アーカイブ: 集団ストーカー

Eriさんの集団ストーカーに関するツイート内容がシャドウバンされた ~政府、権力層に都合の悪い書き込みを、こっそり消したり、言論封殺をしているという噂は本当だった

竹下雅敏氏からの情報です。
 Eriさんのツイートが、シャドウバンされたとのこと。シャドウバンとは、“好ましくない内容を投稿しているユーザーを、こっそりと公の目に触れにくいように対策すること”です。
 Eriさんの集団ストーカーに関するツイート内容が、よほど都合が悪いのでしょう。今回のツイッター社の措置は、ツイッター社がカバール側の企業であり、政府、権力層に都合の悪い書き込みを、こっそり消したり、言論封殺をしているという噂が、本当だったことを証明してしまいました。
 せやろがいおじさんも、シャドウバンされたとのことで、動画の中で、2分20秒にわたって、シャドウバンされたことをぼやいています。
 幸い、Eriさんのツイートは、シャドウバンが解除されたようです。Google、Facebook、ツイッター、LINEなどのように、無料で使えるものは基本的に権力側の道具であり、何らかのリスクを抱えていると考えなければなりません。彼らにとって都合の悪い内容は、監視、削除の対象になりうるということでしょう。
 トランプ大統領は、ソーシャルメディア企業について、“彼らは多く人々の心をもてあそんでいる。そして、それを不公平に行っている”とし、“彼らが許されるのは今のうちだけだ”と述べています。
(竹下雅敏)
————————————————————————
【言論封殺】Twitter社が個人を攻撃
配信元)
————————————————————————
配信元)
 
 
 
 

» 続きはこちらから

ぴょんぴょんの「暗示からの開放」

 「整体」というワードを発明し、「体癖」という概念を世に出した野口晴哉。
 彼は、しばしば潜在意識の重要性について語り、潜在意識に働きかけることによって、人々を正気に戻すことに取り組んでいました。
 一方、支配層は、潜在意識をコントロールする科学を悪用して、人類を洗脳し、奴隷にしようとしてきました。
 私たちは知らず知らずのうちに、暗示を入れられ、観念に縛られて生きることに慣らされてきましたが、そこから開放されるのもあと、少し。
(ぴょんぴょん)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
ぴょんぴょんの「暗示からの開放」


ネガティブな暗示の影響


おおう、しろじゃねえか。

くろちゃん、今日のぼくヘンでしょ?

どこが? いつもと変わりないように見えるが?

今日、最初に会った人に「顔色が悪いね、大丈夫?」って言われた。
別にどうもないのに、おかしなこと言うなあって思ってたら、次に会った人が、「あれ、今日はどうしたの?」って言う。そしたら、また別の人に「だいじょうぶ?」って言われて、いよいよ心配になっちゃって。

ほお、そういうことがあるのか
でも、4人目のおれは「何ともない」と言う。

自分でも、元気なはずだったのに、立て続けに同じことを3人から言われたら、「実は、 どこか悪いんじゃないか?」って不安になってくるよ。

そういうのを、暗示っていうんだな。
特に、ネガティブな暗示は影響が大きい。


人間の精神て、こんなに脆弱なんだね。

なあに、そうゆうネガティブ戦法は、いじめでも、集団ストーカーでも、日常どこでもやられてることさ。
身近なとこだと、病院。
検査結果を聞きに行くとする。
自分じゃ、どこも悪くない。だから、たぶん大丈夫のはずだ。
診察室に呼ばれる。
そこには、ピカピカの白衣を着た医者が、高そうな椅子に腰かけている。
そいつは、おれの顔を見るなり、パソコンに目を移し、「う〜ん、ここが・・」とか言いながら、首をひねっている。


» 続きはこちらから

張基元氏(大室寅之祐)の血筋に当たるAnn(伴野優子)さん 〜 酷い迫害を受けている背景は、莫大な金塊の所有権・運用権を巡る権力争いによるもの!

竹下雅敏氏からの情報です。
 Eriさんとフォギライザーさんの一連のツイートから、Ann(伴野優子)さんの系図を作ってみました。それが系図Aです。系図は、張勝植氏の本を参照しています。
 ただ、系図Aには疑念が残ります。張基元(大室寅之祐)氏は、睦仁親王にすり替わって明治天皇になった人物です。明治天皇は1852年生まれということになっています。張基元氏の誕生年ははっきりとしませんが、仮に1850年生まれということにしておきましょう。そうすると、張基元氏の長男の張仁錫氏は、68歳の時の子だということになります。だとすると、伴野優子さんの実の父は、もっと年を取ってからの子だということになります。
 ツイートによると、伴野優子さんの父方の祖父・渡会与十氏は、陸軍中野学校関東軍特務機関に在籍していたとのことです。中野学校は、1937年末に創設が決定され、1940年に「陸軍中野学校」と改名されています。そうすると、戸籍上は渡会与十氏の子である伴野優子さんの父は、1940年以降に生まれたと考えてもよいのではないでしょうか。仮に1940年生まれだとすると、伴野優子さんは30歳の時の子で、78歳で亡くなったということになります。しかし、これだと伴野優子さんの父は、張基元氏の90歳の時の子だということになってしまいます。
 ありえないとは言いませんが、考えにくいことは確かです。そこで、系図Bを作ってみました。この系図では、張基元氏の長女である張一令氏が伴野優子さんの父の「実の母」とするものです。直感的には、こちらの系図の方が正しいのではないかと思っています。
 ツイートを見ると、伴野優子さんが張基元(大室寅之祐)氏の血筋である証拠はないようです。あくまで、張勝植氏の画像を見た時、“親族ではないか?”と気づいたということのようです。しかし、伴野優子さんは母方の血筋から、特殊な能力を持つ女性のようで、直感力が優れているようです。
 私は、彼女の直感が当たっていると見ています。確かに、彼女は張基元氏の血筋に当たるように思います。この辺のことは、張勝植氏に直接接触しなければ、はっきりしたことは断定できないでしょう。
 さて、伴野優子さんが酷い迫害を受けている背景には、張基元氏が、BIS、FRBに入れた準備金(ゴールド)があるようです。要するに、莫大な金塊は誰のものかということが、争いの原因になっていると考えてよいのではないでしょうか。
 さて、そうした金塊にまったく関係のない我々一般庶民から見ると、その莫大な金塊の所有権や運用権を、特定の血筋の人に主張されても、困惑するばかりです。
 張基元氏(大室寅之祐)は、睦仁親王にすり替わって明治天皇になった人物ですが、日本を代表して金塊をBIS、FRBに預ける文書にサインしただけです。その金塊の所有権、運用権を、彼の子孫が主張するというのは、理解できません。
 張基元(大室寅之祐)氏は明治天皇として即位し、皇后は一条美子ということになっています。皇室には戸籍がないので、一般庶民にはわかりませんが、側室との間に男の子が生まれている可能性はかなり高いと思います。
 張基元氏は半島に移り、68歳前後で長男をもうけたことになるわけですが、これだけ絶倫な人物に、他に子供はいなかったと考える方がどうかしています。張基元氏の子孫である張勝植氏が金塊の所有権、運用権を主張するのであれば、張基元氏の子孫は、すべてその所有権、運用権を主張する権利があるということになります。
 はっきり言って、特定の一族が金塊の所有権、運用権を主張すること自体が馬鹿げています。しかも、すべてが秘密裏に、国民には何も知らされないまま、背後で権力争いが起こり、殺人まで起こっているのです。
 もう、こうした馬鹿げた争いを止めようというのは、張勝植氏も同じ考えではないでしょうか。なので、隠し事をせずに、誰が権力を握るかなどという馬鹿な争いも投げ捨てて、ありのままの事実をすべて公開し、未来を人民の手に委ねるべきではないでしょうか。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
伴野家系図


————————————————————————
配信元)




» 続きはこちらから

[拡散希望]集団ストーカー犯罪被害者 Ann(伴野優子)さんを救う署名キャンペーン始まる

竹下雅敏氏からの情報です。
 Ann(伴野優子)さんを救う署名キャンペーンが始まったようです。拡散をお願いします。
 集団ストーカーは、最も理解されにくい問題だと思います。NWO(新世界秩序)、人口削減計画という視点、すなわち、世界権力に逆らう者たちを根絶やしにするという民族浄化とも言うべき側面を理解できなければ、このような犯罪が存在することを理解できないからです。
 意図的に食品に毒を注入し、ケムトレイルで大気を汚染し、ワクチン被害を作り出す。このようなことを世界権力が意図的にやっているということを理解している人以外には、集団ストーカーが実在することを、第三者の立場からは理解できないのではないでしょうか。なので、この問題はハードルが高いのです。
 Eriさんの一連のツイートで、伴野優子さんが集団ストーカーに合っていることは、まず間違いないと思います。ただ、Eriさんの情報がどこまで正しいのかは、はっきりとしません。
 Eriさんによると、伴野優子さんは、張勝植氏の子ということですが、この情報がはっきりとしないので、私の7月4日の記事では、 “明治天皇にすり替わった大室寅之祐の子孫で、天皇家の金塊の正当な継承者の1人のようです”とコメントしました。いずれ、Eriさんからこの部分に関する新たな情報が出てくるかも知れません。
 また、張勝植氏は、ベンジャミン・フルフォード氏でなくても十分に接触可能な人物だと思われるので、張勝植氏自身に、直接伴野優子さんとの関係を聞いてみるのが確実かも知れません。
 極めてざっくり言うと、旧満州、統一朝鮮、日本をまとめた大高句麗国を建国しようと考えている連中(カバール)が、張勝植氏を神輿に担ぎ、用が済んだら排除するつもりでいるのではないかと考えています。その時に、張勝植氏以外に、金塊の正当な継承者がいては困るので、集団ストーカーによって自殺に追い込みたいということではないかと想像しています。
 彼らが大高句麗国の天皇として神輿に担いだ金正恩氏が、トランプ大統領とQグループの働きかけで完全に神の側についたので、彼らは急遽、張勝植氏を代わりに神輿に担ぐことにしたということではないかと思います。
(竹下雅敏)
————————————————————————
配信元)





電磁波攻撃などの集団ストーカー被害にあっていたAnn(伴野優子)さんが、石川県の珠洲警察署に身柄拘束 ~Annさんは明治天皇にすり替わった大室寅之祐の子孫

竹下雅敏氏からの情報です。
 ここしばらく、Eriさんのツイートでは集団ストーカーを取り上げていましたが、大変な事態になってきました。集団ストーカー被害にあっていると思われるAnn(伴野優子)さんが、石川県の珠洲警察署に身柄拘束されてしまいました。
 Annさんに対する集団ストーカーはひどいもので、 一連のEriさんのツイートから目が離せませんでした。日本の警察は完全にやられているので、こうなると、地球同盟側のゴールドマン・ファミリーズ・グループ(旧300人委員会)に介入してもらわなければ、どうにもならない状況に見えます。
 電磁波攻撃を受けてきたのは、彼女だけではなく、彼女が飼っている子猫たちもそうで、何匹も死んでいるようです。ところが、彼女が集団ストーカーによって電磁波攻撃をされていることを理解していない人たちや犯罪者集団は、彼女が子猫たちを虐待しているとして、彼女を追い詰めます。
 Annさんが、このような攻撃を受けるのは、彼女が特別な血筋だからのようで、そのことに関しては“続きはこちらから”以降のEriさんの一連のツイートをご覧ください。
 ツイートによると、Annさんは明治天皇にすり替わった大室寅之祐の子孫で、天皇家の金塊の正当な継承者の1人のようです。
 Eriさんの一連のツイートの内容がどれくらい正確なのかははっきりとしませんが、Annさんが集団ストーカーに合っているのは、まず間違いないようです。彼らの目的は、彼女を精神病院に送り込み、薬で廃人にすること。彼女が片付いたら、次は、張勝植氏をターゲットにすることだと思います。京都皇統を神輿に担ぐ勢力にとって、南朝系の大室寅之祐の子孫がいては困るということではないかと思います。
 八咫烏は政治的な中立を保っており、こうした犯罪に一切関わっていませんが、裏天皇を担ぐ勢力がいるのです。実のところ、安倍晋三を背後で支える集団もまた、裏天皇を神輿に担いでいたのですが、トランプ大統領とQグループの働きかけで、安倍晋三らのグループは天皇陛下側に寝返ったのです。しかし、いまだに裏天皇を神輿に担ぐ勢力が、このようなストーカー行為を続けているわけです。
 実は、この集団ストーカーという重大犯罪の黒幕は、コブラのRM(レジスタンス・ムーブメント)なのです。EriさんがQグループには、“祈り専門の隊員”がいると言っているように、コブラのRMには、呪詛を専門とする隊員たちがいるのです。統一教会、創価学会をはじめ、裏天皇を神輿として担ぐ勢力に指示を与えているのは、コブラのRMです。
 私は、この文章を、主にこのような悪さを行ってきたハイアラーキーの残党に対して書いています。地球人では、これらのことを確認することはできないでしょうが、彼らは自分たちの身内がどれほど汚いことをやってきたのかを調べることができるでしょう。
 創価学会の一般会員は、創価学会の一部の者たちがどのようなことをしているのかを、まったく知りません。同様に、コブラのRMのメンバーは、一部の者がどれほどひどい犯罪を行ってきたかを全く知らないのです。
 幸いなことに、9次元のアルクトゥルス・カウンシル、プレアデス高等評議会、光の銀河連邦、古代地球離脱文明、コブラのRMなどのハイアラーキーの残党たちの6割以上は、私が本当のことを言っているのを知っています。なので、この件もきちんと調べることを勧めます。あなたたちの仲間が、これまでどれほどひどい犯罪に関わってきたかを調べ、彼らの犯罪行為を止めさせなければなりません。そして、地球人に対してきちんと謝罪をしなければならないはずです。
(竹下雅敏)
————————————————————————
配信元)
 
 
 
 
 
 
 
 
 

» 続きはこちらから
1 2