ぴょんぴょんの「病院あるある 2」

 これは、ある治療家の方からお聞きした話で、ほとんど実話です。
その方は、つねに真剣に患者さんと向き合っている方です。
けんめいに治療して、あそこまで良くなっていたのにと無念がっておられました。
医者が放った呪いのことばを、家族はいつまでも忘れることはないでしょう。
(ぴょんぴょん)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
ぴょんぴょんの「病院あるある 2」

がん治療ではなく代替治療を選択した結果


おい、しろ、病院ってこわいぞ!

また、くろちゃんの病院批判が始まったよ。

おれのダチのおふくろが、最近病院で亡くなったんだよ。
亡くなる1週間前、見舞いに行ったときはぴんぴん元気だったのによ。

えっ?! 1週間で。どうしてそんなことになったの?

おふくろさんはちょうど1年前、右の乳がんが見つかって、そんときすでに余命6ヶ月って言われてたんだ。

宣告より半年も長生きできてたの? よかったじゃないの。

う〜ん、そう言われればそうかもしれないけど、そのときに、余命6ヶ月ならということで、病院のがん治療よりも代替治療を選択したからだろう。

それが、結果的に良かったってこと?

本人の病状にぴったり合ったんだろうなあ。
余命宣告から3ヶ月後には、肺と骨の転移が消えてしまったらしい。

へええ〜〜すごいねえ、代替治療でも、そんな効果があるんだね。

ってゆうか、抗癌剤治療してたら、とっくにヤバかったと思うけどな。
ま、それから4ヶ月後、乳がん自体も小さくなってたそうだ。おふくろさんも元気いっぱいで、「がんは完治した」って言ってたらしいぞ。

すごいよ、すごいよ。

もともと、生命力のある人だったんだと思うな。
ところがだよ、小さくなってうれしかったんだろうなあ、病院に見せに行ったら、「細胞検査をしておきましょう」って言われたそうだ。

そうか、余命6ヶ月のはずがそんなに元気になってて、病院もびっくりしたんだね。

ほんでもって、右乳房の小さくなったしこりに針を刺して細胞診をした。
そしたら、なんと! がん細胞が見つからなかった!


ひええ〜〜ほんとに治ってたんだ! すげえ〜〜。

だろ? 病院からしてみれば、余命6ヶ月がなんでこんなことになってんだ?って頭抱えたろうよ。まともなら、何かしたんですかって聞きたくなるよな。

うんうん、ぼくも聞きたいくらい。

pixabay [CC0]



2回めの細胞検査をした結果


ところがだよ、こっからがややこしいんだ。
検査結果の出た2日後に、病院から「もう1回細胞診をさせてほしい」って連絡があったんだそうだ。

はあ〜〜?

「がん細胞がない」って結果に納得できなかったんだろなあ。
こっからが、運命の分かれ道よ。

あああ〜〜〜またかあ〜〜。

2回めの検査で針を刺されたとき、すげえ激痛だったそうだ。しかも、右の乳房に針刺してんのに、なぜか腹も、腰も真っ青に内出血してたとか。

えええ〜〜?!

そんときの、担当の医者の言葉がまたふるってるわ。
「申し訳ありません。今日が初めてなものですから」って! おいおい、だよなあ。

ひええ〜〜〜?!

その医者、よく言やあ、正直な人かもしれん。だども、そのセリフ、そのシチュエーションで言うか〜〜?! こっちはまな板の鯉で、生死を預けてんだぜ。

そういう医者に会いたくないわ。

でもってよ、激痛忍んで、青あざ作りまくった検査でも、がんは見つからなかったんだとよ。

1回めの検査で、信用しとけばよかったんだよね。

そんで、無罪放免になったのはいいんだけど、1ヶ月もしねえうちにエライことになっちまったんだよ。

・・・

胃のムカムカと、右わき腹の痛みがひどくて受診すると、「肝臓にがんの転移があるから、すぐに手術だ」って言われたそうだ。

・・・ぼく、素人だけど知ってるよ。転移ってさ、手術したらいけないだよね、広がるから。

おお、なかなかよくわかってんじゃねえか。
家族の方も、なんか医者の言ってることおかしくね?って思ったらしい。
が、その後まもなくおふくろさん、右わき腹の激痛で救急搬送されちまった。


右だろ? 刺したことと関係ありそう。

だよな。 ところが病院に、「肝臓がんによる出血で破裂状態にある。直ちに親族の方に集まってもらってください」って言われたそうだ。

ええっとお〜〜〜話をさかのぼってみるよ。
もともと右乳がんの肺と骨の転移でえ〜、余命6ヶ月と宣告された。で、肺と骨の転移は消えたんだったよね。しかも、右乳がんも小さくなってた。
あれ? 肝臓がんって一度も言われてないよね。
いつから、急に肝臓がんになったんだろ〜?


おお、おめえもなかなか論理的になってきたじゃねえか! 
そうだよ、肝臓がんなんてあるわけねえんだよ。家族もそう思ったに違いない。だからこう聞いたそうだ。「肝臓の出血は、細胞診の傷と関係はありませんか?」

そうそう、そこだよ、そこ。 ぼくも聞きたかった。


医者が放った呪いのことば!


こっからがまた、すげえ。
このとき医者がムキになって放ったセリフを、家族は今でもよく覚えている。
医者はこうぬかした。「われわれはれっきとした医師だ、プロだ。出血は肝臓がんの異常増殖による内臓破裂だ。」

・・・そのプロが、針で大きな血管を傷つけて、内出血おこしたもしれないのに・・・・・

さらにつづく。
「言いがかりをつけるなら、すぐに帰れ。ただしまた、夜中に救急車など呼ぶな。なぜかわかるか? 救急車は命を助けるためのものだ。どうせ、(本人を指さして)死ぬんだ。どうせ死ぬ人間のために、救急車を使うな。食べ物も水も治療も必要ない。どうせ死ぬんだから」

・・・・・

この人、呪術師になってた方がピッタシってくらいの、すんげえネガティブな言葉だよな。
こんな言葉浴びちまったら、元気な人でも病気になっちまうぜ。

その医者は、ほんとうに血の通った人間だったんだろうか?

あわれなおふくろさんは、その呪いの1週間後にその病院で亡くなるんだが、文字通り死ぬまで、治療も、食べ物も、水も与えられなかったそうだ。

ホラーだ! ホラーだ! まんじゅうこわい〜〜病院こわい〜〜。

おめ、顔色悪いぜ、大丈夫か?

きっと、こんな病院はめずらしいんだよ。他の病院はきっとこんなことはないよ。

それがさ、その病院は建物もりっぱで、病室もきれいで、金持ちがかかる病院で有名なんだとさ。

ほええ〜〜〜〜〜ぼく、きちゃねえ病院でいい。

pixabay [CC0]


以上
ぴょんぴょん

Writer

ぴょんぴょんDr.

白木 るい子(ぴょんぴょん先生)

1955年、大阪生まれ。うお座。
幼少期から学生時代を東京で過ごす。1979年東京女子医大卒業。
1985年、大分県別府市に移住。
1988年、別府市で、はくちょう会クリニックを開業。
以後26年半、主に漢方診療に携わった。
2014年11月末、クリニック閉院。
現在、豊後高田市で、田舎暮らしをエンジョイしている。
体癖7-3。エニアグラム4番(芸術家)

東洋医学セミナー受講者の声

Comments are closed.