2018年5月5日 の記事

9.11はロスチャイルドKM(ハザール・マフィア)のために、ベンヤミン・ネタニヤフが指揮を取って、モサドなどと共に引き起こしたイルミナティによる犯罪

竹下雅敏氏からの情報です。
 この記事は、ベンジャミン・フルフォード氏が推薦しているものです。約30ページの長文で、じっくりと腰を据えて読む必要がありますが、“ハザール・マフィアの知られざる歴史”を知る上で、大変貴重なものです。その中から、9.11に関する部分のみを抜粋しました。記事によると、9.11はロスチャイルドKM(ハザール・マフィア)のために、ベンヤミン・ネタニヤフが指揮を取って、モサドなどと共に引き起こした犯罪だということです。
 ツインタワーは小型核で破壊され、それはニューヨークのイスラエル大使館で保管されていたと書かれています。ペンタゴンへの攻撃は飛行機の激突ではなく、イスラエルの潜水艦から発射されたトマホーク巡航ミサイルによるものだということです。着弾と同時に、前もって仕掛けられた爆弾を爆発させたと書かれています。
 記事には、ベンヤミン・ネタニヤフの言葉があります。「もし我々が捕まっても、彼らが我々をよく似た人物と入れ替えるだけだ」と発言しています。これは、もし捕まっても、よく似た人物(替え玉)が罪を被り、自分たちは解放されると言っているのだと思います。ネタニヤフの言う“彼ら”とは、引用元の記事によると“サークルオブ12の上層部のこと”であり、“自らを「イルミナティ」あるいは「サタンの奉仕者たち」と呼ぶ集団”であると言っています。要するに、9.11はイルミナティの犯罪であるということです。
 実は、9.11の後、広島で講演会を行い、9.11が自作自演であることを、様々な状況証拠から断定しました。当初から、ペンタゴンへの攻撃は飛行機の激突ではなくトマホークによるものであり、着弾と同時に予め仕掛けてあった爆弾を爆発させたと説明しました。また、この攻撃を行ったのはイルミナティであることも示しました。ツインタワーが制御解体であることは当然ですが、当時の情報では、小型核が使われたというところまでは突き止められませんでした。しかし細かい部分は別として、私の当初の想定はそのほとんどが正しかったということがこの記事でわかりました。
 事件後しばらくすると、「9.11ボーイングを探せ」という重要な動画が出てきました。情報の拡散のために複製の許可を取り、50本のビデオを複製し、ある人物に託しました。その中の1本は沖縄に駐留している米兵も見たようで、動画の内容にショックを受けていたということを聞きました。
 当時、ベンジャミン・フルフォード氏はいわば正統派のジャーナリストで、9.11が自作自演であることを信じてはいませんでした。確か、中丸薫氏にこのビデオを強く勧められて見たことで自作自演を確信し、自ら調べ始めたと記憶しています。今のフルフォード氏の活躍の起点になったビデオだと言えると思います。
 記事に戻りますが、ここに書かれている歴史はその大部分がロスチャイルド家に関わるもので、ここでのイルミナティは、時事ブログで「裏のイルミナティ」と表記している組織です。こちらは、実は悪魔ではなく、「光の銀河連邦」が霊導していた組織です。なので、間接的にマイトレーヤを中心とする12人の覚者(アセンデッド・マスター)に繋がっていました。
 もう一つ、時事ブログで「表のイルミナティ」と表記した組織があり、こちらはアダム・ヴァイスハウプトが創始した組織で、イエズス会によって作られたものです。表のイルミナティは闇の館(ブラック・ロッジ)に繋がっています。ブラック・ロッジの大主たちが悪魔、悪霊と呼ばれる者たちで、彼らと協力関係にあったのが、コーリー・グッド氏が接触した古代地球離脱文明の7つのグループです。表のイルミナティの頂点には、ゾロアスターの13家が居り、彼らの上にブラック・ロッジの大主たちが居るという構造です。
 裏のイルミナティの頂点にはイルミナティの13家が居り、ピラミッドの冠石の部分はロスチャイルド家であったことを、内部告発者のジョン・トッド氏が暴露しています。彼らを霊導していたのが光の銀河連邦の宇宙人たちで、その上にハイアラーキーの覚者たちが君臨していました。覚者たちはサナット・クマーラ(ルシファー)に仕えていました。
 この2つのイルミナティは、互いに敵対関係にありながら、地球を滅ぼし、ハルマゲドンをもたらすために協調する関係でもありました。2つのイルミナティの組織は、覚者たちが降臨してサナット・クマーラ(ルシファー)を人類に受け入れさせるための道具として機能していました。覚者による地球支配があと一歩で完成するところだったのですが、天界の改革によって根こそぎに滅ぼされたということになります。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
VETERANS TODAY March 8, 2015
途方もなく邪悪な
ハザール・マフィアの知られざる歴史
プレストン・ジェームス&マイク・ハリス
引用元)
(前略)
ハザール・マフィア(KM)は(中略)… 2001年9月11日に内部犯行のグラディオ式偽旗作戦のアメリカへの攻撃を展開した(中略)… ということを、我々は正確に知っているのだ。
(中略)
KMは国防総省内部の彼らの重要なスパイ活動の仲介者を利用して、有能で脅威となる捜査官たちを、ドイツから購入したイスラエルのドルフィン級潜水艦から発射されたトマホーク巡航ミサイルで暗殺しようと、ペンタゴンの海軍情報部会議室へ誘い出した。 

テキサス州パンテックスの廃棄された350個のW54小型核弾頭のデイビー・クロケット戦術核を、貯蔵庫の裏口から盗んだイスラエル人を捜査し、追跡していた有能で脅威となる35名の捜査官は、新たに構造を堅牢にしたが無駄になった海軍情報部のウイング(建物の一部)に、前もって仕掛けられた爆弾の爆発に合わせて命中したトマホークによって殺されたのである。
(中略)
イスラエル・モサドのフロント企業アーバン・ムービング・システムズは、パンテックスから盗んだ(もとはハンフォードの核処理施設で作られた)W54小型核弾頭《総重量23kg》で作った小型核を輸送するために利用され、それはニューヨーク市のイスラエル大使館で保管され、2001年9月11日に爆発させるためツインタワーに運ばれた。 
(中略)
ベンヤミン・ネタニヤフは、モサドのたまり場としてよく知られているエルサレムのフィンクス・バー《スパイの酒場》で会合をしていた。以下は目撃されて、100%完全に本物と証明された録音を、直接文字化したものから抜粋した彼がした話である。

もし我々が捕まっても、彼らが我々をよく似た人物と入れ替えるだけだ。だから人が何をしようが関係ない。アメリカは金の子牛(お金や富)であり、我々は骨の髄までしゃぶり、切り刻んで、何も残らなくなるまで少しづつ少しづつ売っていくが、しかし我々が創造し、支配していく世界最大の福祉国家でもある。なぜか。それが神の意思であり、アメリカは我々が何度も何度も打撃を与えても、生き残るのに十分に大きい。これこそ我々が憎悪する国にすることなのだ。我々の奴隷になるのを拒んだ報いを確実に受けるように、彼らをゆっくりと壊していくのだ。」
(中略)
ビビ・ネタニヤフが神の意思と言及するとき、彼が言う神とはバール(またの名をモレク《元来はモロク》あるいは偉大なフクロウ)であり(中略)… そうした人間たちは、デンバーで半年ごとに子供を性的に虐待した後で生贄にし、子供たちの心臓を食べ、その血を飲む。
(中略)
もうすぐアメリカの大勢は、ビビ・ネタニヤフと彼のリクード党が、ロスチャイルドKMのために2001年9月11日のアメリカに対する攻撃を実施したということを知るだろう。 
(以下略)

麻生財務相「セクハラ罪という罪はない、殺人とは違う」―セクハラによって女性を傷つけたことは眼中にない

竹下雅敏氏からの情報です。
 阿呆大魔神が、またも燃料を投下しました。福田前財務次官の処分の理由は、“役所の品位を傷つけた”からだということで、セクハラによって女性を傷つけたことは眼中にないようです。
 “セクハラ罪っていう罪はない”と発言していることから、福田前財務次官のセクハラ行為は、さほど問題視していない様子が窺えます。
 確かに、安倍政権の行っている事を見ると、罪でなければ道義的な問題などどうでもよく、何をやっても良い。罪を犯していても言い逃れで何とでもなるということでしょう。自分たちは法の上に居るという感覚です。
 そうした驕りがこのような発言につながるのだと思いますが、見方を変えると、“真正のバカ”だとしか言いようがありません。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
麻生財務大臣「セクハラ罪という罪はない」(18/05/05)
配信元)
————————————————————————
麻生財務相「セクハラ罪という罪はない、殺人とは違う」
引用元)
(前略)
麻生太郎財務相は4日、訪問先のフィリピンでの記者会見で「1対1の会食のやりとりについて、財務省だけで詳細を把握していくことは不可能だ」と述べ、調査を打ち切る考えを改めて示した。
(中略)  
麻生氏はセクハラの認定については「セクハラ罪っていう罪はない」「殺人とか強(制)わい(せつ)とは違う」などと発言。
(中略)
処分の理由については国会審議への影響のほか、「役所に対しての迷惑とか、品位を傷つけたとか、そういった意味で処分をさせて頂いた」とし、財務省としてセクハラを認定したことは挙げなかった。
————————————————————————
配信元)
 
 
 

[Twitter]娘がレゴで一生懸命つくったカラクリ箱

読者の方からの情報です。
お嬢さんがおいくつであるとか、全く不明ですが
素晴らしい。
(メリはち)
————————————————————————
娘がレゴで一生懸命つくったカラクリ箱
配信元)

5年前、安倍政権の政府高官は言った。「我々は選挙で『戦争したっていい』と信任された」〜 こんな非常識を縛るために憲法がある

読者からの情報です。
呆れて物が言えなくなるんだけど、
取り上げないと、

私の周囲の人たちには、未だに「安倍さんのかわりいないよね」
よらば大樹の影で自分に利益があると勘違い甚だしいヒトが多いです。
(ヒトと言えるか否か不明ですが)

地方紙がんばれ
(DFR)
 5年前、安倍政権の政府高官が、酔って「我々は選挙で『戦争してもいい』と信任されたわけだからね。」と番記者たちに言ったそうです。当選したら何をやっても良いと思えるアンポンタンを縛るために、日本国憲法があるのは誠にありがたいことです。小学生からやり直していただきたい。
 当時は、特定秘密保護法案が国会に提出され批判を呼んでいた時期で、「国民はガタガタ言わずに従っていろ」という政権の本音が表れた言葉でしょう。ゆるねと管理人さんは、こうした本音を重視し、「秘密保護法や安保法、共謀罪などを強行採決し」日本を再び戦争に追いやろうとしていると警告されています。
ナチス・ドイツの「戦争を引き起こす為の簡単な方法」は日本で成功しているだろうか?
 「自分達が外国から攻撃されていると説明するだけでいい。そして、
  平和主義者については、彼らは愛国心がなく国家を危険に晒す人々だと
  公然と非難すればいいだけのことだ。
  この方法はどの国でも同じように通用するものだ。」
(まのじ)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
安倍政権の政府高官「我々は選挙で『戦争したっていい』と信任された」
引用元)
西日本新聞が取り上げた政府高官の発言内容が物議を醸しています。

問題となっているのは安全保障政策に関する安倍政権の政府高官の発言で、西日本新聞の記事には「極端なことを言うと、われわれは選挙で『戦争したっていい』と信任されたわけだからね。安全保障の問題とか、時の政権にある程度任せてもらわないと前に進めない」というようなコメントをしていたと掲載されていました。

これは5年前に東京で政府高官を取材した時の言葉で、当時は特定秘密保護法を巡って世論の関心が高まっていた時期です

(以下略)

————————————————————————
【戦争屋の本音】5年前のある日に発せられた、安倍政権の政府高官の声「極端なこと言うと、我々は選挙で『戦争したっていい』と信任されたわけだからね」
転載元)
(前略)

戦争屋の傀儡政治家の”本音”が凝縮された言葉!軍産複合体の利益のために、無垢な市民を大量虐殺することにも何の痛痒も感じない「悪魔」のような人間たち


「何故5年前のその時にこれを伝えなかったのか?」「この高官とは一体誰なのか?」など、様々な疑問は尽きないけど、相当に衝撃的な発言であることは確かだ。

一般的に“タカ派”と認識されているトランプ大統領ですら、こんな過激な発言はしたことがないし、何よりも、トランプなんかよりもよほど過激で危険な連中が日本の政治の実権を強力に握っていることを、日本国民はもっと認識するべきだ

そして、目先のお金や権益ばかりに目がくらんでしまうと、いかに重大な“落とし穴”を見落とし、取り返しのつかない展開を招いてしまうものなのかも知っておく方がいい。

こうした「本音」は、間違いなく安倍政権の主要政治家たちの“総意”だし、文字通りに(ワシントンDCの戦争屋勢力から)安倍政権に課せられた役目とは、「日本を戦争が出来る国に変えること」それだけだ。

現に、その「命令通り」に、秘密保護法や安保法、共謀罪などを強行採決し、さらには“憲法改悪”を通じて、“国民主権”のシステムを徹底的に破壊した上で、日本国民を有無を言わさずに戦争に追いやり、「かつての悲劇」を再び繰り返させようとしている

ネット上に目をやっても、かつての戦争の時のように「愛国心」をひたすら煽っては、政府批判をする人間を「反日」などとよってたかって攻撃するような光景もなんら珍しくもなくなったし、まさしくナチス・ドイツのヘルマン・ゲーリングが残した「戦争を引き起こす為の簡単な方法」が再び日本国内で実践されている状態だ

(以下略)

独逸の伯林で見た、聞いた、感じた難民問題、移民問題 ~間奏曲 ハンガリー・ブダペストへの旅

これからの2回は、間奏曲としての記事をお送りいたします。

まず第1回目は、春の独逸伯林から、ハンガリー・
ブダペストへの旅です。2017年の春の旅からです。
(ユリシス)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————

ハンガリーのブダペストへの旅


旅というものは、日常生活から逸脱して、
全てを解放してくれて、新しい考え方、価値観を
取り入れやすくしてくれるもの
です。
リフレッシュできますね。

ブダペスト東駅


ドイツ人は世界中で一番旅をする国民と言われています。
休暇のために、普通は働いている・・とも言われています。
休みも3週間、1か月と普通にとる
のです。
ドイツ人の好きな旅行先は、マヨルカ島、カナリア諸島です。
太陽を求めていることがわかります・・。

我が家は、ハンガリーのブダペストへの旅をしました。
ベルリン在住のため、東欧への興味がそそられるからです。

ブダペストの街中で


ハンガリーといえば、何を連想しますでしょうか・・。
ハンガリー舞曲、ハンガリー狂詩曲、投資家のジョージ・ソロス、
ルービックキューブの発祥地、ボールペンの発明・・・
グヤーシュというスープ・・・マジャール人・・
カロチャ刺繍・・トカイワイン・・・そして、温泉天国!?

我が家は、ベルリンから電車でベルリン、ドレスデン、
チェコのプラハ、スロバキアのブラスチラバを経由して、
ボヘミア地方を南下してハンガリーのブダペストに到着しました。

経由したスロバキアの首都ブラスチラバ


» 続きはこちらから