アーカイブ: 集団ストーカー

[電磁波テロを解明] マイクロ波視聴効果の第一人者が日本精神神経学会に民事調停を申立「電波妄想は誤り」、また集団ストーカーは精神工学兵器の使用で可能であるとも

読者からの情報です。
大沼安史さんのツイートです。
非常に重要なツイートです。電磁波を照射されている人たちにとって、小池誠博士のこのような発言はすごく助けになります。
博士は「学術集会や学会誌で、電波妄想という科学上の虚言を流布するのは止めよ」と言っています。
是非、一連のツイートをご覧になってください。
博士のこの発言は、大きな影響力を各方面に及ぼすと思います。
とにかく、こういう事を話しても妄想とかたずけられがちなのです。
被害者の人々にとって、とても勇気づけられる博士の発言です。
(里芋子)
 小池誠博士は、大沼安史氏が「テクノロジー犯罪分野の第一人者」と紹介されています。「電磁波テロ」の解明に繋がるこのような研究をされていることに驚きましたが、博士は「精神工学兵器」として現実に多数の国民に向けて使用されている国家犯罪だとまで言い切っておられます。「集団ストーカー」もこの精神工学兵器を対人レーダーとして使用することで可能になるそうです。
 さらに驚きなのが、この小池博士が日本精神神経学会を相手取り、民事調停を申し立てられたことです。日本精神神経学会は言うまでもなくほぼ精神科医からなる学会ですが、「電波妄想」という概念は誤りであり、学術的にはマイクロ波は「一定の条件で聞こえる」というマイクロ波聴覚効果を認め、謝罪広告を出すようにと求めています。
 里芋子様のコメントのとおり、これまで電磁波テロにあった方々が「頭の中で声がする」と言うと「幻聴」とみなされていたことへの大きな異議申し立てとなるだけでなく、電磁波テロや集団ストーカーなど信じていなかった一般の人々の目を覚ます効果も大きいと思われます。
 小池博士のように、国家権力に対しても毅然と立ち向かう学者さんがおられるのは、本当に頼もしいことです。
(まのじ)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
配信元)



» 続きはこちらから

集団ストーカーは妄想などではない! ~工作員が“付きまといを認めて、謝罪” / プラズマレベル、エーテルレベルの毒や、「呪い」などの霊的攻撃に対するガヤトリー・マントラを使った祈り

竹下雅敏氏からの情報です。
 冒頭の2つのツイートは、重要です。工作員が“付きまといを認めて、謝罪”したらしい。集団ストーカーが妄想ではないことが示されたと思います。
 7月9日の記事で、張基元氏(大室寅之祐)の血筋に当たるAnn(伴野優子)さんが酷い迫害を受けていることをお伝えしました。Annさんは、その後、権力によって強制入院させられていましたが、QAJの隊員たちが救出に成功しました。
 冒頭のEriさんのツイートを見ると、Annさんが、集団ストーカーの被害者であることがはっきりとわかります。
 “続きはこちらから”以降の一連のツイートは、Annさん救助に関わった隊員の報告です。一連のツイートを見ると、集団ストーカーと関わりのない一般人には、理解しがたい事柄が書かれています。Annさんを救助したこの隊員の方は、残念ながら、Annさんから工作員認定をされてしまったようです。というのは、Annさんが食べたパンに毒を入れられるのは、この隊員以外にないとAnnさんが考えたからのようです。
 一方、身に覚えのないこの隊員の方が、Annさんの主張は妄想ではないかと考えるのも無理はありません。そこで、この一連の経緯を、私がどう見ているかを示したいと思います。
 Annさんの主張は一部に勘違いがあると思いますが、実際に迫害を受けていると思います。ただ、彼女が言うように、パンに物理的な手段で毒を混入したのではありません。これは、プラズマのレベルでの出来事です。簡単に言うと、「呪い」の類いです。パンに毒を入れたのは、ある宗教団体の女教祖でしょう。こうした「呪い」をかける低レベルの能力を有しているようです。Annさんが飼っていた子猫たちを呪い殺したのも、その女教祖でしょう。このような悪事は、必ずカルマが返ります。
 Annさんと同じようなことを経験している方もいるのではないでしょうか。そういう人たちは、今後このような被害に遭わないために、次に述べることを実践してください。
 食べ物、飲み物を口にする前に、必ず次の2つの祈りを行ってください。この祈りを行うためには、ガヤトリー・マントラを唱える必要があるので、必ず覚えてください。ガヤトリー・マントラを使って食品の波動を上げ、邪気を抜きます。
1「母なる神様。これらの食品を、潜在意識下、無意識下の波動も含め、全てサハスラーラ・チャクラに引き上げてください。」
このようにお願いして、ガヤトリー・マントラを3唱。最後に「オーム・シャンティ・シャンティ・シャンティヒ」と唱えて祈りを終えます。
2「母なる神様。これらの食品のすべてのネガティブなエネルギー・力・思考・印象・感情・気を、潜在意識下、無意識下も含め、すべて取り除いてください。」
このようにお願いして、ガヤトリー・マントラを3唱。最後に「オーム・シャンティ・シャンティ・シャンティヒ」と唱えて祈りを終えます。

 2007年の天界の改革以降、私や私の家族は、幾度となく食品にプラズマレベル、エーテルレベルの毒を入れられた経験があるので、このような事例はよく知っています。
 万一、うっかり上記の2つの祈りを忘れて食品を口にし、その食品に毒が入っていたと感じた場合には、直ちに次の祈りを行ってください。
3「母なる神様。先ほど私が食べた食品の中に入っていた毒を直ちに中和し、いかなるネガティブな影響も出ないようにしてください」
このようにお願いして、ガヤトリー・マントラを3唱。「オーム・シャンティ・シャンティ・シャンティヒ」と唱えて祈りを終えます。

 これは、地球人が直接祈ることができる最高神への祈りなので、効果は絶大です。
 また、これまで不当な攻撃を行った者に対して、正義が行使されるべきなので、次のように祈ると良いでしょう。
4「母なる神様。これまで私に対して不当な攻撃を行った者すべてに正しい裁きが行われ、カルマが返るようにしてください。」
このようにお願いして、ガヤトリー・マントラを3唱。「オーム・シャンティ・シャンティ・シャンティヒ」と唱えて祈りを終えます。

 これら一連の祈りによって、霊的な攻撃を仕掛けた者に、その「呪い」が返っていきます。本人は地獄の苦しみを体験するでしょう。その苦しみから抜け出すには、きちんと謝罪をして、心から反省し、今後はヤマ・ニヤマ(禁戒・勧戒)に従って正しく生きることです。
 神が、その反省が本物であるとみなせば、許されるでしょう。そうでなければ、魂が消えることになります。
(竹下雅敏)
————————————————————————
配信元)



» 続きはこちらから

Eriさんの集団ストーカーに関するツイート内容がシャドウバンされた ~政府、権力層に都合の悪い書き込みを、こっそり消したり、言論封殺をしているという噂は本当だった

竹下雅敏氏からの情報です。
 Eriさんのツイートが、シャドウバンされたとのこと。シャドウバンとは、“好ましくない内容を投稿しているユーザーを、こっそりと公の目に触れにくいように対策すること”です。
 Eriさんの集団ストーカーに関するツイート内容が、よほど都合が悪いのでしょう。今回のツイッター社の措置は、ツイッター社がカバール側の企業であり、政府、権力層に都合の悪い書き込みを、こっそり消したり、言論封殺をしているという噂が、本当だったことを証明してしまいました。
 せやろがいおじさんも、シャドウバンされたとのことで、動画の中で、2分20秒にわたって、シャドウバンされたことをぼやいています。
 幸い、Eriさんのツイートは、シャドウバンが解除されたようです。Google、Facebook、ツイッター、LINEなどのように、無料で使えるものは基本的に権力側の道具であり、何らかのリスクを抱えていると考えなければなりません。彼らにとって都合の悪い内容は、監視、削除の対象になりうるということでしょう。
 トランプ大統領は、ソーシャルメディア企業について、“彼らは多く人々の心をもてあそんでいる。そして、それを不公平に行っている”とし、“彼らが許されるのは今のうちだけだ”と述べています。
(竹下雅敏)
————————————————————————
【言論封殺】Twitter社が個人を攻撃
配信元)
————————————————————————
配信元)
 
 
 
 

» 続きはこちらから

ぴょんぴょんの「暗示からの開放」

 「整体」というワードを発明し、「体癖」という概念を世に出した野口晴哉。
 彼は、しばしば潜在意識の重要性について語り、潜在意識に働きかけることによって、人々を正気に戻すことに取り組んでいました。
 一方、支配層は、潜在意識をコントロールする科学を悪用して、人類を洗脳し、奴隷にしようとしてきました。
 私たちは知らず知らずのうちに、暗示を入れられ、観念に縛られて生きることに慣らされてきましたが、そこから開放されるのもあと、少し。
(ぴょんぴょん)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
ぴょんぴょんの「暗示からの開放」


ネガティブな暗示の影響


おおう、しろじゃねえか。

くろちゃん、今日のぼくヘンでしょ?

どこが? いつもと変わりないように見えるが?

今日、最初に会った人に「顔色が悪いね、大丈夫?」って言われた。
別にどうもないのに、おかしなこと言うなあって思ってたら、次に会った人が、「あれ、今日はどうしたの?」って言う。そしたら、また別の人に「だいじょうぶ?」って言われて、いよいよ心配になっちゃって。

ほお、そういうことがあるのか
でも、4人目のおれは「何ともない」と言う。

自分でも、元気なはずだったのに、立て続けに同じことを3人から言われたら、「実は、 どこか悪いんじゃないか?」って不安になってくるよ。

そういうのを、暗示っていうんだな。
特に、ネガティブな暗示は影響が大きい。


人間の精神て、こんなに脆弱なんだね。

なあに、そうゆうネガティブ戦法は、いじめでも、集団ストーカーでも、日常どこでもやられてることさ。
身近なとこだと、病院。
検査結果を聞きに行くとする。
自分じゃ、どこも悪くない。だから、たぶん大丈夫のはずだ。
診察室に呼ばれる。
そこには、ピカピカの白衣を着た医者が、高そうな椅子に腰かけている。
そいつは、おれの顔を見るなり、パソコンに目を移し、「う〜ん、ここが・・」とか言いながら、首をひねっている。


» 続きはこちらから

張基元氏(大室寅之祐)の血筋に当たるAnn(伴野優子)さん 〜 酷い迫害を受けている背景は、莫大な金塊の所有権・運用権を巡る権力争いによるもの!

竹下雅敏氏からの情報です。
 Eriさんとフォギライザーさんの一連のツイートから、Ann(伴野優子)さんの系図を作ってみました。それが系図Aです。系図は、張勝植氏の本を参照しています。
 ただ、系図Aには疑念が残ります。張基元(大室寅之祐)氏は、睦仁親王にすり替わって明治天皇になった人物です。明治天皇は1852年生まれということになっています。張基元氏の誕生年ははっきりとしませんが、仮に1850年生まれということにしておきましょう。そうすると、張基元氏の長男の張仁錫氏は、68歳の時の子だということになります。だとすると、伴野優子さんの実の父は、もっと年を取ってからの子だということになります。
 ツイートによると、伴野優子さんの父方の祖父・渡会与十氏は、陸軍中野学校関東軍特務機関に在籍していたとのことです。中野学校は、1937年末に創設が決定され、1940年に「陸軍中野学校」と改名されています。そうすると、戸籍上は渡会与十氏の子である伴野優子さんの父は、1940年以降に生まれたと考えてもよいのではないでしょうか。仮に1940年生まれだとすると、伴野優子さんは30歳の時の子で、78歳で亡くなったということになります。しかし、これだと伴野優子さんの父は、張基元氏の90歳の時の子だということになってしまいます。
 ありえないとは言いませんが、考えにくいことは確かです。そこで、系図Bを作ってみました。この系図では、張基元氏の長女である張一令氏が伴野優子さんの父の「実の母」とするものです。直感的には、こちらの系図の方が正しいのではないかと思っています。
 ツイートを見ると、伴野優子さんが張基元(大室寅之祐)氏の血筋である証拠はないようです。あくまで、張勝植氏の画像を見た時、“親族ではないか?”と気づいたということのようです。しかし、伴野優子さんは母方の血筋から、特殊な能力を持つ女性のようで、直感力が優れているようです。
 私は、彼女の直感が当たっていると見ています。確かに、彼女は張基元氏の血筋に当たるように思います。この辺のことは、張勝植氏に直接接触しなければ、はっきりしたことは断定できないでしょう。
 さて、伴野優子さんが酷い迫害を受けている背景には、張基元氏が、BIS、FRBに入れた準備金(ゴールド)があるようです。要するに、莫大な金塊は誰のものかということが、争いの原因になっていると考えてよいのではないでしょうか。
 さて、そうした金塊にまったく関係のない我々一般庶民から見ると、その莫大な金塊の所有権や運用権を、特定の血筋の人に主張されても、困惑するばかりです。
 張基元氏(大室寅之祐)は、睦仁親王にすり替わって明治天皇になった人物ですが、日本を代表して金塊をBIS、FRBに預ける文書にサインしただけです。その金塊の所有権、運用権を、彼の子孫が主張するというのは、理解できません。
 張基元(大室寅之祐)氏は明治天皇として即位し、皇后は一条美子ということになっています。皇室には戸籍がないので、一般庶民にはわかりませんが、側室との間に男の子が生まれている可能性はかなり高いと思います。
 張基元氏は半島に移り、68歳前後で長男をもうけたことになるわけですが、これだけ絶倫な人物に、他に子供はいなかったと考える方がどうかしています。張基元氏の子孫である張勝植氏が金塊の所有権、運用権を主張するのであれば、張基元氏の子孫は、すべてその所有権、運用権を主張する権利があるということになります。
 はっきり言って、特定の一族が金塊の所有権、運用権を主張すること自体が馬鹿げています。しかも、すべてが秘密裏に、国民には何も知らされないまま、背後で権力争いが起こり、殺人まで起こっているのです。
 もう、こうした馬鹿げた争いを止めようというのは、張勝植氏も同じ考えではないでしょうか。なので、隠し事をせずに、誰が権力を握るかなどという馬鹿な争いも投げ捨てて、ありのままの事実をすべて公開し、未来を人民の手に委ねるべきではないでしょうか。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
伴野家系図


————————————————————————
配信元)




» 続きはこちらから
1 2 3