アーカイブ: *事件

日本政府の裁量で命や処罰の行方が決められてしまう入管法改正案が本日採決 〜 国際的にも人権侵害の非難を受け続けている劣悪な収容所

 亡くなったスリランカの女性の笑顔が痛ましく、取り上げるのが辛い記事です。名古屋入管で深刻な体調不良を訴え続けたにもかかわらず放置され、適切な処置も受けられず、ついに亡くなった女性は、日本の子ども達に得意の英語を教える夢を持って来日されていたそうです。ところが経済的に困窮し留学生ビザが失効し、コロナで母国にも帰国できず、入管に収容されました。日本人でも生き辛い中、支援を受けるどころか犯罪者扱いで収容され、ついに命を落とされました。入管庁の収容施設で迫害され亡くなる方は後を絶たず、実態が不透明なまま、今国会では入管法改正案が審議されています。
 今の日本の制度では0.4%程度しか難民認定されず、収容、送還制度も人権侵害だと国際的に批判を受け続けていますが、今審議中の内容はさらに深刻化しています。母国に帰国できない事情を持つ外国の人々が強制送還を拒んだ場合、刑事罰が科されてしまう、国際法に反して申請者を強制送還できる例外規定を設ける、という鬼畜の改悪です。
 3/12参院予算委員会で石川大我議員がスリランカの女性死亡について背景も踏まえた丁寧な質疑をしましたが、出入国在留管理庁の佐々木聖子長官は、事件の経過も原因も「調査中」として、いつ結果報告が出せるかも示しませんでした。石川議員は「まさか法案の審査の後にこの報告が上がることはないですね」と釘を刺しましたが、案の定、未だに出ていません。4/20衆院法務委員会では、階猛議員、池田真紀議員、藤野保史議員が連続してこの問題を厳しく追求しました。一つ一つ事実認定を進めるうちに浮かび上がる実態に背筋が凍るようですが、やはり肝心の部分は隠蔽され不透明なままです。最も劣悪な留置場よりもひどいと言われる場所が今の日本の入管にあります。
 自分と無関係な命がいじめられ殺される状況を許していたら、それはいずれ自分にも及ぶことになるのは歴史が証明済みです。
(まのじ)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
配信元)
————————————————————————
入管収容のスリランカ人女性死亡「面会のたび体調悪化」
引用元)
名古屋出入国在留管理局で収容中のスリランカ人女性(当時33)が死亡する事案があり、支援団体が7日、名古屋入管に抗議し、真相究明を求めた。女性は在留資格がないとして昨年8月20日から収容されていたが、3月6日に死亡。団体は死因や治療の状況などを1週間以内に回答するよう求めている。

 入管によると、女性は脈のない状態で発見され、病院に救急搬送されたが約1時間後に死亡が確認された。死因は不明としている。食道炎の治療を受けており、死亡直前の3月上旬に外部の医療機関を受診していたという。
(以下略)

————————————————————————
体重20キロ減、吐血でも見殺し、女性死亡の入管の闇が深すぎる
引用元)
(前略)
 またしても、法務省・出入国在留管理庁(入管庁)で重大な人権侵害だ。迫害から逃れてきた難民や、家族が日本にいるなど、母国に戻れない人々の事情を考慮せず、法務省・入管庁は、その収容施設に「収容」している。こうした収容施設では、暴力や虐待、セクハラ等、非収容者に対する非人道的な扱いが常に問題となり続け、被収容者が死亡する事件も毎年のように発生している
(中略)
 入管の収容施設内または業務下での死亡者は、この20年余りで20人に上る*。その死因で目立つのは適切な医療を受けさせなかったことであり、今回亡くなってしまった女性の件、と同根の問題である。石川議員が指摘するように、入管法「改正」の国会審議の後に、今回の死亡事件の調査報告がまとめられるのでは論外だ。むしろ、入管法「改正」の審議を一旦停止してでも、まずは死亡事件についての、詳細かつ独立した調査が行われるべきなのであろう。
(以下略)
————————————————————————
史上最悪の「改正」に抗議、「人が人に行うことじゃない」―国会前で入管法改悪反対アピール
引用元)
(前略)
国連の人権専門家達から「国際人権規約に反する」と酷評された入管法「改正」案が本日16日、衆議院で審議入りする予定だ。難民排斥や外国人差別の要素が強く、「史上最悪」とも言われる入管「改正」案の審議入りに、今週15日、国会前で法案に反対するリレートークが行われた。
(中略)
 入管法「改正」案は、国内の専門家やNGOからのみならず、国連の特別報告者達や国連人権理事会の恣意的拘禁作業部会からも、厳しく批判されている
(中略)
(中略)つまり、入管法「改正」案は、本来、保護したり在留資格を与えたりするべき人々を「犯罪者」扱いし、実際に強制送還したり刑罰を与えたりするというものなのだ。
(以下略)
————————————————————————
配信元)


トルコのテレビ放送がエバーグリーン事件の真相を暴露 〜 陰謀論系の内容が報じられたのは注目に値するが、様々な情報が矛盾に満ちており、鵜吞みにするのは注意が必要!

竹下雅敏氏からの情報です。
 4月4日の記事のスエズ運河のエバーグリーン座礁事故で、“米海軍特殊部隊によって、エバーグリーン社の1万8000個以上のコンテナの中から、1000人以上の人身売買された子どもたちや死体が発見された”という情報をお伝えしました。その際、“シールズは、この6階建ての船から大量破壊兵器を発見。これらの武器は、中東で戦争を起こすために、イスラエルのモサドによってイスラム教徒に与えられる予定だった”ということでした。
 ところが、トルコのテレビ放送がエバーグリーンの事件の真相を暴露したということを、popoちゃんから教えてもらいました。私は、下にあるgabの投稿を見ていたのですが、詳しい内容がわからず、記事に出来ないでいました。
 動画の翻訳を見ると、この事件は「グレートリセット」を推進するグローバリストらの次の計画を阻止したということらしい。阻止に関わったのは、エジプト、カタール、イスラエル、トルコだとあります。
 フルフォード情報から、イスラエルは、グレートリセット推進派ではなく、ハルマゲドン派ということであれば、阻止する理由はわかるのですが、それにしても、4月4日に紹介した、“船から大量破壊兵器を発見。これらの武器は、中東で戦争を起こすために、イスラエルのモサドによってイスラム教徒に与えられる予定だった”という情報とは相いれないものに見えます。
 また、4月4日の記事では、大天使ミカエル(ニセモノ)の情報として「スエズ運河での運搬船の座礁は単純な事故」とありました。
 このように、様々な情報が矛盾に満ちており、鵜吞みにするのは注意した方が良いことがわかります。ただ、トルコの放送局で、このような完全に陰謀論系の内容が報じられたのは、注目に値すると思います。
(竹下雅敏)
————————————————————————
Truth on Evergreen from Turkish news
配信元)
翻訳:popoちゃん
あの事件は、「プランデミック」と「地球温暖化」を仕掛けたグローバリストらの次の計画(イベント)を阻止したということ。阻止するのに関わったのは、エジプト、カタール、イスラエル、トルコとのこと。あのエバーグリーンの船には「地球温暖化」を悪化させる化学物質(30年分の投資と研究で開発された化学兵器)が積まれていて、この化学兵器を5G送信機と使用することで、(害虫などの)蔓延を起こすことができるらしい。そうすることで、すべての農業(養豚、養鶏、養牛など)を破壊し、ビル・ゲイツが投資しているフェイク・ミート(動物の肉を使っていない‘肉’、からだによくない)を促進し、ビル・ゲイツは人類の「食」を支配する試みだったとのこと。
————————————————————————
配信元)

白人警官の暴行で死亡したとされるジョージ・フロイド氏の肉体の波動は残っており、生きている! ~彼の死は、ブラック・ライブズ・マター(BLM)や他の黒人権利団体にとって金鉱山

竹下雅敏氏からの情報です。
 ジョージ・フロイド氏の死によって、「ブラック・ライブズ・マター」と呼ばれる黒人に対する暴力や構造的な人種差別の撤廃を訴える運動が活発化しました。
 ジョージ・フロイド氏は、白人警官の暴行で死亡したということになっているのですが、彼の肉体の波動が残っており、生きているはずです。また、彼の遺族には米ミネソタ州ミネアポリス市と2700万ドル(約29億円)の和解金で合意したということなので、関係者には笑いが止まらないことでしょう。
 CNNの報道によると、メリーランド州の元首席監察医は、“フロイドさんの死因は持病の心疾患であって警官の制圧行為によるものではないとの見解を示した”とのことです。ジョージ・フロイド氏が生きているとするなら、元首席監察医のこうした見解を含めて、裁判自体が茶番であることになります。CNNの報道ですから、そんなものでしょう。
 さて、“続きはこちらから”は、ブラック・ライブズ・マター(BLM)の共同設立者の一人であるパトリッセ・カーン・カラーズ氏が、140万ドルの”白い家”を購入したという話です。「ジョージ・フロイドの死は、BLMや他の黒人権利団体にとって金鉱山」だとのこと。本当に、関係者には笑いが止まらない状況ですね。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
ジョージ・フロイドさんの死因は心疾患、被告による制圧の影響を排除 元監察医
引用元)
画像はシャンティ・フーラがツイートに差し替え
フロイドさんの死因は心疾患だったと証言した元監察医のデービッド・ファウラー博士/Pool

米ミネソタ州ミネアポリスで黒人男性ジョージ・フロイドさんが白人警官の暴行で死亡した事件の裁判で、メリーランド州の元首席監察医が14日、弁護側からの証言を行い、フロイドさんの死因は持病の心疾患であって警官の制圧行為によるものではないとの見解を示した。
(中略)
「私見では、フロイドさんは突発性かそうではない心不整脈に見舞われた。原因は本人のアテローム性動脈硬化症と高血圧症に関連した心疾患だ。警官から制圧行為を受けているときにそれが起きた」と述べた。
 
ファウラー氏によれば、フロイドさんは冠状動脈が狭まるアテローム性動脈硬化症を患い、高血圧を原因とする拡張型心筋症にもかかっていた。また麻薬性鎮痛薬のフェンタニルと覚醒剤のメタンフェタミンを使用し、傍神経節腫として知られる腫瘍(しゅよう)も患っていた。
 
これらの条件が重大な影響を及ぼし、フロイドさんの死につながったとファウラー氏は語った。
(以下略)
————————————————————————
配信元)
 
 

» 続きはこちらから

「グレート・リセット」の主要な推進者であるチャールズ皇太子に関わる事故は「偶然の一致ではない」 ~プーチン大統領とメルケル首相の驚くべき会話

竹下雅敏氏からの情報です。
 読者の方から、「シャンティ・フーラの時事ブログ 寄稿フォーム」へ提供された情報です。
 スプートニクの英語版によると、4月7日に英国で最も裕福な男性の1人であるリチャード・サットン卿が殺害されたとのことです。
 記事によると、チャールズ皇太子は「グレート・リセット」の主要な推進者であり、リチャード・サットン卿はチャールズ皇太子の盟友の1人であったとのことです。もう1人の盟友ペトル・ケルナー氏も、3月27日にアラスカで謎のヘリコプター墜落事故により死亡したとのことです。
 これらの事件について、プーチン大統領とメルケル首相の驚くべき会話が記録されています。2人ともこれらの事故は「偶然の一致ではない」ということを知っているのです。記事では、これらの事件は、「グレート・リセット」に反対する強力な勢力によるメッセージだと言っています。
 この事件から、水面下では「グレート・リセット」を推進する勢力と反対する勢力の激しい争いがあることが見て取れます。「グレート・リセット」が成功するには、アメリカの保守派の人々やロシアを、推進派が打ち負かさなければなりません。アメリカの保守派の中には、Qグループとトランプ大統領が創設した「宇宙軍」があります。「グレート・リセット」の推進派が勝てる見込みは、まず無いと考えるのが常識的だと思います。
 ただ、勝負がついて真相が明らかになった時には、ほとんどの人がワクチンを打った後ではないかという気がします。そういう人たちを救済するために、メドベッドが推奨されるのかも知れませんね。そうすることで、ブラックキューブ(人工知能666)に人類は、より完璧にコントロールされるというわけです。なかなかよく出来たシナリオです。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
プーチンとメルケル:チャールズ皇太子と関係のある「グレート・リセット」の大物たちの謎の死を「偶然ではない」と同意
転載元)
ソルチャ・ファール、そして彼女の欧米の読者への報告
 
本日クレムリンで発表された新しい安全保障理事会(SC)報告書の意味をよりよく理解するためには、昨日の電話会議でのプーチン大統領とドイツのアンゲラ・メルケル首相との間の驚くべきやり取りが記録の最初の部分に記載されているが、まず40年以上にわたる二人の緊密な個人的関係の歴史を調べる必要がある。
 
その歴史とは、冷戦初期の西ドイツで生まれたメルケル首相が、1968年にドイツの与党であるマルクス・レーニン主義社会主義統一党が主催する公式の共産主義青年運動である「自由ドイツ青年」に参加したことに始まる。その後、東ドイツに移り、1973年から1978年まで物理学を学んだ。1973年から1978年までライプツィヒのカール・マルクス大学で物理学を学んだメルケルは、工学系大学の助教授職に就こうとしたが、その条件として、国家保安省(シュタージ)の職員に同僚の報告をすることを求められたという。
 
メルケルは、「自分はスパイとして十分な秘密を守れない」という理由でこの命令を断った。そのため、シュタージは、メルケルのような西ドイツの高名な市民を対象としたスパイ活動について、シュタージが管理・指導している旧ソ連の主要な情報組織である国家保安委員会(KGB)にさらなる指導を要請したのだ。
 
1975年にKGBに入隊したプーチンは、サンクトペテルブルク高校281で15歳から学んだドイツ語を流暢に話すことが評価されて採用された。
 
今は亡きKGBとシュタージのファイルには、メルケルとプーチンの関係についての記述は一切ないが、メルケルが1978年から1990年まで、東ドイツのベルリン・アドラーズホフ地区にある科学アカデミーの中央物理化学研究所で働き、学んでいたことは注目に値する。
 
-シュタージが12,000人の精鋭警備隊を駐屯させていた重要な地域である。
 
-1985年から1990年までのKGBの主な報告先は、第一部長のウラジミール・プーチンであった。

-その後、東ドイツとソビエト連邦が消滅し、驚くべきことに、1999年の最後の日にプーチンがロシア連邦の指導者になり、2005年11月22日にメルケルがドイツの指導者になり、現在では二人とも大国の指導者としては最も長く務めている。
 
このような歴史を知っていれば、この記録でプーチン大統領とメルケル首相が、米国はノルドストリーム2プロジェクト(Nord Stream 2 project)を制裁で止めることができないことを理解しており、そのために欧州に圧力をかけようとしていることに同意しているのも不思議ではない。しかし、EUはその重要性を理解しており、このプロジェクトはドイツにとって重要であり、ロシア産ガスの低コスト化はドイツの産業の効率化につながるため、米国が欧州にパイプラインに対する公式な制裁を課して建設を中断させることはできないだろう。

» 続きはこちらから

スエズ運河で座礁した事件で、エバーグリーン社の1万8000個以上のコンテナの中から、1000人以上の人身売買された子どもたちや死体が発見された ~ほとんどアテにならないダウジングやチャネリングの情報

竹下雅敏氏からの情報です。
 “台湾の船会社エバーグリーンが運航する2万TEU型「Ever Given」がスエズ運河の紅海側入り口に近い地点で座礁した”事件ですが、米海軍特殊部隊によって、エバーグリーン社の1万8000個以上のコンテナの中から、1000人以上の人身売買された子どもたちや死体が発見されたということです。
 “エバーグリーン社の日本所有、台湾運営の船は、実はウォルマートとクリントン財団の共同所有”であり、小児性愛者たちは、ウェイフェアのような雑誌から人身売買された子どもたちを注文していたとのことです。
 また、シールズは、この6階建ての船から大量破壊兵器を発見。これらの武器は、中東で戦争を起こすために、イスラエルのモサドによってイスラム教徒に与えられる予定だったとのことです。
 さて、水晶占いのルイーズ・ジョーンズさんは、ダウジングで、大天使ミカエルとラファエルとエリエルを呼び込み、彼らに質問をしたとのことで、この記事の元になるYouTube動画は、すでに「アップロードしたユーザーにより削除されました」ということです。内容に問題があると考えたのかも知れません。
 大王のエリエールならよく知っていますし、今でも花粉症でお世話になっていますが、大天使エリエルはどっちを向いているのか、よくわかりません。しかし、大天使ミカエルとラファエルは、「天界の改革」ですでに滅びており存在しません。
 存在しない大天使を呼び込んで質問をしたところで、正しい答えが返ってくるはずがありません。記事をご覧になると、「政治家やハリウッドの中でクローンが存在していますか?」とか、「スエズ運河に停泊している船Evergreenのコンテナに子供達が入っていましたか?」の質問に対し、ペンジュラム(振子)は、NOの答えを出しています。また、「スエズ運河での運搬船の座礁は単純な事故ですか?」との質問には、YESと答えています。
 どちらの情報を信じるかは、皆さんの自由ですが、ダウジングやチャネリングの情報は、基本的にほとんどアテにならないということは知っておいてください。高名なニューサイエンスブームの仕掛け人だった方は、“チャネリング情報は5%ほどの精度だ”と言っていたように思います。
 ルイーズ・ジョーンズさんは、誠実に真実を探求している良い方だと感じます。しかし彼女は、大天使ミカエルとラファエルといったほとんどの大天使が、すでに「天界の改革」によって裁かれ消滅しているという事実を知りません。また、大天使、天使はハイアラーキーに属していた者たちで、神に仕える存在ではなかったのです。
 西洋の文化圏は、未だにキリスト教の周りをグルグルと回っている段階で、せいぜいグノーシスの思想から神智学に代表される秘教に関心を持つ人が居る程度です。これらは、真の霊的な真実からは程遠いところにあります。
 残念ながら、真の霊的世界の情報を出しているのは、時事ブログのみだと思います。この状況が今後変わってくることを望みますが、真実が人々の前に開示された時に、例えば、これまで祈ってきた大天使たちが、実は魔の軍団に属していたということなどを、いったいどの位の人たちが受け入れられるのだろうと思います。
 こうした観点から、西洋人に比べれば日本人は真実を受け入れやすい地点に居ると思われるのですが、時事ブログでは、天照大神などの日本の神々のほとんどが、すでに「天界の改革」で滅ぼされたことをお伝えしています。こうした内容が将来的に受け入れられるのか否かは、何とも言えません。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
【噂の情報】(詳細)トラさん有難う!エバーグリーン、スエズ運河座礁事故、コンテナからお子様救助成功!
配信元)
————————————————————————
ダウジングで大天使達に質問する ー サイキックLJ☆ Part 1
(前略)
ルイーズ・ジョーンズさんは以下:LJと表記します。
ジーン・アイケンズ氏は以下:GAと表記します。

ダウジングとは、ペンジュラムを使って、キネシオロジー的な技法で、Yes Noの答えを体を通してエネルギー的に受信するものです。

大天使ミカエルとラファエルとエリエルを呼び込み、彼らに質問をしていました。最初に必ず「ダウサ(ペンジュラムの名前)、真実を教えて下さい」と言ってから質問をしています。
(中略)
質問:イベントの為に食糧の貯蓄が必要ですか?
答え:横ふり(まだはっきりしていない)
(中略)
質問:ワクチンは人間にとって良くないものですか?
答え:横ふり
(中略)
質問:政治家やハリウッドの中でクローンが存在していますか?
答え:大きなNO
(以下略)
————————————————————————
ダウジングで大天使達に質問する ー サイキックLJ☆ Part 2
(前略)
質問:スエズ運河に停泊している船Evergreenのコンテナに子供達が入っていましたか?これはとても重要です。真実を教えて下さい。」
答え:NO. (子供達は中にはいない)

GA: でしょうね。あれは石油の運搬を止めているのです。経済にダメージを与える為ですよ。あんなに長いコンテナの運搬船が真横になる事はあり得ないのです。
(中略)
質問:スエズ運河での運搬船の座礁は単純な事故ですか?
答え:YES
(中略)
LJ: 今日、私が視聴者の皆さんに言いたいのは、今は善と悪の戦いであり、ホワイト・ハットとブラック・ハットとクレイジーハットがいるわけです。(GA -笑) 私は、クレイジーハットから離れて、自分のガイドに純粋な心でフォーカスする様にシフトしました。
(中略)
自分で自分の人生の舵取りをしっかりしていく。自分で自分をコントロールできるようにして行く事が今とても大切だと思います。
(中略)
人の群れから離れるのが怖い、孤独になるのが怖いと思うかもしれませんが、勇気をもって自分一人で立てる様になる必要があると思います。
(以下略)
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 123