オルゴナイトの可能性を探る ~第二章 オルゴン装置(その② オルゴナイト)


注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
オルゴナイトの可能性を探る 第二章
●プチ・前回の復習

ヴィルヘルム・ライヒ博士は、有機物と無機物を組み合わせることでオルゴンエネルギーが蓄積されることを発見しました。これをもとに、ライヒ博士は木の板と金属板から成るオルゴン蓄積機(オルゴンボックス)を開発し、様々な病気の治療を行いました。
しかしこのオルゴン装置には、その周囲の環境に存在するポジティブ、ネガティブいずれのオルゴンエネルギーをも取り込んでしてしまうという重大な欠陥がありました。


オルゴナイトはこうして生まれた ~オルゴン蓄積機からオルゴン変換機へ





ライヒ博士の死後へと話は移り変わります。
1990年代、オーストリア人のKarl Hans Welz(カール・ハンス・ウェルツ)という人物が新たなオルゴン装置を発明しました。金属片をレジン液(樹脂)によって固定したもので、彼はそれを「オルゴナイト」と名付けました。「無機物と有機物を組み合わせる」というライヒ博士のアイデアが、「無機物の金属を有機物のレジンで固定する」という方法へと発展したのです。Welz氏は2005年に、「オルゴナイト(Orgonite)」を商標登録しました。

ライヒ博士が発明したオルゴンボックスやクラウドバスターと比較して、オルゴナイトは、非常にコンパクトなサイズのオルゴン装置です。

左の画像:レジン(日新レジン クリスタルレジン 300gセット 、Amazonより)
& 右の画像:金属片(Pixabay〔CCO〕より)


そして2000年代、アメリカ人のDon Croft氏(ドン・クロフト)の手により、オルゴナイトは完成形へと到りました。
彼は、オルゴナイトの中に水晶を追加しました。
「水晶を入れる」とは一見非常に単純なことのように見えますが、実はこのことによって大変重要な効果が生まれました。オルゴナイトは、ネガティブなオルゴンエネルギーをポジティブなオルゴンエネルギーへと変換するオルゴン変換機(オルゴン・ジェネレータ)となったのです。これは、非常に画期的なイノベーションでした。周囲の環境にネガティブ・オルゴンエネルギーの発生源があったとしても、オルゴン変換機によってポジティブ・オルゴンエネルギーへと変換することが可能になったのです。しかも、置いておくだけで常にエネルギーを変換してくれるため、誰でも簡単かつ安全に利用することが出来ます。ライヒ博士によるオルゴン装置とは、大きく異なります。

※補足1:水晶の入れ方

水晶の入れ方については、様々あるようです。先端の尖った5つの水晶を、4つは底面に十字型に、一つは先端を上向きに配置するという入れ方も、典型的なタイプとして海外サイトでは紹介されています。右回り(上向き)に銅線が巻きつけられた水晶を、先端を上に向けて入れるというやり方も、よく紹介されています。また、さざれ石の水晶を入れたり、その他の天然石を入れている方もいらっしゃるようです。

※補足2:オルゴナイトの形

オルゴナイトは、様々な形が考案されているようです。ピラミッド型、円錐型、マフィン型、ドーム型・・・、他にもアクセサリータイプなどがあります。

また、特別にタワーバスター(TB)と呼ばれているタイプがあります。これは小さいサイズのオルゴナイトで、形はマフィン型、重さは100g-120g程度のものです。サイズがとても小さく、一度に12個同時に作れるような型もあるため、とても簡単かつ安価に作成することが出来ます。基本的に、携帯基地局(cellphone tower)や電波塔から出る有害なネガティブ・オルゴンエネルギーを中和するための装置であるため、タワーバスターという名称なのです。



「ギフティング」運動





先ほどのドン・クロフト氏と、その妻キャロル・クロフト氏は、夫婦でオルゴンエネルギー関係の活動を展開しているようです。こちらの海外サイトでは、クロフト夫婦のミッションは「毒された大地や海の環境を、全生命が健康的に繁栄するようにオルゴンエネルギーを使うこと(意訳)」と紹介されています。

海外では、Gifting(ギフティング)と呼ばれる運動が展開されており、クロフト夫婦がその提唱者です。
ギフティング運動とは、簡単に言えば「汚染された環境の中にオルゴナイトを設置しよう」というものです。
ギフティング運動の主なターゲットは、有害な電磁波を発する携帯基地局です。補足2で紹介したタワーバスターを、携帯基地局の土地に投げ入れたり、土地に埋めるといった活動が行われているようです。タワーバスター1個(~数個)が、携帯基地局のネガティブ・オルゴンエネルギーを中和すると言われています。
アフリカで、ギフティング運動を15年間続けてきたような運動家もいらっしゃるようです。
仕事場、子供の学校、その他の頻繁に訪れる場所に、オルゴナイトを設置するよう呼びかけている方もいらっしゃいます。

●個人的な疑問点

ギフティング運動は、土地や建物の所有者の同意なく勝手にオルゴナイトを設置するという行為でもあり、果たして”ギフティング(贈与)”と呼ぶに相応しいものなのか・・・。世界を浄化しようという理念は素晴らしいものですが、その手段は問題アリではないでしょうか?自分の家に、知らない間にオルゴナイトが設置されていたら、正直不気味ですよね。


その他のオルゴン装置 ~ケムバスター、アースパイプ




最後に、その他のオルゴン装置について軽く紹介したいと思います。
ドン・クロフト氏は、前回紹介したライヒ博士によるクラウド・バスターを改良し、新たなクラウド・バスターを発明しました。これは、ケムトレイルを中和する目的としても使用されているため、別名ケムバスターとも呼ばれています。海外サイトによると、ライヒ博士のクラウド・バスターとは異なり、クロフト氏の装置は使用者や大気を害することがなく安全であるそうです。これを設置することで、ポジティブ・オルゴン・フィールドが創り出され、近所にも良い影響があるという情報もあります。
形は写真で見るのが早いですが、6つの金属パイプ(長さ1.8メートル)が、9Lのバケツの中で円形に固定されたものであり、縦に非常に長いです。金属パイプの底部先端には、水晶が取り付けられています。6本の金属パイプの下部は、レジンと金属片によってバケツ内で固定されています。
YouTubeに詳細な作り方の動画があるので、興味のある方はそちらをご参照頂ければと思います。


アースパイプ
出典:「Earth Pipes (EP’s)」Etheric Warriors



また、最近開発されたオルゴン装置で、アースパイプというものもあります。
地下に存在する秘密の軍事施設からは大量のネガティブ・オルゴンエネルギーが放出されており、地表に暮らす我々に害を与えるものなのだそうです。アースパイプは、このような地下から来るネガティブ・オルゴンエネルギーを中和するためのオルゴン装置です。
確かに、地下には様々な得体の知れない秘密の施設があることが暴露されています。それによって地表が気のレベルで汚されるということは充分に考えられることであり、地下からのネガティブなエネルギーを中和するという観点は興味深いものではないでしょうか。


アースパイプは、地面に垂直に埋め込む
出典:「How to make an EP:」



※参考サイト:オルゴナイトの可能性を探る 第二章(その①、その②)

〔海外サイト〕

「Orgonite- The What Why and How of it」 lifeenergysolutions
「Carol & Don Croft – Orgone Energy and Transmutation」It's Rainmaking Time!®
・「The Life Etheric with Carol Croft」amazon.com
「Orgone history: From Wilhelm Reich to Don Croft」orgoniseafrica
「Orgone Generators」Educate-Yourself
「A History of Orgonite」 Orgonise Yourself
「The Story of Don Croft & Orgone Adventures」educate-yourself
「Orgonite Glossary」orgoniseafrica
「Orgonite FAQ 」orgoniseafrica
「Orgonite Info」orgoniseafrica
「How to Make an Orgonite Orgone CloudBuster 1」YouTube
「How to Make an Orgonite Orgone Cloud Buster 2」YouTube

〔国内サイト〕
「ヴィルヘルム・ライヒという偉大な狂人について8時間徹夜でツイート」Togetterまとめ
「ヴィルヘルム・ライヒ」Wikipedia
「日曜日の歴史探検:天候さえも操るヴィルヘルム・ライヒの「クラウドバスター」」 ITmedia エンタープライズ
「オルゴン蓄積器 (ライヒ)…天才達は利用されて捨てられる。それは本人達に不足なものがあるせいだ。」 ★阿修羅♪
「オルゴン研究の歴史II:オルゴナイトの進歩」セルフ・ルネサンス
「オルゴナイトで護身」new Freedom
・「テーマ:└歴史や人々」お守りオルゴナイト
「オルゴナイトのGIFTING(ギフティング)と私が水晶にこだわる理由✨ 」目に見えない世界の専門家 宝塚のアカシックリーダー&サイキックアドバイザー Akemi


次回へつづく...


Writer

牛サマディー様プロフィール

牛サマディー

1996年生まれ、宮崎県出身。 体癖は1種8種、エニアグラムはタイプ3。 現在は大学4年生、経済学部に所属。就職活動の真っただ中。 趣味は読書、写真、旅行、映画鑑賞、音楽鑑賞、絵画鑑賞、コーヒー豆自家焙煎、ペン回し、ギターなど。 大学の長期休暇を使い、東南アジア、ケニア、台湾へ海外旅行。

牛サマディーさんの旅行記はこちら

Comments are closed.