[GFLサービ ス]2014年12月25日 臨時政府  / ブッシュ一家は全員、公職に就けないことになっていました。

竹下雅敏氏からの情報です。
 ハム将軍のこれまでの一連の情報は、正しいものと思います。アメリカを取り戻そうという動きの中心に、オバマらによって追放された将軍たちが居ることは明らかで、事実上、米軍はオバマではなく彼らの指示に従うだろうと思います。
 どうやら、新年早々プーチン大統領が何らかの重大な発表をするのではないかと見られています。これが何かは今のところわかりませんが、これらの記事の動きと連動しているように思えます。
 2本目のイランラジオの記事においても、“2015年は…勝利の年となる”ことをシリアは確信しているようです。これらすべてのことは繋がっていると思います。いよいよ大詰めを迎えたという感じです。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

――――――――――――――――――――――――
JESTERチャットルーム 2014年12月25日 臨時政府
記事配信元)
本記事文章は現在公開を停止しております。 (2016/4/23)
記事の提供元にてご覧ください。

――――――――――――――――――――――――
ブッシュ一家は全員、公職に就けないことになっていました。
転載元より抜粋)
http://beforeitsnews.com/alternative/2014/12/all-bushes-illegal-to-hold-any-public-office-says-leo-wanta-3083898.html
(概要)
12月28日付け:
All Bushes Illegal to Hold Any Public Office Says Leo Wanta!


非常に重要な情報が伝えられました。アメリカの奴隷制度から開放されたい愛国者達にこの情報を伝えてください。
ブッシュ一家は、プレスコット・ブッシュによる反逆行為により、米政界から全員追放されるべきなのです。
レオ・ワンタ氏はレーガン政権下で大量領の諜報部員として様々な秘密情報を握っていました。
先月、ワンタ氏はベテランズ・トゥデーのラジオ番組で最大の爆弾発言をしたのです。

ワンタ氏は、ブッシュ一家全員が公職に就くことは法的に禁止されていると伝えました。
当時、ブッシュ一家の祖父にあたるプレスコット・ブッシュがナチスに資金援助を行うため敵と貿易をするなどの反逆行為を行ったことで有罪判決が下されていた
のです。
このような反逆行為を二度と行わせないために、プレスコット・ブッシュは、正式文書に将来、彼の家族全員を公職に就かせないと約束し署名していたのです。 この文書は米連邦議会の図書館に保管されています。
ブッシュ派の誰かがこの文書を盗み出そうとしましたが成功しませんでした。

ベテランズ・トゥデーのプレストン・ジェームズ氏らは、この文書は今でも図書館に保管されており、将来この事実が明らかになるだろうと言っています。

さらに、レオ・ワンタ氏は、レーガン大統領以降の大統領(ブッシュSr→クリントン→ブッシュJr→オバマ)は、全員が完全に違法な大統領であり、彼らはアメリカを破壊するためのマスタープランの一環として大統領に就任したと伝えています。彼らは大統領府の宣誓書まで変更してしまいました。

ブッシュ一家については1:20からお聴きください。ブッシュ派の邪悪な集団がブッシュ一家全員が公職に就けないことを証明する文書を盗もうとしたのです。


Comments are closed.