まみむのメモ(1)〈神様〉


 シャンティ・フーラ時事ブログでは、自然や地球環境に関する情報も大切だと考えています。
 しっかりした視点で語って下さるライターさんを探していたところ、「まみむ」様という不思議な方にお願いできることになりました。
 プロフィールでは、3人のキャラクターが紹介され、一つのチームのようです。
 あい∞んさんの細やかな絵を手がかりに、これから「まみむ」さんが明らかになるかもしれません。
 3人それぞれの紹介の後、第1話は、神様のことを話し合っておられるようですよ。
(編集部)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
まみむのメモ(1)〈神様〉
こんにちは。
まみむです。
“まみむ”は「まぁ」と「みぃ」と「むぅ」という3人の仲間のことです。
これからまぁとみぃとむぅのお話をさせていただきます。

「まぁ」は、 男の子。
サファリシャツ&キャップがトレードマークです。

「この頃、特に関心があるのは、これからの地球。」

「みぃ」は、明るく朗らかなお姉さん。
お料理・お裁縫・生活全般何でも御座れ♪
頭に巻いた手拭い&白い割烹着姿がトレードマーク、実は全部手拭いで手作りしています!

「世の中が、これから良くなっていくことを信じて、ガヤトリー・マントラを日々唱えるよ。」

「むぅ」は、紫色の和服姿の大和撫子さん。
日本文化が大好きで、若いのに色々な知識がある女の子。
日本文化について真面目に追及している内に、世界のことにも興味深くなってコツコツ学んでいます。

「神の存在に対する認識と、自分の良心に従って生きることが大切ですね。」

「まみむのメモ」は、まぁとみぃとむぅのちょっとした日常の話です。
一緒に考えてもらえると嬉しいです。よろしくお願いします。


no-img1
まぁ

先日、テングシデの森に行ってきたんだよ。


no-img2
みぃ

テングシデさんこんにちは。お年はいくつですか?


no-img2
まぁ

いくつだって?


no-img2
みぃ

「150歳です」だって。


no-img2
まぁ

世界中でここだけなんだね。幹がこんな風になるのは他のシデとは違うだよ。


 
テングシデ


no-img2
みぃ

こんなに曲がりくねっているのに、まだそんなに歳をとってはいないんだね。でも「古い方です」って。


no-img2
まぁ

ここは天狗が出たという言い伝えがあるんだけど、天狗ってほんとうにいるのかな?例のあの神様に滅ぼされた悪の大将だった天狗を思い出すんだけど・・・。<


no-img2
みぃ

昔おばあさんが、お店(田舎の食料品店)に天狗が来て話をしていったというのを聞いたことがあるよ。あのお店は繁盛してた。


no-img2
むぅ

昔は天狗が来ると繁盛するとかいってましたね。


no-img2
まぁ

今もいるんかな?


no-img2
みぃ

肉体ではいなくなったけど、霊体ではたくさんいるらしいよ。


no-img2
まぁ

じゃあ、ここは天狗さんの住いだったのかな?どうしてこんな風になったのかねぇ?


no-img2
みぃ

特殊かどうしてか、まぁいいじゃない・・・わたしらにはわからんのよ。


no-img2
まぁ

あはは!そうよだよねぇ、わからないよねぇ。


no-img2
むぅ

先日夢か幻か、一瞬でしたが地球を上空から見下ろしていて、闇で黒ずんでいる場所とそうではない場所があるのでした。


no-img2
まぁ

神様から見たら、地球の何処に闇の連中がいるかなんて、一目瞭然なんだろうね。みんなが波動がわかるようになれば、波動によって何でも判断して決められる。食べるもの、着るもの、住むところ、本や映像、情報、必然的に波動の良いものだけが残る。


no-img2
むぅ

竹下先生の東洋医学セミナーが特にそうですが、シャンティ・フーラの映像セミナー時事ブログなどで、そういった面も培われると思います。


no-img2
みぃ

それらが今では生きがいになってる。おかげで今が幸せ。


no-img2
まぁ

そういえば昔、信用していた仲間から、信じられないことを言われて、帰る道すがら悩んでしまって、気が変になりそうになったことがあったんだけど、その時見ていた夜空の二つ並んでいた星の片方が突然ピカッと光って消えた。その瞬間びっくりして、今まで悩んでいたことをすっかり忘れて、その言葉すら何をいわれたのか忘れてしまったことがあった。きっとどなたか神様が守ってくださったんだ。次の日星のことしか話さない"まぁ"を見てアレッ?て顔してたなぁ。あいつ何年かしてうつ病になったって聞いた。

何年か前、雪道で竹が倒れて行き止まりになっていて、Uターンしようとして怖がっていたら足が動かなくてアクセルのままブレーキが踏めなかった。後輪が片方道路からはみ出して脱出できなくなった時、「大正真真神様」にお願いしたらすぐに人が通りかかって助けてもらって無事だった。そんな時にかぎって携帯電話も忘れていたんだよな。めったに人が通らない細い道だし。車は雪道 に弱い2駆動だし。


 


no-img2
むぅ

ガヤトリーマントラの除霊と浄化の祈りを知るまでは、よく頭痛に悩まされたり、嘔吐したりで苦しかったです。


no-img2
みぃ

ガヤトリー・マントラを教えてもらうまでは、1年に1回は3日くらい何も食べられなくなって寝込んでいたよ。1度はお医者さんも死ぬと思われていた苦しい病気になったこともあった。


no-img2
まぁ

そうだよ。東洋医学セミナーのチャクラの浄化や経脈の浄化とかも効果抜群で、元気に暮らせるようになった。


no-img2
みぃ

魂と心と身体の救済の日輪様も朝一番に5分づつ見つめてお願いして、夜もお願いしているよ。

この頃は「母なる大地の母様の心も身体も楽になって楽しくなって健やかで愛の光は満ち満ちて楽しい楽しい楽園だ」
外の地面を歩く時に毎日歌ってるよ。


 
ヒメジョオン

挿絵:あい∞ん、写真:まみむ

Writer

まみむ

まぁは、普通のことを普通に話しているだけなのですが、普通かどうかは基準が人それぞれですね。この頃、特に関心があるのは、これからの地球の自然と人間の関わり方。
みぃは、時々神様のお話や植物たちのお話をしてくれます。とにかくこれから良くなっていくことを信じて、ガヤトリー・マントラを日々唱えています。
むぅは、以前から知っていたのですが、最近やっと会いました。あまりおしゃべりではないけど、とってもピュアな感じ。神の存在に対する認識がこの頃できてきて、自分の良心にしたがって生きることの大切さを感じています。





Comments are closed.