アーカイブ: 太陽フレア

米大統領選挙を中止させるため、自作自演の太陽フレアを画策中のカバール

竹下雅敏氏からの情報です。
 すでに、このフルフォードレポートは一度取り上げましたが、この中で特に興味深いのは、“クリントン家とその仲間のギャングは…EMP攻撃を使おうとしている…問題はそれをロシアの所為にするか、宇宙気候変動にするかを決めかねている”という部分です。
 彼らは、大量殺人に対する裁判を回避するために、何としても、ヒラリー・クリントンに勝ってもらいたい。しかし、まともに選挙するとトランプ氏の圧勝になってしまう。ヒラリーが勝つには大規模な不正選挙が必要だが、不正選挙を疑っているトランプ陣営と、今でもサンダースを支持する人たちに証拠をつかまれないように実行するのはかなり難しい。
 万一の場合、選挙を中止させる必要があるわけで、彼らは高高度の核爆発を利用したEMP攻撃を考えているというのです。今の段階では、これを宇宙気候変動のせいにするつもりらしく、次の記事では、10月13日のホワイトハウスのウェブサイトで、“宇宙天気事象に対するアメリカの大統領令”が出ているようです。要するに、巨大な太陽フレアが地球を襲い、大災害が起こるというわけです。巨大な太陽フレアによるダメージは、EMP攻撃による被害と同じようなものになります。しかし、どう考えても、自作自演のEMP攻撃を太陽のせいにするのは、無理があると思います。
 NASAの警告ではやはり、太陽の異変によって地球が半月ほど真っ暗な状態になると予想しているようです。コーリー・グッド氏の情報でも、SSP(秘密の宇宙プログラム)の様々な科学者のグループが、巨大な太陽フレアが地球を襲うという予測を立てていました。ただ、その影響はそれぞれの科学者グループで異なる見解だったようです。
 アメリカがEMP攻撃を考えているとなると、こうした太陽フレアの現象を利用して行うつもりではないでしょうか。
 記事の最後は、この件に関連したチャネリング情報を紹介しています。これを見ると、これらの情報源は基本的に同じだというのがわかると思います。アメリカ政府にせよ、NASAにせよ、このチャネリング情報にせよ、派閥の違いはあれど、カバールである事は同じだということです。
 ただ、彼らが予想しているように、太陽フレアが地球を襲うかどうかは全くわかりません。私は、全然こうした件に関する危機感を持っていません。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

――――――――――――――――――――――――
フルフォードレポート英語版(10/18)
転載元)
(前略) 

ビルとヒラリーは大量殺人者であることが公になっている証拠が増えている。米最高裁判所判事アントニン・スカリアの不思議な死の数日前に、湿った話に言及したクリントン選対の管理者ジョン・ポデスタに関するウィキリークスの暴露は氷山の一角である。

http://www.thegatewaypundit.com/2016/10/wikileaks-uncover-murder-plot-podesta-documents-suggest-scalia-assassination/

クリントン家に対する殺人訴訟の殺到が準備されており、この犯罪家族はブッシュ/ロックフェラー仲間と共に引き摺り下ろされると、CIA情報源は言っている。これに関連する話は、今後増えるものの中の一つに過ぎないと、その情報源は言う。

http://americannews.com/breaking-clinton-hit-with-murder-accusation-this-is-the-moment-weve-all-been-waiting-for/

クリントン家とその仲間のギャングは選挙を中止させ、大量殺人に対する裁判と法罰を回避する口実としてEPM攻撃を使おうとしていることはほぼ間違いが無い。問題はそれをロシアの所為にするか、宇宙気候変動にするかを決めかねているようである。

(以下略)  

――――――――――――――――――――――――
発令された「太陽からの攻撃への準備をせよ」とのアメリカ大統領令 : 太陽活動の弱い中でのこの事案に見る今の時代
転載元)
2016年10月13日の米国ホワイトハウス・ウェブサイトより

whitehouse-executive-order-1013-2016

(中略) 

この大統領令ですが、(中略…) 

「太陽嵐への準備と対策を各局ともに連携してすみやかに行うよう」

というようなもの
のようで、(中略…) 

日本でもアメリカでもあるような「いつ来るかわからない地震に対して万全の備えをしておくように」というような通達とさほど変わらないようにも見えます。

ただ、巨大な太陽嵐に見舞われた場合、その被害は、どれだけ大きな地震と比べても、その比ではないということがあります。

(中略) 

アメリカ政府が想定している規模の太陽嵐が来た場合は、以下が起きると予測されています。

    超巨大な太陽嵐が地球を直撃した際に想定されること

    ・電力送電網の破壊による完全な停電
    ・通信(電話、携帯、インターネット)の崩壊
    ・放送網(テレビ、ラジオ)の崩壊
    ・飛行機の墜落
    ・コンピュータに依存するシステム(軍事、銀行、政治、医療、インフラ)の停止
    ・移動手段(車、電車等)の停止
    ・物流、食料供給の停止


現代生活においての「何もかもが停止する」と考えていいと思われます。

(中略) 

超巨大な太陽嵐で地球が受けるダメージは、「核兵器の爆発」によって受けるダメージとほぼ同じで、つまり、たとえば、「広範囲な核戦争」や「 EMP 攻撃」などの場合も、核爆発による直接の被害とは別に、攻撃を受けた地域の広範囲で上に記しました同じような被害が出ると思われます。

(以下略、続きは引用元でご覧下さい)

» 続きはこちらから

天界の改革39 
回避されたキルショット(北朝鮮情勢の危機、ボストン爆破事件)

竹下雅敏氏からの情報です。
 前回の“天界の改革38”で説明したように、地上の悪しき人々を滅ぼし、地球の波動そして太陽と月の波動を引き上げたことによって、ようやくスーパーフレア、キルショットの回避、あるいは軽減の可能性が出てきました。しかしその後地上では、非常に深刻な事態が起こりました。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
天界の改革39

国連安保理、北朝鮮への制裁強化を全会一致で決議 
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPTJE92601420130307
2013年 03月 8日 03:41

[国連 7日 ロイター] 国連安全保障理事会は7日、北朝鮮が2月12日に3度目の核実験を行ったことを受け、同国に対する金融取引の制限強化や国連決議に違反する貨物輸送の取り締まりなどを盛り込んだ制裁決議案を全会一致で採択した。

弱冠30才が全世界を敵に回して闘う劇場
http://shanti-phula.net/ja/social/blog/?p=42922
記事配信元)
本記事文章は現在公開を停止しております。 (2016/4/23)
記事の提供元にてご覧ください。

 記事のように、北朝鮮の3度目の核実験による国連の制裁決議から、北朝鮮が全面戦争の準備を整えます。これは核弾頭を積んだミサイルを上空で爆発させるEMP兵器を北朝鮮が使う可能性が高く、非常に具合の悪い展開となっていきました。なぜならエド・ディムズ氏の予言として、次の記事の内容があったからです。

[ユニティ・デザイン]大変動の時代を安心して迎えるために今できる準備 
http://shanti-phula.net/ja/social/blog/?p=43348
2013年3月20日 3:40 PM

■ エド・デイムズ氏の2003年の予言 


シャンティ・フーラの時事ブログに掲載されたキルショット(連続して地球を襲う太陽嵐)までに起こる5つの出来事。

既に的中した予言が2つ。

1.アフリカで、小麦などの作物に伝染病が出て、農作物の生産に大きな悪影響が出る(2007年に的中)

2.日本で大地震が起き、原子力発電所が破壊されて大事故が起きる(2011年に的中)

そして、これから起こることが3つ。

3.北朝鮮が、核ミサイルを発射(懸念される韓国へのEMP攻撃か?)

4.スペースシャトルに似た宇宙船が、地上に強制的に着陸させられる
(エドは、このスペースシャトルの着陸のニュースを聞いたら、キルショットは、ごく近いと思ってほしいと言ってる。)

5.戦闘状態にある地域で、兵士たちが敵も味方も空を見上げて呆然とした後、戦闘をやめてそれぞれ家に帰ってしまうという事態が起きる。

1と2は既に起こり、そして3も現実味を濃厚。「5.兵士たちが敵も味方も空を見上げて呆然とした後、戦闘をやめてそれぞれ家に帰ってしまうという事態」がまさに「X-DAY」だと思われます。電気・水道・ガスなどの生活インフラが機能停止、政治経済、物流、情報が混乱し、食糧を手に入れるのも大変な時代の始まりか・・。

 万一半島で戦争が起きると、北朝鮮は先のEMP兵器を使う可能性が高く、こうなると予言通り、キルショットを避けられなくなってしまいます。アメリカは韓国と合同軍事演習という名目の挑発行為を繰り返し、半島情勢は極めて緊迫した状況になりました。

[The Voice of Russia]北朝鮮「朝鮮半島での核戦争の脅威が現実的に」 
http://shanti-phula.net/ja/social/blog/?p=43803
2013年3月27日 7:30 PM

Photo: EPA

朝鮮半島には「米国と韓国の挑発行為により極めて緊迫した状況」が形成された。

北朝鮮側は、挑発行為として、戦略爆撃機B52も参加して現在行われている米韓大規模軍事演習を挙げた。

また北朝鮮当局は「米国の戦略ミサイルの照準が現在、共和国に向けて合わせられ、核兵器を搭載した米国の原潜が、南朝鮮沿岸にいる。その結果、朝鮮半島における核戦争の脅威は、現実的なものとなった」と指摘している。

先に北朝鮮外務省は、共和国内では「ハワイやグアムの米軍基地、さらには韓国及びアメリカ大陸までも射程に収める」長距離砲やミサイル部隊が、完全な戦闘準備態勢に入ったと伝えた。

[らばQ]えっ?北朝鮮の写真がバレバレ…「金正恩へ、計画を全員に教えてくれてありがとう」 
http://shanti-phula.net/ja/social/blog/?p=44037
2013年3月31日 6:34 PM

緊迫する作戦会議の模様。問題はこの赤丸で囲ってあるところです。

ふむふむ、なるほどこんな風に攻撃するつもりなんだ……。

» 続きはこちらから

天界の改革38 
太陽フレアとキルショットの危機(3)

竹下雅敏氏からの情報です。
スーパーフレアおよびキルショットを回避するための努力が、2012年後半から2013年の前半にわたって続きます。
まず、前回も説明したキルショットをもう一度見てみようと思います。
(竹下雅敏)
————————————————————————
天界の改革38

[コートニー・ブラウン博士]2013年6月1日正午の遠隔透視
http://shanti-phula.net/ja/social/blog/?p=44800
記事配信元)
本記事文章は現在公開を停止しております。 (2016/4/23)
記事の提供元にてご覧ください。

[歴史と予言のあいだ]エド・デイムイスのリモートビューイング情報(2)
http://shanti-phula.net/ja/social/blog/?p=36604
本記事文章は現在公開を停止しております。 (2016/4/23)
記事の提供元にてご覧ください。

 これらの記事を見ると、キルショットの影響が破壊的なものであることがわかります。人類は意図的に第三次大戦などを起こさなくとも、キルショットで人口の9割が消えてしまうことがわかります。この被害を出来るだけ軽減するために、前回の“天界の改革37”でお伝えしたように、人間の力で回避不可能なものなので、“地球に援助の手を差し伸べてくださっている神々・宇宙人に対して感謝の気持ちを伝えて欲しい”ということが要点でした。
 素直な心の人ならば、このメッセージを伝える前にせれなさんのヴィジョンもしくはシャンティ・フーラの時事ブログで、高次のシステムから神々がすでに降臨しておりその神々が乗るUFOの事実も伝えているわけですから、メッセージをそのまま受け取って、神々に祈ってくださっただろうと思います。ところが、地球人というのは甚だ根性が悪いのかひねくれているのかわかりませんが、シャンティ・フーラでいかなる情報を伝えても、まともに受け取ろうとしない人たちの方が多いのです。
 これまで世界の支配層は、UFOに関する真実を隠蔽するために、宇宙人が存在すること、すでに来ていること、地球人に交じって生活していることなどを隠し続けてきました。そして、UFO、宇宙人、フリーエネルギーなどに関する情報を真剣に扱う人たちが、まるで信じやすい知性の劣った人たちであるかのように、情報操作をしてきました。多くの人々はこうした洗脳工作に見事に乗せられ、彼らがかく乱する偽情報と、本物のUFO情報を区別することが出来なくなってしまいました。こうした陰謀と誤解を解くために、シャンティ・フーラの時事ブログ上では、様々な陰謀とその計画、そしてUFOに関する情報も並行して掲載してきました。その中でも特に重要なものが、次のスティーブン・グリア博士のディスクロージャー・プロジェクトです。

» 続きはこちらから

天界の改革37 
太陽フレアとキルショットの危機(2)

竹下雅敏氏からの情報です。
前回の“天界の改革36”の続きですが、第三次大戦が確実に回避出来るとわかった次の危機が太陽フレアであり、その回避が非常に難しいということでした。今回は、スーパーフレアおよびキルショットに関する当時の情報を振り返ってみたいと思います。
(竹下雅敏)
————————————————————————
天界の改革37

 前回の“天界の改革36”の記事で説明したように、2012年の11月の始めまでに、かなりの数の神々・宇宙人からの警告のメッセージが入ってきていました。このことに関して、せれなさんが11月8日にご主人の天之御影命様と会話した内容を、シャンティ・フーラのブログで紹介しましたが、その一部を要約したものが次の記事です。

せれなさんと天之御影命様との会話(地球の意志と人類の未来) 
http://shanti-phula.net/ja/blog/2012/11/blog-post_16-7.html
2012年11月16日 19:42

せれなさんが、11月8日23時半頃に天之御影命様と会話した内容とのことです。
(竹下雅敏)
――――――――――――――――――――――――――――――――――
「先日、あれは11月1日くらいだったと思いますが、私が『太陽フレアが地球を襲った場合、原発はどうなりますか?』とあなたに訊ねたことがあります。あなたは、原子炉を冷却する水をどう確保すべきか、どこまで神が介入すべきか、どこまで人間社会に関与するか、まだ決まっていないというようなことを考えていらっしゃったようです。」

「そうだ」

「その時、このまま、原発の使用を許し続ければ、いつか人類は、宇宙に向けて核ミサイルを発射することになる可能性がある、だから、今その芽を潰すことが必要で、太陽フレアの被害が地球にもたらされるという状況にまでならないと、地球人の意識が変わらないとお考えのようでもありました。その件についてはどうなりましたか?」

「それは我々にとっても、とても残念な決定だ」

「決定?太陽フレアの被害が地上に及ぶことは、すでに決定されたのですか?」

「原発を今、止めても間に合わない・・・・・(不明)。
もちろん、今すぐに止めねばならない。
もし、全ての原発を、一機残らず止めることができたら、その時は決断は変えられるかもしれない。」

「原発を今、止めても間に合わないとは?」

「原子炉を止めても、(使用済み核燃料を)延々と冷し続けなければいけない。そのための技術は人間たちにはない。電気が止まっただけで、莫大な被害が、地球から宇宙に及ぶのだ。」

「地球が、太陽に助けを求めたということなのですか?」

「そうだ。地球はもうこれ以上堪えることができないほどになっている。」

「人類を滅ぼすために!?」

「いや、違う。それは最悪の結果で、最良の結果は、太陽フレアへの危機感で人々の意識が根本から変わることでもたらされるものだ。そうすれば、もう誰も原子力からエネルギーを得ようとはしなくなるだろう。」

「人間の意識と、地球は密接に関わっている。そして、地球は単独では存在できない。
人間の意識を変えること、それも根本から変えることができたら、地球も考えを改めるかもしれない。宇宙も変わるだろう、そして地球は助かる」

「最悪の道は、戦争だと思っていました。そしてそれは回避されたと・・・」

「起りつつあった第三次世界大戦は起らない。だけど、それで一体、この世界の人々の意識はどう変わった?圧倒的に平和を望む人が多いにも関わらず、殺戮、強奪、搾取、裏切り、利欲、嫉妬、他人を陥れ、巧妙な罠にかける、そういうことばかりだ。今も、僕には人間達の絶望の悲鳴がひっきりなしに聞こえている。」

「御影様には地球の声はどう聞こえていますか?やはり悲鳴ですか?」

「せれな、君にも聞こえるはずだ、君の心は常に地球と一体ではないか。」

地球の声 
「愚かな人間たちよ
 拳に石を持ち、互いに殺し合っていた時と何ら変わることのない人々よ 
 常に人の物を妬み、奪い合い、破壊する者たちよ
 征服を愛し、略奪を常とし、人を犯し、踏みにじる

 私は全ての母です
 母は自分の全ての子供を守る義務があるのです
 だが、人間たちよ、もうお前たちのことはあきらめなくてはならないのか
 私の他の子供たちを守るために、私はお前たちを懲らしめなくてはならないのか」


「地球よ、どうしたら、許してもらえるだろうか。どうしたら、人間たちは存在させてもらえるでしょうか」

「豊かな自然を返して欲しい。失った物は仕方がないが、これ以上、他のものから奪わないで欲しい。空も、大地も、風も、水も、命も。

私はもう長いこと歌っていない。大地の歌を、空の歌を、季節の歌を、鳥たちへの歌を。」

太陽に話しかけてみました。

太陽「ようやく気付いてくれましたね。ずっと待っていました。」

せれな「太陽フレアについての危機感が地球でも語られています。地球への被害はありますか」

太陽「私はずっとそのことをあなたにお伝えしたかったのです。間もなく、地球は真っ正面から私たちの強い影響を受けることになるでしょう」

「時期はいつですか。来年ですか」

太陽「2013年」

「それは決定ですか」

太陽「時期は大体のものです。様々な条件が整わないといけませんので。でも半年のうちには起る可能性があります。」

「太陽フレアの影響は、地球にどれくらい及ぶのでしょう?」

太陽「甚大という言葉で表せる程度です」

「もし可能なら、もう少し時期を伸ばすことはできないでしょうか?」

太陽「人間たちが変わり、太陽フレアの強い電磁波を受けても安全な社会を構築してから・・・とお考えですね」

「はい」

太陽「それは無理でしょう。人間たちの意識を変えるために、私は太陽フレアを放出するのですから。これは宇宙の計画です」

――――――――――――――――――――――――――――――――――
昨日の太陽との会話で、お伝えし忘れていたことがありました。
太陽は、時期について、初夏、秋と言っていました。
曖昧な表現だったので、訊き返すと、具体的な日にちは、条件がそろわないと確定していない、ただ時期は決まっているというようなことを言っていました。初夏とは5月を含む季節と感じました。そして、一度ではなく、複数回、少なくとも2回は地球を襲うと言っていました。
せれな

 これらの会話からわかることは、太陽が人類の意識を変えるために、強い太陽フレアを放出するのだということです。しかも2013年の5月を含む季節に、1度ではなく複数回地球を襲うということです。
 原子力発電所は事故を起こさなくても、有害な放射線を常時出し続けていること、トリチウムなどで常に海水を汚染し続けること、海水温を上昇させてしまうことなど、地球環境に破壊的な影響を与えます。これらのことがわかった時点で、直ちに原子力発電は廃絶に向かうべきなのです。ところが現実には様々な思惑や利権が絡み合い、明らかに人間の手に負えない原発を撤廃することが出来ないということが、これまでの原発事故以来の日本の状況を見ても、はっきりとわかります。欲得が優先して明らかに正しい行動が取れないという状況、それを国民がまったく変える術を持たないという状況から、太陽が太陽フレアを放出して、人類に意識の変革を迫ろうとすることは、半ばやむを得ないことのように感じられます。
 ところがよく調べてみると、この強い太陽フレアというものの被害は、とんでもないものだということがわかりました。

» 続きはこちらから

天界の改革36 
太陽フレアとキルショットの危機(1)

竹下雅敏氏からの情報です。
前回の“天界の改革35”で説明したように、2012年10月23日のせれなさんのヴィジョンの女神の言葉通り、この時点で地球のハルマゲドン(第三次大戦)は回避されました。しかしこの期間に並行して、それと同じかそれ以上に回避が困難な別の問題が、神々・宇宙人から何度も警告されていました。巨大な太陽フレアであるスーパーフレアと、スーパーフレアほど巨大ではないにしても、相当な規模の太陽フレアが連続して襲うキルショットについての警告です。
(竹下雅敏)
————————————————————————
天界の改革36

 私が太陽フレアによる危機が現実に存在することを理解したのは、せれなさんのヴィジョンをきっかけとするものでした。そのことに関する記事を調べ、シャンティ・フーラの時事ブログに掲載したのが、2011年4月の次の記事です。要約して紹介します。

竹下雅敏氏からのメッセージ(4)【警告】 
http://shanti-phula.net/ja/social/blog/?p=3244
2011年4月22日 2:56 PM

『せれなさんの4月5日のヴィジョンにおいて、複数の都市が同時に壊滅する様子が描かれていました。私は、現在の科学的知見に基づいて、こうした複数の都市がほぼ同時に壊滅することがあり得るのか否かに関心をもちましたが、どうやらこれは十分におこり得ることのようです。』

-------------------記事1)---------------------------------------------
最大級の太陽フレア、地球への影響は? 
March 3, 2011

現在は太陽活動極大期の序章が幕を開けたに過ぎず、今後数年間でピークに達すると見られている。

「1859年と同程度の強力な電磁気障害がインターネット時代に発生すると、その被害は計り知れない」とコロラド大学のベーカー氏は説明する。

電力網のダメージも深刻だ。太陽からの荷電粒子が強力なエネルギーを生み出し、大型変圧器を破壊する可能性がある。もし数百台の変圧器が一度にダウンすれば、再稼働までに長い時間を要するだろうとベーカー氏は指摘する。
-------------------記事2)---------------------------------------------
全ての原子力発電所が脆弱なのだろうか?-大惨事は、いつも想定外 
2011年4月8日

NASAの科学者達は、太陽フレアが、世界中の多くの国で、恐らく何ヶ月も、大半の配電網を機能停止させるだろうと予想している。

万一、原発の電力と、それをとりまく現代インフラの大半が喪失したら、世界中の原子力発電所は一体どうなるのだろう?

原子力発電をしている電力会社は、もしも連中が、想定されている太陽フレアから守れるようにする為に、電機部品を強化しそこねれば、自業自得となる...

それは想定外だなどと、とぼけてはいけない。太陽フレアが原因の電源喪失による広範なメルトダウンを防止するのに必要な、比較的わずかな額の費用を必ず使うように、原子力発電業界は警告を受けているのだから。

 この記事の中で、科学者が警告している危機は、現実のものであり差し迫った状況にあるのですが、東電の危機意識の欠如を見ても、世界中の原発に対して停電によるバックアップシステムを強化する措置を、電力会社が取るとは思えない状況です。 
 本来ならNASAなどの機関が何度も警告を発し、緊急に取り組むべき課題のはずですが、世界の支配層の一部は第三次大戦で人類の9割を滅ぼそうとしているわけですから、むしろ太陽フレアによる大惨事を彼らは望んでいると考えられます。もちろん自分たちだけは地下のシェルターに避難しておくつもりだろうとは思いますが。このような状況では、警告に素直に耳を傾けるとはとても考えられない状況なのです。
 神々からは次々に地球人に対してメッセージが送られてきます。これから紹介する神々・宇宙人のメッセージは、中西征子さんが通信をとって、そのメッセージを受け取ったものです。

探査機カッシーニが受信した音声の主からのメッセージ 
http://shanti-phula.net/ja/blog/2012/07/blog-post_6333.html
2012年7月6日 21:38

『すべての地球の人よ、早く目覚めなさい!
 警告します。
 この地球を滅ぼすのですか。
 私達はとても心配して見守っています。
 原発をすぐに止めなければなりません。
 地上のすべての原発です。
 すべてが手おくれになる前に行動して下さい。
 宇宙が味方します。
 勇気を持って行動を始めるなら、喜びとなるでしょう。』
2012.7.6 P.M. 5:59

 この通信文は、タカキミクラノボルミコト様からのもので、2012年7月10日のせれなさんのヴィジョンの中にお姿が描かれていますので、その部分を紹介します。


『男神はアートマーの創造神の第1レベルの第1天帝のタカキミクラノボルミコト様と第2天帝のヒカリカガヤキミチルミヤヒメミコ様のご夫妻です。』

» 続きはこちらから
1 2 3 4 5 6 7 8