18/10/29 ソルカ・ファール情報:トランプ大統領に忠実な勢力がブラジルとドイツを手中にし、中国の国家主席は軍隊に戦争準備を命じる

 ブラジルで差別主義のボウソナロが次期大統領となってしまい、どう動くんだかと気になっていたところ、ヒントになりそうな情報がありました。
 中東でシリアやイエメンの石油資源を略奪しようとしていたアメリカが、大人しく平和路線を歩む筈もなく。産油国ベネズエラが次の標的のようです。中国を共産党と連呼してディスり、CIAが暗躍しまくっていたくせに「傍観」と表現し、米国の読者をかなり意識した記事となっています。
 ただ、最後に登場するキャンデス・オーウェンズ女史は、大変聡明かつ魅力的で私も大ファンです。話す内容が分り易く、人の心に訴える演説をするのです。彼女のような存在が、イスラエル・ロビーだのディープ・ステートだのに毒されることなく、米国の政治の中心まで到達できる世界となって欲しいものです。
(Yutika)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
ソルカ・ファール情報:トランプ大統領に忠実な勢力がブラジルとドイツを手中にし、中国の国家主席は軍隊に戦争準備を命じる
転載元)
投稿者:ソルカ・ファールより、西洋の読者へ

Sister Maria Theresa


【※記事内には貼っていませんが、同サイト自己紹介頁からシスター・マリア・テリーサの写真です。】

アメリカの勝利


本日クレムリンで出回っている【ロシア連邦】外務省MoFA)の険しい言葉で表された新たな報告書によると、ロシアは戦争に備えているモスクワ国連に通達してから72時間もしない内に、中国共産党の習近平国家主席も同様に自軍に戦争の準備をするように命じたとのことです。

――というのもドナルド・トランプ大統領に忠実な勢力がブラジルドイツの両方で驚異的な勝利を収め、ドイツのアンゲラ・メルケル首相を権力の座から転覆させ迫る米国・ブラジルベネズエラ侵略の舞台を整えたことから、そのような必要に駆られたのです。

――そしてトランプは【このブラジルとドイツでの勝利を】昨日チェコ共和国米軍とNATO軍が揃って行進するのを指揮したジェームズ・“マッド・ドッグ【狂犬】”・マティス国防長官による、近代最大規模の軍事パレードの一つでもって祝福しました。
[註:この【英文】リポートで引用されている【ロシア語の】一部の単語およびまたは言い回しは、完全に対応するものが【英語に】存在しないため、そのロシア語に相当するおおよその英語【訳】となっております。]

画像はシャンティ・フーラが動画に差し替え
2018年10月28日、アメリカのジェームズ・“マッド・ドッグ【狂犬】”・マティス国防長官(上の写真で一番下の列の左端)は米軍とNATO軍の近代最大規模の軍事パレードを指揮しました


破綻国家ベネズエラ


当該報告書によりますと、本来ならばアメリカの一般市民は、ベネズエラ・ボリバル共和国という名の南アメリカの破綻した共産党国家に関心を寄せるべきところ、最早終わりなきようにも思える政治的混乱が【合衆】国内を暴力の渦に飲みこみ、注意を逸らされています。

ベネズエラ人口31,568,179人の国家で、その51.6%がメスティーソスペイン人とアメリカ先住民族の混血)、43.6%がヨーロッパ系白人)、3.6%がアフリカ系黒人)、1.2%がアメリンディアン系アメリカ先住民族)と其の他で構成されており、世界最大の石油確認埋蔵量を有する点が地政学的に決定的な重要性を帯びていると当該報告書は説明します。

当該報告書が詳述するところによると、2002年ジョージ・W・ブッシュ政権を皮切りに、8年間のバラク・オバマ政権を通し、トランプ大統領2017年に就任するまで、アメリカ合衆国ベネズエラの歩む破滅への道が共産党中国の金(かね)で敷き詰められていくのを黙って傍観していました。

――こうして南アメリカのこの社会主義国家は中国に対する借金の山に捕らわれて身動きが出来なくなってしまい、中国がその石油産業全体の所有者となる日も近いといった有り様です。

中国共産党がベネズエラの豊かな石油資源を略奪する一方、ベネズエラの一般市民に課せられたこの近代史上最大の国家資源の略奪に対する代償は最も悲惨な言葉でもってしても表現できないほどだと当該報告書は続けており、物価上昇率が年100万%という想像を越える急騰を見せる中、国民全員が饑餓に瀕しているのです。

――そのせいでブラジルは、数十万もの人々がベネズエラで死んでしまう前に脱出を試みては【自国に】次々と押し寄せてくるのを防衛しようと国境沿いに自軍を派遣する破目に陥りました。

画像はシャンティ・フーラがツイートに差し替え
ベネズエラは“破綻国家”とのレッテルを貼られた西半球で史上最大の国家となりました
【※地図はアメリカの雑誌「フォーリン・ポリシー」が破綻国家を色で示したもので、赤が重篤・オレンジが危険・黄色が境界線上の国。】

ブラジルの勝利


中国共産党によってこの惨事が引き起こされるのを黙って傍観していたブッシュ政権やオバマ政権とは異なり、トランプ大統領2017年に権力の座に就いた直後からベネズエラの危機に取り組むべく米国の方針を転換したと当該報告書は述べています。

――【トランプ大統領は】まずベトナム戦争以来初めて、南アメリカで見られるような密林の環境下の戦闘に備えた米軍の訓練を再開し、その次にはニコラス・マドゥロ大統領を転覆させる計画を話し合うため、【トランプ】政権内の人間をベネズエラの反乱軍の士官たちと密かに会わせていたのです。

米軍がベネズエラで反乱軍の士官たちと共に現地で戦う準備を進める一方で、トランプ大統領は政府一丸となってブラジルの大統領候補ジャイール・ボウソナロの支持に回りました。

――「トロピカル版トランプとして知られる元軍人は、ほんの数時間前にブラジルの次期大統領を決める選挙に勝利し、左派グローバリストの居並ぶ世界にその根幹から衝撃を与えました。

――しかも勝利宣言で我々は共産主義に媚びを売ることを続ける訣にはいかない――我々はブラジルの運命を変えてみせると警告し、【世界の】グローバリスト連中全員を恐怖の渦に突き落としたのです。

画像はシャンティ・フーラがツイートに差し替え
新たに選出されたブラジル大統領のジャイール・ボウソナロ(右)は、ベネズエラを解放する闘争でドナルド・トランプ大統領(左)と手を組みました


共産主義と戦った前例


新たに選出されたボウソナロ大統領がすぐさま導こうとしているブラジルの行方とは、共産党中国の独裁からベネズエラを解放しようとしている米軍にブラジル軍を参加させることだと専門家が口を揃えていると当該報告書は説明しています。

――この雛型は、1965年リンドン・B・ジョンソン大統領が集結させた「LBJのもう一つの戦争」と呼ばれた国際連合軍です。

――その当時ブラジル軍は其の他の国々と共に、フィデル・カストロのキューバが率いる共産党によってドミニカ共和国が乗っ取られるのを防ごうとした2万2千以上のアメリカ部隊に加わったのです。

Wikimedia Commons [Public Domain]
1965年、アメリカ・ブラジル・パラグアイ・ニカラグア・コスタリカ・エルサルバドル・ホンジュラスの【合同】軍(上)はアメリカ大陸間平和軍(IAPF)の御旗の下にドミニカ共和国に侵攻し、共産党の独裁から解放しました


グローバリストによる世界統一政府の野望


ベネズエラを共産党の独裁から解放するというこの闘争が近付く中、アメリカの一般市民が知らされていないのは、それがグローバリスト勢力によってこの世界に押し付けられたより大きな陰謀の一部だという点だ、と当該報告書は指摘します。

――西洋に数千万もの難民を送り込めば、目標と国境と均質的な文化アイデンティティーを共有する、最早国家が支配することのない統一された世界を自分たちのために創造できると信じ込んだ奴ら【グローバリスト】は、過去20年近くに渡って数多の戦争を起こしてきました。

――しかも2016年米国大統領選挙期間中にウィキリークスがリークしたメールにより、西半球全体から国境をなくす計画を企てた主要な人物がヒラリー・クリントンだったと明らかになりました

ヒラリー・クリントンの戦争で破壊し尽くされた破綻国家リビアで【待機する】80万以上の難民がヨーロッパを更に蹂躙しようと試み中央アメリカの数万の難民がメキシコの提供する避難所や仕事や医療を拒否してアメリカ合衆国へと行進し続けるという状況の中、“ヒラリー・クリントンの操り師”でグローバリストのリーダーである億万長者ジョージ・ソロスが、この欧米の難民侵略を金銭的に支援しているという衝撃的な事実が新たな文書で発覚したのですが、ついこの前、次期選挙に打って出ることを発表したヒラリー・クリントンは大統領になり次第、自らこれを取り仕切ると見られています。

画像はシャンティ・フーラがツイートに差し替え


市民の戦い


このソロス・クリントン率いるグローバリストの世界征服計画にとって邪魔になるのが、奴らが破壊しようと目論む欧米諸国の一般市民なのだと当該報告書は指摘します。

――フランスでは難民によって18世紀のアフガニスタンにも似た村を作り出されたと指摘されるようになりドイツでは18歳の少女が7人のシリア難民によって集団強姦されたことで恐怖を抱いたドイツの人々難民【擁護】のグローバリストの広告塔アンゲラ・メルケル首相に選挙でノーを突き付けました

画像はシャンティ・フーラがツイートに差し替え
ドイツの人々によって権力の座を追われた難民【擁護】のグローバリストの広告塔、アンゲラ・メルケル首相


中間選挙の鍵は旧民主党支持の黒人


欧米諸国の指導層で、国民をグローバリストの手から守ろうとして残っているのはトランプ大統領【だけ】だと当該報告書は指摘しています。

――彼は今日アメリカ合衆国に向かっている難民の大群は侵略だと宣言し、軍隊でもって阻止すると警告を発したところです

――2018年の中間選挙があと一週間ほどに迫る中、彼の敵であるグローバリスト連中は【トランプを】破滅させられると考えている訣ですが、【調査を受けた】アメリカ人の投票者の大半である67%が誰に投票するかはトランプに対する印象が大きな要素となると答え、トランプの印象のせいで民主党に投票する可能性が高いと答えたのは半分以下だと新たな世論調査で判明したことからも、勝利に酔いしれるのは余りに早計というものです。

――ということで反トランプでブッシュ大統領の選挙の神であるカール・ローヴですら、トランプの勢力が議会の両院を掌握する可能性があると苦々しくも認めるに至ったばかりか、更に極めつけだったのは、国際的な銀行大手のモーガン・スタンレーでアメリカ公共政策および地方自治体のチーフ・ストラテジストを務めるマイケル・ゼザスが「皆が中間選挙について見誤っている可能性が高い」と民主党に警告しました。

もしトランプ大統領が来週の2018年中間選挙でグローバリストを打ち破るとすれば、それは民主党を脱してトランプ支持へと何千人もが回るようになったというのに大手メディアが完全に無視している、#WalkAway【離脱】運動のお蔭に違いないだろう、と当該報告書は締めくくっています。

――そしてアフリカ系アメリカ人たちによって組織され運営され、脱民主党を掲げる強力な#Blexit運動今やトランプ支持に加わり、「BLEXITとは、政治の正統派から自己を解放した人間の周波数です。恐怖のシミュレーションを断ち切りたいと願っているアメリカ人の率いる叛乱なのです。BLEXITはルネッサンス。これこそが私たちの正式な独立宣言。BLEXITは政治的なドグマを疑問視し、独裁ではなく自由を選択した個々人によって支えられています」と述べ、自由に希求する仲間のアメリカ黒人に呼び掛けています。

――彼らはまたアメリカで最も人気があり、黒人大衆【文化】を代表するカニエ・ウェストからも支持されており、【ウェストは】彼らのためにロゴと洋服ブランドをデザインしました

――彼らは民主党が破壊したアメリカの全ての主要都市でトランプと黒人の自由のために運動を展開すると誓ったところです。

画像はシャンティ・フーラがツイートに差し替え
キャンデス・オーウェンズ:
アメリカにおいて、黒人ほど民主党によって嘘を吐かれ、虐げられ、いいように利用されてきた集団はいません。

画像はシャンティ・フーラがツイートに差し替え
【カニエ・ウェストがデザインしたTシャツを着る】ロブ・スミス:

#BLEXIT【ブレクシット】とは、民主党からブラック【黒人】がエクシット【脱却】すること。【※英国のEU脱退ブレクシットはBrexit】
@RealCandaceO【※キャンデス・オーウェンズのアカウント】がこのアイディアを温めており、我々が今ここ#YBLS2018【=2018年黒人青年指導力サミット】でスタートする。

もし君が我々と共にあり、アメリカ黒人は民主党と永遠に袂を分かつときだと思うのならリツイートを。」


2018年10月29日©EUおよび米国の全ての著作権を留保。WhatDoesItMean.Comの元の掲載場所にリンクを貼るという条件で、当該リポートを全体として使用することを許可します。フリーベースの内容はCC-BYGFDLによって許可取得済。

註:数多くの政府と諜報機関は、これらリポートに掲載された情報に対して活発な反対運動を繰り広げています。彼らは地球に起こりうる、または起こった幾つもの破滅的な変化や出来事について、自国の市民に警鐘を鳴らしたくないのです。ソルカ・ファール姉妹はこのような姿勢に強く異を唱えており、人間は誰もが真実を知る権利があると信じています。私たちの使命はこういった諸政府と対立しているため、彼らの“機関”は私たちや私たちのような人々を貶めようと誤報や虚報を延々と発信するという形で反応を示してきました。枚挙に遑がありませんが、例えばこちらなど。]

註:WhatDoesItMean.comというウェブサイトは、グローバルなテクノロジーの教祖であった故ウェイン・グリーン(1922年~2013年)が率いる少人数のアメリカ人コンピューター専門家集団によって、ソルカ・ファールの姉妹たちのために創設され、寄付されました。西洋の2003年における違法なイラク侵略で使われたプロパガンダに対抗するためです。]

註:このレポートで使用されている「クレムリン」(都市内部の要塞)という単語は、モスクワを含む複数のロシアの要塞を指しています。【要塞と言うのは、】その多くがソルカ・ファール姉妹の使命に献身的な、女性のスヒィーマ僧(正教会の尼僧)が住む大聖堂が複数あるからです。]


翻訳:Yutika

註:原文中、赤字で強調された部分は濃い青字に色を変更しております(※水色部分は引用部分です)。よって翻訳文で赤字になっているのは、シャンティ・フーラ独自の「10分でわかる」要約サービスです。

【 】内は訳者の追記部分です。また訳文は日本語での読み易さを優先して、見出しを加えており、原文とは異なる形で文や段落を分割することもあります。

そして「訣」は「わけ」とも読みます。詳しくはこちらのコメント欄後半をご参照ください。


Writer

Yutika

体癖:8−2、エニアグラム:4
関西の英語塾で教えつつ、翻訳業(英語&仏語)をしております。


Comments are closed.