ぴょんぴょんの「カオスの中で、まともに生きる」

「パレスチナで起きていることは、今、世界中で起きていることの縮図であり、象徴ではないでしょうか。そう考えると、パレスチナの闘いはパレスチナ人だけのものではないはずです。」(kokocara)
 わかります、わかりますけど、パレスチナで実際に何が起きているのか・・・
 日本にいたら、情報も少なくて、よくわからない。
 いざ人に、説明しようとしても、どこから手をつけたらいいのやら・・・。
 まずは、実際にパレスチナに行った人の話から、雰囲気だけでもつかんでみましょう。
「私がパレスチナにいたのはたったの3日間です。現地で目の当たりにした現状はほんの一部に過ぎません。それでも分かります。どんなに過去に複雑な歴史があったにせよ、今のパレスチナで起きていることは『異常』です。」
(THE EPOCH TIMES)
(ぴょんぴょん)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
ぴょんぴょんの「カオスの中で、まともに生きる」


スジの通らないイスラエル建国


行ってみてえな、パレスチナ♪

パレスチナって、そんなルンルン♪して、旅行気分で行くとこじゃないよね?

わかってるさ。
ただ、本当のことを自分の目で確かめてみたい、という思いはつのる。

そもそもパレスチナって、ずーっと戦争してるとこだよね?

ああ、それは、元々アラブ人が住んでいたパレスチナ地方に、ユダヤ人が移住してきて、自分らの国「イスラエル」を、強引に立ち上げたのが始まりだ。

「イスラエル」建国が、アラブ人とユダヤ人の争いの元になったんだね。
でもなんでユダヤ人は、アラブ人が住んでいるとこに、押しかけたんだろう?

旧約聖書に書いてあったから。


ハァ?! 旧約聖書と言われても?

神は、放浪して行き場のなかったユダヤ人に、定住できる土地を約束した。

それが、パレスチナ地方だった・・・わけ?
でも、2000年以上も前の話だし、保証人は神とアブラハムだけでしょ?
契約書もないのに、ただの記録だけで有効なの?

21世紀に生きるおれらにとっちゃ、はあ?って話だが、
たとえアラブ人が1000年以上住んでる土地でも、占領しちゃっていいらしいぜ。

現状よりも、「神との約束」優先てこと?

〈創世記〉12章、第七節、
「時に主はアブラムに現れて言われた。『わたしはあなたの子孫にこの地を与えます。』」。
〈創世記〉15章、第七節、
「また主は彼(アブラハム)に言われた。
『わたしはこの地をあなたに与えて、これを継がせよう・・・』」。

えっと・・・・・
いつ ? → 紀元前 (なのは、まちがいない)
どこで ? → 中東 (の、どっか)
誰が ? → 「主」 (と呼ばれる、旧約の神)が
誰に ? →  「アブラハム (アブラム) と、その子孫」 (限定、それ以外はお断り)
何を ? → 「この地」 (たぶん、パレスチナ地方) を
どうした? → 「与える」 または「継がせる」と言った。

ところが、おめえの分析には、エラーが2ヶ所ある。


エラー!

まず、「この地」は、今のイスラエルがある、パレスチナ地方じゃねえ。

えっ! そこからちがうの?

エルサレムの本来の場所は、イエメンのアシール地方であって、現在のイスラエルの地とは何の関係もありません。」(時事ブログ) 
映像配信の宗教学147回「旧約・総論」 では、もっとくわしく説明されている。

はあ〜?? イスラエルが、パレスチナ人を迫害、弾圧して、追い出したのはエラー?

エラーその2 神が「この地を与える」と約束した、対象もまちがってる。

はあ〜?? イスラエル人、アブラハムの子孫じゃなかったの?


現在のイスラエルに居るユダヤ人はその大部分がアシュケナジー・ユダヤであり、アブラハムの血を全く引いていないことが、DNAからもはっきりとしています。」(時事ブログ)

まちがった人たちが、まちがった場所に、でーんと占領してるの?
じゃ、一番迷惑かけられてる、パレスチナ人の立場はどうなるの?

約束をしたアブラハムの血を引いているのは、パレスチナ人の方なのです。」(時事ブログ)

はあ〜?? そっち?!

最初から、ボタンのかけちがえ・・・わざと・・・たぶん。

「約束がちがう」って、神が怒るべきだよ!
パレスチナ人も、かわいそうだよ。

この「神」もどんな「神」か・・・トリックに加担してたりして。
この土地に何の関係もない人間が、おとぎ話のような紀元前の物語を根拠に、その土地は俺たちのものだ、だからお前たちは出ていけと言っているわけです。
パレスチナ人は何千年もこの地に暮らしてきており、この土地は彼らのものです。」(時事ブログ)

あきれて物が言えない。なんで、こんなことが許されるの?

イスラエルをポケットマネーで作ったロスチャイルド家が、後ろに居るからです。」(時事ブログ)

そこか〜!! 戦争紛争、必ずかかわる、ロスチャさん。


パレスチナ自治区は、「天井のない刑務所」そのもの


お! 一句!
イスラエル建国は、スジが通らねえことが、わかったな?
お次は、パレスチナの現状を見てみよう。
「分離壁」って、知ってるか?

ベルリンの壁みたいなヤツ?


高さ8m、ベルリンの壁よりもずっと背が高い。
イスラエルと、パレスチナ自治区を隔てる、巨大な壁だ。

「分離壁を見に向かう途中、タクシーのおっちゃん(パレスチナ人)が言いました。
『マイ・フレンド。あれは、イスラエルが作っている入植地だよ』。
イスラエルはパレスチナ自治区の領土内にユダヤ人居住区をあちこちに建設していて、パレスチナ人の領土を違法に奪い、彼らの生活を圧迫している。」(THE EPOCH TIMES)


なにこれ! パレスチナ自治区の丘の上に、ユダヤ人居住区がてんこ盛りになってる!
それに、「分離壁」の圧迫感!
向こうの山も見えないし、空もせまくなるし。

イスラエル側に言わせれば、「テロリストからの攻撃を防ぐため」だとさ。
実際の境界線を無視して、わざと、パレスチナ人が生活しにくいように壁を作ってる。(THE EPOCH TIMES)

明らかに、いやがらせだね。

ちょっと、想像してみろよ。
ある朝、じぶん家の前に、高さ8メートルの「壁」ができてた。
学校に行くにも、出勤するにも、買い物に行くにも、壁ができたんで、いつもと違うルートを通らなきゃなんねえ。

めんどうくさい。

しかも、そこかしこに検問所があって、兵士が通行証をチェックする。
「検問所はいつも渋滞していて、学校に通うことをあきらめたり、仕事に遅れて失業してしまうことは珍しくないほどです。発作を起こした急病人が病院に間に合わず亡くなってしまうということも起きています。」(kokocara)

どうしよう、仕事に間に合わない。

・・・んなこと、言ってらんねえ。

あれ? 通行証を家に忘れてきちゃった!

そんなんは、即、逮捕だ。

逮捕されたら、いつ牢屋から出られるかわからないし、どんな拷問されるか。

こんなことも、しょっちゅう起きてる。
ある日、自分ちの畑が燃やされ、水源も取り上げられて、作物を育てられなくなった。
ある日、帰宅したら、家が取り壊されていた。
その後、イスラエル人の家が建ったが、家の取り壊し代の請求書が来た・・・・
って、これ、ほんとにあった話。

あ・り・え・な・い!!

壁の上からはイスラエル兵がパレスチナ人たちを監視しています。パレスチナ人は常に監視の目にさらされた生活を送っているのです。分離壁のそばにも若いイスラエル兵たちが見張りとして立っています。」(THE EPOCH TIMES)


壁の中に閉じ込められて、兵士に見張られて。
まるで、刑務所だ。

その通り! パレスチナ自治区は、「天井のない刑務所」そのもの。
駐日パレスチナ大使は語る、
「パレスチナは70年に渡り、イスラエルによって軍事的に占領されています。
500万人のパレスチナ人の住んでいるパレスチナの領土は、ヨルダン川西岸もガザもエルサレムも大きな収容所、刑務所のようにされてしまった。」(時事ブログ)

日本は、そんな国じゃなくて良かった〜。

おめえ、まだまだ、他人事だな。
竹下先生は、おっしゃってるぞ。
パレスチナの出来事を他人事だと思わないでください。
NWO(新世界秩序)とは、プーチン大統領が明確に言っているように、このパレスチナのように“世界中を刑務所にすること”なのです。
」 
「パレスチナの人々の苦難に無関心でいると、次に同じことを自分にされるのだということを、肝に銘じてください。」(時事ブログ)

!!
ぼくたちの無関心のせいで、日本も同じようになっちゃう?!

ヘブロンの街でガイドを頼んだ、タラルという男性、指に包帯を巻いている。
理由を尋ねると、イスラエル兵が突然、彼の指を鈍器で叩いたという。
そのために彼は、仕事ができなくなり、「今月の水道代と電気代は、多分払えない」。
払えなければ、ライフラインは止められてしまう。
(THE EPOCH TIMES)

Author:بدارين[CC BY-SA]
ヘブロン

うわあ〜〜神さま、タラルを助けてあげて!

「歩いていると、突如パレスチナ人男性が兵士たちに取り押さえられました。
驚いて一体何事なのかタラルに聞くと、彼曰く、兵士たちは彼がイスラエル兵と同じカーキ色のジャケットを着ているのが許せないのだと言います。」(THE EPOCH TIMES)

パレスチナの人々は毎日、こんないじめに耐えているのか。

パレスチナ人が歩くことを禁じられているエリアを1人で歩きました。もしパレスチナ人がバリケードを超えてこのエリアに足を踏み入れたら、無条件で撃たれるのだそうです。」(THE EPOCH TIMES)

パレスチナ人は、人間扱いされてない。

その通り、イスラエルから見たら、パレスチナ人は家畜以下のゴイムだからな。
暴行を受けたり、テロの容疑者として殺害されたり。
家屋の損壊、畑や車両が損害されることは頻繁に起きているし。
証拠なしに逮捕され、弁護士もつけてもらえない、まともな裁判も受けられない。

(kokocara)

人権とか、ないんだね。

大人だけじゃなくて、子どもも投獄されてる。
真夜中に軍が家に来て、
「数週間前、お宅の子どもが、イスラエル兵に投石をした」と言って、子どもを連行する。
たとえ無実でも、恐怖を植えつけるために、見せしめの拷問もあるという。
(kokocara)

自分の子どもが連行されたら! そして拷問されたら?!

気が狂いそうだろ?
実質イスラエル支配の、パレスチナ人「自治区」は、〈ガザ〉と〈ヨルダン川西岸〉の2ヶ所に分かれている。

〈ガザ〉って、どんなとこ?

Author:TUBS[CC BY-SA]


上図の赤い部分が〈ガザ〉だ。
白い部分が、もうひとつのパレスチナ人自治区〈ヨルダン川西岸〉。
〈ガザ〉は、360㎢の中に、176万人がひしめく、人口の過密な場所だ。(Wiki)
環境的にも、住めた場所じゃない上に、自由もない「天井のない刑務所」だ。

イスラエル軍による〈ガザ〉侵攻 (2014年) は、大変だったね。

死者が2000人以上、負傷者も1万人以上で、半数以上が民間人。
死者の中には、幼い子どもがたくさんいた。
つい先日(5月5日)も、〈ガザ〉からイスラエルにロケット弾が打ち込まれ、その報復にイスラエルの空爆があったばかりだ。(HUFFPOST)

日本では、ゴールデンウィーク真っ最中の、こどもの日だったのに。

〈ガザ〉は、2007年にイスラム組織ハマスに支配されて以来、イスラエルから経済封鎖されている。
(NEWS WEEK)
だから、〈ガザ〉には、生活に必要な物が入ってこない。
住民は、国連の食糧配給で、何とか食いつないでる状態だ。
電気も制限されていて、使えるのは一日に3~4時間だけ。
外に出る自由もない。
空爆や無人機による暗殺はしょっちゅうだし、偵察用のドローンも飛んでる。
(kokocara)

うはぁ〜〜気が狂いそうだ、そんな生活。

駐日パレスチナ大使は語る、
「占領はパレスチナ人の日常生活・・・電気供給、水、食料、医療品、そして人の移動など、生活の全ての局面をコントロールしている。」
「イスラエルは『自衛』の名の下に日常的に殺戮を行っている。
そして抵抗するパレスチナ人は『テロリスト』と呼ばれる。」
市民が故意に大量虐殺されている。
「私が欲しいのは・・・主権国家だ。食べたいものを食べれて、キレイな水が飲めて、薬が手に入って、子どもを学校に行かせることのできるという権利だ。」
(時事ブログ)

そんな、当たり前のことがほど遠いように見える・・・これは地獄だね・・・。


地獄に咲く、美しい「白い蓮の花」


ところがそんな地獄にも、美しい花が咲く。
ガザ地区で、負傷者を助けようとして撃たれた、パレスチナ人看護師「ラザンさん」の記事、覚えてるだろ?

ヒカリカガヤクヒメミコさまに、なった人だね。

ヒカリカガヤクヒメミコ 様
(ラザン・ナジャル、年齢16才) 〈霊体〉


彼女は武器など持っていませんでしたが『私は白衣に守られている』『神が私と共にいるから怖くない』と言っていたそうです。」(時事ブログ)

こんな最悪の状況の中に!?
まるで、泥の中に真っ白な美しい花を咲かせる、「白い蓮の花」のようだ!!

現在、人間から神になった「ラザンさん」は語る。
「血も涙もなく、法も一切通用しない世界で、ひたすら神様に救いと平和の実現を祈り求めながら生きて来ました。」
(時事ブログ)

「血も涙もなく、法も一切通用しない世界」で、神に祈る・・・ふつう、できる?

肉体の死は、私から愛と希望、神様への信仰を奪う事は出来なかったのです。」(時事ブログ)

ほんものだ!!

そんな「ラザンさん」の力強いメッセージ。
「地球の皆さん!
どんな場面に直面しても、決して恐れないで下さい!
決して絶望しないで下さい! 
決して諦めないで下さい!
神様は、平和を愛する人々を、ひとりひとり、その身分や能力、地位や持ち物によらず、等しく見ておられます。どうぞ、あとしばらくの間、辛抱強く地球と宇宙の平和を、祈り続けて下さるよう心から願っています。」
「天井のない刑務所」ガザに生きながらも、神を信じ、平和を祈る。
まさに、彼女の存在は、
「現在、地球上で困難な生活を強いられている人たちにとって、導きの光となるものです。
」(時事ブログ)

Author: Boris Niehaus[CC BY-SA]

どんな荒波にもまれても、「ラザンさん」のように生きたい。

竹下先生は、こう言われている。
「地球では、未だに混乱と破壊をもたらそうとする連中と、調和と繁栄をもたらそうとするグループの戦いが起こっていますが、結果は確定しているので安心していてください。
皆さんの心の平安が最も強力な援軍となるのです。
神々や宇宙人に感謝の気持を伝えることは、平和に大きな貢献をすることになります。
表面上の出来事の奥で起こっている真相の方に目を向けて、ネガティブな状況に巻き込まれないようにしてください。
努力すべきことは、金儲けではなく、自分の心を正しく保つことなのです。」
(時事ブログ)

ぼくみたいに無力でも、世界平和に貢献したいよ。

日本は、この先、どうなっていくのやら?
日本と、パレスチナの関係はどうなってる?
気をつけなきゃいけねえのは、かつては中立的な立場をとっていた日本が、最近、武器の輸出・共同開発の面でイスラエル寄りになってる。
(kokocara)

安倍政権になってからだね。

パレスチナという実戦現場で『効果は実証済み』というのが、イスラエルの軍需産業のいちばんの売りなんです。軍事技術を民事転用したハイテク産業の分野でも、日本企業との協力が進められています。そうやって日本のお金がイスラエルへと入っていく。決して無関係ではありません。」(kokocara)

パレスチナで、兵器が実験されてる・・・しかも、それを日本が助けてるって、やめて!

しかも、すでにある秘密保護法とか、これから作ろうとしている緊急事態条項を見りゃわかるが、日本の支配層は、日本をイスラエル・パレスチナみたいな監視社会にしたがってる。

日本は、イスラエル・パレスチナの後を追ってるんだね。
となると、ぼくらはゼッタイに、優遇されるイスラエル人の方じゃないね。

あたりきよ!
おれたちは、パレスチナ人と同じ待遇にされるだろう。

明日は我が身か・・・・・。

おれたち一人ひとりが、パレスチナに興味を持つことが重要だ。
おれも、竹下先生のコメントに突き動かされた。
数分の時間を割いて問題の根がどこにあるのかを理解して下さい。
あなたは何も出来ないと思っているかも知れませんが、あなたの認識の光は、光の速度で世界に広がるのです。 光が広がれば闇は居場所がなくなるのです。
(時事ブログ)

ぼくたちが知ることによって、無知、無関心の闇を追っぱらおう!

イエ〜イ!!

パレスチナの日の出

Writer

ぴょんぴょんDr.

白木 るい子(ぴょんぴょん先生)

1955年、大阪生まれ。うお座。
幼少期から学生時代を東京で過ごす。1979年東京女子医大卒業。
1985年、大分県別府市に移住。
1988年、別府市で、はくちょう会クリニックを開業。
以後26年半、主に漢方診療に携わった。
2014年11月末、クリニック閉院。
現在、豊後高田市で、田舎暮らしをエンジョイしている。
体癖7-3。エニアグラム4番(芸術家)

東洋医学セミナー受講者の声

Comments are closed.