アーカイブ: 国家工作・諜報

[竹下雅敏氏]フルフォード氏やドレイク氏は本物であり、これらの計画は事実ですが、未だに延期されているものなのです。 〜延期されている最大の理由〜

竹下雅敏氏からの情報です。
昨日の“天界の改革30”でアメリカの革命の計画とその延期の様子をお伝えしましたが、今回は少し違った角度から、それらの出来事を見てみようと思います。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
国際金融マフィアの一斉逮捕の瞬間が近い!?:イルミナティーvs銀河連邦??
記事配信元)
本記事文章は現在公開を停止しております。 (2016/4/23)
記事の提供元にてご覧ください。

本記事文章は現在公開を停止しております。 (2016/4/23)
記事の提供元にてご覧ください。

【投稿記事】グリーバリスト、銀行家、政治家の逮捕が差し迫っている
記事配信元)
本記事文章は現在公開を停止しております。 (2016/4/23)
記事の提供元にてご覧ください。

» 続きはこちらから

[街の弁護士日記]秘密保護法案の国会提出を歓迎する

竹下雅敏氏からの情報です。
マチベン(街の弁護士日記)さんが、グローバリズムとTPPの本質をうまく表現してくれています。
この通りなのですが、アメリカに追随して、TPPを推進すれば確かにこの通りになります。しかし、今世界で起こっている事はアメリカの孤立です。従ってTPPは破綻します。
そうなるとこのようなバカげた悪法は無意味になるどころか、逆に悪人を取り締まる法律に変わります。
スティーブ・ジョブスのアップル社の例を見てもわかるように、腐敗した組織を立て直すには独裁が必要なのです。悪人が独裁を行なうとヒトラーのようになり、善人が独裁を行なうとスティーブ・ジョブスのようになります。
秘密保護法は官僚の独裁です。そしてナサニエル陣営に日本がこれから入るということは、あの57ヶ国会議に出席した官僚が今後を支配するという事になるのです。
11月1日以降、日本もおもしろい事になりそうです。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
秘密保護法案の国会提出を歓迎する
記事配信元)
本記事文章は現在公開を停止しております。 (2016/4/23)
記事の提供元にてご覧ください。

[日刊ゲンダイ]“本家”米国は盗聴疑惑で袋叩き…「日本版NSA」は究極の時代錯誤

竹下雅敏氏からの情報です。
今日の記事で取り上げたブレジンスキーの発言でもわかりますが、米国追随が時代錯誤だという事が、今後多くの人々に認識されるようになってくるでしょう。日本も恐らく今月末までにナサニエル陣営に入りますので、今後アメリカとの距離のとり方は変化してくるでしょう。安倍政権としては、小泉元首相の発言の裏にいる勢力の正体がようやくわかったようなので、現在安倍首相は、すでに脱原発を決めたようです。従って原発再稼働はありません。また仮に秘密保護法、日本版NSA設置法が成立しても日本と中国が今後戦争になることも、警察国家になることもありません。
世界の流れに逆行しているからです。ナサニエル陣営に入るという事は、流れに乗ることを意味するからです。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
“本家”米国は盗聴疑惑で袋叩き…「日本版NSA」は究極の時代錯誤
記事配信元)
本記事文章は現在公開を停止しております。 (2016/4/23)
記事の提供元にてご覧ください。

[You Tube]政府文書により人々をラジオ波で攻撃する計画が明らかに

ぴょんぴょん様(読者の方)からの情報です。
大佐の写真がコワ~!
(寄稿者のコメント)
————————————————————————
政府文書により人々をラジオ波で攻撃する計画が明らかに
転載元より抜粋)

[板垣英憲氏]米CIA「ジャパン・ハンドラーズ」が、小泉純一郎元首相と小沢一郎代表「原発ゼロ」コンビに「鬼に金棒」

竹下雅敏氏からの情報です。
昨日の記事で、小泉元首相に脱原発を言わせているのが、ジャパン・ハンドラーのマイケル・グリーンであると指摘しましたが、板垣氏のこの記事でその可能性がきわめて高いことがわかると思います。ただ、ジャパン・ハンドラーを米国CIAとするのは違うように感じます。マイケル・グリーンはベンジャミン・フルフォード氏も指摘しているようにモサドだからです。
現在はCIAよりもモサドが日本の操縦桿を握っています。
最後にひとこと。ナサニエル陣営に寝返ったジャパン・ハンドラーは、私たち国民の味方です。いまやジャパン・ハンドラーに従わない安倍政権が敵なのです。たしかに、かつては日本の敵であるジャパン・ハンドラーに、ずいぶんと苦しめられました。
しかし、今は違うのです。敵と味方を間違えないように。
かつての敵は、今は友人なのです。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
本記事文章は現在公開を停止しております。 (2016/4/23)
記事の提供元にてご覧ください。
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 191