フロリダ州ディズニーワールドで児童に対する性的暴行容疑で大量逮捕 ~世界的な規模の巨大小児性愛犯罪組織の存在~

竹下雅敏氏からの情報です。
 以前から、ディズニーのテーマパークでは、子供の誘拐が多発していると言われていましたが、記事によると、フロリダ州のディズニーワールドで、35人以上の最高幹部を含む関係者が、児童に対する性的暴行容疑で逮捕されたとのことです。テーマパークの地下には、イルミナティの悪魔崇拝に使われる部屋があるという噂があります。記事では、巨大小児性愛犯罪組織が存在していることがわかったと書かれていますが、これが世界的な規模になっているのは明らかで、こうした組織の頂点には、王家の人々が居ると言われています。
 記事では、“エリザベス女王とローマ法王によって、5万人の子供が虐殺されていた”と書かれていますが、これは確か、カナダの法廷で明らかにされたことで、エリザベス女王の有罪が確定した事件だったと思います。この件で、エリザベス女王は、国を出た場合には私的な逮捕が出来るということだったと記憶しています。フランシスコ法王も同様に、児童の人身売買の罪で有罪判決が出ていました。
 フルフォード氏は、フランシスコ法王がこのようなローマ法王による子供の虐殺を公式に認めて、謝罪すべきだと言っていたように思います。私も同様に感じており、彼らがこうした罪を逃れる術は無いと見ています。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
フロリダ州ディズニーワールドで大量逮捕
引用元)
(前略)
http://beforeitsnews.com/alternative/2017/12/breaking-massive-pedogate-arrests-at-disney-world-3583501.html
(概要)
12月24日付け
 警察の調べによりフロリダ州のディズニーワールドには巨大小児性愛犯罪組織が存在していることが分かりました。そして35人以上のディズニーワールド関係者(最高幹部、コンシェルジュ、ツアーガイド、入場券販売員も含む)が児童に対する性的暴行の容疑で逮捕されました。
(中略)
逮捕者の中にはディズニーの最高幹部も含まれています。
(中略)
ディズニーでは、ディズニーの家族的なイメージに全くマッチしない、麻薬密売・常習、エイズ感染、性的暴行、売春が横行し、自制心のない性的暴行を子供に加えて子供を餌食にする獣が跋扈しています。
今、ディズニーはこれらの秘密を必死に隠そうとしています。
(中略)
(転載ここまで)
(中略)
前にもこのブログで紹介しました通り、アメリカでは年に80万近くの子供が行方不明になっています。そして、アメリカの隣の国カナダで、エリザベス女王と ローマ法王によって5万人の子供が虐殺されていたという事実が明らかになりました。また、その後の法廷での証言によって、彼らが幼児誘拐と幼児売買のネッ トワークを世界中に張り巡らせ、多くの子供を拉致していたということも暴露されました。
(以下略)

Comments are closed.