ぴょんぴょんの「ガッテン!ベネズエラ問題」

 日々、緊迫していくベネズエラ情勢。
 時事ブログで紹介された「The Sun Snorer Press 」などの情報を参考に、まとめてみました。
(ぴょんぴょん)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
ぴょんぴょんの「ガッテン!ベネズエラ問題」


意見がまっぷたつのベネズエラ情勢


最近、ベネズエラ情勢について、意見がまっぷたつに分かれてるな。

暫定大統領としてグアィド氏が登場したとき、ぼくは拍手した方だよ。

グアィド氏 Author:Gabriel Cruz[CC BY]


ほお。

だって、ここ数年、ベネズエラの状況は悲惨だったもの。
インフレからハイパワーインフレになって、食料も生活必需品もスーパーから消えて、ついに犬やネコまで食べ尽くしたって話じゃない?
ペットのエサが買えない人や、国外に脱出する人が増えて、捨てられた犬たちのかわいそうな写真(カラパイア)とか、見ちゃいられなかったよ。

こりゃあ、かわいそうだな。

そんなとき、腹が立つニュースもあった。
国民が経済危機で食料不足や価格高騰に苦しむなか、マドゥロ氏夫妻が外国で高価なステーキを食べる動画が広がりました。この時の国民の不満は大きかったです。」(朝日新聞)

マドゥロ大統領 Author:Hossein Zohrevand[CC BY]


いったいマドゥロは、どんな神経してやがる!って怒るよな。

しかも彼の親族は、ぜいたくな暮らしをしてるし、不正蓄財もやってるし、奥さんは高価な宝石やブランド品を身に着けている。

不平等を、絵に描いたような情景だな。
まあ、朝日新聞の書き出し、「マドゥロ大統領の独裁的な支配への反発が広がる南米ベネズエラ・・。」が、すべてを物語るわな。


その記事、グアィド氏のことは、「情熱的なカリスマ」と書いてあるよ。

「情熱的なカリスマ」かあ?
それ聞いたら、チャベスを知る、ベネズエラ国民は大笑いするだろうな。

チャベス前大統領 Author:Embassy of Venezuela, Minsk[CC BY]


チャベスって、そんなにカリスマだったの?

ああ、偉大でカッコイイ大統領だった。
彼ほど、国民から愛されたリーダーもいねえんじゃねえか。

でも、チャベスも独裁者と呼ばれてたよね。

ああ、アメリカにとって、自分たちに都合に悪いヤツはみんな、独裁者だ。
これは戦争を始めるための、おきまりのシナリオだな。
「あそこに独裁者がいて、国民を弾圧し、殺している」と言えば、戦争は正当化されると思っている。
サダム・フセインも、ガダフィも、アサドも・・・そしてマドゥロも。(The Sun Snorer Press)

マドゥロも、独裁者に仕立てられただけって言いたいの?

ってゆうか、おめえはどっから、ベネズエラの情報を仕入れてたんだ?

ネットだけど? ツイッターとか、ブログとか。

ま、おめえのレベルじゃ仕方ねえか。
第一線で活躍するジャーナリストだって、だまされるくれえだからな。
いいか? その情報源はどこからのものなのか?
もしかしたら、反政府側かもしれねえ。
それなら、マドゥロ側の情報も一緒に集めて照らし合わせるのが、上等のジャーナリズムってえもんよ。
せっかくベネズエラに行ったって、かたっぽだけ見て来ても、真実は見えてこねえ。

そんなもんなの?

おめえが旧ソ連に行ったとする。
政府側の役人に案内されて見て
来たもので、旧ソ連の真実がわかると思うか?
弾圧されてる人たちも取材しねえと、片手落ちってもんだ。

pixabay[CC0]


真実を見つけるのは、大変なことだね。

そして、グローバリズムの悪についても知っとかねえと、世界情勢を読みまちがう。
そこいらは、映像配信にくわしい。
が、特にベネズエラについて知りたければ「家族の絆 〜夫婦(94):金で買えるアメリカ民主主義〜 」 ほど、恰好な内容はねえぞ。
この中で紹介される、ドキュメンタリー映画「反チャベス政権クーデターの裏側」は最近、時事ブログでも紹介されたが、特にお勧めだ。ハンカチを忘れんなよ!
おれなんか、タオルでもびしょびしょになっちまったからな。

くろちゃん、泣き虫なんだから。

涙もろいといってくれ・・。
で、講義の中で、竹下先生もこの映画を絶賛されている。
ぼくが見た、NHKの番組の中で最もすばらしいものです。
NHKが作ったものではありません・・NHKが流した。流してくれただけでも拍手。
・・このビデオのすごい所は、両方を平等に撮っているところ。公平に、真実をありのままに見せている。
これぞ、本物のジャーナリズムだ。
見るだけで真実が、つまりアメリカが悪だってことが、見えてくる。

ふうん。
でも、ベネズエラ国民が、食料不足で飢えていることに変わりないよね。

まだ、そいつを信じるかぁ〜 じゃあ、これはどうだ?
ベネズエラ国内スーパーマーケットの様子を伝えるこんな動画があるので紹介します。CNNはベネズエラには食べ物がないと言っていますが、・・スーパーの棚は食べ物でいっぱいです。」(The Sun Snorer Press)

へえ? きっとこのスーパーは、金持ちしか行けないんだよ。

いやいや、聞いて驚くな!
ベネズエラで飢餓が蔓延し、人々は動物園を襲撃して、殺した動物を食べているとか、ゴミ箱を漁っているとか、信じられないような嘘が欧米のメディアで事実として報道されていますが、それらは全くの嘘で、ベネズエラのスーパーの棚には実際に食糧も物も溢れているし、高級レストランも満員です。」(The Sun Snorer Press)


・・・・・ウソお!! ウソだったのお??

目え、覚めたかあ?
2017年の、この動画 を見てみろよ。
みんな、元気にデモ行進してるぞ。

ほんと、みんな元気そうだし・・・太ってるぅ?

ベネズエラは、民衆が団結してお互いを支え合っているからな。
「現在、人口3100万のベネズエラに、約4600の生活共同体・協議会と約1600のコミューン があります。
生活共同体・協議会というのは、ある地域社会の生活上の必要事項を、行政からの指図ではなく、住民たちが相談し、対処するための協議会であり、こうした協議会を持つグループがいくつか集まって、より大きな生活共同体が出来ると、一つのコミューンが成立します。」(私の闇の奥)

すごい! まるで、プラウトの自然発生。

長年、アメリカにいじめられた結果、生まれた知恵だな。


大統領にはなれないグアィド氏


じゃあ、食糧難はウソだった。
それなら、グアィド氏が大統領になる話は、どういうわけ?
グアィド氏って、いったい何者なの?

若干35歳の白人。流暢な英語を話し、ジョージ・ワシントン大学の極右シンクタンクで学んだと言う金持ちだ。(The Sun Snorer Press)

金持ち? 白人?

てことは、ベネズエラの富裕層出身だ。

じゃあ、これまで貧しい人々を主人公にしてきたチャベス-マドゥロ政権から、富裕層が主人公の、グアィド政権に変えようってこと
しかも、選挙もせずに

「つまり、すべては石油なのだ。」
「アメリカの真の支配者」とも呼ばれる大富豪、コーク兄弟が、アメリカのサラサラの石油じゃなくて、粘り強いベネズエラの石油じゃないとダメ!って駄々こねたが、それにはベネズエラ政府を転覆しなければならない。
・・・と、どこからともなくグアィドという名の男が現れてこう明言したわけだ。
「私は、ベネズエラの石油をアメリカのビジネスに解放する。」(The Sun Snorer Press)


コーク兄弟

そんな、勝手なこと?

ベネズエラの国会議長だったグアィドは、有力者コーク兄弟のごきげんを取って、自分を大統領にしてもらおうって魂胆だろうが。

売国奴・・・。

今年の1月23日、「グアイド国会議長は首都カラカスで大勢の支持者を前に・・・「暫定大統領として国家の行政権を正式に担うと誓う」と宣誓した。(BBC)
それから12日後、南米とカナダの13カ国が「オタワ宣言」を発表した。
主な内容は、次の二点:
1.グアィド氏を、唯一の暫定大統領と承認すること
2.ベネズエラの現政権、マドゥロ政権を違憲とし、財政および貿易取引権の剥奪、石油、金、その他の国内資源に関する一切のビジネスの停止

へえ?! 当事者を交えないで、一方的に決めちゃったの?

だろ? だが、グアィドは大統領にはなれねえ。

どうして?

ベネズエラの憲法に、「大統領は国民の投票で選出される」とあるからだ。(The Sun Snorer Press)
なのに、一度も大統領選に出馬したこともねえヤツに、大統領になる資格なんてねえよ!

気づかなかった・・・でも言われてみれば、たしかにそうだ。
じゃあ、マドゥロ大統領を辞めさせることはできるの?

大統領を辞めさせる条件(ベネズエラ憲法・第233条)を見てみよう。

 1.大統領の死
2.本人の意思による辞職
3.最高裁判所による権限停止命令
4.大統領に心身の健康の不安があり、最高裁判所から委託された特別医師理事会が、職務継続不能と判断した場合
5.大統領本人による職権放棄
6.リコール選挙による解任


どれも当てはまらない・・・?
ということは、マドゥロを辞めさせることも、今のとこ不可能だね。
だけど、マドゥロが大統領に選ばれた選挙で、不正が行われていたら?

そこは、バッチシ! 公平だと言える。
チャベス-マドゥロ政権は、選挙のたびに、国連の監視団に選挙を監視させた。
その結果、毎回、選挙は公正であると報告されている。
監視をいやがったのは、グアィドを祭り上げてる反政府側の方さ。(The Sun Snorer Press)

はあ? 
不正しないと選挙で勝てない、だから、勝手に交代させようとしてるわけ?

結論その1!
ベネズエラ国憲法に照らし合わせた場合、政権としての正当性を持つのはマドゥロー政権の方であり、これに対し、グアィドー氏の暫定大統領の方には何の法的根拠もないのです。」 (The Sun Snorer Press)

ガッテン!ガッテン!ガッテン!
でも、ベネズエラの惨状は「社会主義政策の失敗」と言われてるでしょ?
社会主義が悪かったんじゃないの?

いや、悪いのは社会主義じゃねえ。アメリカがしかけた経済制裁が悪い。
多くの中南米諸国は、この経済制裁によって政権を奪われて、アメリカの言いなり国家にさせられた。

アメリカは、どんなことしたの?

ベネズエラへの生活必需品、医薬品などの輸出禁止。
ベネズエラのドルを凍結して、貿易ができないようにした。
ベネズエラが、イギリスに預けてある金塊を凍結した。

ひどい!
それじゃ、経済が回らなくなって、国民の生活もめちゃくちゃになるわけだ。


「こうした経済制裁を使って国民経済を破綻させ、国民の生活を破壊することで国民の政府に対する不満を増大させ、メディアを通じて『社会主義政策の失敗』と宣伝する。このようにして政府転覆を狙っている。
また、アメリカは反マドゥロ運動を支援して、操作している。
そいつらを使って、政府施設を襲撃させたり、道路を閉鎖したり、食料保管庫を焼き討ちしたり、インフラを破壊したり、投票妨害したり、組合指導者を誘拐・拷問・殺害したり。 (The Sun Snorer Press)

なんて、おそろしい!
まさに今、起こってる発電所の火災も、この「インフラ破壊」なのか。

おそらくな。
また、欧米メディアによると、ベネズエラは言論統制されているように言われるが、事実は全く逆だ。
例えば、ベネズエラには7つの主要な新聞があるが、そのうち4紙はあからさまな反政府紙、2紙が中立、政府寄りの新聞は2紙だけ。(The Sun Snorer Press)

へえ、日本だって、まともなのは2紙くらいだし。

テレビも8割は、アメリカの巨大資本によって運営され、日夜、反政府プロパガンダを行っている。(The Sun Snorer Press)
てことは、言論統制はないってことがわかるな?

にもかかわらず、過去6回の選挙で勝利しているマドゥロ政権。
国民の支持は、本物と言わざるをえないね。

ベネズエラ国内では、自主的な集会が開かれて、活発な議論が展開されている。
つまり、チャベス-マドゥロ政権というのは、幅広い国民参加型運動に支えられた政権だってことだ。(The Sun Snorer Press‏)

なんだか、日本よりもずっと自由で、民主的な国に見えてきた。

チャベス-マドゥロ政権のしてきたことは、富の公正な分配、生活水準の向上、教育、識字率の上昇、公共住宅の建築などの公共インフラの充実、国民皆保険制度。(The Sun Snorer Press)


すばらしい政権だったんだね?!・・でも、富裕層にとってはおもしろくない。
だけどなんで、こういう事実が伝わってこないんだろう?

欧米のメディアは、ベネズエラ政府の実績を一切報道しない。
政府を支援する、国民の広範なデモ行進なども一切報道しない。

ぼくたちは、本当のことが知りたいのに。

結論その2!
『社会主義政策の失敗』と『国民を抑圧する独裁者』のイメージを捏造して、メディアを使って大々的に報道して、それが日本にも伝えられているという事だと思います。」(The Sun Snorer Press)

ガッテン! ガッテン!! ガッテン!!!
やっと、ホントのことがわかって、スッキリしたわあ〜。
これからじっくり、映像配信を見ようっと。


Writer

ぴょんぴょんDr.

白木 るい子(ぴょんぴょん先生)

1955年、大阪生まれ。うお座。
幼少期から学生時代を東京で過ごす。1979年東京女子医大卒業。
1985年、大分県別府市に移住。
1988年、別府市で、はくちょう会クリニックを開業。
以後26年半、主に漢方診療に携わった。
2014年11月末、クリニック閉院。
現在、豊後高田市で、田舎暮らしをエンジョイしている。
体癖7-3。エニアグラム4番(芸術家)

東洋医学セミナー受講者の声


Comments are closed.