地球ニュース:トランプ大統領を巡る陰謀が激化

 このところ、米国内のクーデターや世界規模の偽旗テロの可能性について、連続して耳にしたので記事にしておきます。一方は良識派からのリーク、他方は抵抗勢力の抗争話です。
 まずは良識派からの警告。追い込まれたグローバリストは、各地のスリーパーセルを起動させ、世界のどこかで一大偽旗を起こして、それを北朝鮮かイランのせいにすることを計画しているそうです。特に、トランプが金正恩と会うのに合わせて、北朝鮮が犯人の偽旗かEMP攻撃を起こし、「ほら和平を望んだトランプは浅はかだった!」と恥をかかせたいのだとか。
 そして抵抗勢力は、トランプを失脚させようとJFK同様のクーデターを画策しています。つまり暗殺も辞さないということです。

 ちなみに最後の方で、チャック・シューマーにインタビューをしているのは、一応レイチェル・マドーって超有名人です。9.11で息子を亡くした父親が政府の公式見解に異を唱えたのを番組でえげつなく罵倒した映像を見て以来、ホントこの女性が生理的に駄目なんですよねー。
 シューマーが似た波動を感じ取ってマドーに気を許した結果、うっかり失言したのだとしたら納得出来ます。両者ともにディープ・ステートに仕えていると噂されているので。
(Yutika)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
トランプ大統領を巡る陰謀が激化


アレックス・ジョーンズ氏:トランプ大統領を第三次世界戦争へと誘導する動き


4月21日、アレックス・ジョーンズ氏が幾つもの信頼出来る情報筋から警告を出すようにしつこく言われたので、と自身のInfoWars(インフォーウォーズ、意味は「情報戦争」)局で動画をアップしました:


「今や経済が上向きになり、ロシアとトランプ大統領の“共謀”とやらが崩壊しつつあり、コーミー、マッケイブ、リンチ、ヒラリー等に対する犯罪追及の準備が整いつつあり、しかもこれらがニュースで取り上げられるようになり」、ディープ・ステート側の資金が断ち切られつつあります。

パニックに陥った彼らは、「企業スリーパーセル【※潜伏工作員】、イスラム系スリーパーセル、ピリピリしている精神疾患の人々だとか諸々」のスリーパーセルのスイッチを「来月……一箇月半先の6月か7月……6月の終わりか7月」にかけてオンにするつもりなのだそうです。

※私の勝手な“スリーパーセル”のイメージです。市井のごくありふれた人がある日突然、頭の中に声が聴こえて、かつて洗脳された時に埋め込まれた別人格に切り変わる、みたいな。意図的に身を潜めている悪人もいるのかもしれませんが、やっぱり王道はMKウルトラ&神の声兵器のコンボっす。

アレックス・ジョーンズ氏曰く、「グローバリストは自分たちがおしまいなのだと理解したんだ。奴らは負けたと分かってる。人類が尊厳と正義と自由市場のルネッサンスの風潮に目覚め始めていることを分かっている。そしてどうしたらいいのか頭を抱えている。だから奴らはこの国や其の他の国々でテロ事件をでっち上げてやろうとなった訣だ。奴らはこれを北朝鮮だの諸々【※イランやシリア】に繋がるようにして、トランプが平和条約を【締結】するのをおじゃんにしたいのだ。奴らは常に朝鮮半島を核武装させておきたいからな」だそう。

彼はこの件について、国務省の上下を問わず、CIAの最も上位の5名から、司法省から、研究者関係からと、様々な情報源によって数箇月前から伝えられていたのですが、第三次世界大戦話で人々を怖がらせるのはどうなのだと公開するのを躊躇っていました。

3月になると、上記の様々な情報筋から沢山の電話や訪問を受け、「グローバリストは米国内で大掛かりなテロ攻撃を複数実行して、北朝鮮との戦争を開始し、それからイランやシリアとも始めようとしている。シリアはその引き金で、トランプはまさしく今その圧力を掛けられている」と、アレックスの口から伝えて欲しいとせっつかれたそうです。

どうやら3箇月前に金正恩は、平和路線に転向するように説得されたのだとか。でないとグローバリストの計画通り「EMP爆弾がニューヨーク・ロサンゼルス・リヤド・ロンドンに落とされることになる。何千億【人】もの被害が出て、あちこちで暴動が生まれて、そこから新たな戦争【※第三次世界大戦】が北朝鮮や中国と始まり、それで西洋はお前を核爆弾で始末するんだぞ」と。当のグローバリストはその間一年ほど、地下に潜って核の影響をやり過ごす計画でした。ソルカ・ファール女史がこの前話していた「核の冬」のシミュレーションですね。


そして複数の情報源が予告した通り、実際に金正恩が説得に応じて和平条約締結に同意したと発表され、其の他にも彼らが言ったことが実際に起こり、アレックス・ジョーンズ氏は情報の拡散を決意しました。

ということでトランプ大統領が「この条約締結に向けて動き出し、金正恩と来月会おうとする最中、奴らはテロ攻撃を仕掛けて、更にはEMP攻撃すら起こしてこの【平和への動き】全てを邪魔するつもりなのだ。そして『おやおや、トランプのせいだよ、これは全部彼が引き起こしたんだ』と言ってのけるのさ」、「これが現在のグローバリストの計画だ」とのことです。

……安倍一味の不快なニュースが続く中、やっと朝鮮半島の良いニュースでほっこりしたというのに、カバールが再び水を差して来ます。負けを悟ってEMP攻撃って、目指すは特攻隊か何かなんでしょうか、この人たち。

本物が死んでクローンなだけでしたら、出所後はこの位で許してあげるのに:
※「昔はそれなりの人物だったの」というプラカードを掲げるヒラリーのコラ画像。元ネタはポール・ベタニー監督の『Shelter(シェルター)』という2014年の映画です。

ケヴィン・シフ氏:トランプ大統領を失脚させようとする動き


そして4月29日、グレッグ・ハンター氏のUSA Watchdog(「アメリカの番犬」という意味のサイト)にも情報が上がりました。元CIA職員でCIAやディープ・ステートを告発しているケヴィン・シフ氏が、ドナルド・トランプ大統領を排除しようとするクーデターが進行中だと訴えているのです:


「我々の政府内部でクーデターが進行中です。CIAや司法省やFBIの上層部において、正当に選ばれた大統領を追放しようという試みです。アメリカの国民によって選ばれた人物を政権から排除しようと。

これは良く言ってもCIAとFBIの共謀、最悪は陰謀、更に言えば叛逆罪かもしれません。影の政府なりディープ・ステートなりどう呼んでも構いませんが、その上位の連中がドナルド・トランプを攻撃して排除しようとしています。

このようなことはジョン・F・ケネディ大統領政権下にCIA長官のアレン・ダレスがケネディを攻撃して以来です。そして何が起こったかは御承知の通りです。

元CIA職員で人前に出て来てこれを言うのは私だけかもしれませんが、CIAが直接関与したというのは、少なくともJFK暗殺【後】の隠蔽部分については、明らかな――明々白々な証拠が存在しているのです。今また同じことが起ころうとして」います、とのこと。

「上院院内総務チャック・シューマーがインタビューで何と言ったか思い出して頂きたい。あれにはぞっとしましたよ。『諜報機関界隈に逆らうものなら、彼らは――つまり諜報機関界隈ですが――ありとあらゆる方法で報復に乗り出す』【と言ったんです】。ぞっとする台詞です。そしてそれが今我々が目撃していることなのです。

要するにCIAやFBIや其の他の上級職員がロバート・マラーと一緒になって、【人民に】選ばれた大統領を追放しようと共謀、あるいはクーデター」を起こしている、と訴えていました。

上級、というとアレックス・ジョーンズ氏の情報源と被りそうですが、動画全体を総括するとジェイムズ・コーミー元FBI長官、ジョン・ブレナン元CIA長官、ロレッタ・リンチ元司法長官、ジョン・マケイン上院議員、オバマ前大統領など、クリントン財団と金で繋がっているか、脅されている職員と政治家を指しているようです。

ケヴィン・シフ氏は在職中、ハンター氏によると最高レベルの機密情報取扱許可を有していた人物です。そして現在はDHS・NSA・FBI・NSC・CIAなど諜報機関、各省庁、軍隊、司法界の良識派による打倒ディープ・ステートJTF MAGA(メイガ合同特殊部隊、MAGAはトランプさんの決め台詞「Make America Great Again、アメリカを再び偉大な国に」の略)」の一員でもあります。数百名が参加しています(※代表格による最近の記者会見はこちら)。


ディープ・ステート:俺たち怒らせるとタダじゃおかない


シフ氏が言及していたチャック・シューマー上院議員のインタビューはこちら:


2017年1月初頭MSNBC局にて、ディープ・ステート御用達ニュースキャスターを相手に、チャック・シューマーは諜報機関を揶揄したトランプのツイートが如何に愚かなものか扱き下ろしました。

「いくら現実主義で、鼻っ柱の強い実業家だとしても、こんなことを言うなんて非常に頭が悪いね」と言い切ってます。ユダヤ系初の上院院内総務になったばかりで、まだ余裕かましています。パレスチナ迫害派です。


ジェローム・コルシ氏:JFK


陰謀論の著作で有名なジェローム・コルシ氏(最近はInfoWarsのワシントン支局長)がこんなツイートをしていました:

「CIAはケネディ殺害の1961年クーデターを隠蔽するために、文書を封印したがっている」、トランプ大統領「が降参し、ディープ・ステートが権力掌握」と騒いでいます。

そして「What is Past is Prologue.」というワシントンの公文書館の彫刻に刻まれ、オリバー・ストーン監督が映画『JFK』の冒頭で出したシェイクスピアの台詞を引用していました。「過去に起きたことは未来の序章」という意味です。かつてケネディが葬り去られたように、歴史は繰り返す、と匂わせたいのでしょう。

さて何が起こったかと言いますと、前々からトランプ大統領が約束していたJFK暗殺の全文書公開が延期されてしまいました。26日木曜日に出された元記事は、ワシントンポストなのでこれをトランプ批判の材料にしています。

CIAやFBIや其の他の機関に残りの文書公開の締切日として通達していたこの日、大統領は諜報機関の説得に負けて2021年10月まで延期することを決定したのだとか。

「特定の国家安全保障と法的処置と外交上の懸念」が脅かされるのが理由だそうです。もう半世紀以上前の出来事でしょうに大袈裟な。そもそも国内の一市民による単独の犯行で外交上の懸念がどう生まれると。

トランプ大統領はそれこそ優秀な実業家ですから、何かの交渉材料に使ったのかもしれません。ディープ・ステートとの攻防が気になるところです。


文・Yutika

註:訳文の【 】内は訳者の追加あるいは解説部分です。


Writer

Yutika

体癖:8−2、エニアグラム:4
関西の英語塾で教えつつ、翻訳業(英語&仏語)をしております。


Comments are closed.