メキシコ便り(25):愛と希望を感じた「 ☆オブラドール大統領就任式 ☆」

 いやぁ〜、12月1日メキシコ大統領就任式、予想以上にすばらしかったぁ。。。ほんとにすばらしかった。。。👏👏👏 今、メキシコは希望と愛に溢れ、輝いています✨就任式では、オブラドール大統領支持率はすでに90%ほどに達したのではないかと思うほどの、メキシコ国民の圧倒的な支持、歓喜を感じました。メキシコは、戦争をしている国以外で最も危険な国という、そんな事実も吹っ飛ばされ、それはもう過去のこと。。。これからは違う、これから変わる!っとたくさんのメキシコ人は希望を感じ始めた、またそう感じさせた就任式だった。。。そんな気がしてなりません。
 就任式の朝、前代未聞の愛情のカオスの波に押し寄せながら自宅を出発したオブラドール大統領。(下に動画あり)そして、いつものヴォルクスワーゲン、白のジェッタで国会議事堂まで全国民のエールを浴びながら移動!オブラドール大統領は国会議事堂での就任演説で、はっきりとネオリベラリズム(オブラドール大統領の著書より:ネオリベラリズムのモデルとは、民営化することが、国の経済・社会問題などのすべてを解決するための、唯一、完全な解決策であるという独断的な考えをマントラのように主張すること。引用元:著書:A New Hope For Mexico,8ページ、8〜11行, 著者:Andres Manuel Lopez Obrador, OR Books出版)の終わりを宣言!そして午後には、ソカロ(メキシコシティにある大広場)で原住民シャーマンによる第二の就任式?!popoちゃん的に、この部分が一番のハイライトでした。皆がハッと息を飲む驚きの瞬間、全メキシコ国民が愛に包まれた瞬間がありました。是非是非、下の動画をご覧ください♪
 以前のメキシコ便りでオブラドール大統領の政策などの詳細を書きましたが、オブラドール大統領は、こっそり竹下先生の配信動画を観たり、時事記事を読んでらっしゃるのではないかと思うほど、オブラドール大統領の政策と竹下先生が講義される内容が重なるところ多々あり。常に愛と品格を感じさせるオブラドール大統領。常に感情のコントロールができているオブラドール大統領。そして何よりも常に「正直」をモットーにしているオブラドール大統領。きっと竹下先生の天界の学校の生徒じゃないかい?!と勝手に思ってるpopoちゃんです。「先生、やっぱりそうですか?」😄なぜメキシコ人でないpopoちゃんが、オブラドール大統領就任式にここまで感動し、喜ぶのか。。。考えてみた。。。答えは。。。「悪が滅び、善が勝利した歴史的瞬間を目の当たりにしたから」そして、もっと言えば「竹下先生の配信動画でpopoちゃんが習ったこと、それを政治に実践している人が勝ったから。。。」今や、国云々より、全世界は共通のもの「悪と善の戦い」の真っ只中。メキシコは日本より一足先に国中で善の勝利を祝福。でもこれはきっと他の国でも起こること。。。(竹下先生がおっしゃるように善の勝利はもうすでに決まっていると。)まだまだそれが見えにくい大変な日本のようですが、日本人の皆さま、お気を落とさずに、このオブラドール大統領就任をただメキシコの事柄として見るのでなく、世界の善が勝利している瞬間で、その波は日本にも必ずやってくるのだと見てみてはどうでしょう?!アメリカのQアノンたちも毎日、水面下で頑張ってくれてるようです。あの大量逮捕や日本の政権交代を、まだかまだかと待ってばかりでは疲れて波動を落としちゃいそうですね。popoちゃんは、日々、ヤマ・ニヤマに沿った生き方を試みることで、自分の波動を高く保ち続けることで、世界の波動にも影響し、変化の光は加速化するのでは?!と思いコツコツ実践を試みています♪😊♪ 前置き長くなりました。。。では、善の勝利、大統領就任式のレポートをどうぞ♪    
(popoちゃん)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
メキシコ便り(25):愛と希望を感じた「 ☆オブラドール大統領就任式 ☆」

大統領就任式の朝


普段ほとんどテレビを観ないpopoちゃんが、12月1日、一日中テレビにかじりつきました!生中継で朝から晩までず〜っと、一言一句聞き逃したくない思いで観ました!そして、その間、ず〜っとpopoちゃんのハート💖とおメメ👀は、愛と希望に浸され✨キ〜ラキラ✨「あ〜、メキシコにいてよかったぁ。。。」と生中継を観ながら、改めて感謝感謝🙏。この就任式、最初から最後まで世界中の人々に生中継で観て欲しかった。。。と思うほどでした。少しでもあのときの歓喜、キラキラが伝わることを願いながら書いています。

まずは、就任式の朝、オブラドール氏が、自宅から国会議事堂へ出発のご様子を!(動画下↓)こんな混雑みたことない!すごいカオスです!これは日本ではおそらくありえない光景!動画のレポーターの方は「メキシコの過去の大統領でこんなにも大量の愛情を受けた大統領を今まで見た記憶がない。。」と。。。いまだにボディーガード、セキュリティも一切つけない方針でやりぬくオブラドール大統領。なのでこんなになっちゃう。。。オブラドール大統領の車にひと触れでもしたい国民の愛情の波がジェッタを飲みこまんばかり。。。

何でも前もってあらゆるシナリオを想定し、それに対処した方法を用意する日本とは違い、規制でしばらないメキシコ人のゆるさと寛容さ、オブラドール大統領のいつ何時も国民との距離を置きたくない意向、あまりいろんなことを心配しない楽天思考の結果をお楽しみください♪ 結局、何事もなく大丈夫だったようです。運転手の方、ご苦労様でした。助手席、車正面からみて画面左側の席にすわっているのがオブラドール大統領。あのいつもの白のジェッタ(ヴォルクスワーゲン)でご出発のご様子をご覧ください♪




そしてお次は、国会議事堂までの移動の様子を。。。このとき伴走している周りのバイクの車間距離がめちゃ狭くて、しかもメディアの人のバイクも混ざって、片手運転で必死に写真撮影したりで危ない危ない。バイク同士の接触、転倒が起きないかハラハラして観てました。

3〜4人ほど自転車でオブラドール大統領の車の横によってきて、大統領に話しかける光景も見られました。この光景も日本では、ありえない!一瞬にして警備員に捕まってつまみ出されちゃいそう。下の動画は、その内の一つの光景。大統領は演説でもこの時の話をしました。自転車に乗った人から「あなたに失敗する権利はない!」と言われたと。。。そして「私は絶対に失敗しない」と演説で言っていました。下の動画1:00あたりは、オブラドール大統領の車内からの撮影。自転車の人は’En ti, confiamos.’「私たちはあなたを信じます。」(意訳すると「頼んだぜぃ!任せたよ!」といった感じかな?!)と言っています。 スペイン語でも丁寧語みたいなものはちゃんとあるのですが、ここでこの自転車の方は大統領にカジュアルな’ Ti ’「あなたを」を使っているのにびっくりしました!やはりメキシコ国民はオブラドール大統領を親戚のおじちゃんと同じくらいの親近感をもっている証拠では?!


「あなたに失敗する権利はない!」とオブラドール大統領に自転車から叫んだ人
(0:12あたりから自転車の人が現れます。)


国会議事堂での大統領就任式と演説


オブラドール大統領は、演説のはじめに元大統領ペニャニエトに「不正選挙をしなくてありがとう」と感謝の意を述べました。(うわさではペニャニエト氏は、自分が支持していた大統領候補ミード氏の不正をしたらしいが、あまりの大差だったので全く効果がなかったとか。。。)なんてたってオブラドール大統領は、不正選挙で2度も大統領選を逃したお方ですから。。。

就任演説の一部分

(上の動画のざっくり訳)
メキシコは1983年から今日までネオリベラリズムのモデルが適用されたが、メキシコの現代史で最も非効率なものであった。この期間の年間の経済成長率はわずか2%だった。そして一部の者に大量の富が渡り、多くの貧困を生み出した。このネオリベラリズムの期間、メキシコ人はアメリカで住み働く移民の中で2番目に多い移民となった(24,000,000人)。犯罪などの治安の悪さでは、メキシコは世界一である。最近のTrancparency Internationalによる汚職の調査では、メキシコは176カ国のうち135位だった。

オブラドール大統領の就任演説はすざましかった。。。約1時間ほどの演説のほぼ半分は、過去のメキシコ政府の汚職の事実を淡々と語りました。いかにネオリベラリズム(オブラドール大統領の著書より:ネオリベラリズムのモデルとは、民営化することが、国の経済・社会問題などのすべてを解決するための、唯一、完全な解決策であるという独断的な考えをマントラのように主張すること。引用元:著書:A New Hope For Mexico,8ページ、8〜11行, 著者:Andres Manuel Lopez Obrador, OR Books出版がメキシコをめちゃめちゃにしたか。。。オブラドール大統領のわずか1メールほど先に座っていた元大統領ペニャニエトの表情が、とっても苦しそうで気まずそうで、早くここから出してくれ〜という感じでした。オブラドール大統領は、今日この時点でネオリベラリズムの終わりをきっぱり宣言!過去の犯罪を犯した者を処罰することよりも、これから、今日から一切の汚職をしない、許さないと宣言し、オブラドール大統領の目はしっかり前を向いています。(他のインタビューで、大統領は、自分は過去の大統領たちを刑務所に入れたりすることに興味はないが、でも国民たちがそう望むのあれば、それもありうると。。。言っていました。)

オブラドール大統領、就任演説中。。。
一番右端が元ペニャニエト大統領、そう、この距離!

なんとも苦しそうな元ペニャニエト大統領

一つ残念だったのが、海外からの来賓客の紹介のとき、日本からだれも来ていなかったこと。。。ざんね〜ん😩!!!G20と日が近かったこともありますが、アジア勢、中国、韓国、北朝鮮の代表はちゃんと出席してたのに😓。。。popoちゃんが日本代表で行きたいくらいだった😆!日本の政権交代があるまでは、日本とメキシコとの関係の発展はなさそう。。。安倍政権に先見の目なし。。。さ・び・し〜。。。余談ですが、キューバとボリビアの大統領紹介のときに拍手がすごかった。。。あとイギリスのコービンさんも出席されてて、オブラドール大統領ととっても仲良しらしい。。。オブラドール大統領がコービンさんのことを「永遠の友」と呼んだり、メキシコ・チャパス州にあるオブラドール大統領のセカンドハウスに彼を招待したりと、かなり親しいご様子。。。ちなみにコービンさんの奥様はメキシコ人だとか。。。オブラドール大統領はコービンさんがイギリスの首相になることを支持しているよう。(Morning Star)


シャーマンによる大統領への浄化儀式


オブラドール大統領のために約200万人が集まった
と言われるメキシコシティの大広場(ソカロ)
史上最多の人数だったようで、もうこれ以上、一人も入れないパンパンの状態だったとか。。。

国会での就任式終了後、ランチタイムをはさんで、今度はメキシコシティの大広場(ソカロ)で国民への演説。こちらで演説して、お祝いの歌と踊りがあると聞いていたのですが。。。な、な、なんと!!!ステージにいたのはポップスターでもなくロックスターでもなくマリアッチでもなく、メキシコ原住民の方々。。。そしてそのステージ上ではシャーマンによる大統領への浄化の儀式が準備されていたのでした!!!メキシコ史上初、原住民シャーマンによる大統領浄化儀式をご覧ください♪(下の動画↓) popoちゃん的にはこれが 一番のハイライト🌟この動画の最後のあたり(6:55)、みんながハッと息を飲む瞬間が!!!


オブラドール大統領の前で跪いて、泣きながら原住民の言語で何かを訴える原住民男性。もちろんほとんどのメキシコ人には彼が何を言っているのかわかりません。大統領も。。。でも、その悲しみ溢れた姿にとっさに反応したオブラドール大統領の行動は。。。そう、一緒に跪いたのだぁ〜!!!なんとも慈悲あふれる行動か!そして、その方からの贈り物を跪いたまま受け取りました。歴史的瞬間!もうあの瞬時の行動が、オブラドール大統領のすべてを表しているような。。。長年の原住民の魂のキズが癒された瞬間、涙が歓喜に変わった瞬間、そんな瞬間を観ている気がしました。

原住民族から贈られた「信頼」「先祖の知恵」を象徴した棒、
El Baston de Mandoを手に掲げるオブラドール大統領

そして、その後、こちらも史上初、68部族の原住民からオブラドール大統領に「信頼」と「先祖の知恵」を象徴した棒、El Baston de Mandoが渡されました。いわゆるこれは「原住民による大統領就任式」だったよう。。。オブラドール大統領が若き頃、政治家としてスタートしたのは、原住民のためのお仕事でした。それが彼の原点。この原住民シャーマンによる儀式は、オブラドール大統領が、原住民に「尊敬」を、そしてメキシコ人に「誇り」を与えたように感じました。

オブラドール大統領就任式の後、popoちゃんの旦那さまはこう呟いた。。。

「なんだか、もっとメキシコのことを知りたくなったなぁ。。。メキシコ人であることが誇らしく思えるようになった。。。」

そう、これがオブラドール効果✨👏✨

メキシコ人魂に火がついた🔥見事な大統領就任式でした!

¡Viva Mexico!
(メキシコ万歳!)


(popoちゃん)


Writer

popoちゃん

メキシコ人夫とメキシコ在住中♪
新アムロ政権の勢いある改革ぶりを中心に
「今のメキシコ」をお届けいたします!

体癖5・9、ピッタ・カファ、エニアグラム1





Comments are closed.