オルゴナイトの可能性を探る 〜第四章 オルゴナイトの設置方法:前半

 前回から長らくお待たせしました。今回からオルゴナイトの設置方法を紹介していきます。また今回より牛サマディー氏に代わり、設置の実験に携わったシャンティ・フーラのスタッフ・るぱぱがお届けします。
(スタッフ・るぱぱ)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
オルゴナイトの設置方法:前半


はじめに



前章では、オルゴナイトの製作方法と、製作に伴う注意点を紹介しました。今回と次回でオルゴナイトの設置方法について解説します。

この設置方法は、竹下氏が「オルゴナイトをこのように設置すると、電磁波を気のレベルで防御できるのではないか?」と考え出した仮説を、シャンティ・フーラ内で実験を行って検証した結果、編み出したものです。どのような実験を行ったのか、また建物に設置する上でどのような手順を踏んだのかは、今後の記事に譲りたいと思います。


使用するオルゴナイト



前回の「第三章 オルゴナイトの製作法:前半 」で製作した、必要なオルゴナイトの仕様と数を、次の通りまとめます。

円錐型オルゴナイト
仕様: 高さ約60mm、底面の直径約86mm
必要数:1個


ピラミッド型オルゴナイト
仕様: 高さ約54.7mm、底面は約86mm四方
必要数:8個(高周波防御用4個+超低周波防御用4個)



1.高周波電磁波を防御する設置方法



電磁波は、高周波電磁波と超低周波電磁波の2種類に分かれます。

高周波電磁波とは「電波」「マイクロ波」とも呼ばれるもので、Bluetoothや無線LANを使用したパソコン、携帯電話、スマートフォン、無線LANルーター、スマートメーター、携帯電話の基地局、電子レンジなどから発生するものです。

オルゴナイトを使ってこのタイプの電磁波を防御するには、次の図のように円錐型1個とピラミッド型4個を設置します。

上から見た配置図


立体的にあらわすと、次のとおりです:

立体図


円錐型オルゴナイトの頂点を通る鉛直線を中心として、そこから東西南北を示す線(=方位ライン)上に、1方位1個のピラミッド型オルゴナイトを設置します。すると、次の図の青色の部分——各オルゴナイトが形成する直方体状のエリアーーが電磁波から守られます。

電磁波の防御エリア


次の写真は実際に高周波の防御エリアを展開している様子です。


5つのオルゴナイトで高周波を防御している様子




2.超低周波電磁波を防御する設置方法



超低周波電磁波とは、送電塔、電気配線、その他家電製品…つまり一般家庭に供給されている電気=交流電流から発生するものです。

オルゴナイトを使ってこの電磁波を防御するには、次の図のように円錐型1個とピラミッド型4個を設置します。

上から見た配置図(超低周波電磁波に作用する配置)


円錐型オルゴナイトの頂点を通る鉛直線を中心として、北東・南東・南西・北西に伸びる方位ライン上に、1方位1個のピラミッド型オルゴナイトを設置します。方位の違いを除けば、設置方法と防御エリアは、先の高周波電磁波用のものとまったく同じです。


3.両方の電磁波を防御する設置方法(推奨)



上の2つの設置方法を組み合わせると、両方の電磁波を防御することができます。次の図のように円錐型1個とピラミッド型8個を設置します。

上から見た配置図(両方の電磁波に作用する配置)


この場合、次の図の青色の部分ーー各オルゴナイトが形成する八角柱状のエリアーーが両方の電磁波から守られます。

電磁波の防御エリア(両方の電磁波に作用する配置)


現実に今の社会で、どちらか一方の電磁波だけに被爆する環境は非常に少ないと思われます。基本的にはこの配置をすすめます。


4.電磁波の防御作用とその限界



以上の設置を行うことにより、オルゴナイトが形成する防御エリア内に人が居た場合、その人を電磁波から「気のレベル」で守ることができます。

「気のレベルで」というのは、電磁波測定器の測定値が落ちるわけではないことを意味します。物理的な次元でこの効果を測ることはできないということです。

また、気のレベルとはいえ、竹下氏によれば、人間が持つ霊的な身体のうち「狭義の肉体の表層レベル」という最も浅い部分は、オルゴナイトで守ることができないとのことです。オルゴナイトに頼るだけではなく、発生源を人からできるだけ離す、物理的に電磁波を浴びない対策を行うといったことが可能なのであれば、そのような対策もできるだけ行うほうがより賢明です。

なお、電磁波の発生源が防御エリアの外にあるか中にあるかは関係ありません。内外どちらの電磁波に対しても、防御作用が働きます。

◇ 補足情報 ◇

①具体的には、気のレベルでの電磁波の悪影響は、人間の体にあるチャクラの回転を低下させてしまうことです。その人のチャクラのうち、防御エリア内に入っているチャクラだけがこの悪影響から守られます。ある人の、すべてのチャクラが防御エリア内に入っていることが理想ですが、竹下氏によれば特に守るべきチャクラは頭頂のサハスラーラ・チャクラとのことです。

竹下氏によれば、オルゴナイトにより「狭義の肉体」の「深層レベル」と「中層レベル」が防御できるとのことです。なお、それよりも精妙な身体である「プラズマ体」には、そもそも電磁波は影響しないとのこと。



設置方法の概要とその効果をまとめると、以上の通りです。しかし、「オルゴナイトを、中心とそこからだいたい8方位に置けばよい」という安易な方法で作用するほど甘い話ではなく、いくつかの厳しい条件に従って設置することが必要となります。それを次回、後半でご紹介します。

(シャンティ・フーラ スタッフ るぱぱ)

Comments are closed.