元にてご覧ください。