ユダヤ問題のポイント(近・現代編) ― 第31話 ― ハルマゲドン(救世主降臨)計画(終話《前》)

 行為そのものより、その動機の方が重要だと教えられています。
 例えば【優しい言葉をかける】この行為だけ見れば見た目は美しいです。実際にその行為が素直な愛情から出たのならば確かに美しいです。
 しかし、相手を嵌めて貶めるために【優しい言葉をかける】場合もよくあるのです。詐欺師そして悪魔の常套手段で、この手を用い近寄ってきます。自分を悪魔だと表明して近寄ってくる悪魔はいません。逆に悪魔は自分が神聖存在であることを装い、神、天使、聖者であるがごとくに偽装します。カインやエノクたち闇の者がそうでした。

 ハルマゲドン計画の根本にはサナット・クマラの怨念と復讐心があります。その彼のもとに、彼を裏切り破滅させるカインやエノクたち、闇の者たち、真の悪魔が潜入します。彼らはサナット・クマラへの怨念と復讐心から近づいたのです。
 しかしサナット・クマラは彼らの狙いに気付きません。サナット・クマラの内部が怨念と復讐心に満ちていたため、彼らの自分に対する怨念と復讐心が見えないまま引き寄せたともいえます。
 似たもの同士は互いに引き合います。サナット・クマラもマイトレーヤも神聖存在を装った者たちでもあったのです。
(seiryuu)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
ユダヤ問題のポイント(近・現代編) ― 第31話 ― ハルマゲドン(救世主降臨)計画(終話《前》)

pixabay [CC0] 1 & 2


自分以外を神とは認めないサナット・クマラ ~幾度もの転落


ハルマゲドン計画について、前回でサナット・クマラの野心が映された表のシナリオ全貌を見終わったので、残るのは裏のシナリオだ。
無論、表のシナリオも事実を拾っていった上での推測ではあったがね。

へい、驚愕でやした。まさか本当に平気で地球そのものを爆破消失させるつもりだったとは!
あの映像配信(宗教学講座257回)を見やした。最後部分は慄然としやした。
サナット・クマラとその配下の者たちは本当に上位の神々や宇宙全体を支配しようとし、それができると信じていたみたいでやすね。

pixabay [CC0] 1 & 2 & 3


そうだね。サナット・クマラにとって神の国の完成とは、地上の人間などだけで無く、上位にあった神々を奴隷支配し、宇宙全体の支配者として君臨することだっただろう。
彼は事実としてユダヤ教キリスト教イスラム教で唯一絶対の神として自らを拝ませていた。これは、自分以外は神だと絶対に認めないというサナット・クマラの信条だろ?
しかしサナット・クマラ自体が既に神から転落していたのだがね。

うーん、御隠居は以前にマイトレーヤは神ではないといわれていやしたが、サナット・クマラもそれと同じ扱いになるので?
そして神からの転落? これには一体どういう経緯があったんで?

ふむ、私たちの世界は宇宙レベルではシリウスシステムと呼ばれ、その視点では下から人間、人霊、神霊、神(ホツマの神)の順に分類される。

ホツマの神とは、日本で古来より祀られてきた天照大神や伊弉諾・伊弉冉尊、素戔嗚尊などだ。他の宗教で神とされる存在とはレベルが異なる。
ホツマの神の次が神霊で、エジプトで祀られる神々などだ。その次が人霊でマイトレーヤは人霊になる。

サナット・クマラは元々はホツマの神、それも非常に高い地位にあったようだ。しかしある事件を起こし神霊へと落とされている。

サナット・クマラがある事件を? それと人間や神霊、神とは何が違うんで?

先に人間と神霊などとの違いだが、これは人間や神霊それぞれの身体を構成している構成要素が異なっているようだ。詳しくはあたしも説明できないがね。
そしてサナット・クマラについては詳しく見ている余裕はないが、ハルマゲドン計画の裏バージョンもあるし、地球史にも関わる事なので少し見ていこう。

サナット・クマラと地球史の関わりでやすか、御隠居、よろしく御願いしやす。

サナット・クマラは元来ホツマの神だが、幾度も転落しているようだ。

この情報はスミワタルタカキホシノヒメミコ様の通信で初めて公開されたものだが、約3500万年前、地上の人間への転生がホツマの神々で行われるようになっていた。その中、それに反抗するグループが出てきて反乱軍が組織された。
その指導者が当事高い地位にあったサナット・クマラで、その軍団長がサタナエルだったようだ。その反乱軍は天の軍団によって平定され、サナット・クマラの一味は、地獄と呼ばれるような霊空間に落ちていった。

Author:Gustave Doré [Public Domain]


へ?それだとまるで黙示録の天に攻め入って、たたき落とされた“竜”がサナット・クマラだ?

ふむ、まぁそれは一端置いておき、その後サナット・クマラは改心したのか許されたようだ。
しかし約1850万年前にまた事件を起こし、ホツマの天帝の激怒を買い、金星から地球へとたたき落とされた。

あれ?1850万年前?
確か『マイトレーヤの使命』では、サナット・クマラは1850万年前に金星から“降臨”と記されていたのでは? それが“たたき落とされた”? 一体どんな事件を起こしたので?

アダムとイブの天界追放の真相 ~創世記の蛇とは誰のことか?


Author:William Blake [Public Domain]


旧約聖書の『創世記』の有名な一件だよ。あのアダムとイブが天国から追放された件だよ。

えっと、イブが蛇に唆され知恵の木の実を食べ、アダムにも勧めて食べてしまい、天から追われた件で?

そうだよ。
知恵の木の実は比喩で性交渉のことだ。そして蛇とはサナット・クマラのこと、つまりサナット・クマラがイブと性交渉を持ったことを意味する。

さて、ホツマの天帝は天照大神で実は男神だ。そしてイブは天照大神の妾になる予定の女性だったようだ。
またサナット・クマラは天照大神の息子の一名のようだ。天照大神が息子に女性を寝取られて激怒し、地上にたたき落とした。これがことの真相のようだ。
この際にサナット・クマラはホツマの神から神霊へと屈辱の格下げをされたようだ。

うえー!聖書では随分ゆがんで伝えられている。
うーん、しかし、サナット・クマラが創世記の蛇なら、黙示録の「竜の正体は、悪魔ともサタンとも呼ばれる年経た蛇である」、これに完全に当たりやすね。何と!竜の正体はサナット・クマラだった?
でもミカエル率いる天の軍により地にたたき落とされた?

聖書ではいろんな伝承がごっちゃになっていて真相が巧に隠され、人間は誤誘導されるようになっている。

ミカエル率いる天の軍にたたき落とされたのは、サナット・クマラではなく天使長サタナエルだ。
サタナエルは人間への転生を拒み、サナット・クマラに対する反乱軍を決起、しかしミカエルたちに破れ地獄に。約1586万年前のことのようで、それから約1100万年前まで地獄で帝王となっていたようだ。

エルは神聖を表す。それが反乱を起こし地獄に落ち、エルがとれるとサタナエルはサタナ、サタンとなるだろ?

ああ、なるほど。
1850万年前、金星から地球にたたき落とされたサナット・クマラにサタナエルたちはついては来たが、やはり人間への転生を拒み、サナット・クマラに反乱したわけでやすね。
しかしその前、約3500万年前に転生を拒んで反乱軍を起こし、地獄に落ちたその指導者はサナット・クマラだった。だから本来のサタンとか竜に当たるのはサナット・クマラそのものの筈だ。
しかし部下のサタナエルが自分に反乱をおこしたので、その役割を部下だったサタナエルに押しつけた、このように言えやすね?

そうだ。

さて、約1100万年前、サタナエルは許され、アザゼルと改名し人間に転生に入った。
しかしアザゼルたちの転生時の所行が咎められ、サナット・クマラの命でアザゼルたちはまた縛られ、幽閉されてもいる。

えっと、人間に転生に入るとは人間の肉体を持つことでやすね?
アザゼルたちは何を咎められたので?

そうだね。色々と理屈は付けているが、その一番はアザゼルたちが地上の人間の娘たちと性交渉を持ったことだろうね。
それで巨人が生まれ地を汚したと。これを記しているのが「エノクの黙示録」だ。

ああ、そう言えば。ごちゃごちゃ記してありやしたね。
しかし、男性としての人間の肉体を持ったアザゼルたちが人間の女性と性関係を結ぶ、これはごく自然なことだ。なぜそれが咎められるので?

ハイアラーキー団では、ある位階以上の者は女性との性交渉は御法度になっていたからだね。

御法度?決めたのはサナット・クマラでやすね。
ふむ、それでは人間への転生を拒むわけだ。不自然だ。

そう、そうだね。
一方サナット・クマラは結局一度も人間に転生に入っていないままだ。反乱を起こす者の気も分かるね。

ともあれ1850万年前、地球にたたき落とされたサナット・クマラは、プライドをかけて神々と全宇宙に対する復讐を誓い、そのため結成された結社がハイアラーキー組織とのことだ。

1850万年の怨念と復讐?なんてしつこい! 大変な粘着気質で一種の変態だ。
それに狭量でわがまま、まるで苦労知らずの未熟なぼっちゃん、まるで誰かさんみたいだ。
なるほど、不幸な地球史の原因だ。

そうだね。彼が世界主で地球史とは切り離せないからね。そしてこの怨念と復讐心がハルマゲドン計画の根本にある。

また、サナット・クマラは、約10万8千年前にその変態的野望がホツマの神に発覚して更に低い次元に落とされ、反省の時を与えられたようだが、逆に益々復讐心を燃やしただろうね。

やはり!変態か・・・、それにこの手のタイプは反省などしませんぜ。ただただ恨むだけで。

pixabay [CC0] 1 & 2


10万年前に持ち上がったクーデター計画 ~高い界層の天帝の関与


いや、全くだ。
そしてそのサナット・クマラの怨念と復讐心を逆に利用するクーデター計画が練られる。

それがハルマゲドン計画の裏バージョンでやすね? これに裏のイルミナティが関係すると?

その通りだ。
ことの起こりはサナット・クマラの変態的野望が発覚してから後のこと、約10万年前に、サナット・クマラの復讐実現のためのクーデターの野望とは全く別のクーデター計画が起き上がった。

サナット・クマラの企む暴力クーデターは、神霊である彼がホツマの神など上位の神々を支配するもので、いわば天界の秩序をひっくり返すものでやしたね。
これとは全く別のクーデター? そいつはどんな内容で誰がその首謀者になるんで?

ふむ、これをキチンと説明するには膨大な時間が必要だ。それにそもそもあたしの力量では無理があるのでごくごく簡単に。

約10万年前、ホツマの神の界層より遙か上位の界層からそこの天帝が地球に降臨し、ある仕事をされた。この時その天帝は、あるホツマの女神と不適切な関係を持ち、このホツマの女神を我が物にするため、ホツマの神が統治するこの世界にクーデターを起こすよう依頼を持ちかけた。
その依頼を受けた者が旧約聖書の“カインとアベル”のカインだ。カインはそのために様々な画策をしていった。

うーん、あっしにはスケールが大きすぎてちんぷんかんぷんでやすが、このクーデターの依頼は、遙か高い界層の天帝の個人的な欲望を満たすためでやすね。
高い界層の神である天帝が、何ら同意や賛同なしで、低い界層の神が統治する世界をひっくり返すクーデターなどの介入などが許されるので?

無論、それは大罪で許されない。それで直接自分は手が出せないので、秘かにカインに依頼したのだろう。

カインとはアダムとイブの息子で、弟のアベルを殺した人類初の殺人犯といわれている人間でやすね。
高い界層の天帝はなぜカインにクーデターの依頼を? 不思議でやすがカインとよほど親しかった?

ふむ、これは私もよく分からないが、カインはホツマの神の統治する界層を包含しながらも、更に上に上にと拡がるある超巨大な闇組織の頭だった。裏のイルミナティの天帝といった位置づけかな。

闇組織?カインを頭とする悪魔崇拝の総元締めでやすね?
この中に裏のイルミナティが入り、これが秘かにサナット・クマラのハイアラーキー組織を乗っ取っていたわけでやすね。

『創世記』では、カインが弟を殺害したきっかけは、自分が差し出した供物を神のサナット・クマラが受け取らなかったのに、弟の供物のみは受け取った、その嫉妬が原因でやしたね。
カインはサナット・クマラを恨み復讐を狙っていた?

pixabay [CC0] 1 & 2 & 3 & 4


そこの聖書の記述は不正確みたいだが、何らかの事実は示しているかも知れないね。
カインは確かにサナット・クマラの裁きによって地獄に落とされていた。そして地獄の頭領にもなっていた。しかし改心して引き上げられてようだ。
ただしその改心は見せかけで、実際にはサナット・クマラへの恨みから復讐を狙っていたようだ。カインはハイアラーキー団の中で秘かに闇組織を結成し、勢力を徐々に拡げていた。

ふーむ、それにしてもホツマの神への復讐を誓うサナット・クマラ、それに対し、そのサナット・クマラへの復讐を誓うカインがサナット・クマラの組織に潜入か。
なんて言うか因果応報だ。

そういうことだ。
そしてこのカインを頭とする闇組織にエノクが取り込まれ、その大幹部となっている。

え!? あのサナット・クマラお気に入りの側近のエノクが、悪魔崇拝の総元締め闇組織の大幹部?
うーん、いや、やはりそうか。エノクのサナット・クマラへの忠誠は見せかけ、黙示録からは、エノクはどのような態度を取ればサナット・クマラに気に入られるか、よく知って演技している様子が受け取れた。そうやって側近に引き上げられて忠誠を誓い、実際にサナット・クマラの野望を一旦は成就する計画を練った。

そう、それがハルマゲドン計画だ。
サナット・クマラへの忠誠を誓い、エノクは実際に一旦はサナット・クマラの野望が成就する計画を立て、実働部隊の司令官として働く。
そして、本当はサナット・クマラの野望がほぼ成就完成の寸前にひっくり返し、サナット・クマラとマイトレーヤ等を滅ぼすつもりでいた。

なるほど、ハルマゲドン計画は、根本にはサナット・クマラの怨念と復讐心があるが、闇の者がそれを利用し、自分たちの野望を成就する計画でやすね。
その対象は違うが、それぞれ怨念と復讐を誓うサナット・クマラと闇の者たち。
ある意味、似たもの同士で互いが互いを呼び寄せている。波動共鳴でやすね。

pixabay [CC0]


Writer

seiryuu様プロフィール

seiryuu

・兵庫県出身在住
・いちおう浄土真宗の住職
・体癖はたぶん7-2。(自分の体癖判定が最も難しかった。)
・基本、暇人。(したくないことはしない。)
・特徴、酒飲み。アルコールには強い。
・歯が32本全て生えそろっている(親不知全て)原始人並み。

これまでのseiryuu氏の寄稿記事はこちら


Comments are closed.