メキシコ便り(26):メキシコ大改革スタート!!!

 メキシコ大改革、始まっております!とにかくものすごいスピードで進んでいる感じがします。popoちゃんの旦那さまもびっくり!メキシコ便り毎日書けちゃうかもと思うくらい、いろんなことが起こっています。なのでいつも長くなっちゃってすみません。

 ロペス・オブラドール大統領は12月1日の就任から、まだ一度もお休みしていません。朝6時から16時間働いています。世の人々はそろそろ定年退職するお年頃、65歳のロペス・オブラドール大統領は人生これからが本番!って感じ♪ ゴルフなんてやってる暇ありません。海外出張はできる限り避けたいといい、メキシコ国内を普通の飛行機で飛び回っています。常に現場にいます。任期6年でメキシコ再建は難しいかもですが、日々、全身全霊、全力投球のロペス・オブラドール大統領!なるほど、どおりで2004年世界第2位の市長に選ばれたわけだ、納得!今度は世界第一位の大統領に選ばれる?!と思うほどのお仕事ぶり!綿密に計画し、国民と常に正直にコミュニケーションし、透明性200%、そしてとにかく即実行!早い早い!(やっぱり5種かなぁ〜?!)就任式で国民に約束した100の公約、サクサクこなしています♪

 今回は、まず、ロペス・オブラドール大統領の著書から、どんなにネオリベラリズムがメキシコを破壊したかを少しピックアップ。その膨大な借金を背負ってスタートしたロペス・オブラドール政権が、先日出した2019年の予算案では、汚職完全撲滅、新たな借金ゼロで、すでに1%の黒字見込み!市場も予算案が実行可能だと受け入れ一安心。。。次に、一部に集中していた富を、貧しい人たち(高齢者、若者)に分配する正義の味方、ロペス・オブラドール政権、そしてそれを拒む醜い最高裁判官たちの模様を。。。そんな中、ロペス・オブラドール大統領は立ち止まることもなく、新たな雇用を生む投資案の一つ、トレン・マヤ(鉄道)の工事開始を前に、母なる地球さまから工事の許可を得る儀式に参加。ロペス・オブラドール大統領のお人柄を感じます。最後にメキシコの新しいメディア誕生?!視聴率No.1、朝の大統領プレスコンファレンスのお知らせ。ロペス・オブラドール大統領は、毎朝7時から8時、メディアと質疑応答。そしてそれはロペス・オブラドール大統領のツイッター、ユーチューブ、フェイスブックで生で観れるようになっています。もちろん後からでも再生可能。これがテレビの朝番組の視聴率を低下させ、また政府からの賄賂ストップのダブルパンチでメディアが危機に直面!今、メキシコでは、毎朝、一番新しい情報で、一番正確な情報をだれもが観れる嬉しい環境ができました♪ メキシコ人、メキメキと目覚めています✨
(popoちゃん)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
メキシコ便り(26):メキシコ大改革スタート!!!


ネオリベラリズム(新自由主義)の爪痕


12月1日大統領就任式で、ロペス・オブラドール大統領は、1983年から始まったメキシコのネオリベラリズムの終わりを宣言。前回のメキシコ便りにも書きましたが、ロペス・オブラドール大統領の著書によると「ネオリベラリズムのモデルとは、民営化することが、国の経済・社会問題などのすべてを解決するための、唯一、完全な解決策であるという独断的な考えをマントラのように主張すること。」引用元:著書:A New Hope For Mexico,8ページ、8〜11行, 著者:Andres Manuel Lopez Obrador, OR Books出版 )

photo by popoちゃん
ロペス・オブラドール大統領の本


このネオリベラリズムは、メキシコの貧富の差を拡大、治安の悪化を生み出し、メキシコをめちゃめちゃにしてきました。では、どうめちゃめちゃにされたのか、ロペス・オブラドール大統領の本から少しだけ具体的に取り上げてみました。


著書では、ワシントン合意(ネオリベラリズムモデル)は正式に1983年から(ミゲル・デ・ラ・マドリード大統領就任時)始まっていたが、本格的にネオリベラリズムが強化されたのはカルロス・サリナス・デ・ゴルタリ元大統領1988〜1994年就任時(写真下↓)。彼の息子エミリアノ・サリナスが、2018年5月に逮捕されたペドファイル、セックスカルトのリーダー、NXVIM創始者Keith RaniereのフランチャイズExecutive Success Programをメキシコでやっていたロペス・オブラドール大統領は、著書でカルロス・サリナス・デ・ゴルタリ元大統領がネオリベラリズムのゴッドファーザーだと言っています。引用元:著書:A New Hope For Mexico,16ページ、20〜21行, 著者:Andres Manuel Lopez Obrador, OR Books出版 )

Author:Andrés Monroy[CC BY-SA]
ネオリベラリズムのゴッドファーザー
元メキシコ大統領(1988-94)、カルロス・サリナス・デ・ゴルタリ
さようならぁ〜👋

ところどころ訳)著書:A New Hope For Mexico,8〜15ページ、 著者:Andres Manuel Lopez Obrador, OR Books出版

1991年6月〜1992年7月のわずか13ヶ月で、18の銀行が閉鎖。
1988年12月〜1993年12月のわずか5年で、電話、航空、テレビ局、保険、さとうきび工場、鉱山、高速道路、港、空港など251社が民営化された。そしてこのシステムは、代々の大統領に引き継がれていった。

金、銀、銅の採取のためにメキシコの国土の40%をリースして、私たちに何の得があったのか?メキシコの炭鉱労働者の賃金は、アメリカ、カナダの炭鉱労働者の賃金の16分の1。これらの分野の会社は、スペイン帝国が3世紀かけてとった金・銀の量をわずか5年で採取した。

ハーバード大学卒、メキシコ大学教授ヘラルド・エスキベル氏が書いた2015年の記事によると、10%のメキシコ人が64.4%の国の歳入をコントロールし、1%のメキシコ人が21%の国の富を所有。

水は今年6月ペニャニエト元大統領が民営化。電気もカルデロン元大統領がスペインの会社に手渡し。。Pemex (ラテンアメリカで2番目に大きい石油会社)もほぼアメリカに手渡す寸前にロペス・オブラドール大統領がUSMCAで救済。(メキシコのガソリンはアメリカより30%高い。42ページ) そんなこんなのボロボロ状態のメキシコを12月1日、前政権から100億ペソ(約560億円)の借金と共に引き継いだロペス・オブラドール新政権。(下のツイート)



ロペス・オブラドール政権2019年度予算案


そんなに借金あって、改革だいじょうぶ?っと思ってしまいますが、大丈夫だとロペス・オブラドール大統領は何度も言ってます。そして先日、市場もそれを認めました。新たな借金は一切しない、汚職完全撲滅、高級官僚の給与カット(大統領の給与108,000ペソ(約60万2797円)より多くもらってはいけないという法律が1831年からあるのに無視されてきたと。。。)、元大統領たちの年金カット(一人あたり月額約100万円)、大統領の飛行機(年間維持費:約1000万円、280人乗り、アメリカ大統領の飛行機より豪華らしい)、官僚用ヘリコプターなどの売却などをし、それで節約したお金を貧しい人たちに分配。

上のツイートは、若者、学生、高齢者年金、障害者年金の2019年度年間予算案の数字

2019年1月1日から68歳以上のすべての高齢者に今までの倍の年金が支給(1,274ペソ・約7,144円/ 月)。大学生には、月額2,400ペソ(約13,458円)。学生には月額800ペソ(約4,486円)。無職の若者には月額3,600ペソ(約20,187円)。障害者の子供たちには月額1,272ペソ (約7,133円)が支給される。メキシコの平均月給が4万円にもみたない状況から考えると、これらの金額はかなり大!


母なる地球さまに鉄道工事の許可を得るための儀式

そして、もちろん雇用促進の投資計画もトレン・マヤ(鉄道)、6つの石油精製工場の再建と新たな工場建設、森林再生プロジェクトなど新たな雇用をどんどん生み出す予定。新たな大学も100創設予定。金銭面でのサポートと新たな雇用機会、奨学金制度などで若者らを麻薬カルテルから遠のけ治安改善を試みる。これらすべての事柄は、就任式のときに国民に約束した100の公約の中のもの。日々、次々と約束が果たされています。ちなみに先日、ロペス・オブラドール大統領は、母なる地球さまからトレン・マヤの工事の許可を頂く儀式(動画上↑)を先住民族とやりました。さすが!

先日、2019年度の予算案(1%の黒字見込み)も提出され、市場にも大変受けが良かったようです。ひとまず皆さん安心された模様。


訳)ロペス・オブラドール政権の2019年度の予算案は、高齢者、無職の若者、トレン・マヤ(鉄道)の建設に重きが置かれ、閣僚たちの給与カットあり。


意訳)12月17日16時。ロペス・オブラドール政権の予算案が実現可能だと投資家を安心させた後、メキシコ国債とペソの価値は上がった。一時、メキシコペソは世界のトップに!「予算案は大変、好評だった」


上のツイートでは「毎年、予算案を国会で通すのに2ヶ月以上かかっていたのに、オブラドール政権は下院、上院ともに日曜日までに(1週間弱)通す見込み」と書かれています。とにかくロペス・オブラドール政権は行動が早い!即決・即実行!勢いがあります!なんだか侍が次から次にスパッスパッと竹を切り倒していくようなそんな潔さを感じます。見てて気持ちいい♪


減給に応じたくない最高裁判官たち


100の公約の中の高級官僚の給与カットですが、もちろん、甘い汁を長年吸い続けた高級官僚たちが素直に従うはずはない。未だ、恥ずかしいくらい最高裁判官たちはダダを捏ねています。(めっちゃ、かっこわる〜い!)ロペス・オブラドール大統領によると、メキシコの最高裁判官らは世界の官僚の中でアメリカの大統領の次、2番目に良いお給料だとか。。。月給:約321万円。(メキシコ大統領の給料は約60万円)


上の動画では、最高裁判官の贅沢ぶりが出ています。メキシコの半分は貧困なのに、これが平等なのかと。。。そして、今やメキシコ全国民が知ってしまった最高裁判官たちのお給料!それを下げたくないと駄々こねている最高裁判官らは、いまや国民が許さない状況に!ロペス・オブラドール大統領は「貧しい国にリッチな政府はおかしい」「政府は金儲けをするところではなく、人に仕えるところだ」と言いながら、立場上、三権分立を尊重すると言い続けています。大統領より多くもらってはいけないというのは1831年から憲法にあるそうです。今まで無視されてきたとか。。。でもここで復活!


最高裁判官が裁判所から車で出てきたところ、国民から攻撃される!
でも実は、この車に乗ってたのは最高裁判官ではなかったらしい。。。😓あらら。。。
今、メキシコ国民はこれほどいかっています!😡


メキシコの新しいメディア誕生?!


12月1日就任式、ロペス・オブラドール大統領はソカロ(メキシコシティの大広場)での演説で国民に100の約束をしました。増税なし、新たな税金なし、GMO禁止、フラッキング禁止、電気、ガス、水道料金の値上げなし、2021年(任期は2024年まで)には大統領にこのまま継続してほしいかどうかの国民投票をする、大統領官邸(アメリカホワイトハウスの16倍の大きさ)に住まず、文化センターとして国民に解放などなど。。。

そして毎年、同じ場所ソカロで、その100個の約束がどこまでできたかを確かめることも約束しました。毎日、朝6時から16時間働くことも約束しました。(16時間働く理由は、大統領任期6年の倍、12年分、2期分のお仕事をしたいからだとか。。。)ロペス・オブラドール大統領は、毎朝6〜7時(メキシコシティ時間)治安改善のために、セキュリティ部門とミーティング。そして、その直後、毎朝7時から8時、プレスコンファレンス。メディアの方たちにその日のミーティングの結果やその日の予定を発表し、その後、約1時間の質疑応答。。。はい、毎日です!そしてどんな質問もOK!

毎朝7〜8時プレスコンファレンス
メディアと質疑応答タイム

オブラドール大統領は、報道官や代理で話す人を一切使いません。すべてオブラドール大統領自身が直接、政府の状況を国民に報告し、質問に答えます。なんだか大統領っていうより、原住民族の村長さんって感じ♪ 隔たりのない、気さくな大統領。でも間違ったことを言っている人いたら、はっきりすっきり訂正します。かっこいい!Jalife氏(UNAM大学教授、地政学者)が言っていたように、ロペス・オブラドール大統領ほど、メキシコのことを知り尽くしている人はいないと。。。だからこういうことができるのでしょう。だれも後ろからこそこそ耳元で話したりして手伝う人などいません。何もない広い空間にいつも一人だけポツンと立って1時間答えます。たまにメキシコの歴史の授業のようになったりで、プレスコンファレンスを通して、国民に道徳、歴史、政治、経済など教育している気がします。大統領が答えられないものは、わからないと正直にいい、後で専門の省からフォローアップをさせる手配をし、いつも誠心誠意で対応!



popoちゃんも毎日、観ています。これはほんとにすごくいいシステムだと思います。毎日、政府のやっていることが、大変よくわかる!透明性抜群!巷に出回っている誤解や誤報がすぐに解決される。そして何よりも、心が落ち着き安心します。それがロペス・オブラドール大統領の目的らしい。。。堂々とし愛と尊敬の気持ちに溢れた大統領の喋りに癒され安堵します。そして、このプレスコンファレンスは、生中継でロペス・オブラドール大統領のツイッター、フェイスブック、ユーチューブアカウントで観れ、もちろん後から何度でも観れます。(動画上↑)メディアに一切編集されることなく、全国民がありのままの情報をそのまま観れます。何のフィルターなしに。。。そう、ロペス・オブラドール大統領は自分のメディアを作っちゃったのです!



あのEl Chapucero動画、ナチョさんいわく、今、メキシコのメディアは危機に直面中。。。そう、今やロペス・オブラドール大統領の朝のプレスコンファレンス(質疑応答)が、どこの朝のテレビ番組よりも視聴率が良いという事実。そのため朝テレの番組視聴率はドーンと低下。テレビ局側はプレスコンファレンスのキャンセルを要請しているとか。。。

そして今まで前政府から頂いていた賄賂が完全に切れてしまったので、大手メディアは音を立てて崩れ始めているようです。Millenio 100人解雇、Radio Fomula 450人解雇、Grupo Imagen 400人解雇、El Universal 自社ビルの半分をテナント貸に出すなど。。。大手メディアは人員削減、出費削減に必死!

ロペス・オブラドール大統領もプレスコンファレンスで言っていましたが、「多くのメキシコの国民は目覚めた」と。。。今、メキシコでは、一番新しく、一番正確な情報をだれもが観れる環境ができたのです!ロペス・オブラドール大統領、すばらしい!!!ゴミメディアをこんな風に退治するとは、やっぱり粋だわ〜😊

¡Viva Mexico!
(メキシコ万歳!)

(popoちゃん)


Writer

popoちゃん

メキシコ人夫とメキシコ在住中♪
新アムロ政権の勢いある改革ぶりを中心に
「今のメキシコ」をお届けいたします!

体癖5・9、ピッタ・カファ、エニアグラム1





Comments are closed.