今、改めてこの重大な国難に注目したい!〜 来年四月ついに種子法廃止、水道改正案は既に閣議決定

 時事ブログでも何度か取り上げている話題ですが、選挙を前に再度注目してみたいとおもいます。
 2017年4月14日に種子法を廃止する法案が可決されました。もし、国民がこの法案の内容を知ったら、ほとんどの国民が反対するはずの法案ですが、国会(衆議院)では賛成158票(自民、公明、維新)、反対73票(民進、共産、社民、生活)で可決されました。
 食料自給は自立した国家の必須条件であり、国防をいうなら目先対処の武器ではなく種子こそ国防の要の一つのはずです。こういった基本をないがしろにしてグローバリストのために働くような政治家を選ぶわけにはいきません。
 種子法は来年3月末日に廃止されます。
 ちなみに水道法改正案は2017年3月7日に閣議決定されています。これは水道事業の民営化を視野に入れているとおもわれます。
 今回の選挙で、種子法や水道法に言及している政治家は果たしてどのくらいいるのでしょうか?現状においては、モリカケ問題や緊急事態条項はもちろん大事ですが、いい加減ヴァイシャ支配から脱した政治家であってほしいものです。
(しんしん丸)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
【ヤバイ】種子法廃止法案が参院で可決!北朝鮮や森友の影で密かに進行する、海の向こうのグローバリストによる種子・食糧支配!
転載元)
どんなにゅーす?

2017年4月13日、参院農林水産委員会で、国内の都道府県で主要作物の種子を管理や生産を義務付ける種子法を廃止する法案が自民、公明、維新などの賛成多数で可決した。(付帯決議では民進も賛同)
どこのメディアでも一切報じられていないものの、14日の参議院本会議でも同法案が可決・成立した。

種子法 廃止法案を可決 予算確保へ付帯決議 参院農水委

参院農林水産委員会は13日、稲、麦、大豆の種子生産を都道府県に義務付ける主要農作物種子法(種子法)の廃止法案を与党などの賛成多数で可決した。
(中略)...
廃止法案は14日の参院本会議で可決、成立する見通し。

廃止法案に賛成したのは自民、公明、日本維新の会で、付帯決議はこの3党に民進を加えた4党が共同提案、賛成した。

政府は、種子法に基づき都道府県が自ら開発した品種を優先的に「奨励品種」に指定し、公費を使って生産、普及させており、民間の種子生産への参入を阻害しているとして、廃止する考え。国会審議では、種子法廃止で都道府県が種子生産の予算を確保する際の根拠がなくなることや、民間、特に外資が種子生産に参入し独占されかねないなど、懸念の声が野党から出ていた。

【Yahoo!ニュース(日本農業新聞) 2017.4.14.】

↓4月14日参議院本会議の様子。










森友疑獄・シリア攻撃・北朝鮮危機を利用してこっそりと参院本会議で可決!安倍政権が水面下で着々と進める、日本国家の「海の向こう」への売り渡し政策!


北朝鮮情勢の緊張がピークに達しているのを存分に利用して、影でとってもヤバイ「売国」法案が可決してしまったわ。

自民・公明・維新に加えて民進までもが賛成に回って、この、多国籍企業(モンサント)の「グローバリスト」たちに日本の食と健康を売り渡す「種子法廃止法」が可決しちゃったのよ。

まったく、北朝鮮情勢の危機回避もほとんど何もやらずに、それどころか、この日本がミサイル攻撃を受けるリスクが高まっている状況を”利用”して、「究極の売国」法案の成立にせっせと勤しんでいるのだから、だから安倍政権は史上最悪の売国政権だって言っているんだけどね。

当サイトでもこの種子法廃止法の恐ろしさについて以前記事にさせてもらって、まあまあの反響をもらえたけど、日本農業新聞をのぞいて、現在どこも大手メディアがこれを積極的に扱っていないというのは、異常という一言に尽きる。(唯一それなりに報じているのがしんぶん赤旗くらいだ。)

まさしく、遺伝子組み換え作物の普及を含む、日本国民の食と健康が大きく脅かされる相当な危機だし、まさしく今の安倍政権は、水や食糧、米や麦などの主要作物など、国民が生きる上で必要不可欠なあらゆるものの管理や支配権を、世界を裏から操っているグローバリスト(シオニスト)の多国籍企業に売り渡すのに躍起になっている状況だ。

このまま安倍政権に政権を握らせておけば、どんどん海の向こうの「ご主人様」に日本を徹底的に叩き売りされてしまうし、何から何まで非常にヤバ過ぎる状況だね。

とにもかくにも、マスメディアがしっかり伝えてくれないと、私たち国民は知る由もないし…この件を絶対に報じないように相当強い外圧がかかっているのかしら?
TPPもそうだけど、特にこういうグローバリズムに関する報道は特に激しく歪められていたり、そもそも報じなかったりと、かなり派手にコントロールされている様子が見られるのが嫌な感じね…。

この調子で水道法改正案もあっさりと通っちゃうのかしら。

見たところ、この種子法廃止と比べると、水道法改正案の方は幾分ネット上の注目度は上がってきたようだね。

どちらも、ボクたちの生活における安心・安全を大きく脅かすものなので、とにかく徹底的にこの事を周知させて、国民の反対の声を盛り上げていく必要がありそうだ。


↓水道法改正については徐々にネットでの注目度が上がってきた様子。





Comments are closed.