2018年5月4日 の記事

銀河連邦から完全に排除されたコブラのRMとプレアデス人のグループ ~EPM攻撃を行い、平和への動きの邪魔をするグローバリストの計画を誘導していたコブラのRM~

竹下雅敏氏からの情報です。
 コブラが言い訳をしていますが、“重要な情報は誰に対しても開示しない”と言っています。これは正確ではありません。事実は、彼らが銀河連邦から完全に排除されたために、彼ら自身が全く情報が取れない状況になっているということです。
 すでにお伝えしているように、かつてのハイアラーキーの組織は、今では本物の銀河連邦に吸収されています。その関係で、彼らは時事ブログや私のコメントも見ています。
 4月7日の記事で、RM(レジスタンス・ムーブメント)とプレアデス人のグループが中西征子さんを攻撃していたことをお知らせしましたが、この件に関して宇宙連合から連絡が入りました。
 4月17日に、中西征子さんが通信を受け取りました。通信文の内容は、公開の許可を取っていないので開示しませんが、4月7日の私のコメントによって、彼らは中西征子さんへの不当な攻撃があったことを知ったようです。彼らは様々な技術を用いてRMの動向を探り、ついに裏切りの決定的な証拠を見つけたということで、4時間にわたる戦闘状態になり、コブラのRMと彼らに協力する集団を完全に滅ぼしたと報告してきました。現在RMと彼らに協力するグループは、地上の肉体が存在しているだけだということです。
 通信文の内容と波動を検討したところ、この通信文の内容は事実だとわかりました。実際にこの通信文の日時の前後で、コブラおよび古代地球離脱文明の7つのグループに属する連中の、狭義の肉体における中層と深層の意識-心-体が滅ぼされていました。
 今日のYutikaさんの記事で、EPM攻撃を行い、それを北朝鮮の仕業にして平和への動きの邪魔をするグローバリストの計画に触れていましたが、これをまさに誘導しているのがコブラのRMです。
 彼らが自分たちのチャンネルを使って公式に謝罪をしなければ、今後おそらく、狭義の肉体の表層の意識-心-体が滅ぼされることになるでしょう。彼らが謝罪すると思えないので、おそらく近いうちに、彼らは宇宙から消滅すると思われます。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
コブラ状況報告短信
引用元)
Short Situation Update
http://2012portal.blogspot.jp/2018/04/short-situation-update.html
(中略)
1月27日にベータタイムラインを活性化して以来、地上作戦についての情報はすべて完全非開示とされています。つまり、光の勢力は地上作戦についての重要な情報は誰に対しても開示しないということです。
(中略)
新規のタイムラインを導入して以来掲載されている私のブログについての「社会力学的」記事が、一定の人たちを混乱させています。実際のコブラはいまクローンなのではないかという憶測さえ呼んでいます。まったく事実ではありません。これらの「社会力学的」記事は、すべて計画通りのものであって、これからさらに記事が出てきます。

その背後には私が関与して地球解放にとって必須なプロジェクトを推進しているもので、それによって私の時間とエネルギーとリソースがかなり取られています。それが理由で、地上にいる地球人に対するブログ更新の回数が少なくなり、メールの返信も遅れ、商品注文の処理も少し遅れています。
(以下略) 

[加計学園問題]面会の事実は認める方向で”記憶を調整”しているものの、それ以外の都合の悪い事実については闇に葬り去る作戦を強行する算段

竹下雅敏氏からの情報です。
 柳瀬氏が加計学園関係者との面会を認める方向で、政府与党が“調整開始”と報道されています。事実を隠蔽するための“口裏合わせ開始”ならわかりますが、これを調整と報じるニュースがスゴイ。
 “こんな言葉の言い換えで本当に国民を騙せると思っているのか?”と言いたいところですが、これだけ馬鹿げた世の中を作り出した安倍政権を未だに支持している阿呆が居ることも事実なので、与党側は口裏合わせで参考人招致が乗り切れると思っているのでしょう。
 ある意味で、今の日本は、“ほんとうにスゴイ!”と言える状況です。“続きはこちらから”以降は、この件以外でスゴイと思ったものを、いくつか並べてみました。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
立憲・枝野代表「(柳瀬元秘書官は)与党との”調整”によって記憶が蘇る”特殊な能力”を持っているようだ」ネット「面会の事実まで調整可能な日本スゲエ!」
転載元)
どんなにゅーす?

柳瀬唯夫元首相秘書官が「記憶の限り会っていない」などと否定し続けてきた、官邸での愛媛県・今治市・加計学園関係者との面会について、一転して国会内で認める方向で調整を行なっている状況に対し、立憲民主党の枝野代表は「(柳瀬氏は)与党との”調整”によって記憶が蘇る”特殊な能力”を持っているようだ」コメント。これがネット上で話題になっている。

柳瀬元秘書官 加計学園関係者との面会 国会で認める方向で調整

「加計学園」の獣医学部新設を巡っては、3年前に愛媛県の担当者が加計学園の関係者らとともに総理大臣官邸を訪問した際のやり取りを記したとされる文書が残されていて、当時、総理大臣秘書官だった柳瀬経済産業審議官が「本件は、首相案件」などと発言したと記載されています。

これに対し、柳瀬元総理大臣秘書官は、先月10日に「記憶の限りでは、愛媛県や今治市の方にお会いしたことはありません」「私が外部の方に対して、この案件が首相案件になっているといった具体的な話をすることはありえません」などとするコメントを出していました。

関係者によりますと、これについて柳瀬元秘書官は、加計学園の関係者とは、総理大臣官邸で面会していたことを今後、国会で認める方向で調整を進めているということです。

【NHK NEWS WEB 2018.5.2.】

(中略)
(中略)
国会での”調整”とともに「失われた記憶」を蘇らせようとしている柳瀬元秘書官!公文書の改ざんどころか、記憶の改ざんや調整まで自由自在な日本という”SF国家”!
(中略)
にゃっは~!
今までは完全に記憶が消え去ってたのに、与党と調整することで急に記憶が蘇ってくるなんて、この柳瀬秘書官は超能力者並みの特殊能力の持ち主だにゃあ!
(中略)
他国での話なら爆笑モノで済むけど、これが全てボクたちの住む国での出来事なのだから、全く笑えないし、洒落にもならん。

それに、上のツイッターでも指摘している声があるけど、安倍政権が柳瀬氏を(偽証罪に問われる)証人喚問ではなく、参考人招致でごり押ししているということは、言い換えれば、柳瀬氏は国会で「虚偽答弁を行なう」と宣言しているも同じことだ。

つまり、面会の事実は認める方向で”記憶を調整”しているものの、それ以外の都合の悪い事実については参考人招致にて徹底的にウソの答弁を行ない、核心部分をことごとくウヤムヤにして闇に葬り去る作戦を強行する算段だろう。
(以下略)
————————————————————————
配信元)

» 続きはこちらから

[Twitter]未来のお家

編集者からの情報です。
未来のお家は「とらんすふぉーまー」?
いつでも、どこでも、ボタン一つで一丁あがり!
(まのじ)
————————————————————————
配信元)

[長周新聞] 軍部主導の内閣暴走と闘った斉藤隆夫 〜 粛軍演説は今の日本へのメッセージ

 戦前、戦中を通じ国会議員として、軍の暴走を真っ向から批判した異端代議士がいました。
斎藤隆夫(当時70歳)は、国会の場で、満州事変後の軍部主導の内閣の暴走、そしてそれによる立憲政治の破滅を強く警告しました。長周新聞が当時の斎藤の「反軍演説(粛軍演説)」を紹介しています。
とりわけ今の日本に対する鋭いメッセージになっていると思われる部分です。
 「もし軍人が政治活動に加わることを許すということになりまするというと、政争の末、ついには武力に訴えて自己の主張を貫徹するに至るのは自然の勢いでありまして、事ここに至れば、立憲政治の破滅は言うに及ばず、国家動乱、武人専制の端を開くものでありますからして、軍人の政治運動は断じて厳禁せねばならぬのであります。」
これは226事件をも念頭に置いた言葉ですが、現在、自衛隊幹部が国会議員に暴言を吐き、恬として恥じないことは、その水面下で何が起こっているのかを如実に示します。この対応を誤ることの危険を、当時、国会の場で堂々と訴えているのです。
 さらに、「いやしくも立憲政治家たる者は、国民を背景として正々堂々と民衆の前に立って、国家のために公明正大なるところの政治上の争いをなすべきである。軍部の一角と通謀して自己の野心を遂げんとするに至っては、これは政治家の恥辱であり、堕落であり、また実に卑怯千万の振る舞いであるのである。」
胸のすくような発言ではありませんか。
今この言葉を晴れ晴れと聞くことのできる政治家がどれほどいることか。
 しかし今も昔もやることは同じ、拍手と同時に凄まじいヤジで演説は聞こえなくなります。そして、国会の速記録からは演説の後半部分をそっくり削除されます。当時から真実を書き換えていたのか。さらに斎藤は軍部の怒りを買い、じきに議会から懲罰動議を受け、所属する民政党からは離党と謹慎、除名処分を迫られます。不屈の斎藤は、自ら離党し、議会除名処分に対しても、戦中の選挙で激しい軍部や右翼の選挙妨害にもかかわらず、トップ当選で応えました。斎藤が除名処分になった背景として、長周新聞では、野党が軍部になびいたこと、その頃には共産党はすでに壊滅状態であったことが書かれています。
 民主主義が崩壊する時、いくつもの兆候が現れ、気付いた時には取り返しがつかなくなっている。当時の斎藤の演説は、弾圧の中でかき消され、議会は大政翼賛会へと向かいますが、その教訓はむしろ今に向けられたメッセージだったのかもしれないと思うのです。
(まのじ)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
配信元)
————————————————————————
軍部主導の内閣暴走と闘った斉藤隆夫 太平洋戦争前夜の「反軍演説」にみる
転載元)
戦前、青年将校による5・15事件や2・26事件を契機に、政党政治の崩壊と軍部主導の内閣の暴走が強まるなかで、国民は筆舌に尽くしがたい戦禍にたたき込まれた。同時に、政党が自滅し大政翼賛会に合流するなかで、それに対抗し、国会で体を張って演説主張し、国民の熱い支持を得た気骨ある政治家もいた。当時、正面から軍の暴走を批判し、議会から衆議院議員を除名された斎藤隆夫(当時70歳)もその一人である。


演説する斎藤隆夫(1940年)

 1940(昭和15)年2月2日、斎藤隆夫は、所属していた民政党の異端代議士として、米内光政首相(海軍大将)の施政演説に対する代表質問に立った。そこでおこなったのが、日中戦争がはじまって2年半が過ぎたのに、「陸軍はひたすら聖戦と称して、国民が疲弊している状態にあることを知ろうともせず、戦争継続のみに政党政治を解体せしめるかのような動きを示している」と批判する、1時間半にわたる「反軍演説」だった

 「反軍演説」では、「この間においてわが国民が払った犠牲、すなわち遠くは海を越えて支那事変のためにどれだけ日本の国費を費やしたか (中略)

それ等の軍費は、ことごとく日本国民の負担となる、日本国民の将来を苦しめるに相違ない。かの地に転戦する100万、200万の将兵諸士をはじめとして、近くはこれを後援する国民が払った生命、自由、財産その他一切の犠牲は、いかなる人の口舌をもってしても、その万分の一をも尽くすことはできない

 「しかるに、この不公平な事実を前に置きながら、国民に向かって精神運動をやる、国民に向かって緊張せよ忍耐せよと迫る、国民は緊張するに相違ない、忍耐するに相違ない、しかしながら国民に向かって犠牲を要求するばかりが政府の能事ではない

» 続きはこちらから

地球ニュース:トランプ大統領を巡る陰謀が激化

 このところ、米国内のクーデターや世界規模の偽旗テロの可能性について、連続して耳にしたので記事にしておきます。一方は良識派からのリーク、他方は抵抗勢力の抗争話です。
 まずは良識派からの警告。追い込まれたグローバリストは、各地のスリーパーセルを起動させ、世界のどこかで一大偽旗を起こして、それを北朝鮮かイランのせいにすることを計画しているそうです。特に、トランプが金正恩と会うのに合わせて、北朝鮮が犯人の偽旗かEMP攻撃を起こし、「ほら和平を望んだトランプは浅はかだった!」と恥をかかせたいのだとか。
 そして抵抗勢力は、トランプを失脚させようとJFK同様のクーデターを画策しています。つまり暗殺も辞さないということです。

 ちなみに最後の方で、チャック・シューマーにインタビューをしているのは、一応レイチェル・マドーって超有名人です。9.11で息子を亡くした父親が政府の公式見解に異を唱えたのを番組でえげつなく罵倒した映像を見て以来、ホントこの女性が生理的に駄目なんですよねー。
 シューマーが似た波動を感じ取ってマドーに気を許した結果、うっかり失言したのだとしたら納得出来ます。両者ともにディープ・ステートに仕えていると噂されているので。
(Yutika)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
トランプ大統領を巡る陰謀が激化


アレックス・ジョーンズ氏:トランプ大統領を第三次世界戦争へと誘導する動き


4月21日、アレックス・ジョーンズ氏が幾つもの信頼出来る情報筋から警告を出すようにしつこく言われたので、と自身のInfoWars(インフォーウォーズ、意味は「情報戦争」)局で動画をアップしました:


「今や経済が上向きになり、ロシアとトランプ大統領の“共謀”とやらが崩壊しつつあり、コーミー、マッケイブ、リンチ、ヒラリー等に対する犯罪追及の準備が整いつつあり、しかもこれらがニュースで取り上げられるようになり」、ディープ・ステート側の資金が断ち切られつつあります。

パニックに陥った彼らは、「企業スリーパーセル【※潜伏工作員】、イスラム系スリーパーセル、ピリピリしている精神疾患の人々だとか諸々」のスリーパーセルのスイッチを「来月……一箇月半先の6月か7月……6月の終わりか7月」にかけてオンにするつもりなのだそうです。

※私の勝手な“スリーパーセル”のイメージです。市井のごくありふれた人がある日突然、頭の中に声が聴こえて、かつて洗脳された時に埋め込まれた別人格に切り変わる、みたいな。意図的に身を潜めている悪人もいるのかもしれませんが、やっぱり王道はMKウルトラ&神の声兵器のコンボっす。

アレックス・ジョーンズ氏曰く、「グローバリストは自分たちがおしまいなのだと理解したんだ。奴らは負けたと分かってる。人類が尊厳と正義と自由市場のルネッサンスの風潮に目覚め始めていることを分かっている。そしてどうしたらいいのか頭を抱えている。だから奴らはこの国や其の他の国々でテロ事件をでっち上げてやろうとなった訣だ。奴らはこれを北朝鮮だの諸々【※イランやシリア】に繋がるようにして、トランプが平和条約を【締結】するのをおじゃんにしたいのだ。奴らは常に朝鮮半島を核武装させておきたいからな」だそう。

彼はこの件について、国務省の上下を問わず、CIAの最も上位の5名から、司法省から、研究者関係からと、様々な情報源によって数箇月前から伝えられていたのですが、第三次世界大戦話で人々を怖がらせるのはどうなのだと公開するのを躊躇っていました。

3月になると、上記の様々な情報筋から沢山の電話や訪問を受け、「グローバリストは米国内で大掛かりなテロ攻撃を複数実行して、北朝鮮との戦争を開始し、それからイランやシリアとも始めようとしている。シリアはその引き金で、トランプはまさしく今その圧力を掛けられている」と、アレックスの口から伝えて欲しいとせっつかれたそうです。

どうやら3箇月前に金正恩は、平和路線に転向するように説得されたのだとか。でないとグローバリストの計画通り「EMP爆弾がニューヨーク・ロサンゼルス・リヤド・ロンドンに落とされることになる。何千億【人】もの被害が出て、あちこちで暴動が生まれて、そこから新たな戦争【※第三次世界大戦】が北朝鮮や中国と始まり、それで西洋はお前を核爆弾で始末するんだぞ」と。当のグローバリストはその間一年ほど、地下に潜って核の影響をやり過ごす計画でした。ソルカ・ファール女史がこの前話していた「核の冬」のシミュレーションですね。


そして複数の情報源が予告した通り、実際に金正恩が説得に応じて和平条約締結に同意したと発表され、其の他にも彼らが言ったことが実際に起こり、アレックス・ジョーンズ氏は情報の拡散を決意しました。

ということでトランプ大統領が「この条約締結に向けて動き出し、金正恩と来月会おうとする最中、奴らはテロ攻撃を仕掛けて、更にはEMP攻撃すら起こしてこの【平和への動き】全てを邪魔するつもりなのだ。そして『おやおや、トランプのせいだよ、これは全部彼が引き起こしたんだ』と言ってのけるのさ」、「これが現在のグローバリストの計画だ」とのことです。

……安倍一味の不快なニュースが続く中、やっと朝鮮半島の良いニュースでほっこりしたというのに、カバールが再び水を差して来ます。負けを悟ってEMP攻撃って、目指すは特攻隊か何かなんでしょうか、この人たち。

本物が死んでクローンなだけでしたら、出所後はこの位で許してあげるのに:
※「昔はそれなりの人物だったの」というプラカードを掲げるヒラリーのコラ画像。元ネタはポール・ベタニー監督の『Shelter(シェルター)』という2014年の映画です。

» 続きはこちらから