アーカイブ: ビルダーバーグ

[日本や世界や宇宙の動向]ビルダーバーグが内部分裂

竹下雅敏氏からの情報です。
 なかなか面白い記事だと思います。やはりビルダーバーグは思った通り、相当に混乱しているようです。9.11を引き起こしたような連中が完全に居なくならない限り、まとまる事はないでしょう。
 また記事を見ると、私がすでに言及していたように、ウクライナのポロシェンコ大統領が、ナサニエル陣営に転向しているという事を裏付ける記述が出て来ます。ウクライナもオバマ政権の思うようにはならないということがわかります。追い詰められた彼らは、今、何とか日本を動かして戦争をさせようと思っているようで、安倍の焦った姿からもそれが伺えます。しかしシリアにせよ、ウクライナにせよ、エジプトの政変以降、彼らの思惑はすべて頓挫して来たのです。彼らがどんなに焦っても、もはや間に合わないと思います。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

――――――――――――――――――――――――
ビルダーバーグが内部分裂
転載元より抜粋)
http://beforeitsnews.com/economy/2014/06/huge-bilderberg-split-nuclear-war-greg-hunter-with-daniel-estulin-the-true-story-of-bilderberg-2014-2630898.html
(概要)
6月11日付け:
ビルダーバーグのエキスパート、ダニエル・エスチュリン氏(E氏)(スペイン在住)がグレグ・ハンター氏(H氏)のインタビューに答えています。


(概要)

H氏
先週、コペンハーゲンで、毎年恒例のビルダーバーグ会議が開催されました。
ビルダーバーグの全容を明かす本の著者、ダニエル・エスチュリン氏をお招きしました。
ビルダーバーグは世界で最も非民主的な集団であり、各国の政治リーダーを買収し、手なずけています。今後の世界の民主主義はどうなって行くのでしょう。

E氏
ビルダーバーグ、CFR、三極委員会ボヘミアングローブの○○サークルなどの集団は秘密結社ではありません。そこには邪悪な全能の目で象徴される悪魔儀式に基づく陰謀論は存在しません。
ビルダーバーグ集団はコンベヤーベルトのようなものです。世界をどうするかについて実際に決定できるのは、さらに上の階級の連中なのです。

それでも、一部の決定権はビルダーバーグが握っています。
ビルダーバーグはヨーロッパで台頭しているナショナリズム、ウクライナ問題、ロシアと中国の天然ガス協定、イランについて非常に懸念していますので、これらのついても話し合われました。さらに地球温暖化、気象変動、サイバー戦争などが重要な議題として扱われました。彼らはどのようにして参加メンバー全員の総意を得ることができるのか、全員が同じ考えを持ち同一方向に進んで行けるように取り組んでいます。

H氏
最重要議題であったウクライナ問題について、今後、どのような結末が待っているのでしょうか。

E氏
あまり力のないリーダーに限って何だかんだとうるさいことを言うものです。それがオバマなのです。アメリカはアフリカの小さな国々や、例えばフランス(良い結果は招かないが)などの国を脅すことはできますが、ロシアは超大国なのです。
ウクライナではポロシェンコ新大統領が誕生しました。ビルダーバーグ会議でも、これ以上、ウクライナの内戦が悪化することを望んでいません。

ウクライナでは親露地域が混在することから、地方分権化が適当であるとビルダーバーグは考えています。
IMFがウクライナに数十億ドルの緊急支援を行おうとしていますが、そのような事をしても問題は解決しません。ウクライナは永遠にIMFに従属し、他国の支援金に頼らなければ生き残れないからです。

» 続きはこちらから

[フルフォード氏]アメリカ企業合衆国の破産宣言、ナイジェリア虐殺事件、東アジアの統一など

竹下雅敏氏からの情報です。
 フルフォード情報の中身がますます具体的になって来た感があります。フルフォード氏も“アメリカ企業合衆国の破産宣言はまもなくである”と言っており、私も同感です。現在神々は、CFR、ビルダーバーググループ、そしてジャパン・ハンドラーのようなレベルの者たちを滅ぼしていますので、大きく政治情勢が動くはずです。彼らは仲間が次々に滅ぼされて行きパニックに陥っていますが、その理由が解らないのでさらに混乱しています。「銀河連邦」の同胞たちも地球への介入権限を与えられているので、悪事をなせばその場で処刑されるということを覚悟しておいた方が良いでしょう。今後も様々な事件が噴出しますが、その度に事件を起こした首謀者が処刑されていくのです。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

――――――――――――――――――――――――
6/10フルフォードレポート(英語版)
記事配信元)
本記事文章は現在公開を停止しております。 (2016/4/23)
記事の提供元にてご覧ください。

[フルフォード氏]チャールズ皇太子:「殺人ウイルスに生まれ変わりたい、手遅れになる前に今行動する選択肢がある」と発言、その真意とは

竹下雅敏氏からの情報です。
 文中、チャールズ皇太子の言葉があります。しかも彼はオバマ大統領の任期の終了までの間に、“手遅れになる前に今行動する選択肢がある”と言ったわけですから、これは私が以前、“チャールズ皇太子はロックフェラー・オバマ陣営で、今のウクライナの政変の大きな後ろ盾になっている”と言ったことが裏付けられたと思います。
 手遅れになる前の選択肢とは、多くの人々を殺戮することであることは間違いありません。生物兵器なのか、核テロなのか、第三次大戦なのかはわかりませんが、それが皇太子の“殺人ウイルスに生まれ変わりたい”との発言の真意だと思います。
 したがって、チャールズ皇太子はビルダーバーグ・グループにおける古い世代だということになります。先の記事で紹介した開会式でのスピーチをした人物は、新しい世代の代表だということです。その意味でビルダーバーグ・グループの内部において、混乱が起こっていると思われます。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

――――――――――――――――――――――――
フルフォード6月3日レポート(英語版)
記事配信元)
本記事文章は現在公開を停止しております。 (2016/4/23)
記事の提供元にてご覧ください。

[日本や世界や宇宙の動向]重要:ビルダーバーグ開会式でのスピーチ内容 〜行動計画の破棄と新しい方向性〜

竹下雅敏氏からの情報です。
 大変重要な情報です。陰謀論の大家として知られるフリッツ・スプリングマイヤー氏のところに、ビルダーバーグ開会式でのスピーチの内容がメールで送られて来たとのこと。その内容は彼らの混乱を示すと同時に、彼らが新しく生まれ変わろうとしている様子が伺えます。
 一見すると文章の前後でいくつもの矛盾を感じますが、これは、このスピーチを行った人物がかつてのイルミナティを悪の秘密結社とし、現在の自分たちはすでに悪から決別し、新しい世界を人々と共に作り上げようと考える新しい世代のイルミナティであるとの立場から発言したものと考えれば、つじつまが合います。
 私が見たところ、ビルダーバーグ・グループはすでにナサニエル陣営に協力的です。このスピーチでもフリッツ・スプリングマイヤー氏の“勇気と洞察力に敬意”を表しており、彼の主張が正しい事を認めています。しかも同時に、ビルダーバーグ会議はイルミナティのために運営されていることも認めています。さらにブッシュ親子らに対する非難の声を上げており、これらの者たちを“全世界の人類の反逆者”と呼んでいます。こうしたことを考慮に入れると、彼らは私が先に示したように、かつての行動計画を捨てて、新しい方向性を見出そうと努力しているように思います。
 このような大きな変化が起こった理由は、人々が目覚め、彼らの陰謀が次々に頓挫することで、人々の吊るし上げに合い惨殺される恐怖、すなわち世界規模で革命が起こるということを、彼らが本当に恐れているからだと思います。何とか生き残るために、自分たちが悪人ではないことを人々に知ってもらうことが必要だと判断したのでしょう。
 彼らのこれからの行動に注目する必要があります。彼らの行動が本物でなければ、いずれ真相を知った人々の怒りが爆発することは避けられないからです。
 今年のビルダーバーグ会議がこれまでとは異なり、その秘密性を解除し、公に開かれた存在として人々に認知してもらおうとする努力は、私が“裏のイルミナティはすでに解散した”と言ったことを裏付けていると思います。
 ただ彼らは、未だにグローバリゼーションが世界経済として正しい方向性だと信じているということが、このスピーチからわかります。いずれプラウトが正しいということに気付き始めるでしょう。そんなに時間はかからないと思います。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

――――――――――――――――――――――――
ビルダーバーグ会議でスピーチでわかる彼らの考え!
転載元より抜粋)
http://beforeitsnews.com/economics-and-politics/2014/06/bilderberg-meeting-2014-opening-speech-the-coming-out-of-the-illuminati-2465700.html
(概要)
6月2日付け:
これまでイルミナティの家系やマインドコントロールプログラミングを含む彼ら活動について、長い間調査し暴露してきたイルミナティの研究者のフリッツ・スプリングメア氏は、更に驚くべき情報を入手しました。スプリングメア氏にイルミナティのトップ(ビルダーバーグのトップ)と名乗る人物からメールを受信したのです。もし彼が伝えた内容が真実なら。。。誰もが仰天するでしょう。ビルダーバーグは、彼らのアジェンダ、活動内容について公開することを考えているそうです。

イルミナティ及びビルダーバーグのトップからフリッツ・スプリングメア氏に送られたメールの内容
FRITZ’S WEBSITE←このウェブサイトを参照
ウィリアムCバン・ドゥインより
2014年5月30日

フリッツさん、
これは私の人生で初めての試みです。私が行った、ビルダーバーグ開会式でのスピーチの内容を君に教えるのが正しいことだということを知っています。私は、我々のシステムを全て公開し、いかに我々が開放的かということをぜひ知ってもらいたいと思います。

全世界の人々が我々を理解するには今後、何年もかかるでしょう。君にも、これを初めて明かします。君に幸運と強い精神力を祈ろう。君は勇敢な男だ。

<2014年ビルダーバーグ会議の開会式でのスピーチ by ウィリアム・バン・ドゥイン> 
Ladies and gentlemen,

コペンハーゲンで開催された第60回ビルダーバーグ会議にようこそ!
1954年に第1回ビルダーバーグ会議が開催されてから、私の父(ウィリアム・ゲリット・バン・ドゥイン)、ベルンハルト・オランダ王配、ヘンリー・キッシンジャー氏は、産業、政治、文化に携わる異なる事業体を結びつけることを決定しました。

1958年に開催された第4回会議以降、ビルダーバーグのメンバーはローマ条約(欧州経済共同体の発足)の条件をまとめました。最終的にローマ条約が合意され、6ヶ国が欧州経済共同体に加盟しました。現在、欧州経済共同体には28ヶ国が加盟しています。そして、ビルダーバーグには134ヶ国のメンバーがいます。

今日の私のスピーチの内容は我々の新たな敵であるメディアに公開されることになります。ビルダーバーグは過去も現在も、秘密結社ではありません。全世界の人々からは、我々は、議論し決定する内容を公開しない秘密主義者であると見られています。我々は邪悪な存在ではありません。我々は全能の目を持っていません。私の先祖達が米ドル札に全能の目を加えるようにと主張したのです。

ビルダーバーグは陰謀集団ではありません。
幼稚なファンタジーを持つ人々や陰謀論者が我々をそのように見ているだけです。どれほどの権力者であろうとも、暗い密室でテーブルを囲んで手をつなぎ、水晶の玉を見つめながら、世界の未来を計画する人などビルダーバーグにはいません。

陰謀論者、ジャーナリスト、メディアの立役者による熱狂的なねつ造により、ビルダーバーグのイメージが変えられてしまったのです。

しかし、ビルダーバーグのイメージがねつ造されたのは本当に彼らが原因なのでしょうか。我々自身も豪華で不可思議のイメージを植え付けたのではないでしょうか。

今日、私は、20年以上も前からイルミナティについての研究を行ってきた話題の人物(フリッツ・スプリングメア)と接触しました。私は彼の勇気と洞察力に敬意を表しています。

私は、人類は、未来を得る権利があると信じています。全世界の人々は、自分達の政府にいら立ちを覚え、政府にコントロールされ、困惑しきっています。

彼らは独自のデカルト的ファンタジーに生きながら、神がメシアを送り込み彼らの魂を救ってくれると信じています。神は人類に対して別の計画をもっています。神は善と悪の調和を創造しました。時代は変わるのです。そして私は時代が変わっていくことを喜ばしく思います。覚醒した人々が持つ共通の認識と個々の認識を感じます。人々は私に良い質問をするようになりました。

彼らの主な質問は、何が正しいか、です。全世界の人々が、大惨事、貧困、不当行為、苦難への道に突き進んでいると認識しており、それに対する反応と反発の現象が起きているのです。

» 続きはこちらから

[NEVADAブログ他]欧州議会で反EU派が結束へ / ビルダーバーグのメンバーがパニック状態

竹下雅敏氏からの情報です。
 どうも、コンチータさんのユーロヴィジョンでの歌の通りの状況になって来たという感じがします。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

――――――――――――――――――――――――
ヨーロッパの不満(欧州議会で反EU派が結束へ)
記事配信元)
本記事文章は現在公開を停止しております。 (2016/4/23)
記事の提供元にてご覧ください。

――――――――――――――――――――――――
ビルダーバーグのメンバーがパニック状態です!
転載元より抜粋)
http://www.globalresearch.ca/bilderberg-agenda-revealed-elite-desperate-to-rescue-unipolar-world/5384291
(概要)
5月27日付け:
デンマークのコペンハーゲンで開催される2014年のビルダーバーグ年次会議(5月29日~6月1日)には、120人のグローバリストら(欧米諸国及び中国の政治家、政府関係者、企業家、金融専門家など)が出席します。ウクライナを巡りロシアの非協力的な態度やEU全域で革命(保守思想)的現象が起きていることから、ビルダーバーグが60年前から着々と構築してきた単極性の世界秩序=世界統一政府体制を脅かしています。そして、今、彼らの多くがパニック状態なのです。

内部告発者の情報によると、ビルダーバーグのウェブサイトで公開されている議題は表面的なものであり、彼らの本当の議題とは。。。

1)世界中の人々が政治的に覚醒
(世界の政治がどのように機能し、誰が決定し支配しているかなど。。)してきており、世界統一政府に世界の権力を集中させるというビルダーバーグの長期的なアジェンダが達成できなくなる可能性があるため、人々の政治的覚醒をいかに食い止めることができるかについて。

2)環太西洋貿易投資協定(TTIP=TPPの大西洋版)をいかに前進させるか(これはトップ議題)について、議論されます。
TTIP協定が終結すれば、EUのように、欧米をまたぐ自由貿易圏ができ、その結果、世界企業を誕生させることができ、やがては、ビルダーバーグが望む、各国の国家主権や民主主義を排除した世界統一政府を誕生させることができると考えています。世界統一政府は、加盟国の法律と規則の大半を世界統一政府が管理・支配することになります。

» 続きはこちらから