独逸の伯林で見た、聞いた、感じた社会問題、教育問題 ~第40楽章 たかがパンツ、されどパンツ・・・

夏休み目前で、日本も暑い日が多いかと思いますが、
ドイツでも35度以上の暑い日があります。
しかし、ドイツでは普通はエアコンが家に
付いていないのです。北の国だからなのか、
暖房設備はばっちりですが、猛暑でもエアコンがないのです。
先日6月26日は、36度を記録した日でしたが、
ベルリンの外側に位置するブランデンブルグ州では、
ヘルメットをつけているのに、全裸でバイクに乗っている人が
出没していました・・・。

第40楽章は、たかがパンツ、されどパンツ・・・です。
(ユリシス)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————

全裸でバイク



猛暑でしょ? という感じでヘルメットかぶり、サンダルをはいて、しかし全裸でバイクを運転している男性が出没しました。
この記事によると、裸でも運転は禁止されていないそうです。
しかし、警察は、ズボンを履くように指導したようです。

警察のツイートによると、


§118 OwiG(ドイツの秩序違反法)によると、誰かが文句を言った場合には、裸の運転は、違法になるかもしれません・・とのことです。
ニューズウィークの記事にも記載されていました。
https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2019/06/post-12418.php

ここで面白いなと思ったことは、
ドイツでは、裸の運転は禁止されていないという鷹揚な感覚であること、
日本では、軽犯罪法や迷惑行為防止条例などと言われてしまいそうですね。

また、ドイツ全体、ベルリンにもたくさんの湖があり、
暑い日には、湖に飛び込んで泳ぐ人が多いのです。
FKKという全裸での遊泳ができる場所もあり、
昔からドイツは裸に寛容なようです。

http://www.newsdigest.de/newsde/news/panorama/7078-1006-01/

実際に数年前、ベルリンの南にあるヴァンゼー湖にて、
全裸になっているドイツ人の人たちを少し離れたところから
拝見しましたが、特に違和感もなく自然な感じでした。

みなさん裸で無邪気にビーチバレーボールをしていました。
しかし、現在では若者には全裸は人気がないとも聞きました。
確かに50代、60代の方が多かったような気がします。



そういえば・・山本太郎さん、水泳パンツ1つで
メロリンQ でテレビに登場していたのをご存知でしょうか・・。
水泳で鍛えられた身体で、当時は結構衝撃的でした。

また、その後、2010年ごろだったかな・・。
ジェットコースターに何回連続で乗れるか・・という
バラエティー番組で山本太郎さんは優勝していたのを
記憶しています。ガッツがあり、やる気がある印象でした。



こちらを拝見しても頑張っていますよね!


ボクサー・ブリーフ・トランクス


英語圏の子供たちに人気な本があります。

「キャプテン・アンダーパンツ」
編集部注 : 主人公の小学生コンビが書いたパンツ一丁で戦う斬新なヒーロー漫画の世界が、いつの間にか現実となり、いつも意地悪な校長先生がパンツマンに変身して大活躍する。
ドリーム・ワークスでアニメ映画化もされた。

あまり本が好きではない子供向けと言われています。


息子がオーストラリアに行った年齢では、
上記のキャプテン・アンダーパンツの本を読む時代は
過ぎていましたが、オーストラリアの本屋さんでも子供に
人気らしく、たくさん置いてありました。
日本の学校では、怪傑ゾロリシリーズが
人気だったので、同じような感じなのかなと思いました。
https://www.ehonnavi.net/ehon/26146/かいけつゾロリ(13)かいけつゾロリのなぞなぞ大さくせん/


たかがパンツ、されどパンツだと思いがちですが、
上記のキャプテン・アンダーパンツも履いている
白いブリーフは消えていくのでしょうか・・。
ファッション誌や有名人、人気俳優のおかげで、
ボクサーパンツが主流
になってしまいました。
http://home.kingsoft.jp/news/amusing/curazy/138732.html


私、母親目線からいうならば、
息子には、ボクサーパンツを履かないようにすすめています。
実際に、トランクスをすすめています。
息子曰く、『ほとんど全員、XルバンXラインとかXミー・Xルフィガーの
ボクサーパンツはいているよ・・。』
母、私 『みんなが履いているということは、流行なのできっと洗脳だね。
ボクサーパンツは、風通しが悪いからよくないね。』
https://yogananda.cc/health/032.html


実際に調べてみると、ボクサーパンツでも通気性のよいものが
あるようです。ブリーフパンツでもボクサーパンツでも変わらないとおっしゃる方も
いらっしゃいます。

ぺりどっとさんの貴重なご意見も頂戴しました。
「物心ついたときにはブリーフでしたけど、
蒸れてしまうので、ある時期からとても履く気がしなくなりました。
ブリーフはピッタリし過ぎていて、ボクサーはまだ少しゆるい感じがします。
ボクサーやトランクスを履くようになりましたが、
やはり、トランクスの方が過ごしやすかったです。
ブリーフ < ボクサー < トランクス < ふんどし ←今ココ」

我が家の息子も自分が何を選択するかは、息子次第です。
息子は私と違い、意外にもおしゃれさんなので、流行が気になるようです。
しかし、親が子供に伝えたいことは、なぜ、流行っているのか?という点を
いつも観察してほしいなと思っています。

ファッション雑誌のモデルの男性のように、ボクサーパンツのブランド名を
ジーンズから見えるように履いて、ジーンズは流行の細めで足を締め付けて、
前ポケットにはスマホを入れて、PCを膝の上に置いてネットサーフィン・・・
もう、精子減少確定ではないか・・と心配してしまう親世代です。

以前、ぺりどっとさんがふんどしの記事
書かれていたことを教えていただき、再度読み返しました。
男性だけでなく、女性もふんどしをするのが良いのかも・・。
(実は女性のものも、良いものがない・・という現状が・・)

大勢のふんどしファンの女性読者さんから、これが良いわよ!というご意見が来そうですね。(編集部)

ミスタービーンも履いている白いブリーフは
もう今では人気がないようですね。(5:13〜)



このミスタービーンの白いブリーフもどちらかというと
情けないイメージの象徴になってしまっているのです。



こちらは、人気なアメリカのドラマTwo and a half Menより
0:14 より白いブリーフを履いているシーンがありますが、
こちらもダサい男性のイメージとして使われてしまっています。


押し付けられるイメージ戦略


イメージ戦略というものがいかに恐ろしいかがわかります。
このことについては、男性だけの問題だけではありません。
女性も白髪染め、ブラジャー、脱毛などなど、コマーシャルの
宣伝でイメージよく表現されているものには、注意すべき
ものがたくさんあるのです。

乳がんの原因もいろいろあると思いますが、
昔流行った制汗剤や締め付けるブラジャーの可能性も高いはずです。
脇の脱毛の可能性もあるとも、どなたかが書かれていました。
きっと、脱毛のためのケミカルな石鹸も悪いでしょうね・・。
昔からよく思っていたのですが、なぜ脱毛をしてきれいに
見せなければいけないのか・・と。
ラテン系の女性は脇なども剃っていない場合も多いと聞きました。
若い頃に読んだファッション女性誌では、こんなことが書いてあり
とても衝撃だったことを記憶しています。
『女性は男性に産毛なども見せてはいけない・・』

ドイツでは、サウナなども男女混合で、
温泉なども男女混合が多い
そうなのです。
そして、男女ともに、全身で脱毛している率が高いと聞いたのです。
ちょっと恐ろしいと思ってしまった次第です。
脱毛ということは、実はペドにもつながっていくのかも・・
とちょっと頭によぎったりもしましたが・・。(考え過ぎかな・・)

Author:Greenland Travel[CC BY]


有色人種より白人の方がイメージが良いと思ってしまっていること、
有名人がしていることが良いと思ってしまうこと、
何回も宣伝されることに洗脳されてしまうこと、
表面的にきれいなものを選んでしまうこと、
私たちは、本当に情けないもので、大切なことを見破ることが
ほどんどできないように仕向けられてしまって
います。
残念なことに、イメージ戦略に簡単に騙されてしまうのです。

たかがパンツ、されどパンツ・・
ドイツでは、なるべく洗濯物を外側から見えるように干しては
いけないようになっています。
太陽の光で干して、殺菌したいものですが・・。
ですので、下着にまでアイロンをかける習慣があったり、
ドイツの洗濯機は90度の設定もあるのです。

Author:Marco Verch[CC BY]

パンツを大事にすることで・・・
下記の動画のようなかわいい赤ちゃんが
世界中でたくさん生まれるといいな
・・

動画のコメント欄にはこんなことも書いてありました。

(コメントより抜粋)
Imagine : What if all parents, and grand parents took the time to just sing to their children!
(もしお父さん、お母さん、おじいちゃん、おばあちゃんが赤ちゃんにちょっとでもいいので、歌をうたってあげる時間があったのなら・・きっと・・)

今回の音楽は、赤ちゃんの表情に注目




Writer

ユリシス

東西冷戦時代を身近に感じられるドイツの首都在住。豪州の出会うと幸せになれると言われる、めったに出会えない青い蝶、ユリシスがいる、(ほとんど毎日会っていた!)トロピカルな街から移り住みました。世界に国境はない、人種も言語も関係なく、心で通じ合えるが信条。英、独、インドネシア語を学びました。1985年の人民服を来ていた時代の上海、1988年のベルリンの壁、1992年のインドネシアの民主化運動を目の当たりにする。
現在、東洋医学セミナーを勉強中。体癖はたぶん、2−8かな?しかし、3、5、10も入っているような気がする。

わかりやすく、音楽のように流れるような、軽快な文章をお届け出来ればと思います。小学生でもわかるように簡単で、本質をついた内容に努めてまいります。



Comments are closed.