ユダヤ問題のポイント(近・現代編) ― 第22話 ― ハルマゲドン(救世主降臨)計画(其の二)

 私がこのシリーズの連載を始めた主なきっかけ、それは2つの文献を読んだ驚き、その衝撃によってでした。その二つの文献とは第1話の[スタンス(主に引用する文献)]で紹介している①ジャック・バーンシュタイン氏の「シオニストユダヤからの内部告発」②アレキサンドル・イワノフ氏の講演録「「ロシア-ユダヤ闘争史」の全貌」です。
 この二つの文献から、私自身がこの世界の大変な重要事項を知っていなかったこと、そして私の無知もあるでしょうが、中東そしてロシアの歴史と事実に対して、私も世界人民もどうも意図的に大きな誤解をさせられていたことに気づいたのです。事実として人民を誤解させる働きは現在も止まっておらず、この連載を始める前からも、欧米の政治とマスコミによるプーチンのロシアを悪魔化する一大キャンペーンが展開され続けています。
 もともと日本人は、年配の方を中心に太平洋戦争終戦時のソ連軍の日本への卑怯な行為によって、ロシアに対する拒否アレルギー反応があります。しかし知ってみればその当時のソ連を支配していたのは、今のプーチンたちとは全く異質の存在でした。むしろこの異質の存在(ハザールマフィア)とロシア人は長い抗争を続けていたのでした。私たち日本人のロシアに対する拒絶反応は、世界支配者によって植え付けられたものであったのです。
 連載に当たり、私はロシア人とハザール人の因縁、その事実を紹介することで、私たち皆が抱かされてきた誤解を解く一助になれば、との思いもあったのです。
 また、ジャック・バーンシュタイン氏の証言もそれを初めて知った当時の私には全くの驚きでした。イスラエルという国家の実体、そしてイスラエルがいかなる方法を用いて建国されたのか? これは世界のマスコミや映画そして教科書では決して伝えられず、従って世界の人民ほぼ全てに知らされない事実だったのです。しかも恐ろしいことに、世界の人民は何も知らされていないのにも関わらず、イスラエル建国の問題は、地球人類の行方を決定づける極めて重要な事項でもあったのです。
 最終的にはイスラエルがなぜ建国されたのか? その本当の目的、秘められた狙いを明らかにしたい。それが連載を始めた時からの構想ではありました。この連載を読んで頂いてきた方々はもうお分かりでしょうが、改めて明かします。人工実験国家イスラエル、その建国の真の目的と狙いは、ハルマゲドン計画の実現のためです。巨大なハルマゲドン計画を実現するために、どうしても必要だったのがイスラエル建国だったのです。
(seiryuu)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
ユダヤ問題のポイント(近・現代編) ― 第22話 ― ハルマゲドン(救世主降臨)計画(其の二)

pixabay [CC0] 1 & 2


ハルマゲドン計画と広義の真のシオニズムとの関係性


pixabay [CC0] 1 & 2


どうだい?喜多さん、ぼちぼち息は整ってきたかい? 歩けるかい? まだ顔色が蒼いようだが?

御隠居、ボチボチ進むどころか、旅路の出だしから急な難所で、あっしは息切れでアップアップでさ。

いやぁ、明るいうちにそれなりに見通しがきくところまで辿りついとかなくては、と思ってね。

あっしはもう少し話の整理をしとかなきゃ、足を進めることができねぇや。
えっと、前回ハルマゲドン計画は地上世界の破局と救世主の出現がセットになっていて、その先に世界の新たな再編、これで構成されていると、これは何となく飲み込めやした。

しかし、御隠居は確かハルマゲドン計画と広義の真のシオニズムはほぼ同義と言われていやしたが、シオニズム計画が始動したのは240年ほど前、しかしハルマゲドン計画は古代からの研究から立てられ動いてきた、と。この二つの計画運動の関係は?

ほう、いい質問だね。先ずハルマゲドン計画だ。お前さんが理解したように①地上世界の破局、②救世主の降臨、③世界の新たな再編、これでハルマゲドン計画は成り立っている。

そうだね、別の言い方だと破壊と再生のセットでその合間に救世主出現を挟んでいるとも言える。家の建て替えをイメージすれば分かりやすいだろう。家を建て替えるとき、先ず必要な物は取り出して別のところに置いておいて、古い家を破壊する。それで新たな家を建設して、置いていた必要な物を改めて入れる。ただ新たな世界が支配者に都合の良いものにするため、破壊と再建造の間に救世主の出現を挟んでいるわけだ。これがハルマゲドン計画の骨子だ。

で、この計画が立てられたのは「ヨハネの黙示録」がそれだから多分ざっと2000年前ぐらいかな? そしてシオニズムとの関係だが、この計画を地上で具体的に現象化する青写真のシナリオに当たるのが広義の真のシオニズムというわけさ。
そうだね、ハルマゲドン計画がその実現のため、広義の真のシオニズム計画運動という形をとった。こういう言い方が分かりやすいかな?

・・・?!ちょっ、ちょっと待ってくだせえよ。御隠居、あっしは240年前と思っただけで気が遠くなりかけたっていうのに2000年前?! 2000年前の昔に計画され、既にず~と発動してきていた!?

『新約聖書』 [Public Domain]


そうだよ、ハルマゲドン計画は更にその遙かいにしえからの研究で立てられたものでもあるよ。

・・・御隠居、こりゃとても手に負えねぇ。あっしはもうこの旅は諦めて帰りたくなってきやした。

おやおやお前さん「山よりでかい獅子は出ない」じゃなかったのかい? まぁ話が巨大過ぎるので、どの部分を辿り見ていくか、旅路のルートは決めとかなきゃどうにもならないのは確かではあるがね。

へい、それは確かにそうでさ。ルート決めしとかなきゃ動けねぇや。ただしその前にもう一度確認しやす。240年前広義の真のシオニズム運動が始動した時点で、ロスチャイルドたちは既にパレスチナにユダヤ国家を建設し、おまけに苦労して建設したユダヤ国家を中心に世界戦争、つまりユダヤ国家を破壊しながら世界を破局に追い込む、このことを想定に入れて計画を立て、運動を始動したということで?

パレスチナのユダヤ国家建設と破壊を見越していた?サバタイ-フランキスト



ふむ、そうだね。まず改めてだが、これまでこのシリーズで見てきたことを丹念に確認し直すことは大切だね。途中で迷ってもそこに戻れるから遭難対策になる。
さてお前さんの質問だが、パレスチナにユダヤ国家建設とそこを中心とした大戦争による破局、これは運動の最初から想定にあった可能性は高い。

中東に油田も見つかっていない240年前に? だとすれば初代ロスチャイルドたち、すげぇ連中だ! 遙かな未来を見越して動いていることになる。でも、その想定にあった、という根拠は?

そう、確かに善人悪人は別にすると全くすごい連中だ。それは認めざるを得ない。さて根拠だが、1666年にサバタイがパレスチナにユダヤ国家を復元すると宣言し、その流れから連中が出現し、ヤコブ・フランクは「パレスチナにユダヤの反キリスト国家を作る」と発言だ。それにその前から流れは来ている。実は大元の「ヨハネの黙示録」だが、ここではハルマゲドンの語句の登場は1回だけだがエルサレムは幾度も繰り返し出てくる。そして最終は新エルサレムが降りてくることになっている。

つまりハルマゲドン計画は破局計画であり、救世主降臨計画であり、新エルサレム到来計画でもある。そしてサバタイ登場よりずっと以前にエルサレム争奪を巡る大事件もあっただろ? それもキリスト教徒とイスラムの争いだ。

? 古くにあったキリスト教徒とイスラムのエルサレムを巡る争いの大事件?・・・あっそうか!十字軍遠征だ! 中世の十字軍の大遠征だ! え?ということは十字軍もハルマゲドン計画の一環ということで?

エルサレムの戦い [Public Domain]


そうだろうね。どう見ても。つまりそもそもそれは黙示録に記されてあるし、エルサレムを巡る大戦争による破局は、ハルマゲドン計画当初からの既定路線だったと見てとれる。その底流のうえでロスチャイルド、サバタイ-フランキストたちの計画と実行による様々な地上世界の破壊工作が繰り広げられてきた。
最終局面は第3次世界大戦だが、そこへもっていくための綱領がバーバリアンイルミナティに指示した以下の5項目だ。

 ①すべての既成政府の廃絶とイルミナティの統括する世界単一政府の樹立
 ②私有財産と遺産相続の撤廃
 ③愛国心と民族意識の根絶
 ④家族制度と結婚制度の撤廃と、子供のコミューン教育の実現
 ⑤全ての宗教の撤廃

これを指針として革命・共産主義運動などの各種運動を派生させている。

うーん、この破壊工作の指針である5項目綱領は、改めて見てみると非常に効果的だ。既成世界というか社会の仕組みその根本を、外部よりむしろ内側から崩壊させるようになっている。さすが「成りすまし」と「内部乗っ取り」を得意の常套手段にする連中だ。いかにも悪魔的だ。

しかしこの多分ロスチャイルド家を頭領とするサバタイ-フランキストの悪魔軍団の立てた広義の真のシオニズム計画運動を、ハルマゲドン計画を立てた陰謀団グループが承認、もしくは命じてそれを実行に移させたわけでやすね? となると大元にいるハルマゲドン計画を草案・実行の古代からの陰謀団グループも悪魔軍団でやすね?

うーん、そうだね。まずサバタイ-フランキストの頭領がロスチャイルドとの見立ては正しいだろう。だからこれからサバタイ-フランキストという場合は必然的にロスチャイルドが入っていると受け取っておくれ。

それでだ。・・・ハルマゲドン計画の陰謀団とサバタイ-フランキストグループは、・・・そうだね、込み入っているので、話しを整理するためこの二つのグループは区別しておいたほうがいいだろう。その上でだが、ハルマゲドン計画の陰謀団は通常で規定されるであろう悪魔軍団などでは決してない。むしろ意外だろうが逆の存在となる。少なくとも2006年時点ぐらいまではね。


光の存在に分類されるハルマゲドン計画者グループ


え!?陰謀団が悪魔軍団で無い?? あっしはまた頭がぐらぐらしてきた。だって陰謀団は悪魔軍団のサバタイ-フランキストを使役または支援していたんでは? おまけに第一、ハルマゲドン計画は自分たちに都合良い新世界を到来させるため、この地上世界の破局と救世主出現がセットになっている。自分たちが破局破壊を実行もしくはそれを命じながら、破局させた本人が救世主を演じるわけだ。完全な自作自演で、その自作自演に全人類も地上全ての存在もが巻き込まれる。どうみても悪魔としか思えやせんが?

もっともだ。陰謀団の行いはマッチポンプだ。とても悪質だ。悪魔に見えて当然だ。しかし違うんだ。

え? いや、ちょっとその前に御隠居、マッチポンプ? なんでやすか?それは?

あ、そうか、もうマッチポンプなんて言葉使わないか、昔はね火を付けるのにマッチしかなくてね。それで「マッチ一本、火事のもと」と標語があった。そこでマッチを擦り火事を起こした張本人が、ポンプをひっぱってきてその火事を消しヒーローになる、犯人が逆に功労者になる自作自演劇を指す。分かりやすい言葉だがもう死語なんだね。サバタイ-フランキストの行状を指すにもピッタリなんだが・・・。


へー、なるほどマッチポンプね。あ、話しがそれてしまった。陰謀団は悪魔ではない?

あ、そうだった。悪魔どころか・・・、そうだね。ごく簡単に分類するとこの地球の地上世界にあたしたちはいる。その上には天が拡がっている。それはいわゆる天国、天上世界で光の世界といえるだろう。

ところが逆に地上の下には地下がある、地下世界いわゆる地獄界で闇の世界だ。普通悪魔は地獄世界にいる。そして神々は天上世界にいるとされる。この分類だと陰謀団は天上世界の光の存在に分類される。

え?光の存在? その光の存在がマッチポンプを行い、自分の欲求実現のため悪魔軍団を使役するんで?

そう、そうなんだ。光に分類されるのに厄介な存在だ。非常に紛らわしい。あ、それとね、サバタイ-フランキスト、彼らも少なくともその上層部は悪魔では無く光の存在に分類される・・・。

はぁ? サバタイ-フランキストの上層部? ならばトップにヤコブ・フランクがいやすぜ? あの悪魔主義フランキスト教教主、この地上世界に乱交から裏切り、殺人とあらゆる悪をまき散らして悪を極限まで高め、新世界を到来させると説き実行してきたヤコブ・フランクが。悪魔教教主の彼が光の存在なんで?

驚くべき事に、ヤコブ・フランク、彼もどうも光の存在に分類されるようだ。2006年ぐらいまではね。

・・・光も闇もごっちゃまぜ、紛らわしいや、いや全部が闇にしかあっしには見えねぇや。謎だらけだ。
ふーむ、・・・しかし・・・待てよ、逆に少し見えてきたぞ。何を明瞭にしなくてはいけないか?が。

ほう、見えてきたか。それがこれから辿る旅路のルートになるね。で、その明瞭にすべきは?

光とされる陰謀団、その実像でさ。それとその陰謀団に伴っていたサバタイ-フランキストの実像。この二点。
それとハルマゲドン計画がその実現のためシオニズム計画運動というシナリオになっていたんでやすね? ならばこのシナリオは具体的にはどんなシナリオだったのか? この三点でさ。

なるほど、進むべきルートは決まったようだ。お前さん、さっきとは違いやる気が出てきたようだね。

へい、食べかけの大福餅・・・? あ、違うか、乗りかかった船だ、中途でほっぽりだしでは男が廃りやす。

ふむ、それでは改めて出発するとして今日はこのあたりで休むとしよう。相当の長旅になりそうだからね。ただ、何はともあれとして、この決めた旅路のルートを辿るためにも先ず必要なのは・・・、

「ヨハネの黙示録」、その内容確認でやすね? これをしないと確かに何も始まらないや。

そう、その通りだ。ただし「ヨハネの黙示録」全文は結構長い。ハルマゲドン計画に直接関係ある重要箇所とあたしが思えるところを抜粋した短縮版がこれだ。宿題として読み込んでおいておくれ。

へい、御隠居、わかりやした。読んどきやす。

『最後の審判』 [Public Domain]


Writer

seiryuu様プロフィール

seiryuu

・兵庫県出身在住
・いちおう浄土真宗の住職
・体癖はたぶん7-2。(自分の体癖判定が最も難しかった。)
・基本、暇人。(したくないことはしない。)
・特徴、酒飲み。アルコールには強い。
・歯が32本全て生えそろっている(親不知全て)原始人並み。

これまでのseiryuu氏の寄稿記事はこちら


Comments are closed.