アーカイブ: 安倍夫妻巨大口利き疑惑(加計学園)

閉会中審査の興味深かったシーン 〜加戸前愛媛県知事の発言が実にいい味〜

竹下雅敏氏からの情報です。
 閉会中審査での興味深かったシーンを中心に、まとめてみました。安倍政権は、懸命に“加計ありき”ではなかったと言いたいわけですが、加戸前愛媛県知事の発言が、実にいい味を出しています。
 最後の動画は、オマケです。
(竹下雅敏)
————————————————————————
配信元)




» 続きはこちらから

安倍総理の「2017年1月20日」大嘘答弁は、東京地検特捜部の贈収賄容疑捜査逃れのため!?

 安倍総理の「2017年1月20日に初めて知った答弁」の、あまりのぶっ飛びぶりが理解不能と、ゆるねと管理人さんも頭を抱えておられましたが、どうやら、その理由らしき事情が浮上しているようです。それによると、「大臣規範」という、2001年にできた国務大臣らの服務規範があり、その中にある「関係業者から饗応接待を受けることを禁じる」規定に抵触する可能性があるから、というのが、今回の答弁の理由だと見ています。
 しかし、その大臣規範は、法令ではないため、違反しても罰則はありません。事実、これまでも安倍総理の大規模政治資金パーティーや、麻生大臣のゴルフ会員権購入など、規範などどこ吹く風の、やりたい放題ですから、今回に限って規範を気にするというのは、説得力に欠けるような。
 むしろ板垣英憲氏の言う「東京地検特捜部の贈収賄容疑捜査を恐れる」という方が、まさに理由だと思われます。「行政各部を指揮監督する職務権限」を有する安倍総理大臣が、「腹心の友」「タニマチ」である加計氏から、頻繁に酒食のもてなしやゴルフ接待を受けて、「便宜供与」していた「贈収賄罪」を問われることこそ、本筋です。
 米国が戦後日本の司法を操作するツールであった特捜部ですが、ジャパンハンドラーの瓦解とともに、今、特捜部を動かせる存在が誰かと考えると、、安倍総理を本気で追求する可能性は大いにありそうです。
(まのじ)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
安倍総理が「(加計が申請したのを)17年1月に初めて知った」と言い出した理由…加計氏との飲食ゴルフが“大臣規範抵触”の疑い大だから!?
転載元)
(前略) 

加計氏から供応 安倍首相に“大臣規範抵触”ゴマカシ疑惑 

見逃せないのは、安倍首相が、利害関係者である加計理事長と会食やゴルフをするだけでなく、供応まで受けていたことだ。本人が「先方が(代金を)支払うこともある」と認めている。「加計氏からの供応は大臣規範に抵触する可能性が高い」と指摘するのは、神戸学院大の上脇博之教授(憲法)だ。

大臣規範は〈国務大臣等は、国民全体の奉仕者として公共の利益のためにその職務を行い、(中略)廉潔性を保持することとする〉と規定。関係業者から供応接待を受けることを禁じている。09年に平田耕一財務副大臣(当時)が、規範抵触で辞任している。

「安倍首相は、加計氏が学校法人の理事長であることを知らないはずがありません。『関係業者』であることは明白です。会食の回数が多いこともあり、相当な金額の供応を受けた可能性もある。大臣規範に抵触する恐れがあったからこそ、1月20日に初めて知ったとゴマカしたのかもしれません。いくら分の供応を受けたのか明らかにすべきでしょう」(上脇博之教授)

【日刊ゲンダイ 2017.7.25.】






(中略) 


(中略) 

» 続きはこちらから

[ゆるねとにゅーす]安倍総理の「(加計の申請は)2017年1月20日に初めて知った」発言に対し、これを否定する材料が続々!総理自身の過去の答弁とも矛盾!

 昨日の時事ブログでも取り上げた、閉会中審査での安倍総理の「加計学園の申請を初めて知ったのは、今年の1月20日」というビックリ答弁ですが、早速、たくさんの反証が上がっています。
 H19年11月には知っていたという、安倍総理自身の国会答弁が複数回あり、また参議院には質問主意書に対する答弁書として「H19年11月には提案を受けて知った」旨の記録が残ってます。あまりにも完全無欠な虚偽答弁に、「6月16日の安倍、7月24日の安倍、どっちかの安倍が嘘ついてるね」と、愉快なツイートがありますが、もうこうなると、どちらの安倍もウソかもー。聖人君子氏の喚問が待たれます。
(まのじ)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
安倍総理の「(加計の申請は)2017年1月20日に初めて知った」発言に対し、これを否定する材料が続々!総理自身の過去の答弁とも矛盾!
転載元)
どんなにゅーす?

2017年7月24日に開催された閉会中審査において、安倍総理が「(加計学園が申請していたことは)2017年1月20日に初めて知った」と答弁したことに対して、ネット上では早速これを否定する材料が続々出てきている。

安倍総理自身の過去の答弁では、平成19年の構造改革特区申請時から把握していた旨の発言もしており、「腹心の友」である加計孝太郎氏が獣医学部を特区申請していたことを「2017年1月20日に知った」というのは、総理自身の過去の発言とも大きく矛盾する大きな虚偽答弁だった可能性がますます高まってきている。








» 続きはこちらから

あべぴょんが国会で大嘘答弁:加計学園の申請を初めて知ったのは『今年1月20日』

竹下雅敏氏からの情報です。
 今日の閉会中審査で、あべぴょんの驚きの発言がありました。なんと、加計学園の申請を初めて知ったのは、「今年1月20日です」と答弁。誰が考えても、はっきりと嘘だと分かる答弁を国会で行いました。
 大串議員が、“諮問会議に総理がいたわけですよ。目の前で議論がなされていたことですよ。”と言っていますが、この状況で1月末まで何も知らなかったと言えるのはすごいです。張り付けた動画をご覧ください。この動画の経緯で、加計孝太郎氏があべぴょんにゴルフや食事の場面で何も話していないとすれば、加計氏は聖人君子のレベルですが、その聖人君子は現在逃げ回っています。
 最後のツイートは本質を突いていると思います。証人喚問なら終わっていたかも知れません。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
安倍首相が驚愕答弁!「加計氏に食事を奢ってもらうこともある。加計申請を知ったのは今年1月」
転載元)
7月24日に国会で行われている閉会中審査で、安倍晋三首相から驚きの発言が飛び出てきました。民進党の大串議員から加計孝太郎氏や加計学園との関係を追求されたところ、安倍首相は「食事を奢ってもらったことがある」という趣旨の発言をします。基本的には割り勘で自分の料金を払っているとしていますが、これを聞いた野党からは「国家戦略特区の当事者と国家戦略特区のまさに議論をしている最中に食事をしたりゴルフをするというのは、国家公務員倫理規定違反になるので大問題だ」などと驚きの声が相次ぎました。

また、加計学園の申請を初めて知った時期についても、「今年1月20日です」と答弁して国会が騒然となります。加計孝太郎氏と安倍首相が交流を重ねていたのは昨年から確認されており、国家戦略特区の動きからも安倍首相の答弁には疑問があるところです。




» 続きはこちらから

[ゆるねとにゅーす]【加計】千葉科学大の10周年記念式典に安倍総理とともに「悪巧み」の一員で金融庁参与に抜擢の高橋精一郎氏!首相の母洋子氏らしき姿も?

 加計学園が運営している千葉科学大の10周年記念式典の写真に、なんとゴッドマザーらしき人物が写り込んでいます。一族でもない限り、息子のお友達というだけで◯流私立大学の式典にその母親が出席するでしょうか。「岸信介の落胤説」の信憑性が高まります。これが証明されれば、「戦後最大級の疑獄事件」の最高の結末になると思います。
(編集長)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
【加計】千葉科学大の10周年記念式典に安倍総理とともに「悪巧み」の一員で金融庁参与に抜擢の高橋精一郎氏!首相の母洋子氏らしき姿も?
転載元)
どんなにゅーす?

・2014年5月24日に行なわれた、安倍総理が加計理事長を「腹心の友」と称した千葉科学大学の開学10周年記念式典に、この度金融庁の参与に抜擢され、「男たちの悪巧み」の写真に写る一人である、元三井住友銀行の副頭取・高橋精一郎氏が出席していたことが話題になっている。

・また、式典の写真には、安倍総理の母で岸信介元総理の長女である、安倍洋子氏に良く似た人物が小さく写っており、こちらもネット上で物議をかもしている。





(中略) 

ええええっ!?
安倍総理とただならぬ仲の加計孝太郎理事長が運営する千葉科学大学の10周年記念式典に、安倍総理だけじゃなくて、安倍総理のお母さんまで駆けつけてたって…こ、これってマジなの!?

ううむ。
確かに、かなり似ている気はするけれども、ちょっと画像が鮮明ではなく、これだけでは他人の空似である可能性もあるかもしれないので、現段階ではなんともいえないね…。

ただ、今回金融庁の参与に大抜擢された、「男たちの悪巧み」の一員、元三井住友銀行副頭取の高橋精一郎氏や岸田外務大臣、遠藤元五輪相など、安倍総理本人はもとより、ランクも決して高くない一私立大学の来賓としては、おおよそ考えられないほどのあまりに「濃い面々」が式典に顔をそろえているのは確かだ。
こちらの記事に特別来賓名簿が出ているよ。)

ここに母洋子氏も顔を出していたのだとしたら、安倍総理と加計理事長との関係を含めて、いよいよかなり異様な実態が浮かび上がってくる感じだけど…この辺はもう少し色々と検証が必要かもしれないね。
(是非とも、取材力のあるメディアの調査に期待をしていきたいところだ。)

と、とにかく、加計学園が相当に異様な学園であることは、私もよく分かったわ。
この問題、掘り下げられば掘り下げるほど、とんでもない内側が明らかになっていきそうね。

「戦後最大級の疑獄事件」との呼び声も出てきているし、ボクたちはまだ、ほんの「入り口の入り口」に入っただけなのかもしれないね。
今後、「最大級の爆弾」が投下されるとの話も出ているし、この件については引き続き見逃せない状況が続きそうだ。
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 12