アーカイブ: 安倍夫妻巨大口利き疑惑(加計学園)

アベ友疑獄:血税176億円が流れた加計学園説明会 / 公有財産の「私物化ビジネス」

竹下雅敏氏からの情報です。
 あべぴょんのお友達が理事長を務める、加計学園の話題です。一説には、お友達ではなくて、一族ではないかと思われています。支配層は密かに子や孫を養子に出して同盟関係を強化しているので、傍目にはお友達に見えていても、当事者は一族であることがわかっているケースがよくあります。
 加計学園に血税の176億円が流れた問題についての説明会があったようです。田中龍作さんが取材をしています。こうした説明会はいずれ、当事者全員を集めて国会でやってもらいたいものです。
 冒頭のツイートで、“これは違法じゃない。けど異常だ ”とありますが、調査を進めれば、違法であることがわかるかも知れません。田中龍作ジャーナルでは、“今治市民はアベ友の奴隷なのか”とありますが、お友達以外は全員が奴隷だというのが、彼らのものの考え方だと思います。
 “続きはこちらから”以降は、加計学園問題を含めた一連の疑惑が説明されています。これを見ると、あべぴょんとその仲間たちはまさにやりたい放題で、公有財産の「私物化ビジネス」を行っているとしか思えません。日本は出来るだけ早く政権交代をして、こうした連中を法の下に公正に裁かなければならないでしょう。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
配信元)


————————————————————————
【今治発・アベ友疑獄】加計学園説明会 怒号とヨイショが飛び交う 
引用元)
(前略) 

 安倍首相の「ザ・お友達」が理事長をつとめる加計学園の進出に市有地36億円を無償譲渡し、さらに校舎などの建設費96億円(※)を援助する今治市。(※愛媛県が32億円を出さなければ今治市が建設援助費96億円を丸々かぶる)

 私たちの血税が何でこうまで気前よく?・・・市民の怒りと疑問に答える格好で、今治市と加計学園が11日、説明会を開いた。

 今治市からは菅良二市長はじめ市幹部、市議会議員が出席した。加計学園からの出席者は岡山理科大学・獣医学部長(候補)の吉川康弘教授ただ一人だった。

(中略) 

 市議会が市有地の無償譲渡と建設資金の援助を決めたのは、3月議会の初日冒頭だった。(中略)… 

 森友疑惑が飛び火する前に今治市は加計学園への無償多額援助を決めてしまったのである。

(中略) 

 市内の自営業者の男性は「10億円ずつ6年間あげるというが、そんなカネがあるなら介護保険下げてくれ」(中略)… 

 市民には窮乏を強いながら、加計学園には巨額の血税を献上する。今治市民はアベ友の奴隷なのか。

(以下略) 

» 続きはこちらから

加計学園疑惑の全体像が見えてくる動画 国民が知れば「安倍政権はひとたまりもない」

竹下雅敏氏からの情報です。
 IWJの動画は必見です。加計学園疑惑の全体像がみえてきます。動画の2分10秒〜8分6秒、9分3秒〜10分24秒のところをご覧下さい。特に、5分20秒〜8分6秒は重要です。
 天木直人氏の言う通り、この加計学園の問題を国民が知れば、"安倍政権はひとたまりもない"でしょう。
(竹下雅敏)
————————————————————————
「特区の議論はすべて『加計ありき』」——「森友を超える」加計学園の疑惑をIWJだけにトコトンぶちまける!岩上安身が日本獣医師会顧問・北村直人氏(前衆議院議員)に独走スクープインタビュー!17.4.4
配信元)

————————————————————————
配信元)



» 続きはこちらから

第2の森友と言われる加計学園も官邸が関与か 一族への利益誘導疑惑まで

竹下雅敏氏からの情報です。
 第2の森友と言われる加計学園があり、さらに第3、第4…と疑惑が列を作って待っています。こうした問題は収束する気配が見えず、例によって安倍政権は、解散のタイミングを計っているようです。
 加計学園のオーナーである加計孝太郎氏は、あべぴょんのお友達なので、籠池理事長のように“会ったこともない”という言い訳は効きません。しかも、森友とは額が全然違います。加計学園の問題にメディアの火が点くことを、何よりもあべぴょんは恐れているのではないでしょうか。
 “続きはこちらから”以降の記事を見ると、加計学園も森友学園と同様に、官邸が関与したとしか思えない状況になっています。ツイートを見ると、ゴット・マザーのあべぴょんの母を含む家族ぐるみで加計氏と付き合っていたように見えます。こうした状況で、驚くべき写真が出てきました。陰謀論のレベルですが、確かに、あべぴょんのおじいさんである岸信介と、加計孝太郎氏の顔は似ています。これまで、あべぴょんはお友達に便宜供与をしたのではないかと見られていましたが、実は一族への利益誘導ではないかという疑惑になっています。
 最後の写真は非常に興味深い。確かに岸信介の前に居る2人の子供は、加計孝太郎氏とあべぴょんのように見えます。彼らが一族であることを強く思わせる写真です。こんな写真がツイートで上がって来ることに驚きます。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
配信元)


» 続きはこちらから

このタイミングで共産党が加計学園問題を取り上げる 〜本質は「政治家+大手銀行合作」の「土地ころがしビジネス」〜

竹下雅敏氏からの情報です。
 このタイミングで共産党が、加計学園の問題を挙げてきました。以前から噂になっていたものです。あべぴょんの30年来のお友達である加計孝太郎氏の加計学園が運営する岡山理科大の獣医学部を開設するために、今治市は36億円もの市有地を無償譲渡するというのです。しかも、校舎建設費として、今後8年間で計64億円を負担するというとんでもないものです。
 田中龍作さんの記事によれば、銀行から大学が安定的に資金調達が出来るように、土地を担保設定することを認めるというのです。今治市長に言わせれば、“大学誘致は40年来の悲願。人口増の起爆剤になる”とのことですが、どう考えても市民の土地と金が、あべぴょんとそのお友達に巻き上げられているだけだと思います。
 森友学園を含むこれら一連の事件の本質は、上西小百合議員が当初ツイートしていたように、“土地転がしビジネス”ではないかと思えます。11日の板垣英憲情報局では、タイトルに、“「政治家+大手銀行合作」の「土地ころがしビジネス」”とあります。記事では“政治家は、値下げ額の15%から10%を土地取得者からキック・バックを受ける”とあります。これならよくわかります。学園経営がうまく行く必要など無いのです。加計学園は、土地を転売すれば利益が出ます。大手銀行も政治家も、土地転がしビジネスで大儲けというわけです。もちろん、犠牲者は今治市民です。下手をすると、第二の夕張になりかねません。こうした暴挙が、市民の知らない所で行われています。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
安倍首相主導・国家戦略特区で無理やり新設 52年ぶりの獣医学部 「加計学園」が計画 愛媛 37億円の土地無償提供・補助金64億円
引用元)
 「森友学園」疑惑の解明が国政の焦点となるなか、安倍晋三首相との親密な関係が注目されるもう一つの学校法人があります。岡山理科大学などを運営する「加計(かけ)学園」(加計孝太郎理事長、岡山市北区)。(中略)… 

 現在進行している獣医学部新設構想は、今治市内に岡山理科大学の獣医学部を開設するというものです。市は、学校用地として市内の16・8ヘクタール、約36億7500万円の土地を無償で提供したうえ、校舎建設費の補助金として今後8年間で計64億円を支払うという、いたれりつくせりの構想です。

(中略) 

安倍首相は米国留学時代に加計理事長と親交を重ね、30年来の友人だといいます。

(中略) 

 加計学園が神戸市東灘区で運営している認可外保育施設「御影インターナショナルこども園」の名誉園長は安倍首相夫人の昭恵氏です。

(中略) 

2017031301_01_1b

————————————————————————
【今治発・アベ疑獄】無償譲渡の市有地を加計学園に「担保としてご活用頂く」のお人よし
引用元)
(前略) 

 午後4時過ぎ、議長の声が響いた。「起立多数と認めます。よって原案の通り可決されました」。

 36億7,500万円の市有地が加計学園・岡山理科大学(獣医学部など)に譲渡されることが決まった瞬間だ。加計学園の加計孝太郎理事長は安倍首相のお友だち中のお友だちである。

 今治市議会はこのほか、校舎をはじめキャンパスの建設費の半分(=64億円)を負担することも決めた。(中略)… 

 今日の本会議ではさすがに2名の議員が質問に立った。

(中略) 

大学が資金調達のため(土地を)担保設定することを認めるか?

 企画財政部長の答弁には思わず耳を疑った。「安定的資金調達のため担保物件としてご活用頂く」。

 どうぞ抵当に入れて下さいとは、なんと気前がよいことか。お人よしにもほどがある。譲渡である以上、大学が破たんしても、市には何も帰ってこないのである。

(中略) 

 官邸主導のトップダウンで決まる「国家戦略特区」下での大学誘致。民間資本を活用するかのように見えてその実は、自治体から土地とカネをアベ友学校が巻き上げる。

(以下略) 

————————————————————————
配信元)


————————————————————————
配信元)

————————————————————————
配信元)

[ゆるねとにゅーす]安倍夫妻に新たな巨大口利き疑惑!総理と大親友の加計学園理事長に37億円もの土地が無償提供!昭恵夫人が名誉園長!

 これまた凄い情報が出てきました。構図は森友学園とそっくりですが、安倍首相の大親友ともなると、特区指定や制度改正が速やかに行われ、格安どころか、37億円もの土地が無償で提供されるのですから、籠池理事長とは待遇が違います。
 学校法人は、悪用しようと思えば良い隠れ蓑になるようです。宗教法人のように基本的に納税義務がなく、固定資産税や不動産取得税なども非課税であり、相続対策にもなるようです。これほど恵まれているのですから、世耕経産相が祖父の代から受け継いで近大の4代目理事長をやっていたのもうなづけます。宗教法人が目を付けられやすくなっている現在、学校法人は色々、狙い目なのかもしれません。
(編集長)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
安倍夫妻に新たな巨大口利き疑惑!総理と大親友の加計学園理事長に37億円もの土地が無償提供!昭恵夫人が名誉園長!
転載元)
d5edfa5e7caf84fc023b3588a273081fどんなにゅーす? 

安倍総理とアメリカ留学時代からの大親友である加計孝太郎が理事長を務める「学校法人・加計学園(かけがくえん)」に37億円もの土地が無償譲渡される計画があることが明らかに。

同学園が運営する認可外保育施設「御影インターナショナルこども園」の名誉園長を安倍昭恵総理夫人が務めており、夫婦で深い付き合いがある上に、安倍総理は今でも理事長と頻繁にゴルフをやるほどの深い仲だという。

・加計学園が新設予定の「岡山理科大獣医学部」を愛媛県今治市に建設する計画が安倍政権下において急ピッチに進んでおり、多くの市民が知らない間に、今治市の土地16.8ヘクタール37億円相当の土地が学園に無償提供される案が2016年12月に可決され、2017年3月3日に正式に決定する見込みだという。


安倍首相に“第二の森友学園”疑惑! 親友が経営、昭恵夫人が名誉園長の学校法人に特区指定、37億の土地がタダに 

昭恵夫人が名誉園長を務め、自分の親友が経営する学校法人のために規制緩和をして、結果、この学校法人が経営する大学に約17万平方メートル、開発費も含めると37億円におよぶ土地が無償譲渡される予定になっているというのだ。

この学校法人というのは、岡山県に本拠を置く加計学園グループ。岡山理科大のほか、倉敷芸術科学大、千葉科学大など岡山県内外の5つの大学をはじめ、6つの専門学校、さらには高校、中学、幼稚園、保育園までを擁する一大教育グループだ。

~省略~

読売新聞2008年4月28日付(大阪版)の記事によると、日本獣医師会が「現状で充足されている以上、定員を堅持すべき」と今治市の大学誘致に反対、2008年3月には国も「獣医師の供給不足は起きていない」として申請を却下したという。同市はその後も構造改革特区を利用した獣医学部誘致を15回にわたって提案したが、ことごとく却下されている。つまり、今治市と加計学園にとって入学定員制限は大きな壁として立ちはだかっていたのだ。

ところが、安倍首相が政権に返り咲くと、その状況は一転してしまう。2015年12月に安倍首相は国家戦略特区諮問会議において、今治市を全国10番目の特区にすることを決定。さらに2016年11月9日には、安倍首相が獣医学部の新設に向けて制度を見直すことを表明。「広域的に獣医師を養成する大学の存在しない地域に限り、獣医学部の設置を可能とするための関係制度の改正を、直ちに行う」としたのだ。これはどう見ても今治市と加計学園ありきの進め方だ。

【リテラ 2017.3.2.】

【今治発・アベ疑獄】36億円の市有地を首相のお友達学園に無償譲渡 

安倍晋三記念小学校は一大疑獄事件の序章に過ぎなかった ―

愛媛県今治市が36億7,500万円の土地(16・8ha)を学校法人・加計学園(岡山理科大学・獣医学部、応用生命科学部)に無償譲渡するというのである。森友学園の8億円値引きなんて可愛いものだ。

加計学園の加計孝太郎理事長は、安倍晋三氏の米国留学時から友人で、卒業後も頻繁にゴルフや食事を共に楽しむ。首相にとってはお友だち中のお友だちである。

無償譲渡は3日の今治市議会で承認される見通しだ。市民の血税で取得、開発した土地なのだが、市民の知らぬ間に私立の学校が作られることになる。

土地ばかりではない。校舎やグラウンドなどの建設費用240億円のうち半分を今治市が負担する。これも3日の今治市議会で承認される見込みだ。

【田中龍作ジャーナル 2017.3.3.】




安倍総理夫妻に森友学園を凌駕する巨大疑獄が急浮上!今治市は「憲法改正早期実現意見書」を採択しており、日本会議と繋がっている可能性も



328746d1b142e5addeed400ccc4179c1こ、これは!!
森友学園の規模を遥かに超えるスゴイ疑惑が浮上してきました!

この加計学園の理事長は、安倍総理とは若手議員時代からの大親友で、同学園が運営する千葉科学大学の創立10周年記念式典では「どんな時も心の奥で繋がっている友人で私と加計さんもまさに腹心の友だ」とスピーチしたほどに、相当に深い仲だそうです。

おまけに、昭恵夫人もこの学園の保育施設の名誉園長となっているわけで、森友学園とかなり似通った構図になっています!

kanri森友と異なっているのは、国有地ではなく今治市の土地が無償譲渡されるという点だけど、田中龍作ジャーナルによると、今治市は「憲法改正早期実現意見書」を採択した愛媛県3市のうちの一つで、以前には日本会議と繋がっている育鵬社の教科書を使っていたとのことだ(その後に起こった市民の反対によって、現在は使用していないとのこと)。

こうした情報を見ても、今治市も日本会議と関係を持っている可能性が高い上に、だからこそ、市の37億円もの土地が安倍氏の大親友に無償譲渡されることになったということじゃないかな。
(しかも、こうした一連の動きが市民がほとんど知らない中で行われたらしい。)

今回新設することになっているのは同学園系列の岡山理科大の獣医学部だけど、2007年の申請以降、獣医師の質の確保のための定員の制限など、様々な理由で国が許可を出していなかったにもかかわらず、安倍政権になったとたんにこれが一転。

獣医学部の新設基準をこの学部の新設に照準を合わせているかのように変えてしまった上で、日本獣医師会の反対も押し切り、強引にこの計画を進めてしまったらしい。

一部の業界関係者の間では、以前よりこの不可解な動きを訝しがる声があったみたいだけど、森友学園疑惑を機に、この巨大で不可解な疑惑がようやく表に出てきたというわけだ。

この件についても今後真相究明が必要だけど、これによって、(あまりによく似たケースが出てきたことで)森友学園についても安倍夫妻の積極的な関与の疑いがより色濃くなったともいえるだろう。

とにかく、(国民のお金を海外にばら撒きまくっている姿にその片鱗が見えていたけど)安倍総理が国家を完全に私物化して、好き放題に庶民の貴重な土地財産を横流ししまくっている実態がさらに浮かび上がってきたね。

(ちなみに、とても気になるまとめページを見つけたので、最後にこれを貼っておこうと思う。)

(以下略)