アーカイブ: 米朝首脳会談とその後の世界情勢

18/6/18 フルフォード情報英語版:欧洲が不満の夏を迎える傍らで満洲復興の構想

 今年の夏は暑くなりそうです。欧洲ではEU瓦解に向けた揺さぶりが続き、東アジアでは緩やかな統合と連繋の動きが本格化する模様。
 問題は日本がそこに加えてもらえるかです。今回もちょろっと出て来ますが、恥ずい。とにかく恥ずい。他国にウチも核保有国だかんね! と触れ回ってたらしく、しかもそれが毎度のことだったらしく……orz おまけに北朝鮮に核兵器を提供しとったのはやっぱりお前だったのかよオイ、というお話。
 現在、モリカケ蕎麦を代表として送り込んでいるだけでも穴掘りたい黒歴史だというのに、何ですかこの傷口に塩を塗られる感覚。身銭を切るフリをしようが、M資金だの天皇の金塊だの、所詮は他国の皆々様方から強奪した違法資金ですし、どこまでいっても居た堪れません。
(Yutika)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
欧洲が不満の夏を迎える傍らで満洲復興の構想
投稿者:フルフォード

この夏の焦点はEUと東アジア


今年もまた世界は長くて熱い不満の夏を迎えようとしている。主な動きがあるのは欧洲と東アジアとなる見込みだ。EUでは、暖かくなった気候が大半は男性のムスリム移民の波を再び大量に運んでくるようになり、人民の怒りによって政権交代を経ることとなるだろう。

極東では、ドナルド・トランプ米国大統領と北朝鮮の絶対的指導者金正恩の首脳会談によって、モンゴルから中国北部・韓国・日本へと広がる満洲帝国の復興を真剣に検討するようになった、とCIAや日本軍の諜報部を含めた様々な【別個】独立の情報源が言っている。


EU編:ただの難民じゃなかった


欧洲の状況から見ていこう。オーストリア・イタリア・スウェーデン其の他諸国は、いわゆる難民危機と呼ばれているものが実際にはムスリムによる侵略だという事実に気が付き始めた。これは大袈裟でも何でもない。2013年以来欧洲に辿り着いた約500万人の難民の内、6割以上が男性なのだ。

別の言い方をすると、兵役年齢のムスリム男性【で構成された】300万人の軍隊が人目を忍ぶ形で欧洲を侵略してしまっているのだ。以上の数字は、ウィキペディアを介してユーロスタット【=欧洲連合統計局】から取ってきた。
https://en.wikipedia.org/wiki/European_migrant_crisis

これは単なる偶然の出来事という訣でもない。“難民”とやらは偽の書類を配布されているのだ;例えば、アフガニスタンやパキスタンの男たちは、この危機の背後にいるP2フリーメイソンの自称ソーシャル・エンジニア【※人々の心理を操って動かしていく詐欺師】連中によって、シリアの偽パスポートだけでなく旅費や駄賃まで与えられている。

以前にもお伝えしたように、我々が数年前イタリアのP2を訪問した際、イスラム教とキリスト教とが融合して、彼ら【P2】が支配する単一の世界宗教となるよう、互いに戦わせるのが彼らの計画なのだと聞かされた【ことがある】。

本格的に天候が暖かくなり、先週急に発生した一連の新たな出来事の背景は以上である。まず最初に、イタリアの新政府は難民で一杯のボートの受け入れを停止する決定を下した後、フランスと舌戦に突入した。
https://www.yahoo.com/news/italy-france-tensions-spiral-over-rejected-migrant-ship-133857517.html


そしてオーストリア政府がイマームたちを追い出し、押し寄せる8万の移民の波に対して国境警察を動員した。
https://www.zerohedge.com/news/2018-06-14/situation-critical-austria-conducts-border-defense-drills-expected-wave-80000


また先週も述べたが、スウェーデンはこの40年で初めて郷土防衛隊を動員し、大半はムスリム男性によって国内に設けられた当局の立ち入ることの出来ない無法地域に対処することにした。
https://www.rt.com/news/428953-sweden-home-guard-drills/


この危機は二つの政権を転覆させることになるだろう――未だに難民流入の増加計画に従っているフランスとドイツのそれだ。“難民”擁護のアンゲラ・メルケル首相率いるドイツ政権の複数のメンバーが、彼女は難民に対する姿勢のせいで「一週間以内に」挿げ替えられると今では言っている。
https://www.express.co.uk/news/world/975166/Angela-Merkel-Germany-Bundestag-EU-migration-crisis-Kai-Whittaker

この状況は、2018年7月11日・12日に予定されているNATO首脳会議にてヤマ場を迎えるだろうと見られている。
https://www.nato.int/cps/en/natohq/news_155085.htm

» 続きはこちらから

“モンゴルから中国北東部、韓国、日本にまたがる満州帝国”を復興させる計画に、ロシア、中国、米軍が同意か ~ドラゴン・ファミリーの莫大な金塊の一部が、日本・韓国を含むモンゴル/ロシア/米国の軍事同盟に分配~

竹下雅敏氏からの情報です。
 今回のフルフォードレポートは非常に面白い。シンガポールでの米朝首脳会談は、モンゴル(日本・韓国を含む)、ロシア、米国の軍事同盟に到る可能性があり、このことで、満州王族とタイ王室の金(ゴールド)が、新金融システムの裏付けになる可能性があるようです。
 レポートの冒頭で、“モンゴルから中国北東部、韓国、日本にまたがる満州帝国”を復興させる計画だと書かれていますが、この計画に、ロシア、中国、米軍が同意した可能性が高いと思います。
 以前から指摘していたように、ドラゴン・ファミリーがそのほとんどを所有している莫大な金塊の一部が、日本・韓国を含むモンゴル/ロシア/米国の軍事同盟に分配された可能性があります。
 ネオ満州国の話は、時事ブログでも何度か取り上げています。 2015年9月27日の記事は、その一つです。幸い、この時のコメントでの警告の後、八咫烏はそれまでの彼らの方針を完全に改めました。
 下に貼り付けた動画は大変興味深いもので、北朝鮮の成り立ちがとてもよくわかります。動画の中に出てくる満州人脈図と系図を貼り付けておきました。これらを見ると、北朝鮮を作ったのが、まさに裏天皇・堀川辰吉郎の人脈だとわかるはずです。
 フルフォード氏の情報によれば、3.11はロスチャイルド家の意図したものであり、日本から1,000万人以上の難民を作り出し、日本をネオ満州国の一部として取り込む計画だったが、失敗したということでした。
 要するに、北朝鮮の武力による半島の統一、それを可能にするための日本でのテロ工作、その流れの中にある3.11ということで、いわば暴力的手段で計画を実現しようとしていたわけです。
 しかし、彼らはそのやり方を改め、民意に沿う平和的な方法を選んだのです。以前のコメントで、シンガポールでの米朝首脳会談に八咫烏が尽力したと記したのは、このためです。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
フルフォードレポート(6/18)
転載元)
(前略)
米大統領ドナルド・トランプと北朝鮮実力者の金正雲の間の首脳会談はモンゴルから中国北東部、韓国、日本にまたがる満州帝国を復興させるための重要な計画に行き着くと、CIA、日本軍情報局を含む複数の独立した情報筋は言う。
(中略)
https://en.wikipedia.org/wiki/Manchuria#/media/File:Manchuria.png
(中略)
安倍閣僚は日本と北朝鮮の間で交渉が行われており、満州の復興はこれらの議論の一部であることを確認した。
(中略)
満州王室は、G7が彼らから盗んだ金塊でマーシャルプランに融資したと主張している。アメリカ人とロシア人が彼らに同意すれば、突然G7とその後の中国の開発を援助した多くの金の支配は新しい手に落ちるだろう-それはモンゴル/ロシア/米国の軍事同盟である。
(中略)
このパズルのもう一つは、タイ国王が王室の財産を管理するというニュース記事である。(中略)… 言い換えれば、ハザール暴徒から離れた世界金融システムを支配する動きにおいて、伝説のタイ王室金塊を清(満州)金塊に加えることは良い推測である。
(以下略)
————————————————————————
禁政恩?の祖父2人 金日制? =『伊達家の御曹司』・金策 =『畑中理』 ※対ロシア戦略で第二大日本帝国北蝶千?を作るべく派遣された日本人
配信元)

世界はアジア主導の多極化へ、はっきりと舵を切り始めた ~アメリカの言いなりにならないロシア、中国の台頭、そしてアメリカの世界覇権を支えていたディープ・ステートの壊滅作戦が流れを加速~

竹下雅敏氏からの情報です。
 冒頭の長周新聞の記事のタイトルが、シンガポールで行われた史上初の米朝首脳会談の意味を明確に示しています。世界はアジア主導の多極化へ、はっきりと舵を切り始めたのです。
 “底流に流れるのは…米国の軍事覇権の衰退”であり、アメリカの言いなりにならないロシア、中国の台頭によるものですが、アメリカの世界覇権を支えていたディープ・ステートの壊滅作戦が、流れを加速したのは間違いありません。
 次の記事では、サウジアラビアのムハンマド皇太子は、“サウジアラビアを、三大陸のアフリカ-ユーラシア経済の中心に本気でしたがっている”とあります。サウジアラビアはロシアに接近しており、トランプ大統領とは協力関係にあるように見えます。北朝鮮の次はイラン、そしてイスラエルですが、ムハンマド皇太子の中東における役割は、かなり大きなものになるかも知れません。
 その下の記事では、今回のG7サミットの壊滅的な様子と、対照的な上海協力機構会議の様子から、“アメリカ率いる欧米秩序は明らかに解体しつつある”としています。重要なのは、文末の太字にした部分。帝国主義とその傀儡であるG7を、“いかにすれば、安全に平和な多国間互恵的関係に変えられるか”です。
 この役割を担っているのが、当のアメリカ大統領と米軍部であるというのは、何とも皮肉なことではあります。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
朝鮮戦争終結へ歴史的一歩 対話で動き始めた東アジア 多極化を反映し新段階へ
転載元)
共同声明に署名したトランプと金正恩(12日、シンガポール)
画像はシャンティ・フーラが挿入

史上初の米朝首脳会談が実現
 
シンガポールのセントーサ島で12日、史上初の米朝首脳会談がおこなわれた。(中略)… 米朝首脳会談の実現は、事実上、米朝の戦争状態と敵対関係を終わらせ、国交正常化に向けて大きく前進する一歩となった。
(中略)
朝鮮和平に向けて北朝鮮、韓国、中国、ロシアとの間で合意が形成され、経済制裁が形骸化し、水面下では経済交流や市場開放のプロセスまで動き出すなかで、米国が東アジアの覇権や朝鮮半島における経済権益を維持するうえでは北朝鮮との早期対話と関係改善は避けられない事態を迎えていたといえる。
(中略)
底流に流れるのは、第二次大戦以来続く米国の軍事覇権の衰退であり、核による恫喝と介入、そして「核の傘」による分断支配を許さないアジアにおける世論の奔流に押されたものにほかならない。

対米従属のみを政治的命題として、蚊帳の外を飛び回るだけの安倍政府の孤立ぶりがそれを如実に物語っている。主権を回復し、平等互恵の原則にたった独自外交を展開しなければ、拉致問題の解決はおろか、新段階に進むアジア情勢からとり残されていく趨勢にある。東アジア情勢の急速な変化は、日本を米国の「不沈空母」とする対米従属政治に終止符をうち、みずからの手で主権をとり戻す日本の課題を改めて浮き彫りにしている。
————————————————————————
大西洋体制が崩壊する中、岐路に立つヨーロッパ
引用元)
ここ数日間の世界の出来事は(中略)…  EU内における西から東への地政学的極性反転とでも呼ぶべきものの初期段階を我々は目の当たりにしているのだ。
(中略)
アメリカ大統領のツイートの光景は、どう見ても、一貫性のないアメリカ大統領の気まぐれというよりも、アメリカの同盟諸国全てを動揺させるための計算ずくの戦略だ。(中略)…  アメリカ経済は、わずか1%の富裕層に失血させられ、限界点に至っているのだ。
(中略)
 壮大な一帯一路構想と、ロシアとイランの巨大な潜在的経済力で、経済的に成長市場が東方にあることが益々明らかになりつつある。(中略)… ロシア国有鉄道CEOが、ロシアは、ペルシャ湾南端沿いに、クウェートからオマーンを結ぶアラビア横断鉄道建設への参加を計画していると発表した。(中略)… ビン・サルマーン皇太子は、サウジアラビアを、三大陸のアフリカ-ユーラシア経済の中心に本気でしたがっているように見える。
(中略)
ユーラシアの潜在的経済力が、負債で膨れ上がって崩壊しつつある大西洋両岸のドル本位体制への実現可能な代案として出現しつつある。
(以下略)
————————————————————————
二サミット物語
引用元)
(前略)
週末、欧米のG7サミットがとげとげしく崩壊する光景は、同時期に中国で開催された、前向きで、まばゆい上海協力機構会議とは著しい対照だった。(中略)…  中国とロシアが率いる新たな多国間パラダイムに道を譲って、アメリカ率いる欧米秩序は明らかに解体しつつある。
(中略)
中国におけるSCOサミットの展開との対照は実に大きい。(中略)…  インドとパキスタンがSCOの新たな二国として参加、同席したのは、新たな地政学的パラダイムが、東で立ち上がりつつあることを証明する強力な証拠だ。(中略)…  イランのハサン・ロウハーニー大統領は、習とプーチンが多国間の尊重に基づく新たな世界構造を構築する道を拓いていることに感謝の意を表した。
(中略)
ヨーロッパは決して本当の同盟国ではない。彼らはアメリカ権力の付属物だった。アメリカの権威が衰退している今(中略)… ワシントンは、自分たちの本当の役割が属国に過ぎないことに今頃気づいた同盟諸国であるはずの国々に対し、一層あからさまな弱いものいじめ戦術を用いている。
(中略)
死につつある、アメリカ率いる資本主義覇権と帝国主義の欧米帝国を、いかにすれば、安全に平和な多国間互恵的関係に変えられるかが、非常に重要な課題だ。
(以下略)

» 続きはこちらから

北朝鮮と水面下で緊密な連携を取っていたトランプ政権 ~トランプ大統領は、昨年11月に南北朝鮮の境界のパンジュモン平和村で秘密裏に金正恩氏と会っていた~

竹下雅敏氏からの情報です。
 冒頭のTOCANAの記事は大変興味深いものです。時事ブログでQ Anonの記事は、地球ニュースの中で何度か取り上げられました。この人物は、トランプ政権内の内部サークルに属する人物のようで、機密情報をヒントの形で提供していました。彼の発言の中に、“北朝鮮を動かしているのは金正恩ではない”とありますが、記事では、北朝鮮を裏で操っているのはCIAではないかとしています。
 私も、これは正しいと思っています。リーマンショックでロックフェラー家は没落。ディープステートの権力をロスチャイルド家が握ったことから、北朝鮮を操っていたCIAは、事実上ロスチャイルド家の道具だったと考えられます。
 トランプ政権は、発足当初からディープステート壊滅作戦を継続中であり、ディープステートの屋台骨がCIAであることから、CIAの浄化を進めてきたはずです。
 記事の中のQ Anonの発言を見ると、トランプ政権と金正恩氏は、水面下で北朝鮮に巣食うCIAを排除してきた様子が窺えます。
 詳しい事は書きませんが、金正男暗殺事件が起きた時、この事件の黒幕はロスチャイルド家であると指摘しましたが、その可能性が極めて高いのがわかると思います。プーチン大統領、習近平氏、トランプ大統領に近づき、思うようにならない金正恩氏を排除し、傀儡となる金正男氏の息子に首をすげ替えようとしたのでしょう。
 トランプ政権が、北朝鮮と水面下で緊密な連携を取っていた様子は、地球ニュースの関連記事をご覧になると、よくわかりますが、今回その急所となる部分を再掲しました。どうやら、トランプ大統領は、2017年11月上旬に北朝鮮を訪れ、金正恩氏に直接会っていたようなのです。
 このような大胆な行動が、プーチン大統領とキッシンジャー博士の協力なしに出来るとはとても思えません。
 最後のフルフォードレポートによれば、“トランプは、昨年11月に南北朝鮮の境界のパンジュモン平和村で秘密裏に会った”と書かれており、地球ニュースに紹介されたこの記事の内容が正しかったことが示されました。
 レポートによると、この時の秘密会合で、満州王朝の金塊の話が金正恩氏からトランプ大統領に伝えられたとのこと。これは、通貨リセットに直結する話です。
 今回のシンガポールでの米朝首脳会談において、ドラゴン・ファミリーとゴールドマン・ファミリーズ・グループの間に、何らかの合意が出来たのではないかと推理しているのですが、ひょっとしたら、間違っていないのかも知れません。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
【米朝会談】「北朝鮮を動かしているのは金正恩ではない、彼は役者」「もうすぐ崩壊、CIAが…」政府の内部告発者・Qアノンが暴露!
引用元)
(前略)
世界初の米朝首脳会談(中略)… を数カ月前から予言していた人物がいる。(中略)… Q Anonは米朝会談が開催される何カ月も前から米国時間6月11日(現地時間6月12日)に大きなイベントが起こると予言していたのだ。
(中略)
2017年11月1日、Q Anonは北朝鮮の体制について驚愕の発言をしている。

北朝鮮を動かしているのは金(正恩)ではない。彼は役者に過ぎない。では、誰が監督なのだ? 真実はとんでもないものだ。米国民は暴動、反乱を起こし、拒絶することだろう」

北朝鮮を裏から操っている(中略)… 最有力候補はCIAであるが、Q Anonは明言していない。
(中略)
また、今年3月8日、ちょうどトランプ大統領が米朝首脳会談の要請を引き受けたその日に、Q Anonはさらに意味深長な発言をしている。

金(正恩)、ありがとう。取引成立だ。道化はいなくなった。糸は切られた。
我々が主導権を握った。次はイランだ」
(中略)  
ツイッターアカウント「American Descendant」は、次のように語っている。

ツイートはシャンティ・フーラが挿入

我々は、金正恩と北朝鮮を握ってきたCIAの諜報員は静かに排除した。このことはニュースになることはない。だが、この写真を見てほしい。自由の身になった金正恩の満面の笑みだ。後ろのチェーンが断ち切られている。象徴的だ」
(中略)  
米朝首脳会談がトランプ政権主導で行われたことを考えると、米中共同で北朝鮮の崩壊を目論んでいるのは、トランプではなく闇の政府側ではないだろうか?
(以下略)
————————————————————————
地球ニュース:アジア来訪動画の謎 その1
転載元)
(前略)
添付したスクショは11月15日にトランプ大統領がツイートした内容です。それがこちら:


「ありがとう、アジア」と米国に帰国して数時間後にアップした動画。0:36~0:37秒のところを見てくださいませ。
(中略)

ツイートはシャンティ・フーラが挿入

こちらの人は左上に「北緯40°00'51.93"、東経126° 13'26.59"」と書いています。(中略)… 左下の朝鮮半島地図だと黄色い点部分(中略)… 右側がトランプさんの動画で映っていた画像。左側のグーグルマップに書き加えた赤い点々や黄色の線が指し示している地形が一緒でしょ、と。

画像の作者は画像の左下に「結論:ドナルド・J・トランプは2017年11月4日から14日の間に北朝鮮を訪れた」と推測しています。
(以下略)
————————————————————————
フルフォードレポート(6/12)
転載元)
(前略)
金融システムの関わる金/トランプ首脳会談の内容は、満州王朝の金塊の所有権に関わっていると、満州王朝後継者張勝植と匿名を希望するもう一人の満州王族が言っている。彼らが同時に白龍会にも接触していたことを知らない両情報筋は、満州王朝の金塊は1947年にスイスのロスチャシルド家の支配下に入ったことを示す文書を提供した。彼らは、金塊はロスチャイルドによって流用され、第二次世界大戦後のマーシャルプランの資金に使われたと主張している。金塊はまたCIAとイスラエル国の創設に使用されたと、彼らは主張する。それは依然としてG6に融資されているが、約束により東アジアの発展には融資されていない。金塊はスイスのバセルの背後の山に隠されており、返還にされた70年間は今年の7月に終わると張氏は主張する。

情報筋は、中国総統蒋介石、日本の天皇裕仁と韓国の李承晩大統領がこの計画に関与したと言っている。現日本総理の安倍晋三の祖父である元日本首相岸信介もまた、この計画に関わったと、張氏は主張する。これらの不正流用ファンドのロスチャイルドのマネージャーは日本の財務大臣麻生太郎であると、彼は言う。ロスチャイルドは他人の金を扱い、それを悪用していたと思われる銀行家であると、張氏は主張する。

トランプは、昨年11月に南北朝鮮の協会のパンジュモン平和村で秘密裏に会った時に、この情報を金氏から与えられたと、張氏は主張する。国防総省情報筋は、この著者に金とトランプはそのときに秘密裏に会ったと事前に話していた。
(以下略)

米朝首脳会談の実現は、キッシンジャー博士の尽力の賜物 ~世界通貨システムリセットを支持するG6以外の世界の国々のリーダー~

竹下雅敏氏からの情報です。
 満州王族の血筋を名乗る2人の人物が、別ルートで接触してきたという話の詳しい内容は、動画の2分25秒~4分25秒の所をご覧ください。
 フルフォード氏によると、今回の米朝首脳会談は、新金融システムに関する何らかの合意を含むものではないかとのこと。しかし、この話を、朝堂院大覚氏はまったく信じません。
 米朝首脳会談の直前に、上海協力機構首脳会議が行われていました。トランプ政権の後ろ盾である米軍良識派は、元々、新金融システムを中国の長老の協力の下に、これまで進めてきたはずです。加えて、ゴールドマン・ファミリーズ・グループの舵取りをしているヘンリー・キッシンジャー博士は、プーチン大統領と協調して動いているはずで、今回の米朝首脳会談の実現は、キッシンジャー博士の尽力の賜物です。
 これらのことを総合すると、G6以外の世界の国々のリーダーらが、世界通貨システムリセットを支持しているというのは、頷けます。
 “続きはこちらから”のカレイドスコープさんの記事を見ても、“新たな世界金融危機”の可能性は否定出来ません。問題なのは、日本がディープステートの傀儡であるG6の一員であること。何の準備もしていない日本が経済リセットに直面すると、大混乱が予測されます。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
ついに、10月28日前後に北朝鮮とアメリカの軍事同盟が発表、BIS本部が爆破の恐れ【NET TV ニュース】国家非常事態対策委員会 2018/06/14
配信元)
————————————————————————
G7サミットとビルダーバーグ会議から見る世界の動き
引用元)
 (前略)
先週、清王朝を支配した満州王族の血筋を名乗る2人の人物が、それぞれ全くの別のルートで接触してきて「米朝会談を含む直近の国際交渉の目的は、従来権力の国際金融支配を終わらせ、それに代わる新金融システムを誕生させることだ」との内容を伝えてきている。
(中略)
 米朝会談の直前に、西側では「表権力が集まるG7サミット」と「裏権力を代表するビルダーバーグ会議」が開かれ、それと同時に東側では「中露首脳会談」と「上海協力機構の首脳会議」が立て続けに開催されるなど、国際社会がいつもと違う、ただならぬ空気を帯びていることは間違いない。
(以下略)
————————————————————————
米朝会談の秘密
引用元)
(前略)
http://beforeitsnews.com/politics/2018/06/the-storm-is-her-the-elites-are-melting-3007370.html
(概要)
6月13日付け
米朝会談の成功により、エリートらは嵐に直面しています。
(中略)
ディープステートに忠実な米特殊部隊は、さらに多くの戦闘員をシリアに送り込み、今から19日~25日以内にシリア西部で(開発したばかりの)特殊な有毒ガスを使った化学兵器攻撃を実行する予定です。

(注;ツイッターの掲載は、シャンティー・フーラによるもの)

(中略)
世界の国々のリーダーら(G6のリーダー以外)は、シンガポールでの米朝和平交渉と世界通貨システムのリセットを支持しています。(中略)… 今から数日後に中国、アメリカ、ロシアのリーダーらが集まり非公開で経済リセットについて協議します。サプライチェーンが崩壊しますからその準備をしておいてください。金曜日にクレジットカードが一時的に使えなくなるかもしれません。
(以下略)

» 続きはこちらから
1 2