オバマ夫人、ウィリアム王子の妻であるキャサリン妃、ヘンリー王子の妻であるメーガン妃、歌手のビヨンセ ――彼女らは全員、実は男!!

竹下雅敏氏からの情報です。
 オバマ夫人は実は男で、マイケル・オバマだと言うのは有名な話です。ところがEriさんによると、イギリスのウィリアム王子、ヘンリー王子の妻であるキャサリン妃、メーガン妃も男で、歌手のビヨンセも男だとのことです。
 冒頭のツイートの写真を見ると、確かに“♂です”。
 以前の記事で、オス・メスを見分ける方法をお伝えしましたので、皆さんも確かめてみてください。
 イルミナティは、家族も男女の愛も否定しますので、同性愛、小児性愛を合法化させたいわけです。要するに、本物の変態集団なのですが、人権を盾に、一般人にもその変態を許容させようとしているのです。なので、同性愛と聞いて眉をひそめる人を差別だと非難します。差別と言えば、何でも許されるというわけです。一般人は何も知らないので、同性愛も崇高な愛の形だと洗脳されてしまいます。最後に行きつくのは、小児性愛の合法化です。
 同性愛、小児性愛なら、子供は生まれませんからね。彼らの人口削減計画にはピッタリなのです。社会の上層部、特に芸能人にはイルミナティはかなり浸透しているので、社会をこうした方向に誘導されてしまいます。
 Eriさんのツイートによると、オバマ夫妻の場合、家庭内では、オバマは妻でミッシェル夫人が夫であることを示唆していました。その可能性はあります。それと、オバマの愛人は、“牛など”となっていました。こうなると、社会の上層部は、正真正銘の変態集団だと言えそうです。
 果たして、ウィリアム王子、ヘンリー王子はどうなのでしょう。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
トランプの訪英と英ヘンリー王子の妻についての真実
引用元)
(前略)
https://beforeitsnews.com/v3/politics/2019/3105363.html
(概要)
6月10日付け
(中略)

(中略)
オバマの妻はミッシェル・オバマ=本当は男性なのでマイケル・オバマです。そしてマイケル・オバマのツイッターのページには、ヘンリー王子の隣に座っている自身の画像が載せてあります。単なる偶然でしょうか?
(中略)
メーガンはイルミナティ・カバラの最高のスパイであり、幼少時代からマインドコントロールしながら王族と結婚できる人物に仕立て上げられました。メーガンはスパイ・ミッションを与えられ英王族に嫁ぎました。彼女はいつでもすぐに殺人できるようにマインドコントロールされています。米シークレットサービスはメーガンをトランプに近づけることは決してありません。
メーガンはトランスジェンダーですから、もともとは男ですので妊娠して出産できるはずがありません。ですから妊婦を装うためにお腹にイギリス製のシリコンの人工妊婦腹を装着していたのです。多くのセレブ(トランスジェンダーの元男たち、ウィリアム王子のキャサリン妃、ビヨンセ、他)が人工妊婦腹を装着し妊婦のふりをしていました。
————————————————————————
配信元)
 
 

Comments are closed.