18/4/30 フルフォード情報英語版:サウジ・イスラエリアが終局を迎えつつある中東で一大最終決戦か

 今回はサウジアラビアとイスラエルを一括りにした「サウジ・イスラエリア」なる造語が出て来ます。アニメの『ザ・シンプソンズ』で登場する位ですのでフルフォード氏オリジナルではないのですが、まだそこまで浸透はしていない気がします。表向きは敵同士だと思っている方が多いからでしょうか……私自身、何年か前にパレスチナの人がサウジアラビアを蛇蝎の如く嫌悪しているのを動画で見て驚いたことがありました。
 その後、サウジのエセ過激イスラム教(※一応「ワッハーブ派」とか名乗っているらしい)は偽ユダヤの擬態の一つだと学んで、やっと二箇国が繋がるようになりました。
 イスラエルのパレスチナ虐めがこのところ悪化しております。朝鮮半島の平和が早めに確実なものとなり、中東問題に皆が取り掛かれるといいのですが……カバールって、何故にあそこまで往生際が悪いのでしょう。安倍同様、終わり方がすこぶる美しくありません。
(Yutika)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
サウジ・イスラエリアが終局を迎えつつある中東で一大最終決戦か
投稿者:フルフォード

サウジ・イスラエリアの孤立化


朝鮮半島の平和により、ハザールマフィアが第三次世界大戦を中東で起こそうと全力投入してくることになった、と複数の情報源が口を揃えていた。この結果、イスラエル及びその同盟国のサウジアラビア――合わせて「サウジ・イスラエリア」と呼ぶことにする――の命運を恐らくは決することになるであろう大掛かりな戦闘が今、中東で繰り広げられているのだ。悪魔主義の血筋か・人民か、この戦闘は西洋の支配権をも決することとなるだろう。

イスラエルが先週シリアを核兵器で攻撃し、ロシアの報復に自らの身を曝すことになったのもこのせいだ、とペンタゴン筋は言う。当該核攻撃の映像は組織的にネット上から削除されていっているが、この記事をアップする時点では以下で見ることが出来た:
https://www.youtube.com/watch?v=0myBgHQdnBc


この核攻撃は、サウジアラビアの事実上の指導者であるムハンマド・ビン・サルマーン皇太子の暗殺に対するサウジ・イスラエリアの報復だったのではないかと伺わせる点が幾つかある。サルマーン皇太子は先週、王宮内部での激しい銃撃戦が報告されてから公けの場に姿を現していない。マイク・ポンペオ米国務長官が週末訪れた際、報道陣【の前】に唯一【出て来て】話していた人物は偽者の国王だ。
https://www.zerohedge.com/news/2018-04-21/gunfire-explosions-heard-near-saudi-royal-palace-king-salman-reportedly-evacuated
http://www.arabnews.com/node/1293416/saudi-arabia


しかしながら、この地における戦場の霧はとりわけ濃く、【舞い上がった】ほこりがもう少し落ち着くまでは、起こっていることの多くが把握出来ないだろう。

何にせよ、サウジ・イスラエリアがこの地で加速度的に孤立していっているのは明白で、トルコ・イラン・エジプト・カタール・イラク・シリア其の他この地域の国々が揃って敵対しているのだ。

シリアから軍隊を撤退させてイラクへ移すという米国の決定は、この地域の米国の石油資源に対する支配が脅かされない限り、米軍はロシアのいかなる攻撃からもサウジ・イスラエリアを防御しない、というロシア勢とその同盟諸国へのメッセージである、と複数のペンタゴン筋が言っている。

悪魔主義との闘争


この闘争は何も中東に限ったことではない。古い悪魔主義の血族連中が地球の支配を保持しようと足掻いているせいで、欧洲や米国やロシアでも地表の上へ下へと猛威を振るっているのだ。

この壮大な戦いの目に見える印は、フランスのロスチャイルド奴隷エマニュエル・マクロン大統領が米国のドナルド・トランプ大統領を先週訪れた際にも表れた。ペンタゴン筋から送られてきた以下の写真に収められている。

【※元記事で掲載されていたのと同じ瞬間の画像に差し替えています。】

ペンタゴンの【写真に添えられた】但し書きはこうだ:「マクロンが悪魔主義の手の形を披露する傍ら、メラニア・トランプは【同じく】4月24日にホワイトハット【※恐らく上の写真でメラニアさんの被っている「白い帽子」という意味と、「良識派」という意味を掛けているが支配権を握ったとロスチャイルド家へメッセージを送った。


イランの核の真相


トランプとの面会で、マクロンはイランに核兵器を持たせないようにする筈のイラン核合意を支持するフリをしてみせたが、一方でロスチャイルド家がイランに資金と核兵器の両方を提供してきたのであり……

イランの王族の面々曰く、これは奴らの第三次世界大戦開始に向けた経済的な努力の一つだったのだ。イラン勢は未だにブッシュ政権から送られてきた中性子弾頭ミサイルを複数有している。何故なら返還【しようとした】がオバマ政権に受け取りを拒否されたからだ、と同筋は言った。

つまり真の戦いは、ハザールの支配する企業メディアによって我々の頭の中に何度も五月蝿く入ってくる「イランが核兵器を得ることを防ぐ」というものではない。真の戦いは、中東に本物の平和を望む人々と、ハルマゲドンを始めようと試みる宗教的狂信者どもの間で起こっているのだ。

シリアに対する核攻撃【の次】に、イスラエルかサウジアラビアに対する報復攻撃が続くのはほぼ確実である。狂信者どもが自身の命の危険に怯え、世界大戦を開始することで助かろうと模索しているからだ。

白龍会とその仲間は、イスラエル・イラン・サウジアラビア・欧洲・ロシア・米国其の他の地域からこれ【※世界大戦】を起こそうと企む支配者を組織的に排除していくことで、核地獄にエスカレートするのを防ごうとしている。


消されていく悪魔主義者


悪魔主義者に対する米国内の戦いは、25,500件の極秘起訴がまだ実行されていないとはいえ、ほぼ終わりかけている。先週新たにポール・ライアン下院議長が粛清された権力者リストの総覧へ加わった。

思い出して頂きたい、ジョージ・ソロス、デイヴィッド・ロックフェラー、ズビグネフ・ブレジンスキー、ヒラリー・クリントン、バラク・オバマ、バーバラ・ブッシュ、ジョン・マケイン等々は、今や画面から姿を消していることを。

悪魔主義者はクリントンだのジョージ・ソロスだのビル・ゲイツだのといった主要な人物をデジタル処理で生き返らせながら、この粛清が起こっていないかのような幻影を作り出そうとしている。例えば先週は、ゲイツの生物兵器で何百万という人々を殺す【ことを意味した】遠回しの脅しをリサイクルしてみせた。
https://gizmodo.com/bill-gates-warns-30-million-people-could-die-from-flu-p-1825615528


こういったデジタルを用いたトリックが、以上の人間がいなくなったという現実を変えることはない。しかしながら、英国のテリーザ・メイ、フランスのマクロン、イスラエルのベンヤミン・ネタニヤフ、ドイツのアンゲラ・メルケルといった悪魔主義の指導者は依然としてその場に留まっている。


欧洲での次なる粛清


マクロンの排除が恐らくは次の動きとなるだろう。「フランスで唯一合法の司法当局である国家移行評議会の最高裁判所が、マクロンと奴の違法な政府に対する逮捕状を発し」、5月5日当日かその前後で実行したいと望んでいる、と評議会は言っていた。

評議会は、マクロンが先週ワシントンで悪魔主義の手の形を作ったのに加え、【自身の】大統領官邸に悪魔主義のシンボルを飾り、【選挙当日の】指名受諾演説ではピラミッドの上部の【プロビデンスの】目のすぐ下に自分の頭が来るように立っていた、と指摘する。
https://www.francetvinfo.fr/politique/emmanuel-macron/les-cinq-elements-de-decor-qu-il-fallait-voir-pendant-l-interview-d-emmanuel-macron_2422097.html
https://www.youtube.com/watch?v=yqzclCq4qg0


先週ワシントンでマクロンとトランプによって植えられた楢の樹がなくなっているのも興味深い点だと評議会筋は言っている。
https://twitter.com/Breaking911/status/990714893677494272
【※リンク先は現時点でアカウントが凍結されているので、代わりに関連画像を入れておきます。】


英国では、先週アンバー・ラッド内務大臣が表向きは移民に対する不当な扱いを理由に辞職を余儀なくされ、四面楚歌のメイ首相は主要な仲間を失った。英国の内務省はMI5スパイ部門を統轄しており、実際にはラッドは戦争を誘発することが目的の英国とシリアの偽ガス攻撃話に関与していたために排除されたのだ、とMI6筋が言っていた。


ロシアに対するカバールの攻撃


ロシアでも沢山のハイレベルな陰謀が進行中であり、ハザール連中が不正選挙だの人々をガス【攻撃】しているだの云々とヒステリックに非難している。以下の機密情報は、ロシアの諜報機関内部のとある白龍会筋から我々に送られてきたものだ:

FSB【=ロシア連邦保安庁】とネットを管理する政府機関は“テロとの戦い”という口実の下、数多くのサイトとドメインをブロックし始めました。しかし、実際には彼らはインターネットを外部リソースから閉鎖するという実験を行っているのです。

私はこの話の商業的な側面を見てみましたが、ロシア側のインターネット全体の著名なポータル、リソース、メディア等々はユダヤ人が独占的に所有しているのです。おまけに奴らはフェイスブックの株も保有しており(10%)、更にあの会社の株を買い占めようとしています。

奴らは、繋がりがないように見せかけながらも実際には繋がっている様々な人々や組織を使い、株を買っている犯罪集団の一部なのです。この集団はロックフェラー家と幾つかの政府【諜報】機関に通じています。」


思い出して頂きたいのだが、フェイスブックはデイヴィッド・ロックフェラーの孫マーク・ザッカーバーグによって支配されている。

同筋は、ロシアのインターネットを支配しようとするこの動きが、何らかの形で仮想通貨の所有を懲役4年の犯罪としようとするロシア内部の動きとも繋がっていると言っていた。

ロシアのインターネットを乗っ取ろうとする現在進行中のこの動きは、ロシアの世論を終末戦争支持へと持って行こうとする試みだと見るのが妥当な線ではないか。またロシアのキリスト教復興を弱体化させる戦略でもあると思われる。


現在の焦点は朝鮮半島の平和


いずれにせよ今のところ、絶え間のない戦争を終わらせ【ようとする試みの】焦点は、朝鮮半島の和平プロセスを完了させることに集中するだろうと、複数のペンタゴン筋が言っている。この目標に向けて、ハリー・ハリス大将が大使という形でソウルに送り込まれ、統一朝鮮の軍政長官となる予定だ、と同筋は言う。

アジアの白龍会筋曰く、朝鮮問題が解決すれば、和平仲裁の焦点はサウジ・イスラエリアへと移るだろう。


翻訳:Yutika

註:【 】内は訳者の解説部分です。訳文は日本語での読み易さを優先し、原文とは異なる形で文や段落を分割することもあります。また見出しやツイッターおよび動画も挿入しています。

お願い
フルフォード氏ご本人から快く許可を戴き、英語版レポートを毎週シャンティ・フーラで翻訳させて頂いております。フルフォード氏がこれからも貴重な活動を続けられますよう日本語版メルマガの有料購読、並びに英語版サイトへの有料登録(※日本語での説明はこちらの本文冒頭部分にございます)をご検討頂けないでしょうか。ご無理のない範囲で少しでも応援して頂けますと幸いです。皆様、どうぞ宜しくお願い申し上げます。

Writer

Yutika

体癖:8−2、エニアグラム:4
関西の英語塾で教えつつ、翻訳業(英語&仏語)をしております。


Comments are closed.