メキシコ便り(12):NAFTAも溶ける?!

☀️メキシコは今、溶けています ☀️
まずは真夏の異常気象ニュースとファレスの気候(理科の授業で習ったことが覆された😨)
アメリカに鉄鋼・アルミニウムの関税開始されたメキシコの状況
NAFTAの真実とpopoちゃんの覚悟
メキシコ大統領選の近況報告
Jim Stone氏によるメキシコ大統領候補2名についてのご意見のざっくり訳

なんだかあれもこれも無理やり全部詰めてのメキシコの近況報告です♪
(popoちゃん)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
メキシコ便り(12):NAFTAも溶ける?!


メキシコの強烈な太陽の光


先週、メキシコ北部(トレオン市、コアウイラ市、ゴメス パラシオ市、デュランゴ市)ではあまりの暑さに信号機(を囲ってるプラスチックの枠)が溶けちゃったとか。。。信号機はちゃんと作動し続けてたそうです。(えっ信号機って溶けるの?!😨初耳!これって素材の問題ではなくて暑さの問題?!信号機まで溶かしてしまう真夏の太陽さん、そのいきおいでメキシコの汚職、麻薬犯罪も溶かしてぇ〜。。。)そしてpopoちゃん在住のチワワ州では最高気温48度にもなり、熱中症などで17歳と18歳の少年2人が死亡。今後も暑さは続くようで警戒が出ています。
https://mexiconewsdaily.com/news/in-coahuila-the-heat-is-melting-the-traffic-signals/


確かにここファレス(popoちゃん在住)の暑さは半端なく、まるで街全体がオーブンの中にいる状態🔥🔥🔥(特に車内!)外に放置した車の上では絶対に目玉焼きが焼けると思うほど暑い。。。そしてファレスに住んでしばらくして気がついたこと。。。それは真夏が6月🌞(メキシコシティは4〜5月)そして1日の最高気温がもっとも高くなるのは16時から17時の間!なんだか理科の時間にならった常識がすべて覆されます。。。こんな風に外国に住んだり、旅行したりすると自分のもってる常識がぶち壊されること多々ありで、またそれが面白くて海外生活が病みつきになっちゃうpopoちゃん♪

pexels[CC0]


ちなみにファレスでは春は2月初旬頃からスタート、4月は一番風が強く(突風・強風が吹き、空は砂が舞って砂漠色。窓の隙間から砂がこんもり入って家中が砂埃、ここでは質のよい窓(窓枠)はMUST!)暑さは5月から9月あたりまで。降水量が一番多い月は7月(ほとんど雨ふりませんが。。。)、冬はクリスマスあたりから1月までで短い!
https://www.timeanddate.com/weather/mexico/ciudad-juarez/climate


NAFTA 交渉どうなる?


メキシコはトランプ大統領に対する嫌悪感MAX状態😡(これもアメリカ国内で支持をキープするためのトランプ戦略?!) メキシコでトランプ大統領のことを少しでも良く言ったら、たぶんボッコボコにされるかも?!って真剣に思います。毎度のごとく、トランプ大統領はメキシコ人の熱い感情を乱すのがお好き。トランプ大統領、もっと品位のあるやり方ってないのですかぁ?!いつも「お前らの(メキシコの)せいでアメリカが犠牲者だぁ〜!」みたいな敵意溢れたメッセージをわ〜わ〜吹き散らし、メキシコからはそちらにたくさんの生霊がどぉっと押し寄せていることと思います。(笑)ガヤトリーマントラの除霊と浄化で身をお守りしたようがよろしいかと。。。あっ、鼻洗浄もお忘れずに。。。😉

今、メキシコで一番騒がれているのが、アメリカが鉄鋼とアルミニウムの関税を課したこと。NAFTA交渉がなかなか進まずそのおしおき?!として課したとも。。。が、すぐさまメキシコもやり返しましたが。。。はたして今後のNAFTA交渉はどうなる?

(NAFTAのロゴ)
Author:Nicoguaro[CC BY]


(要訳) https://mexiconewsdaily.com/news/20-tariff-on-pork-among-measures/

メキシコは6月5日(火)豚、りんご、じゃがいも(アイオワ州)に20%の関税開始。チーズ(ウィスコンシン州)とバーボン(ケンタッキー州)に20〜25%関税。そして鉄鋼にも25%。また他の物品の関税も7月5日に開始予定。これらの関税がかかる物を生産している州はトランプ大統領にとって政治的に大切な地域。11月の中間選挙に影響ありか。。。

政府のデータによると2010〜2017年の間、メキシコへ輸入される豚の89.2%はアメリカから。メキシコはアメリカの豚の輸出先第2位である。

オハイオ州の豚の生産者であり、アメリカ豚評議会の会長であるJim Heimerl氏は、「豚の足と肩の20%課税はメキシコ市場でのアメリカの競争力をなくす」と言う。「大切な貿易相手と悪化した論争の末の代価はアメリカの田舎で高まっている。これは豚生産をやっている私の家族、そして他のアメリカ全土の豚生産家族にとって破滅的だ。」と言う。

メキシコ経済産業大臣Ildefonso Guajardo は「メキシコは今後ヨーロッパから豚の輸入を検討するのは確実だ。」と。

一方、メキシコ最大の豚生産社のCEO、Víctor Manuel Ochoa氏は、豚の消費が減り、値段が15〜16%値上がりすることを懸念している。

この関税論争は、すでに長引いているNAFAT交渉をさらに複雑にし、3国の合意を得ることをより不確かにした。トランプ大統領はNAFTAの代わりに、それぞれカナダとメキシコに別々の条約を結ぶことを提案しているが、両国は反対している。輸出の80%がアメリカであるメキシコにとってアメリカとの貿易は大変重要であるが、アメリカのメキシコへの輸出はわずか16%。両国の貿易額は年間6兆ドル。が、アメリカはメキシコに対して650億ドルの赤字がある。そのためトランプ大統領が不平等な貿易だと異議しているのである。

とこのような記事を読むと、NAFTA交渉がうまくいけばいいなぁ〜と思ってしまいます、が。。。

前回の記事でご紹介したようにJalife氏いわくメキシコの歳入第3位はマキーラドーラまたはマキーラ(輸出向けに外国から一時的に関税なしで材料、部品などが輸入され、商品を加工、製造あるいは補修するプロセスし、また関税なしで輸出する外資系工場 Wikipedia)ということで、これはNAFTAの産物でメキシコでかなりの力を示しています。popo ちゃん在住のファレスもまさにマキーラで成り立っている国境都市。(約330社のマキーラで約225,000人が働く

そしてpopoちゃんの旦那さまの会社もマキーラとの取引もあり、NAFTA交渉の結果が直接、生活に影響してきます。マキーラはメキシコの人々にいろいろな恩恵: 時間厳守、毎隔週きちんと支払われる給料(メキシコでは雇い主が給料を期日に払えないところ多々あり)、福利厚生、仕事の質向上など。。。よく日本の3s(Seiri, Seiketsu, Seisou)が工場の社員教育に使われていると聞きます。これらの恩恵をもたらしたのも事実ですが、労働者は10年働いていても給料は全く上がらず、安い賃金でギリギリの生活をし続けているというのも事実です。

(メキシコにあるマキーラ)
Author:Guldhammer[Public Domain]


実はpopoちゃん大昔、大学卒業後、ちょっとだけ日系のマキーラのオフィスでお仕事していました。お給料は現地採用だったので安く、たしか月6万くらいで超ショック受けたのを覚えています。でも実はこれはマキーラの工場内で働いている人たちの2倍のお給料だったのです。労働賃金が安く関税なしという大企業(マキーラ)には絶好の条件で、それを買う消費者には手頃な値段で商品が手に入る、でもそれは最低限の生活の保障があるだけで、奴隷のように毎日働き続ける労働者の犠牲のもとにあるということを自覚しないといけないでしょう。結局、マキーラも形をかえたプランテーションっか。。。😓

竹下先生の配信動画 家族の絆〜夫婦(101回)をまだご覧になっていない方は是非ご覧ください♪ NAFTA、自由貿易について大変わかりやすく説明してくれています。いかにアメリカが自国の利益だけを考え相手国のことは全く配慮しないかがわかります。また1994年NAFTAが起こしたメキシコ危機を初めとし、次々に中央銀行、銀行、投資家たちが様々の国で危機を起こしてきたかということも学べます。経済規模、政治的パワーの違う国が自由貿易で平等に貿易はできないと。。。



NAFTAは、関わるすべての人を豊かにするものではないのは明らかなのでENDするか、条約内容をすべての人の豊かさを第一に考えたものに変更しないといけないでしょう。(そんなこと可能?!)いつもメキシコをケチョンケチョンにして旋風を巻き起こしているトランプ大統領ですが、そういう意味でNAFTA離脱という方向性は間違っていないのかもしれません。

が、約330社の外資系工場のマキーラのあるファレスのようにNAFTAの産物でできてしまった街は、NAFTAが崩れると同時に崩れる運命。マキーラ都市に住んでいるpopoちゃんも覚悟です!すべての人が豊かになるための変化ならがんばる!マキーラではリストラ、あるいは工場ごと閉鎖もあるでしょう。ペソは下落し混乱があるかもしれません。が、もしすばらしいリーダーが出現すれば、それは一時的なものとして乗り越えられ、みんなが豊かな社会へと変わっていけるのかもしれない。。。

pexels[CC0]


ということでやっぱりここで気になるのが、メキシコ大統領選。前回の記事でご紹介した、支持率トップのLopez Obrador氏はさらにぐいぐいと支持率を伸ばし現在約50%の支持率、支持率2位のAnaya氏と20%の大差。Obrador氏が次期大統領になる可能性92%だとか。。(Mexico News Daily

(支持率トップのLopez Obrador氏)
Agencia de Noticias ANDES[CC BY-SA]

(支持率第2位のRicardo Anaya氏)
Author:Gvega78[CC BY-SA]

最後に最近のJim Stone氏の記事にメキシコ大統領選のことが書かれていましたので、以下、ざっくり訳しました。

(ざっくり訳: http://82.221.129.208/.ys5.html

Gorge SorosがバッグにいるAnaya氏は確実にメキシコをダメにする。特にメキシコの中流階級をダメにしてしまうと。(Stone氏はYou can take that to the bank and cash it. という絶対に間違いないという比喩表現を使って自信満々で語っています。)アメリカのメディアでは、Lopez Obrador氏がアメリカにとって悪夢であり、Obrador氏はメキシコをベネズエラのようにするなどバッシングを受けている。が、真実はObrador氏はメキシコのトランプ大統領で、もし大統領になるとメキシコの経済は爆発的に良くなる。Obrador氏はメキシコを1950年代のアメリカのようにするだろう、そしてそれはNew World Order が一番望まないことだ。

ロシア、中国のように新しい世界の流れに沿ったメキシコ大統領が選ばれるといいなぁ。。。😊

pexels[CC0]


¡Viva Mexico!

(popoちゃん)

Writer

popoちゃん

日本大好き♡大福、抹茶大好き♡なメキシコ人夫、寝てばかりの愛犬2匹との〜んびりメキシコ在住満喫中♪ 16歳のとき初めてオーストラリアに住み、大学卒後、メキシコ人夫とアメリカ、メキシコ、東京を遊牧民のようにあちこち移り住み、現在、メキシコで落ち着いている?!という自由奔放に生きてるpopoちゃんです。メキシコ在住歴は計6年ほど。

肌で感じるメキシコの社会事情と魅力をお伝えできたらなと思っています。
Viva Mexico!
体癖5・9、エニアグラム1、ピッタ・カファ



Comments are closed.