金塊の歴史年表13(最終回):克服しなければならなかった挑戦と引き延ばし作戦の数々 / この世界は解放されるのだろうか?

翻訳チームからの情報です。
 金塊史、最終回です。今回は総括ということで、常々心配されていたキーナン氏の個人資産情報など。想像以上に嫌がらせを受けていらっしゃいます(というか、完全に犯罪ですよね、関係者を逮捕出来ないのが理解不能なレベルの)。
 それと周辺のスタッフや協力者の名前が挙げられています。最後の〆の「ラディン」氏ですが、キーナン氏のサイトでも他の頁には登場していないようです。誰なのでしょうか。ネットで幾つか組み合わせを検索してみましたが見つかりませんでした。暗号なのでしょうか。
 兎にも角にも、ここまでお付き合い頂きありがとうございます。キーナン氏のコメントにもありましたが、皆さまどうか素敵な冬休みを。
(Yutika)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
金塊の歴史年表
転載元より抜粋翻訳)

8.00現状 最後の一手



キーナンは掩体壕への十分なアクセスを得るため、そして国際担保口座群を開けるため、もうあと一歩のところまで来ていた。彼の努力は、カバールの犯罪的な戦法によって足を引っ張られていたのだ。彼らはキーナンの銀行口座を“消し去り”、手助けしてくれていた良き友を暗殺し、もう一人の仲間を車の“事故”で殺そうと試み、さらにはとある国家にキーナンとの取引をしないよう、要求していた。

なすべきことを行っていく過程で、キーナンは参加を表明してくる者共、全員と会った。そしておとりや嘘つきや中傷者共と真っ向勝負をし続けた。皆ことごとく撤退し、一部は法の裁きを待つ身となった。キーナンは持ち前のユーモア精神を少しも損なうことなく、暗殺者たちを巧みに切り抜け、傷一つなく姿を現した。【中略】

今やキーナンはますます多くの人材を獲得しており、誰にも引けを取らない一流の警備と、最強の国際弁護士という2人の専門家を招集した。全員の準備は万全、Kグループを別の次元に引き上げてくれるだろう。【中略】

8.01 克服しなければならなかった挑戦と引き延ばし作戦の数々



(2008年から2015年までの期間)

人道的支援に向けて国際担保口座群を開放するため、キーナンは自分の財布から何百万ドルも支出してきた。

キーナンが2011年11月にカバールを相手取って訴訟を提起した後、奴らはキーナンのアメリカ合衆国パスポートを取り上げ、オバマによって搭乗拒否(ブラック)リストに載せた。キーナンはそれ以来、アメリカの自宅には帰っていない。

南アメリカとカリブ諸島とアメリカ合衆国にあったキーナン独自の何百万ドルという資産は、カバールによって凍結された。

2014年の終わりから2015年1月にかけて長老会と取引の最中に、インドネシアにいた盗賊共によってキーナンは2万ドル盗まれた。

2015年より以降は、インドネシアのデビットカード口座とブルガリアの私的口座が被害に遭った。どちらも6桁を超える金額が預けられていた口座だった。

以上の期間中、これまで合計6回の暗殺未遂がキーナン自身に、さらに幾つもの未遂が彼のチームに試みられた。

【上部:「ニール・キーナンが失われた聖櫃を救い出す」、下部:「国際担保口座群」 ※映画の引用がお好きなようです。こちらはキーナン氏をインディ・ジョーンズに見立てた映画ポスター】

【上部:「ニール・キーナンが失われた聖櫃を救い出す」、下部:「国際担保口座群」
※映画の引用がお好きなようです。こちらはキーナン氏をインディ・ジョーンズに見立てた映画ポスター】




8.02 この世界は解放されるのだろうか?



銀行および政治的カバールに対抗した、巨大な連携が動き出そうとしているのだろうか?キーナンと彼のチームはJ・F・ケネディやスカルノ大統領、そして其の他多くの者たちが成し遂げようとしたことをやり遂げられるだろうか?国際担保口座群と9.11とのつながりにようやく日の目が当たるのだろうか?

これらの質問に関して、キーナンから世界に向けた回答が以下のものだ:

JFKやスカルノ、9.11とその周辺の物事といった全ては、詰まるところカバールないしはNWOとして知られる集団というか組織に集約されてしまうのだ。ロスチャイルド家やロックフェラー家に的を絞るといい。ブッシュ家やネタニヤフといった連中も多少は範疇に含めつつ。

我々が忘れてはならないのは、彼らによると我々“ゴイム”は敵であり、さらに言うと、彼らはハザールなだけでなく(参照記事:「ハザールとその帝国」【※英文元記事にリンクなし】)、悪魔崇拝者でもあり、我々全員の死をはっきりと望んでいるのだ。

彼らの望みはこの世界、この惑星、そして触れうる全てのものだ。彼らの生み出すもの・構築するもの・製造するものは全て押し並べて汚され、我々の人生の貴重な時間を何らかの形で奪い続けている。

そのためにはベビーフードにすら毒を盛っておきながら(最近ではジョンソン・エンド・ジョンソンが馬脚を現したものの、単に「申し訳ない、これからは毒を抜いておく」という声明を発表しただけだった)、彼らはたとえ悪事が見つかっても、世界中の家庭に最悪の未来をもたらしつつ無罪放免となるのだ。

自分たちの家族を、自分たちの惑星を、今この時、友でいてくれる者たちや近い将来に生涯の友となる者たちを、守るときが来た。政治家に偽装している奴ら邪悪な犯罪者どもへ対抗するため、我々の惑星を一つにまとめるときが来た。奴らが戦いを仕掛けてくるのだ、こちらも立ち向かうときが来た。ただ語ってみせるだけの姿勢は終わりにするのだ!

国際担保口座群への道のりはゴミで溢れかえっている。OITC(レイ・ダム)、OPPT(ヘザー・トゥッチ)、スイスインド(シノ)、カレン・ヒューズ(口座群のことを最後まで理解することができず、私の助けを要請してきた時までドラゴン・ファミリーについて一度も耳にしたことのなかった人物)、レッド・ドラゴン・ファミリー、世界経済フォーラム(ダボスとジャンカルロ・ブルーノ)、国連、そして私がこれまで決して公表して来なかった其の他多くの者たち。その中の誰一人として口座群を取り扱う許可を預金者の誰からも得たことが無いくせに、皆一様に口座群の管理権限があるだの所有しているだのと勝手に決意し出すのだ。

【中略】我々は一人残らず倒していった。ゴミはゴミ箱へと片付け、この道を最後まで進めば、我々が口座群を掌握できることだろう。一番の問題は、ドラゴン・ファミリーからも尋ねられたのだが…私は証券を動かすことがきるだろうか。答えはイエスだ!

【キーナン氏のサイトトップの画像】

【キーナン氏のサイトトップの画像】


【中略】国際担保口座群を開示するにあたり、大変強力な法務チームが形成されるだろう。私はアンナ・フォン・ライツに率いてもらいたいと思っている。

金融担当チームとしては、わが金融アドバイザーのクリス・ブロズナハンに期待をしている。

そして逮捕権限を付与されるだろう保安チームに関しては様々な分野の専門知識を結集し、この任務に挑んでくれるプロの一団が形成されるはずだ。彼らは危険を冒してでも、口座群の資産を違法に利用して数々の金融詐欺を行った者どもを必要に応じて逮捕していくだろう。

加えて、最新鋭テクノロジーも含めたあらゆる分野において、一流の専門家に大勢集まってもらうつもりだ。

アメリカでは、ドレイク・ベイリーが現在カバール撲滅に向けてアメリカで発生している数々の問題を対処してくれるだろう。逮捕状が発行され、執行される。

大多数はまだ耳にしたことのない人物だろうが、サイモンがラテン・アメリカへの扉を開ける準備を整えてくれている。彼は辛抱強い男で、私はそのことに感謝している。ここで脳震盪を起こして座り込んでいる自分が誰の役にも立てなかったのは明らかだからだ。

あと、チームの残りの面々も戻ってくる。【中略】

私の秘密兵器:ベリーズが混乱を引き起こす準備を整えた。これでもうすぐ出港できそうだ。

なので、神が悪魔の面々を除いた皆皆さんを祝福されんことを、そして最高の冬休みを。限られた予算の中でここまで来れたことに驚きを禁じ得ない。まぁ世の中ってのはそんなもんだ。これを更なるレベルへと押し上げ、「序章」と名付けようじゃないか。

ネル、リチャード、マーク、ジョー、ロレイン、マイケル・C、ロジャー、カウント、ジャンヌ、ロブ、マイケル・D、フランク、ビル・M、ディヴィッド・W、インチュル、スタンリー、ピーター・T、ベンジャミン、ピーター・E、シャーリー、マシュー・G、ランス、其の他皆に感謝している。

そしてラディンへ:スピリチュアルな導きと、大失敗を目前にして守護という形に変えるその能力に感謝している。

ニール・F・キーナンより

翻訳者:Yutika
※【 】内の文字は、訳者が付け加えたものです。
読み易さを重視しましたので、正確な情報は元記事をお確かめください。
※ちなみに今回からは、量が多いので、キーナン氏のサイト内の関連記事へのリンクを省略しております。

Comments are closed.