メキシコ便り(24):南アメリカからのキャラバン移民集団の事情

 メキシコでは、キャラバン移民集団のニュースがず〜っと続いています。11月14日、アメリカ・サンディエゴとの国境の街、メキシコ・ティファナにキャラバン移民集団が到着し、大変なことになっています。popoちゃん在住の街、ファレスもまさに国境の街!なので、今、ティファナで起こっていること、移民問題がとっても気になってしまいます。

 1ヶ月前ほどの竹下先生の記事に書かれていたように、このキャラバン移民集団の背後は「アメリカを内側から破壊する目的」を企んでいると。。。まだまだ進行形の事柄で、今後の動きを見守りたいところです。

 今回は、まずそんなキャラバン移民集団から侵略?!されているティファナの状況を、そして、ティファナのメキシコ人にびっくりする変化が起こっていることや、もともとこのキャラバン移民集団はどうやってできたのか、今後のウワサなどをお伝えします!
(popoちゃん)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
メキシコ便り(24):南アメリカからのキャラバン移民集団の事情


ティファナは大変!!!


訳)水曜日、755人の南アメリカの移民集団が、アメリカの国境に徐々に接近しながら、メキシコ・ティファナに到着。アメリカが国境規制の強化を試んでいるなか、さらに7000人以上の移民がやってきている。

とうとう11月14日(水)あのキャラバン集団が、メキシコ、バハ カリフォルニア州のティファナ(アメリカ・サンディエゴとの国境)に到着してしまった。。。正直、メキシコ内でのキャラバン集団のウワサはよくない。。。ゴミを散らかし放題、差し入れの食べ物に対しての不平不満(メキシコの伝統食品フリホーレス(豆)の差し入れを、ホンドゥラスではこんなの豚にやる餌だと言っちゃった😓)、マリファナを吸っている、物乞い、盗みが多い、。。。etc… あまり評判はよくないよう。。。

(実際のところ、ツイッターで結構、フェイクなものや、間違ったものが出回ってることがあるので、真実がどうかを見分けるのが難しい。。。ですが、このYouBitsさんはキャラバン集団が残していったゴミだとつぶやいています。


メキシコ人は、だれよりも不法移民の気持ちがわかるはず。。。なので、とても複雑なはず。。。(最近の世論調査では55%のメキシコ人はキャラバン移民集団をサポート、33%が国に帰るべきだと主張。)10月19日、キャラバン集団がメキシコ南部の国境の柵を力尽くで壊し(動画下↓)、不法侵入してきたにもかかわらず、メキシコ人はキャラバン集団に水、食べ物、着替え用の衣服などの提供をし、親切に接してきた。。。が、アメリカ・サンディエゴの国境、ティファナのメキシコ人は爆発してしまった。。。

訳)10月19日の速報:ホンドゥラスからアメリカを目指す数千人の移民キャラバンは、グアテマラとメキシコの国境を破壊突破。

たしかに通り過ぎる移民にやさしくするのは簡単。でも、そこに長期間とどまり自分たちの居場所を占領されるとなると不平不満が出るのは当たり前。夜中、外で寝ていたキャラバン移民たちにメキシコ人は石を投げてしまった。。。そして、石合戦スタート。歪み合いはエスカレートし、キャラバン集団反対派もどっと出現!。

帰れコール、「移民は歓迎だが、違法は歓迎しない」「メキシコ ファースト」あれ?!なんか聞いたことある?!。。。ほとんどのメキシコ人はトランプ大統領が大嫌いなのに。。。ティファナでは今、トランプ大統領支持?!が急増中かい?!「トランプ大統領が言ったことは正しかった。これは侵略だ!メキシコ人よ、目を覚ませ!」とメガフォンで訴えるメキシコ人。(動画下↓)



ティファナ市長までが、あのトランプ大統領のトレードマーク、赤の野球帽をちょっともじった「Make Tijuana Great Again」を被っちゃった!(写真下↓)なんだかメキシコ人の感覚って面白い〜。。。結構、簡単に、コロリ〜ンと寝返っちゃって、ここまでやれちゃうとは。。。「え〜?!あんなにトランプ大統領のこと嫌ってたよね?!」って感じ。。。笑っちゃう。。。そんなメキシコ人が愛おしく思えるpopoちゃんです😆。これを見ているトランプさんのニンマリ笑顔が目に浮かぶわぁ〜。。。

  ティファナ市長 フアン・マヌエル・ガステルム氏

11月20日のフォックスニュースでは、アメリカ国土安全保障省によると、ティファナの国境サン・イシドロでは、書類処理6000人待ち。メキシコ政府によると移民の流入は1万人に達する見込みという。トランプ政権は約5800人の軍隊を国境に配置。またアメリカ国土安全保障省によると500人ほどの犯罪者が移民集団に混ざっているとのこと。(Sputnikの記事より引用



悪い奴らはトコトン悪い!


画像の出典: Author:PetrohsW [CC BY-SA] & Author:World_Economic_Forum [CC BY-SA] & pixabay [CC0]


いろいろと調べれば調べるほど、約1ヶ月前の竹下先生の記事、「この移民集団の背後には、左翼派、ジョージ・ソロスが居て、アメリカを内側から破壊する目的」なのは明らか。。。

そして残念なことに。。。というか、や・は・り、現メキシコ大統領ペニャニエトも陰謀に関わっているよう。。。

訳)フォックスニュースが先ほどメキシコ大統領ペニャニエトはホンドゥラスとグアテマラの大統領に、キャラバン移民集団のアメリカの国境までの道のりは大丈夫だと言って安心させたとリポート。
表向き、移民集団に特例のワーキングビザを許可したり、メキシコにとどまらせようとするフリはしてましたが。。。そして、なぜかメキシコ・オワハカ州では、大型マイクロバスが配備(動画下↓)。。。めちゃめちゃサポートしてるじゃん!


そして実は悲劇も起こった。。。今月初め、メキシコ・ベラクルスでキャラバン移民集団のバス2台が消えた!!!65人の子供と7人の女性が乗っていたらしい。。。(Mexico News Dailyベラクルスはロス・セータというカルテル(麻薬犯罪組織)のテリトリー下。。。これもきっとソロス、ペニャニエト、カルテルすべてが手を組んでるに違いない。。。そして、悲しいかな。。。この事件も他の事件と同様、何も捜査もされず闇に葬るられるのだろう。。。ひどすぎる。。。😔

  バルトロ・フエンテス氏

こちらのDaliy Beastの記事によると、ホンドゥラスで移民ラジオ番組「Without Border」を担当するラジオホスト、元政治家、バルトロ・フエンテス氏(54歳 写真上)が、アメリカを目指す移民グループがあちこちに出現しているのに気付き援助。以前にも移民集団を手配した経験のあるフエンテス氏。最終的に200人ほどの人が集まった。その後、ホンドゥラス政府と深い関わりがある高視聴率のHCHテレビで、アメリカへ集団で行きたい人は、フエンテス氏が食費など全額負担する!とデマを流してしまったらしい。。。それが今のキャラバン移民集団になったとか。。。もうハチャメチャ!ちなみに普通、ホンドゥラスから個人でコヨーテにアメリカ不法入国を頼むと$7000ドルかかるらしい。

国境はがっちりカルテルたちにガードされ、必ずカルテルに費用を払わないと不法侵入は無理だとpopoちゃんは聞いています。



今後はどうなる?


さて、今後、どうなるのか。。。ティファナにいるキャラバン移民集団は、後から来ているキャラバン移民集団を待っていて、そして今後どうするかを決めるとインタビューで言っています。が、実は、待っている本当の理由は、メキシコに入るときにもやったように、アメリカの国境も集団で破壊突破するためだというウワサもあるみたい。。。えっ?!まじ?!それはやばい〜!!!

キャラバン移民集団のみなさま、そんなことせず、素直にお国に帰るか、メキシコ政府が今、臨時で出している特別ワーキングビザでメキシコで働くかにしたほうがご自身の身の安全のために一番良いかと。。。すべての人にとって、平和に解決することを願っています。🙏🙏🙏

¡Viva Mexico!

(popoちゃん)


Writer

popoちゃん

メキシコ人夫とメキシコ在住中♪
新アムロ政権の勢いある改革ぶりを中心に
「今のメキシコ」をお届けいたします!

体癖5・9、ピッタ・カファ、エニアグラム1





Comments are closed.