地球ニュース:レッド・ドラゴン大使 第2回 その3

 今日もフルフォード氏が、ぐいぐい大使から内部情報を引き出そうとしています。昨年10月の第一回目では、大使は断言を避けてのらりくらりと躱していたのですが、今回はかなり詳しいことを話してくださっています。
 ファミリーの一員ではなく対外的なスポークスマンを任されているという立場上、そして昨年秋まで2年間ほど黙っているようにファミリーから通達されていたこともあって、あくまで自分の個人的な意見では、という語り口ですけどね。

 大使がフルフォード氏は結構いい線言っていると評価したのは、時事ブログにも登場したこの種の調査のことじゃないかと思います。ピラミッドの目は、別人物の図ですがここら辺。ようは1ドル札に描かれた、プロビデンスの目です。
 民主党の上院下院の両トップ「ナンシー・シューマー」の言い間違いが予期せぬジョークとなったのは、向こうではお似合いのカップリングだと思ったら、二人の名前をくっつけて呼ぶのが流行っているからだと思います。ウィリアム王子とキャサリン妃(愛称ケイト)なら「ケイリアム」と、通常は合体させて一つにするものの、多分そんな所でしょう。
 にしても2019年には表面上も変わってくれるかと思いきや、あと3年て! まだまだ忍耐力が試されそうです(泣)。
(Yutika)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
レッド・ドラゴン大使 第2回 その3


南極の様子が気になります


第323回金魚さんレポート特別版として、紅白の龍の特別会談がゾロ目の1月11日に収録されました。今回はその2の続き、40分から56分過ぎまでです:

ルイーザさんが、エムスリー氏に取り上げたいトピックがないのか訊ねます。

ティム・エムスリー氏(以下、TE)フェイスブックで5時間ほど前から拡散している話題があるのですが、ニューヨークの青い光のことで、カバール連中の抽出【作戦】だったとか云々。グアンタナモ湾ではなく、南極に移動させるのだと。

私もちゃんと読んでいないものの、それはそれで興味深いなと思った訣で……偽情報の法螺話かもしれませんが、南極や極秘宇宙計画のことを話していたので――。


ベンジャミン・フルフォード氏(以下「BF」)私には南極に関する情報源があって、【実際に】米国大統領選挙の日に南極にいた【人物】なのですが、ローマにいて、私も会ったことがあります。実在の人物で、ネットの創作物じゃありません。彼に訊いておきましょう。


ルイーザ:ですね、あそこら辺では色々とありますから。【真相が】判明するといいのですが。


ディスクロージャーにはあと3年くらい


BF:大使に話を戻して、金融システムをコントロールしているファミリーについてさらに質問したいのですが……ディスクロージャーを巡っての予定はどうなってますか?


レッド・ドラゴン大使(以下、「大使」)それは彼らが全ての手順をしっかり詰めて、その後にくる話です。なので現実的に見ておそらく次の3年以内で出始めるようになるんじゃないかと思います。

新たな番人たちがきちんと配置されてからですね。彼ら【ファミリー】は貴方【ベンジャミン】や私などの人間を長らく監視しており、【資質を】試したり、何をしているのか見守っているんです。【これからも】私たちの言動がちゃんとしたものであれば、このディスクロージャーに参加させてもらえるかもしれません。

私が知っているのは、ファミリーの本当の話を映画化する計画があるということです。人々が観れるようにね。それが将来的には準備されています。


ルイーザ:それは南極に繋がる話ですよね、何故なら人類の本当の歴史については我々も扱ってきましたし、ベンジャミンも前に言ってましたし。ということは大使、これは本物の透明性を確保するという計画の一部なのでしょうか?


大使:そうです。ただし実現するためには、この惑星に【これまでとは】異なる構造を立ち上げねばなりません。そして――。

ファミリーの正体とは


BF:あの、ファミリーについてもう少しお教え願えませんか。私が理解しているところでは、地球の古い王族同士の婚姻【を繰り返して】結び付いたネットワークといったものなんですが、大体そんな感じですか?


大使:ええ。9つの龍と5つの虎です。それがピラミッドの頂点になります。


TE:それって譬喩的にですか?


大使:いいえ。ピラミッドはあります。ベンジャミンが調べたのは【実態を】良くとらえています。ただし、【ベンジャミンがピラミッドの頂点に据えた】目の上には、さらに5つのレベルがあるんです。私がお話した存在がいるのはその地点です。

そこには受託人たち【※その2のエリザベス女王のような、世界銀行などの口座をいじるのに署名権限がある人のことだと思います】や、保管者たち【※「keeper」と言っているので、掩体壕の見張りなど、所有権はないけれど実際に何か保有することを任されている人では】がいます。

多くの人が毎回混乱してしまうのは、誰が長老で、誰が保管者で、といった点です。「貴方はどこそこの長老にお会いしたんですよ!」と言われたとしても、実は単なる保管者に過ぎなかったりするのが大半で。

しかもこういう長老たち、こういう王族の多くは影武者がいますからね。複数の存在が同じ名前を使っているのです。そして自分の真の身元を守らないといけませんし、安全面からも守られる必要がありますし。

ツイートはシャンティ・フーラが挿入

BF:その一例がウラジーミル・プーチンですよね。【ロシア】皇帝が暗殺されてロシアの人々は学んだ訣で、公衆の面前では本物の権力者とは別個の人間が必要だと。多くの国でも同様です。外で【動き回る】傀儡が一杯いますよ。日本の安倍がそうですし、フランスのマクロンも、そしてプーチンもそうです。一部は本物ですけど。

我々としてはこういう人物が誰なのか、そして少なくとも彼らの背後にいる人間がどんなアジェンダを有しているのか【※つまりどういう意図で影武者を立てているのか、ということだと思います】、調べないといけません。


本当に本物なの?


ルイーザ:先日の記者会見でもそうでした。大統領の見かけがどうのこうのといったコメントばかりで。国民に向けたテレビ演説の内容ではなく。

ナンシー・シューマーだともっと顕著で……じゃなかった、チャック・シューマーとナンシー・ペロシの。まぁ、まさしく「ナンシー・シューマー」なんですけどね(笑)。彼らはそりゃもうロボットみたいで、ほぼAIと言っていいくらいに。

ツイートはシャンティ・フーラが挿入

ベンジャミン、貴方が前に言ってましたけど実際に会って確かめない限りは、話している相手がAIなのか本物の人間なのか、見分けがつかないって。


BF:あるいはCGかも。言いたかったのはそれですよ。だからこそ――例えば貴方が本物の人間だというのは確実だと思っていますけれど、それでも直接会ってみたいです。私は、アナログの裏付け【調査】ネットワークを作りたいので。この混乱した時代【の対策として】。

現場で彼らを物理的に見【て確認す】る人たちが必要なんです。一例としては、ピッツバーグに友人がいるのですが、【大統領選挙中に】あの地で開かれたトランプの決起集会とヒラリー・クリントンの決起集会に【両方】行ったんです。

私は彼をもう何年も知っています。トランプの決起集会は本物で、何千もの人が詰めかけていました。ヒラリーの方は体育館【に過ぎず】、ほんの数百人ほど。ヒラリーはその場に来ていなくて、TV【スクリーン】で登場したんですよ。

なので我々は昨今、本当に用心しないといけないんです。彼らはスクリーンに色々出してきますから。


ファミリーから見たトランプさん


ルイーザ:そうですね。それから大使がおっしゃっていましたけどファミリーは……確かドナルド・トランプが【大統領として】選出される前に、大使が実際に発表していたんじゃないかと思うのですが、トランプは【カバールに乗っ取られた】アメリカを乗っ取り【返して】この移行を進めていく人物として選ばれたって。【ファミリーにとって】そういう候補だったと。

今、ファミリーはどう見ているんですか。ドナルド・トランプのしていることに満足していますか。多くの人々が彼を世界の希望のように見ていて、彼の背後には沢山の人が【支持して】いる訣ですよ。大統領は確実にこの役割を果たすだけの能力を有しています。そこは疑いようがありません。

ツイートはシャンティ・フーラが挿入

大使:ええ。なぜ彼ら【ファミリー】がトランプを支持して前面に出してきたのか、納得できるだけの理由があると思いますよ。ロシア【と癒着しているという】話を耳にすると笑ってしまいますね。私はロシア勢からはそういう話は聞かされませんでした。中国勢から聞いたんですよ。

トランプはこれからも筋書き【で指示された】通りに続けると思います。もし筋書きから外れれば、彼は取り除かれてしまうでしょう。ただ現時点までは、彼は【きちんと】筋書きに沿って【動いて】います。

幾つものつばぜり合いだの、威力の見せつけは、人々をトラウマに推し留めようとする動きの一環であって、現実とは何の関わりもありません。


ルイーザ:確かに演じている部分は本当に多いですよね。大統領執務室で、大統領とさっき挙げたナンシー・ペロシやチャック・シューマーとの出来事とか。

ツイートはシャンティ・フーラが挿入

あれは本当にもう、演技そのもので【笑ってしまう】というか……ティム、ここまでで何かありますか。


大手メディアのトランプ印象操作


TE:トランプについて少しだけ。この前、画面で見ていたら、顔を日焼けしたかのように塗っていて。髪の生え際で止まっているのが映ってるんですよね。なんでそんなことを――。


BF:奴らはオレンジ色がかったようにして、彼を悪どく見せているんです。そのために人まで雇っているんですからね。これまでずっとやっていて、彼がオレンジ色っぽく見えるようにしています。

ツイートはシャンティ・フーラが挿入

TE:メディアが、ってことですか?


BF:ええ。かつての共産党【狩り】時代の手法で、人々を悪人ぽく見せるんです。


TE:それはすべきではありませんね。


BF:でもコンピューターでそういうことが出来てしまうんですよ。


大量逮捕は本当なのか


ルイーザ:さて多くの人が、大統領は国家緊急事態宣言をするんじゃないかと考えています。その後で戒厳令を敷くのでは、と。ベンジャミンがレポートの中で書いていた話です。その時点で7万件越えの極秘起訴の残りを決行すると見られています。

大手メディアでは何ら報じられないでしょう。大統領もフェイクニュースこそが野党だと述べていました。実際に公の場でそう語っているのです。【フェイクニュースの】大半は民主党【発信】でしょうが――。


BF:貴方はワシントン【D.C.】にいるんですよね?


ルイーザ:常にではありませんが。ニューヨークとワシントンの間ってことで。


BF:とはいえ。ヒラリーなりオバマなりを探し出して、肉眼で確かめてくれませんか。公けの【集まり】か何かで……彼らがまだ存命なのか、単なるCGなのか。

ツイートはシャンティ・フーラが挿入

TE:そういえば、あれって本当なんですか。彼らのツイッターが乗っ取られて、【現在の】ツイートは別人が行っているという話は。


ルイーザ:私が噂で耳にしたのは、彼らは既に逮捕されたけれど、ヒラリーが収監されたくないものだから、ぺらぺら自白していると。本当かどうか分りませんけど。

彼女なら可能ではありますよね、だってヒラリーは世界規模の金融リセットをさらに上の段階だかへ推し進める一助となる信託の、署名権限を持つ一人ですから。この全部が正しいのかどうかは分りませんが、私が聞いたところによると、大勢の高位の人間が逮捕済みで、グアンタナモ湾へ送られていってるとか。なのでティムの指摘は正しいかと。

ただ、こういう人たちがグアンタナモ湾に留まり続けるのかどうか。つまりですね、例えばオバマが目撃されたからって、彼が逮捕されていないとは限らない訣です。入念に監視されているのは明らかですから。

彼らが懸念していたのは……ベンジャミンが言っていたように【※その2参照】、彼ら【※おそらくファミリーのこと】がもし急激に【ばっさりと現行システムを】断ち切りたければトランプに任せなかっただろうってことです。軍隊にやらせた筈です。それが軍隊の役割なんですから。【※つまり大統領選挙という正規の方法ではなく、一気にクーデターを起こさせた筈だ、といいたいのでは。】

でも彼らは米国全土での凄まじいパニックを避けたかった。世界中に飛び火する可能性だってありましたし。ある意味、現にそうなっているとも言えますけれど。だから彼らはこういったゆっくりとした方法で――。


世界規模の通貨リセットの変遷


BF:大使に訊いてみましょうよ。内部情報をお持ちのようですから。このNESARAや世界規模での通貨リセットを巡る話に対して、大使のお考えは? 起こるのでしょうか。

それから農業賠償請求権【※過去記事の解説部分参照】を有している人たちとか、米国株式会社に正当な請求権を持っている人たちについてはどうなります?


大使:基本的に……各国通貨の価値の見直し、つまりRVなどと話題になっていたものは、確か2014年くらいまでは【そこに向かって】稼働していたんですよね。その辺りで全てがおしゃかになってしまって。

それ以降、再び採用されることはありませんでした。ちょうど時を同じくしてISISが登場し、法王が例の赦しについて語っていたんですが、あの頃に世界規模の通貨リセットが検討されていたんですよ。

なのに非常によく知られた受託者でファミリーのハンドラー【※よく分からない役職ですが、ファミリーの対外的な窓口として取り仕切る秘書みたいなイメージですかね】、インドネシアの長老のことですが、毒殺されてしまって……私も同時期に香港で毒を盛られましたが、それが起こってからファミリーは考えを改めたんです。

各国の通貨は段階的に再評価されていくべきだと。これが今起こっていることですね。ということで、幾つかの国は債務が赦されたり、通貨も自分たちで立て直させてもらって。それは世界の様々な場所で起こっています。ですが世界規模の【一斉】通貨リセットは起こりません。変更されたんです。

【イラク通貨の】ディナールや【ベトナムの】ドンは中国の王族内部の悪党に乗っ取られてしまって……未だにそういう者がいますが、私からすると【今の計画は】掃討の過程なのかなと。
億万長者を夢見た人間は、それぞれ債券をどれだけ有しているか【手の内を】明らかにしてしまった訣で、ディナールをどれだけ貰えるのか、どこで貰う算段なのかとか……それを彼らは国土安全保障省下の組織に提供したんですよ。

【この組織を】動かしているのは、私が個人的によく知っている親しい人物で何度か会ったこともあります。彼がデータを集めているんです。時が満ちたら、具体的にどこに行けばこういった金(かね)が入手できるのか把握しています。送金手数料などを保管者に支払うことなく、彼らの資産を押さえられるようにしていってるんですよ。

つまり通貨云々だのNESARAだのは、【今や】カバールの作戦です。偽情報の一つの形式ですね。最初は本物として開始したものの、最後にはどこに金(かね)があるのかを監視するセキュリティ・サービスの――。


ジュビリーは別個のもの


BF:ではジュビリーはどうです? 一度限りの債務の赦しと一回限りの資産の再分配です。


大使:それは起ころうとしています。ただ、金(かね)の送付が終わって【※東洋のファミリーなどが金銀財宝を欧米に預けた際に債券を渡されたのですが、これまでずっと現金化できていないのでそのことかと】、全ての資産の支配権を【取り戻して】からですね。

現時点においては、彼ら【ファミリー】はまだ最終調整に至っていないので【無理かと】。なので、私としては、あと3年かかると見ており――。


将来設計機関


BF:私はここで通信を終わらせないといけないんですが、最後にこれだけ。私は大手の国際弁護事務所に接触するつもりです。20日以降、満月の後でです。将来設計機関を立ち上げる作業を開始するためなんですが、経過を【適時】お知らせしていきますね。

私は地に足のついた具体的な作業をして実現させたいんですよ、今この場で。どデカイ宇宙船が空に現れるのを待つんじゃなくて。

ファミリー其の他の方々とも連携していきたいので、私がどういう動きをしているのかとか、誰が参画しているのかとか、皆が知っておいて欲しいのです。

繰り返しますが、この計画は数兆ドル規模で、環境破壊と貧困を阻止し、抑圧されてきたテクノロジーを公表するためです。公表してもよいものを、ですが。前にも言ったように、人々がコンビニで核搭載の手榴弾を買えるよう【な世界】にはしたくはないですからね。


ルイーザ:その通りです。ドナルド・トランプ大統領の就任演説で触れられていたことですよね。こういったテクノロジーの公表が確か【演説の中に含まれていなんじゃないかと】――。

ツイートはシャンティ・フーラが挿入

BF:それを今この場で、現実にさせたい訣ですよ。それが最後に言いたかったことです。


もう勝利している!


ルイーザ:了解です。大使にも訊いてみましょう。希望【を抱ける形】で締めて頂けますか。究極的に人々には希望が必要だと思うのです。そして人々が知りたいのは――。


大使:今起こっていることが【既に】ポジティブなものでしょう。黄色いベストのデモは大変ポジティブなものだと思います。人々が役職を辞任して、明け渡していっているのも良い兆候ですね。我々は新たな良き時代を迎えようとしていると感じています。

ただ何事でも、起こらなければならない物事の始まりというのは、色々と不安定になります。【それでも】作戦はスケジュール通りに進んでおり、あと数年で――何年も先という話ではなく、この2、3年で――夢見た全てが実現するようになるのです。ベンジャミンが話していた内容も――。


BF:私も舞台裏では正義の側の人間が既に勝利していると思います。ただ、大海に浮かぶ超大型タンカーみたいなもので、船長室で変更があっても、【船全体を方向】転換するには時間が大分かかるのでしょう。それが今起こっていることで、もう頂上では良識派が勝利を収めたと。

という具合で、【お先に】抜けます。

56分時点で他のメンバーがフルフォード氏を感謝とともに見送り、その4に続きます。


翻訳:Yutika

註:青字の解説文と、翻訳内の【 】は訳者の追記部分です。また見出しやツイッター画像、ユーチューブ動画も挿入しています。

ちなみに「訣」という漢字は「わけ」とも読みます。詳しくはこちらのコメント欄後半の解説をご参照ください。

ルイーザ女史からゴールドフィッシュ・レポートの翻訳掲載を快くお許し戴きましたこと、末筆ではございますが厚く御礼申し上げます。


Writer

Yutika

体癖:8−2、エニアグラム:4
関西の英語塾で教えつつ、翻訳業(英語&仏語)をしております。


Comments are closed.