地球ニュース:自殺週間その2

 昨日は6月6日のオランダ王妃の妹イネス・ソレギエタの首吊り“自殺”と、5日のケイト・スペードの首吊り“自殺”、そして夫のアンディの不気味なネズミ(=密告者)のお面についてお伝えしました。
 今日は8日に起こった人気シェフの首吊り“自殺”です。昨日の二人もイルミナティ要素やクリントン要素が見え隠れしておりましたが、シェフの場合は非常に分かり易くなっております。それでも我々おバカに育てられたシープル奴隷は、“自殺”だと信じないといけないんだそうですよ。
 ただ御主人様側に生まれても、まともな神経だと大変そうです。今回はそんな犠牲者も二人(アムシェル・ロスチャイルドとアーシア・アルジェント)、紹介しております。最後のガガを入れると三人でしょうか。叶うことなら足抜けしたいカバールは大勢いるのかもしれません。
 記事本文では言及していませんが、他にも5月31日にはジョン・ベネちゃん事件を担当した司法精神医学者スティーブ・ピット博士が銃殺されたり、6月3日には高級住宅の建築を手掛ける不動産王クルピンスキーと妻を乗せた飛行機が墜落したり、6日には俳優アラン・オニールが、そして8日には元子役ショーン・オデルが死体で発見されたり、と有名人が亡くなっております。これからもっと増えていくのでしょうか。
(Yutika)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
自殺週間その2


ロスチャイルド家との類似点


アンソニー・ボーデインはアメリカで人気のカリスマシェフです。トラベルチャンネルとディスカバリーチャンネルでは2005年から2012年まで『No Reservations(邦題:アンソニー世界を喰らう)』という番組を、2013年からはCNNで『Parts Unknown(邦題:アンソニー世界を駆ける)』という番組を担当し、世界を旅しては様々な食材と料理を紹介してきました。どちらもエミー賞を受賞している有名番組です。6月8日、“自殺”した際にもフランスで番組のロケ収録中でした(……う、羨ましい!)。


本人のツイッターから、CNNの番組で5月末に香港を訪れたときの様子。左端の長身の男性がボーデイン氏です。

勿論、自殺の手法はドアノブでの器用な首吊りですとも。自宅ではなく海外の高級ホテルだったのが、昨日紹介した女性2人と少し違うくらいでしょうか。でも「ドアノブ」なんですよねー。

「フランスのホテルにて、着ていたバスローブの腰紐で首を吊った」という点は、1996年7月8日に41歳で“自殺”したヴィクター・ロスチャイルド男爵の末子、アムシェル・メイヨー・ジェームズ・ロスチャイルドとよく似ています。

こちらの動画ヘンリー・メイコウ氏の記事によると、アムシェルの場合は分かり易く不審な点が残っていました(※腰紐が括りつけられていた先のタオルラックを捜査官がぐいっと引っ張ると、壁からポロッと外れた……どないして首吊ったよオイ)。ですがメディア王ルパート・マードックは世界各地の配下の報道機関に特ダネとはせず、心臓発作として処理するよう緊急通達を出し、当時のシラク大統領が警察の捜査も打ち切ってしまいました。


死亡広告では「温和で、人が良すぎで、キラー・インスティンクト【※直訳すると「殺人本能」、つまり闘争心に欠けていた」と酷評(?)されており、エヴェリン(ないしはイヴリン)・ド・ロスチャイルドの跡取りとして期待されながらも(※エヴェリンの子どもは当時まだ若過ぎたため)、優し過ぎて不適切と判断されたようです。

お蔭(?)でジェイコブ・ロスチャイルドが跡を継ぎました……この人たち、相変わらず人間の評価基準が変や。あ、そっか、レプティリアン目線なのですね、失敬。


クリントン家の怒りを買っていた?


さてボーデイン氏に戻りましょう。5月末、カンヌ映画祭の閉幕式で、「1997年にここカンヌで、私はハーヴェイ・ワインスタインにレイプされました。21歳のことでした。この映画祭は彼にとって狩猟場だったのです」とスピーチした黒髪の女優さんを覚えていますか?


このアーシア・アルジェントは、ボーデイン氏が2017年頃からお付き合いしている彼女です。スピーチの後半です:
今夜ですら、女性に対する自身の言動について、まだ責任を取っていない人間が皆さんの中に坐っています。この業界にも、どの業界にも、どの職場にも、相応しくない言動です。誰のことかはご自分で分かっていますよね。ですが最も大切なのは、あなたがどんな人間かを私たちが分かっているということ。そしてこれ以上、逃げることを許されるなど思わないで頂きたい!

ボーデイン氏はワインスタインに対して声を上げた彼女を、当初から熱心に応援していました。こちらは昨年10月の自身のツイート:

2008年にも2016年にも、大統領世選挙中にあちこちからワインスタインについて警告されておきながら、今更「ショックだ、驚いている」というふざけたコメントを出したヒラリーに対して、「ヒラリー・クリントンが知らなかっただって? 彼女はバカじゃない。世慣れていない訣でもない。ワインスタインの話は何年も前から出回っていたんだ」と憤っています。ワインスタインは長年、クリントン夫妻に多額の寄付をしては親交を深めていました。

このツイートはヒラリーの元広報担当ブライン・ファロンの怒りを買い、直後に「サソリでも食ってやがれ」と返信されています

ボーデイン氏は5月2日、トランプを批判していた自身の一連のツイッターで最後に、「だが僕は決してHRC【※ヒラリー・クリントンのこと】のファンでもない。彼女の工作員たちの憤怒をぶつけられる側でね。全くもってやってられない」と断っています。

ワインスタインとヒラリーの繋がりを指摘したせいで、一箇月前でもまだバッシングの標的だったんですねぇ。あくまで余談ですが、昨日紹介した「アーカンサイド」された遺体の数、今ってどの位に膨らんだんでしょう。……余談です。

ボーデイン氏は殺される直後、ワシントンD.C.やハリウッドの小児性愛組織に関する情報を提供する予定だったという噂もありますが、これもあくまで憶測です。お金持ちサークルが狭いからって、番組出演で各国の有名人に会えるからって、悪の権化のCNNに長年関わっているからって、そんな情報が入って来ますかねー(※棒読み)。


女優の父親がなんかおかしい


ただこの彼女、出自がどうもイルミナティ臭いのです。幼い頃の彼女と父親のダリオ・アルジェント:


【*以下閲覧注意のツイート画像があります】
ポデスタを逮捕しろ」という方の一連のツイートが詳しいのですが、父親はイタリアでホラー映画を製作している監督です。代表作の一つはイルミナティのロッジに似た、ドイツのバレエ名門校が舞台の『サスペリア』(1977年)。実は魔女が夜な夜な殺人儀式を行っている館で、『暗黒の母』だのルシファー崇拝に出てくるネーミングが登場します。“魔女三部作”の一作目だとか:

彼が脚本を書いた別の映画『La Setta』は、セクト、つまり悪魔崇拝のカルト集団に女性教師が狙われ、悪魔の子を妊娠させられる話(『デモンズ4』という適当な邦題が付いていますがシリーズものではないそうな)。もう、まんまですやん。

おまけに父親の複数のホラー映画で、アーシアはヒロインを演じています。そしてこちらは彼女が自分の二人の子どもと一緒に撮影した写真:

左からピラミッド、バフォメット、プロビデンスの目です。アーシアは、左肩にプロビデンスの目の刺青も入れています。

「ポデスタを逮捕しろ」さんは、幼い頃からイルミナティ漬けだったアーシアが足抜けを図ったため、当初の予定では彼氏だけでなく彼女も“自殺”対象にされていたのではないかと推理していました。


アーシアはボーデイン氏が殺される三時間前に上の写真をインスタグラムにアップしているのです。「全員くたばれ!」というTシャツです。おまけにお腹の部分に白抜きで「誰のことか自分で分かってるでしょ」という文字も加えています。

さて誰に向けてのメッセージだったのでしょうか。黙っていろと脅迫されて、それにもめげずにこの返事をして、そしたら見せしめに彼氏を殺された、という流れだとしたら……。ワインスタインがモサドの人間を使って被害者を監視していたのは周知の事実。あるいはイタリアならP2ロッジなど、もっと大きな結社が絡んでいるのでしょうか。

ですがボーデインご本人も少々黒い部分がありまして、昨日ご紹介したマリーナ・アブラモヴィッチのスピリット・クッキングに参加した過去が:
(※食事中の方、すみません)。カバールに少なくとも片足突っ込んでいた感じは拭えません。


レディー・ガガのメッセージ


以前、竹下先生が改心したと指摘していたレディー・ガガは9日、自身が母親と立ち上げた子どもの虐め防止を訴える財団の募金集会でスピーチを披露しました。その中で、ケイト・スペードとアンソニー・ボーデインの名前を挙げ、この二人の死が精神的な問題をオープンに話すきっかけとなったという、友人の告白を引用しています:

更に自分の闘病経験についても語りました。「私は長年苦しんできました。自分の精神的な問題や精神的な苦痛について、公けにも、公けでない場でも。ですが、秘密【にすること】こそが病む原因だと心底思っています」……精神病を他人から隠すって文脈なんですけどね、ただ少々引っ掛かります。

そしてさらに「自分がどう感じているのか、話してしまった方が安全なのだと分かったのです」と続けていました。いやだから、別にどこぞの秘密組織を暴露した方が楽だよ助かるよ的な意味じゃないとは思うんですけど、でも!


文・Yutika

註:訳文中の【 】内は訳者の追記部分です。


Writer

Yutika

体癖:8−2、エニアグラム:4
関西の英語塾で教えつつ、翻訳業(英語&仏語)をしております。


Comments are closed.