18/5/29 フルフォード情報英語版:ワシントンD.C.・欧洲・ブラジル其の他各地で西側の内戦が激化し、新たな金融危機の可能性

 欧米でカバール粛清の戦いが激化しています。血統主義を唱えるヨーロッパの各名家とアメリカ的な実力主義を唱えるグノーシス・イルミナティの対立が根っこにあるそう。そして現在の火薬庫はイタリアとスペイン。ナチスの亡命先、南米でも反カバールが擡頭しつつあります。
 また、これまでも逮捕されたカバールが仲間を売って必死に命乞いをしているという話題はありましたが、やっと具体名が出て来ました。ロリータ島で世界の王侯貴族や有力政治家連中を接待&脅迫していたジェフリー・エプスタインと、ハリウッドの大物強姦魔ハーヴェイ・ワインスタインです。
 司法取引で温情をかけられるかと思うと腹が立ちますが、悪魔は義理人情なんざ持ち合わせてませんわな。怒れる一般国民から保護するって名目を設けて、グアンタナモに終身刑でお願いします。
(Yutika)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
ワシントンD.C.・欧洲・ブラジル其の他各地で西側の内戦が激化し、新たな金融危機の可能性
投稿者:フルフォード

真の対立構造


西洋のエリート層内部における宣戦布告なしで始まった内戦だが、どちらの側も大規模攻勢を仕掛けており、猛威を振るい続けている。これは突き詰めれば、欧洲で最も強固な古い貴族階級の血統家系連中と、今や米国内で広く受け入れられた血統【支配】に反対するグノーシス・イルミナティの間の戦いなのだ。

最大の戦場は依然としてワシントンD.C.である。旧体制側が命懸けで戦いを挑んでは、軍部の支持するドナルド・トランプ大統領の政権に負けを重ねている。

しかしながら欧洲の白龍会筋によれば、ロシアおよびまたは中国のユーラシア同盟が幾つかの古い血統の派閥と手を組み、欧洲での支配を固める動きに出ており、当該地域の状況も著しく激化してきた。

第一次世界大戦時の同盟関係を復活させたドイツとトルコは、反米の旗振り役となっている。またイタリアの新政府も、ユーロ圏に新たな動乱を呼び込みかねない動きを見せ、ハザールマフィア・カバールに対して公然と宣戦布告した。


アメリカでは文化面でもハザールが敗北


まずは米国内の状況から見ることにしよう。米軍はドナルド・トランプ大統領と一部の点で争いつつも、ある程度は大統領を支えている。この曖昧な姿勢は、旧体制の中に【巣食う】小児性愛者や其の他の腐った要素に対して継続されている大規模攻撃でもって見て取れる。

とあるペンタゴン筋による状況の概括は以下の通り:
「8箇月もの抵抗【を続けた】後、リベラル派は文化面での戦いで負けを喫して足元が覚束無くなっている。NFL【※ナショナル・フットボール・リーグ】は国歌斉唱の際に片膝を【地面に】付くのを禁止するよう追い込まれたし、ニューヨーク・タイムズの暴露記事から8箇月近く経ち、マンハッタンの検事たちはハーヴェイ・ワインスタインを逮捕するよう追い込まれたのだから」


加えて、アンソニー・ケネディー最高裁判事の間近に迫った引退により、トランプ政権は最高裁判所を掌握すると見られている、と同筋は言う【※自らの息のかかった判事を新たに任命出来るため】。これで司法システム内部にいるカバール工作員連中からの妨害なしに、長らく待ち望まれた大量逮捕を実行することが可能となるだろう、と同筋は指摘していた。

更にこれは文化面での諸々の戦いにも大いに変化を及ぼすことになる。家族的な価値観への押し戻しと、非生産的な性交渉の奨励からの巻き返しが、キリスト教徒の支持も相俟って強まるからだ。

この文化面での諸々の戦いの一環として、ハーヴェイ・ワインスタインの刑事裁判はハリウッドのエリート層に相当なプレッシャーをかけている。


複数のペンタゴン筋によれば、ワインスタインは「共産主義者【の嫌疑を逃れるために司法取引で仲間を売った】エリア・カザン監督についての本を持ち歩くことで、ハリウッドの他の捕食者や小児性愛者をタレ込むぞと合図を送っている」のだそうだ。カザンは「ハリウッド・ブラックリストの時代の1952年、アメリカ下院非米活動委員会で証人として証言し、多くのリベラル派の友人や同僚たちから激しい拒否反応を示されていた」。
https://en.wikipedia.org/wiki/Elia_Kazan


ハザールに脅されたトランプの不審な動きを押し留める軍部


他にも様々な密告者が沈みかけたカバールの船から降りようとして、盛んに喋っている。具体的には、エリート政治家連中を取り込んで脅迫したりするのに利用された小児性愛の島を管理していたジェフリー・エプスタインが、今ではFBIの情報提供者としてロバート・ミュラー特別検察官に【色々と】チクっていることが判明した。ミュラーは9.11などで経歴に傷がついたものの、現在は米軍のために動いているため、これは重要な点だ。


トランプ自身がこの小児性愛島を訪れたことがあるだけに、シリアやイランといった場所でイスラエルの命に従うよう脅迫され、その証拠を軍が取得しているところである、とペンタゴン筋は言う。

シオニストの脅迫によって引き起こされたトランプの中東での活動に対する反発は、「5月23日に下院が議会の承認なしにイランへ戦争の宣言をすることをトランプに禁じ、5月24日には議会は米国がゴラン【高原】をイスラエルの一部だと認める手段を封じ込めた」点に見て取れると同筋は言う。


言い換えると、シオニストのトランプに対して行った脅迫は、奴ら狂信者お待ちかねの第三次世界大戦を開始させる機会を生み出すには十分ではなかったということだ。


金融界での勝利


一方で其の他のペンタゴン筋は、先週シオニストが支配する諸々の銀行に対する一大勝利を収めたと言っている。その結果として、リーマン危機の後に不正にせしめた何兆ドルも【の金(かね)】が、今や新たな金融システムのために使われることになったのだそうだ。同筋曰く:

「……金(きん)に裏打ちされた米国ドルが地平線の向こうから姿を現し始めた;米国政府は銀行から金(かね)を借りることを止められる;ドナルド・トランプは恐らくは……

諸銀行が盗んでいたことが今や判明した23~43兆ドルの内、15兆ドルは貸方側に取り戻すことに成功したのではないだろうか;

そして――アメリカ国民にとって最も重要な点だが――その多くが退役兵である市井に暮らす信頼のおける世話役たちを介して、6月のどこかで第二次世界大戦直後以来お目に掛かったことのないレベルの雇用創出と新たな建設ブームを呼び込むために、一兆ドルが米国経済に投入される。主に黒人が暮らす都会の中心部や主に白人が暮らす田舎の貧困地域に対して大規模な投資が行われるというのが、この取り決めの一つなのだ。」

この金融界の動きは、もし実行されれば、旧オイルダラーの現在の主要な金銭的支援者であるサウジアラビア内で進行中の陰謀と確実に繋がる。同国の事実上の国王、ムハンマド・ビン・サルマーンは、2018年4月21日に自身の宮殿内で銃撃戦が報じられて以来、公の場に姿を現してはいない。


ブッシュ=ナチス派の終焉


イスラエルの特殊部隊が権力の座に就かせたサルマーンに対するこの動きは、サウジの工作員で元CIA長官のジョン・ブレナンに対する諸々の攻撃とも確実に関係している、と同筋は言う。ブレナンは今では反トランプの魔女狩り“ロシアゲート”全般の出所として非難されるようになった、と彼らは言う。


「[トランプの腹心]ロジャー・ストーンは『もうジョン・ブレナンはガラス瓶の蓋を開けて青酸カリでも服用した方がいいのでは』とブライトバート・ニュース政治部の副部長で日刊ブライトバート・ニュースの司会を務めるアマンダ・ハウスに述べた。『奴はこのロシア文書の一件を始めた犯人です。そのことについて宣誓下で嘘を吐いています。連邦刑務所の中で死ぬことになるでしょう』【と続けている。】」
http://treason.news/2018-05-25-roger-stone-former-cia-director-john-brennan-will-die-in-a-federal-penitentiary-treason.html

93歳のジョージ・ブッシュ・シニアにとって、子飼いのブレナンに差し迫る破滅がもたらすストレスは、再び入院した理由の一つになったに違いない。
https://www.upi.com/Top_News/U.S./2018/05/27/George-HW-Bush-hospitalized-with-low-blood-pressure-fatigue/6491527449383/?utm_source=dlvr.it&utm_medium=twitter

近々ブラジルでの軍事クーデターという形で、カバールのブッシュ=ナチス派閥に対するもう一つの打撃が訪れるであろう、と複数のペンタゴン筋は言っている。同国ではトラック運転手たちのストライキが経済を麻痺させてしまった。


この【ストライキ】は、同筋曰く「2016年に中央銀行の支配を掌握したシオニストの簒奪者ども」から、ジルマ・ルセフとルーラ・ダ・シルヴァという二人の元大統領へ権力を取り戻すことになる軍事クーデターの引き金となるべく期待されているのだそうだ。

シオニスト連中はこのところ、自分たちの工作員ジョン・ボルトンに挑戦的な見解を出させては、北朝鮮との和平交渉を頓挫させようと推進していたものの、そちらでも失敗している。この動きは北朝鮮の潜水艦に偽装したイスラエルの潜水艦による韓国への攻撃と足並みをそろえる筈だった、とペンタゴン筋は言う。しかしそうなるどころか、シオニスト連中は今回もまた潜水艦を一隻、韓国の近くで失う羽目になったと同筋は言う。


ユーロはスペインとイタリアが鍵


地球のための戦いは、欧洲でも猛威を振るっている。欧洲の市場の動向を見守っている者ならば、新たな危機が近付いていることを示す数多くの明白な兆候を目撃している【筈だ】。ドイツやフランスが益々ロシアや中国の方へと向きかけている中、注視すべきはイタリアとスペインである。

当該ニュースが展開していく中、とりわけスペインとイタリアがこれから先の数週間で大きく取り上げられることになる。大局的な視点で眺めるに、イタリアのGDPとスペインのGDPを合わせると3兆ドル以上の規模となる。別の言い方をすればギリシャのGDP1,940億ドルの16倍だ。ギリシャ危機【ですら】単独でユーロをほぼ解体しかけた【レベルだった】というのに、その16倍は大きな危機となる訣だ。

イタリアでは、イタリア経済を立て直す様々な計画の資金とするために新しい通貨の発行をすることで、ユーロに参加したがために同国の経済にもたらされた緩やかな破滅を何とかしようと考える政府が生まれた。

旧体制側はこのイタリアの新政権に対して立腹したあまり、イタリアの大統領セルジョ・マッタレッラが政権側から提示された経済相候補をユーロに反対しているという理由で拒否したほどだ。複数のP2フリーメイソン・ロッジ筋曰く、イタリアの大統領職というのは名目上の存在であるべきだというのにこのような民主主義に反する動きをすれば、結局はイタリア版ディープ・ステートが公然と攻撃に曝される羽目に陥るであろう。


【例えば】イタリアの五つ星運動のルイジ・ディマイオ党首は日曜日、ユーロ懐疑派を経済相にすることを拒絶し、国を裏切ったかどでセルジョ・マッタレッラ大統領は弾劾されるべきだと発言した。
https://www.reuters.com/article/us-italy-politics-impeachment/italys-5-star-leader-says-president-should-be-impeached-idUSKCN1IS0S1
https://www.bloomberg.com/news/articles/2018-05-28/italy-s-establishment-vetoes-the-populists

ユーロに関連して似たような構造的問題を抱えたスペインでも、同様のことが起こる可能性が高い。一連の問題はこういった国々が経済的主権を放棄するか、自国の通貨を発行するかしない限りは解決するのは無理だ。両国の政府はどちらも新通貨発行を支持している。


避けられない金融危機


しかし南ヨーロッパで一国でも新通貨を発行すれば、ユーロを危険に曝すことになるだけでなく、真打の登場――最早アメリカ合衆国ドルではなくなった【これまでの】通貨と置き換えられるか、あるいは共存することとなる米国の新通貨――への道をも切り開いてしまうのだ。

言い換えれば、既存の金融パラダイムはリーマン・ショック以来、最大の危機に直面しようとしている。しかも今回は完全なリセットなくして生き残れまい。それが実現するまでは、金融の混乱【が続くことは必須】だ。


こういった危機で典型的なのだが、最もリスクの高い一攫千金を狙ったポートフォリオ【※複数の金融商品に分散投資された一覧】を持つ連中が最初の被害者となるであろう――この場合はジャンク株式や債券を過去最低の、【到底】維持不可能な価格で購入している人々のことだ。
https://www.zerohedge.com/news/2018-05-26/12-indications-next-major-global-economic-crisis-could-be-just-around-corner

最後に一言。沢山の物事について、我々はさしあたり報道を控えるよう頼まれている点を読者に伝えておかねばならない。悪党どもが邪魔立て出来ないようにするためだ。だがしかし、地球のための本当に素晴らしい計画を有した善良な人たちが勝利へと歩みを進めている。惑星の解放は間近だ。


翻訳:Yutika

註:【 】内は訳者の追記部分です。訳文は日本語での読み易さを優先し、原文とは異なる形で文や段落を分割することもあります。また見出しやツイッター画像も挿入しています。

お願い
フルフォード氏ご本人から快く許可を戴き、英語版レポートを毎週シャンティ・フーラで翻訳させて頂いております。フルフォード氏がこれからも貴重な活動を続けられますよう日本語版メルマガの有料購読、並びに英語版サイトへの有料登録(※日本語での説明はこちらの本文冒頭部分にございます)をご検討頂けないでしょうか。ご無理のない範囲で少しでも応援して頂けますと幸いです。皆様、どうぞ宜しくお願い申し上げます。


Writer

Yutika

体癖:8−2、エニアグラム:4
関西の英語塾で教えつつ、翻訳業(英語&仏語)をしております。


Comments are closed.