2019年7月12日 の記事

逮捕されたジェフ・エプスタインが関与していた犯罪は、単なる小児性愛犯罪ではなく、拷問、虐殺、生贄儀式、人食いという、常人には到底理解できないモノ

竹下雅敏氏からの情報です。
 ジェフ・エプスタインの逮捕は、小児性愛犯罪者に王手をかけるものです。しかし、冒頭の記事にあるように、これは単なる小児性愛犯罪ではなく、イルミナティの犯罪なのです。時事ブログでは、“児童に対する性的虐待だけでなく、拷問、虐殺、生贄儀式、人食い”という、常人には到底理解できない犯罪を、悪魔崇拝としてイルミナティが常時行っていることをお伝えしてきました。
 記事によれば、内部告発者が“エプスタイン島で行われていた性的暴行、拷問、虐殺の様子を映した画像をUP”し、彼らは、“生きたまま被害者の腕をノコギリで切断していた”と書かれています。
 被害者をできるだけ苦しめて殺すことで、悪魔たちに捧げるルーシュと呼ばれる生命エネルギーをより多く収奪できると、彼らは考えているのです。
 エプスタインの逮捕が、日本の小児性愛犯罪に繋がってくるかどうかが問題です。日本でもかなり酷い状況であることを、日本国民が理解しなければならないでしょう。
 “続きはこちらから”をご覧ください。例のプチエンジェル事件ですが、皇族が関係していたという噂があります。ツイートを見ると、“秋篠宮殿下に「児童買春」疑惑 プチエンジェル事件”とあり、これに対して、“有名なのは、ナルちゃんの方ですよー!”とあります。
 私も、秋篠宮殿下は違うのではないかという気がします。そうなると、“ナルちゃんズ” の“どのメンバーですか~?”という話になって、収拾がつかなくなってしまいます。
 加えて、プチエンジェル事件に関連して、秋篠宮様には、「パパだ~い好き!!」というとんでもない動画が存在するというのが、最後の記事です。記事に書かれている内容が事実で、もしもこの動画が出てくれば、皇室は終わると思います。これは、ナルちゃんズのメンバーが本当は何人なのか、という問題が吹き飛ぶようなスキャンダルです。これを隠すために、「プチエンジェル事件」が出てきたと言うのですが、その可能性は十分にあると思います。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
逮捕されたジェフ・エプスタインが関与していた犯罪は報道よりも遥かに極悪でした!
引用元)
(前略)
https://beforeitsnews.com/v3/alternative/2019/3691808.html
(一部)
7月9日付け
逮捕されたジェフ・エプスタインが関与していた犯罪は報道よりも遥かに極悪でした。エプスタインの島やホテル内で行われていたことは児童に対する性的虐待だけでなく、拷問、虐殺、生贄儀式、人食いでした。
(中略)
Qによれば:
ヒラリーの携帯電話に、エプスタインが所有する島にある悪魔の秘密礼拝所で行われていた悪魔儀式の映像が残っていました。
レイチェル・チャンドラー(エプスタインの島とロスチャイルドとクリントンと王族と繋がりのある内部告発者)が解明のカギを握っています。チャンドラーはインスタグラムにエプスタインの島の建物内部で行われていた性的暴行、拷問、虐殺の様子を映した画像をUPしました。彼等は実際に生きたまま被害者の腕をノコギリで切断していたのです。
チャンドラーはエプスタインの島及びスタンダート・ホテルで行われていた悪魔の生贄儀式に使う子供たちを供給していました。
(中略)
こちらの映像はドローンが映したエプスタインの島にある悪魔の礼拝所です。3:28~



(以下略)
————————————————————————
配信元)
 

» 続きはこちらから

ジャニー喜多川の性的虐待問題は、「所属タレントへのセクハラ行為」というレベルではなく、性的虐待で完全に犯罪行為!

竹下雅敏氏からの情報です。
 ジャニー喜多川の性的虐待問題を、リテラとゆるねとにゅーすさんが取り上げました。 「所属タレントへのセクハラ行為」というレベルではなく、性的虐待で完全に犯罪行為であり、このまま放っておいて良いものではありません。
 2つ目のツイートには、「小5から」という言葉が見えます。背景がわかった上でこのツイートを読めば、小学5年生の時から性的虐待を受けていたとしか読みようがありません。はっきり言って、所属タレントで被害に遭っていない少年はいるのだろうかという気がしています。
 驚くべきは、“『報道ステーション』や『news23』のような報道番組までもが横並びの賛美報道しかできない”という事実。これは、メディアが完全に腐っている証拠です。あくまで想像ですが、メディアの上層部が、毒饅頭と性接待で弱みを握られているとしか思えません。
 例えば、朝堂院大覚氏の動画「飲み屋で芸能社長に聞いた芸能界の枕業界事情」の、冒頭の数分をご覧ください。通常こうした接待の場には個室が用意されており、男女の行為は隠しカメラで撮影されていると考えるのが普通だと思います。これはモサド、 CIAのやり方で、広く使われていると考えてよいのではないでしょうか。
 このように弱みを握られてしまえば、権力側の言いなりにならざるを得ません。権力に逆らわないでいる限りは、良い生活が保障されるからです。
 しかし、トランプ大統領とQグループの革命により、状況は変わってきたと思います。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
配信元)
 
 
 
 
————————————————————————
ジャニー喜多川社長の美談を垂れ流し性的虐待問題を一切報じないマスコミ!元ジュニアが法廷で証言、最高裁でも確定してるのに
引用元)
(前略)
湯水のようにジャニー社長賛美報道が繰り広げられているが、しかし一方で、メディアが一切触れていないことがある。ジャニー社長の性的虐待という問題だ。

 実はかなり古い時代から、ジャニー社長のタレントやジュニアに対する性的虐待の告発は数多く存在した。なかでも衝撃的だったのが、1988年に元フォーリーブスの北公次が出した告発本『光GENJIへ』(データハウス)だろう。北はこのなかでジャニー社長からの性的虐待を赤裸々に記しているが、その後も元ジャニーズの中谷良による『ジャニーズの逆襲』(データハウス/1989年)、平本淳也の『ジャニーズのすべて 少年愛の館』(鹿砦社/1996年)、豊川誕の『ひとりぼっちの旅立ち』(鹿砦社/1997年)、光GENJIの候補メンバーだった木山将吾の『Smapへ――そして、すべてのジャニーズタレントへ』(鹿砦社/2005年)などの告発本が刊行され、いずれもジャニー社長からの性的虐待を訴えたのだ。
(中略)
ジャニー社長のタレントたちへの性的虐待は都市伝説などではないばかりか、最高裁でも認定された事実なのだ。(中略)… 国内メディアはジャニー社長賛美一色。『報道ステーション』や『news23』のような報道番組までもが横並びの賛美報道しかできないのは異常だ。
(以下略)

» 続きはこちらから

[Twitter] 目を輝かせる子どもたち!

読者の方からの情報です。
大人の目も輝かせる、牛歩!(太郎 ver.)
みんなを覚醒させる、牛選挙?(あゆみ ver.)
(しんしん丸)
————————————————————————
配信元)


週刊新潮のスクープ:菅官房長官の依頼でTBS退職後の山口敬之氏へ資金援助がされていた

 伊藤詩織さん事件で、山口敬之氏の逮捕直前に中止命令を出したのは、2012年当時菅官房長官の秘書官だった中村格氏であることはすでに伝えられていました。
 この度、週刊新潮が新たなスクープを出しました。菅官房長官が、NKBという企業の会長、滝久雄氏に対して、山口氏への資金援助を依頼していたというものです。菅氏の口利きにより、山口氏がTBSを退社した後、NKBの子会社からは月42万円が支払われることになったと伝えられています。菅官房長官が、中村氏や滝氏を介して何としてでも山口氏を守り優遇していた実態が浮かび上がります。ゆるねとにゅーす管理人さんの言葉を借りれば、山口氏は「一般的なメディア関係者とは明らかに別格の(中略)超・上級国民の枠の中にいる存在」「莫大な金や利害の一致を通じて、政府関係者や政府と繋がりのある企業と並々ならぬ関係性を構築していた」存在であることがうかがえます。
 伊藤詩織さんは、自分のことよりも世の中の女性のために勇気を出して立ち上がって下さったのですが、彼女の訴えは想像以上の深い闇に光を当てることになりました。
あえて選挙期間中にこのスクープをぶつけて来た週刊新潮。妨害にもかかわらず順調にヒットしている映画「新聞記者」。安倍政権の闇につながるこの事件をアンタッチャブルのままにして良いはずがない。
(まのじ)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
【新潮】菅官房長官、懇親企業に山口敬之氏への資金提供(月42万円)を依頼か!安倍総理に加え、菅長官とも「深い繋がり」が…
転載元)
どんなにゅーす?

・2019年7月8日、ジャーナリストの伊藤詩織氏が元TBS・山口敬之氏から性暴力を受けたとして訴えている裁判の口頭弁論が開かれ、伊藤氏が「やめて、痛いと伝えてもやめてくれなかった」と主張したのに対し、山口氏は「同意があった」と主張。これまで同様に両者の主張は大きく食い違った

・また、週刊新潮は、山口氏の逮捕中止を命令した警視庁の中村格刑事部長(現・官房長)が秘書官として仕えていた菅官房長官が、ぐるなびを創業した”懇親企業”に対し、山口敬之氏に資金提供(月42万円)を依頼していたことをスクープ。山口氏が安倍夫妻のみならず、菅長官とその関連企業とも深い繋がりがあったことが浮かび上がっている。
※2019.7.11.1:10新たに報じられた情報を元に、記事を再構成、一部修正させていただきました。


(中略)






» 続きはこちらから

独逸の伯林で見た、聞いた、感じた社会問題、教育問題 ~第40楽章 たかがパンツ、されどパンツ・・・

夏休み目前で、日本も暑い日が多いかと思いますが、
ドイツでも35度以上の暑い日があります。
しかし、ドイツでは普通はエアコンが家に
付いていないのです。北の国だからなのか、
暖房設備はばっちりですが、猛暑でもエアコンがないのです。
先日6月26日は、36度を記録した日でしたが、
ベルリンの外側に位置するブランデンブルグ州では、
ヘルメットをつけているのに、全裸でバイクに乗っている人が
出没していました・・・。

第40楽章は、たかがパンツ、されどパンツ・・・です。
(ユリシス)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————

全裸でバイク



猛暑でしょ? という感じでヘルメットかぶり、サンダルをはいて、しかし全裸でバイクを運転している男性が出没しました。
この記事によると、裸でも運転は禁止されていないそうです。
しかし、警察は、ズボンを履くように指導したようです。

警察のツイートによると、


§118 OwiG(ドイツの秩序違反法)によると、誰かが文句を言った場合には、裸の運転は、違法になるかもしれません・・とのことです。
ニューズウィークの記事にも記載されていました。
https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2019/06/post-12418.php

ここで面白いなと思ったことは、
ドイツでは、裸の運転は禁止されていないという鷹揚な感覚であること、
日本では、軽犯罪法や迷惑行為防止条例などと言われてしまいそうですね。

また、ドイツ全体、ベルリンにもたくさんの湖があり、
暑い日には、湖に飛び込んで泳ぐ人が多いのです。
FKKという全裸での遊泳ができる場所もあり、
昔からドイツは裸に寛容なようです。

http://www.newsdigest.de/newsde/news/panorama/7078-1006-01/

実際に数年前、ベルリンの南にあるヴァンゼー湖にて、
全裸になっているドイツ人の人たちを少し離れたところから
拝見しましたが、特に違和感もなく自然な感じでした。

みなさん裸で無邪気にビーチバレーボールをしていました。
しかし、現在では若者には全裸は人気がないとも聞きました。
確かに50代、60代の方が多かったような気がします。


» 続きはこちらから