2019年7月24日 の記事

7万人の小児性愛犯罪者が起訴へ ~いよいよ、大量逮捕に向けて動き出した

竹下雅敏氏からの情報です。
 いよいよ、大量逮捕に向けて動き出したようです。フルフォード氏も、“法廷は、全米から11万人以上の封印された起訴状を開き始めた”と言っています。
 記事では、“今後、エプスタインの犯罪に関する2000ページにも及ぶ証拠資料が公開される”とのことです。これが、トランプ大統領とQグループによって推進されているのは明らかでしょう。
 藤原直哉氏のツイートによると、“エプスタインの資産管理を行っていたのは…ドイツ銀行だった”とのことで、現在でも危機的状況にあるドイツ銀行に対するとどめの一撃になりそうです。これは、近い将来、現行の金融システムの崩壊が起こるということでしょう。
 時事ブログでは、これまで何度もお伝えしていますが、Qグループに代表される地球同盟は、カバールの支配から地球を解放するために戦っています。彼らは、本物の光の戦士であり、神の軍団です。
 しかし、様々なチャネリング情報を送ってくるハイアラーキの残党は、完全に悪の一部です。具体的には、球体連合、銀河連合、光の銀河連邦、プレアデス高等評議会、古代地球離脱文明、コブラのRM(レジスタンス・ムーブメント)などの組織がハイアラーキーの残党であり、彼らは地球を解放しようとしているのではなく、地球を植民地にしようとしている連中です。
 例えば、マレーシア航空370便を思い出してください。フルフォード情報によると、“マレーシアのマハティール首相は…2014年3月に消息を絶ったマレーシア航空370便と、2014年7月に撃ち落とされた17便は同じ飛行機であるとの認識を公けに示した”とのことです。
 この事件に対して、セント・ジャーメイン、マシュー、サナンダを名乗る人物が、当時何を言っていたかを今一度思い出してください。2014年5月6日の記事をご覧になると、この中でサナンダは、“フライト370は救助され、銀河の宇宙船の中に安全に収容されている”と言っており、航空機は“銀河艦隊の一部であるシリウスから飛来した巨大な宇宙船に救助され、機上に搭載されました”と言うのです。
 この明らかにバカバカしい嘘を、現在どのくらいの人が信じるのでしょうか。彼らが、明らかに真実を隠蔽するこのような偽情報を流すのはなぜなのか。それは彼らが、カバールを操っている悪の組織だからに他なりません。
 人々は、いつになったらこのサナンダとか、アシュター司令官などを名乗る連中が偽者であり、彼らは地球を解放しに来ている者たちではなく、カバールを利用して地球を植民地化しようとしている神の敵であることに気づくのでしょうか。
 このハイアラーキーの残党たちの中で、善良な者たちは、銀河国際連合に移っています。彼らの正体が暴露されるのも時間の問題です。降伏しなければ、滅ぼされることになるでしょう。
 許される方法はただ1つ。何度も言っているように、これまでのすべての罪を洗いざらい告白し、公式に地球人に対して謝罪することです。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
7万人の小児性愛犯罪者が起訴された?
引用元)
(前略)
https://beforeitsnews.com/v3/crime-all-stars/2019/2474267.html
(概要)
7月20日付け
(中略)
今実際に起きているのは、10万人以上が起訴されたということです。そのうちの7万人は、世界中で行われてきた小児性愛犯罪と児童の人身売買に関与した共犯者たちです。

パパブッシュはこの犯罪ネットワークの中心的存在であり、逮捕されたジェフ・エプスタインはモサド及びCIAのエージェントであると言われています。ただし、エプスタインは、トランプが彼をグアンタナモ刑務所に送らない限り、裁判が始まる前に死んでしまうかもしれません。

小児性愛犯罪ネットワークのメンバーらが頻繁に使った手口が脅迫です。政府高官らを脅迫し戦争や破壊行為を始めさせることで、ピラミッドの上層部、軍産複合体、秘密宇宙プログラムに巨額の富をもたらしてきました。
(中略)
悪魔崇拝儀式は日常的に行われており、子供たちを拉致したり子供たちを重要人物の性奴隷にさせることよりも遥かに残酷です。(中略)… 彼等は虐殺した子供たちの人肉を食べ、血液を飲みます。拷問を受けながら殺害された子供たちの血液には大量のアドレナリンが含まれていますからそのような血液を飲むとすぐにハイになるのです。気の狂った悪魔崇拝者らは子供たちの血液(アドレノクロム)を飲めば寿命を延ばすことができると信じているのです。
(中略)
今後、エプスタインの犯罪に関する2000ページにも及ぶ証拠査資料が公開されることになります。
(以下略)
————————————————————————
配信元)
 
 
 

吉本興業はブラック企業をはるかに超えるヤクザ企業 ~下層の所属芸人に対して、経営陣が独裁的な権力を振るってきたことが、全ての問題や闇営業を生み出してきた元凶

竹下雅敏氏からの情報です。
 冒頭の動画の6分~7分50秒の所をご覧ください。吉本興業の岡本昭彦社長は、記者会見でギャラに関して、「会社が9でタレントが1とか、そういうことは全くなく、ざっくりとして平均値で言っても5:5から6:4」と言っています。
 これに対し、ツイートでは、所属タレントがギャラ1円の明細書を公開するなど、反論が相次ぎました。
 これら一連の反論のツイートが、嘘を言っているとは思えません。これは、吉本興業がブラック企業をはるかに超えるヤクザ企業だということではないでしょうか。
 “続きはこちらから”では、ゆるねとにゅーすさんが、今回の問題に対して極めて重要な指摘をしています。太字にした部分ですが、“下層の所属芸人に対して…経営陣が独裁的な権力を振るってきたことが、全ての問題や闇営業を生み出してきた元凶”だとしています。
 「家族・子供」などの意識を芸人に植え付けて搾取するという行動は、ヤクザと変わりありません。さらに言うと、“国民は皆、天皇陛下の子供である”という戦前の構造と何ら変わりません。支配層が下層の者を搾取する時に使う詭弁です。
 あべぴょんが、吉本興業と近い関係なのが納得できます。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
吉本社長が緊急会見9 ギャラ会社9:芸人1じゃない(19/07/22)
配信元)
————————————————————————
配信元)
 
 
 
 
 

» 続きはこちらから

[Twitter]こんなところに…

編集者からの情報です。
東南アジアには、あちこちに大きなトカゲさんがいらっしゃるようです。
(ぺりどっと)
————————————————————————
配信元)



やすとみ歩さん、選挙戦最後の街頭演説 〜 「差別の本質に気づいた」「全ての子供たちを守らなければならないわけ」

読者からの情報です。
差別の本質について

安富歩さんの最後の選挙演説です。(7月20日、大阪通天閣の下)
竹下さんの子育て講座と同様、多くの皆さんに聞いていただきたいと思いました。
3分17秒から始まります。
(観音寺市民)
 長いようにも感じた選挙戦が終わり、世の中では選挙結果について多種多様な振り返りがなされています。
そんな中、読者の方から、やすとみ歩氏の選挙戦最後の街頭演説の動画を投稿いただきました。
やることをやりつくし、疲れよりも目の前の人々と共に新たな未来を語る楽しさに浸っておられるように見えます。決して情緒的な内容ではない、むしろ厳しい現実を話されているのに、そよ風に吹かれているように心地良くなって、ずっとこのまま聞いていたい、枕元の母の絵本の語りきかせを聞いているような安心した気持ちになるのが不思議でした。
この度は残念ながら議席に繋がりませんでしたが、やすとみ氏のお話を聞けたことは大きな収穫となりました。
 時事ブログ流振り返りと称して、やすとみ歩氏のお話の中から印象的だったところをピックアップしました。
 
5:50〜
 日本に生まれて、男性に生まれて、いい大学に入って、いい会社に入って、大学の教授とかやっていると「白い目」に晒されることはなかった。だけどその私が女性装をすると「白い目」を向けられた。その時、初めて世界が暴力に満ちたていると分かった。同時に全員が「白い目」を向けるわけではないことも知った。私に「白い目」を向けない人も居た。「白い目」を向ける人にこそ問題があるということに気づいた。「白い目」を向けたい人は、向ける機会を探している。対象となる口実はなんだっていい。ユダヤ人でもいいし、黒人でもいい。田舎者でもいい、学歴でもいい。その格好の餌食が「男のくせに女の格好してる奴」。だから彼らは容赦無く私に白い目を向けてきた。
 これまでは「トランスジェンダーだから差別される、ゲイだから差別される。だからトランスジェンダーの人権を守って欲しい」このように問題を捉えていた。被差別部落だから差別される、ユダヤ人だから差別される、というように。
でも違うんです。みんなの心の中にある差別する心が強くなった時、差別する対象を探す。生活が苦しくなったり自分の地位が危うくなって苦しんでいる時には誰かを差別し、精神の安定を保とうとする人がこの国にはたくさんいる。それが問題の本質だと気づいた。存在するのは差別する人で、彼らの口実がトランスジェンダーなど色々あるだけ。差別する心の根源は、自分自身の存在への不安。みんなにいじめられるのではないか、自分はここにいちゃいけないのではないか、そのような恐怖心を転化するために差別する対象が必要になる。それが差別を生む。私たちがすべきは性的少数者の人権を守ることではなく、私たちの中にある差別する気持ちに気づくだけ。その元をたどると、一人一人が不幸だから、ということに気づいた。
しかもその不幸は、「今の」不幸ではなく「子供の時の」不幸だ。だからこそ、子供を守らなくてはいけない。全ての子供を全ての暴力から守らなくてはいけない。全ての子供がおなかいっぱい食べられて、愛情を向けられて、気持ちよく育っていけるように。そうしたら、その正体不明の不幸は私たちの社会から消えて無くなります。
(まのじ)
————————————————————————
配信元)


ぴょんぴょんの「今、香港で何が?」

この記事を書いている時点で、結果はわかりませんが、
とにかく選挙が、終わりました。
選挙期間中、横目で見ていた香港デモについて調べてみました。
(ぴょんぴょん)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
ぴょんぴょんの「今、香港で何が?」


香港デモのきっかけと経緯



香港のデモも、こういう民主的な集まりだったの?
だって、あのショッピングセンターの暴動。


はじめは、あんなじゃなかったはずだ。

そもそも、何のためにデモだったの?

「逃亡犯条例」つまり〈犯人引き渡し条例〉の改正に反対したのが始まり。

〈犯人引き渡し条例〉て何?

たとえば、香港人が外国で犯罪を犯したら、香港に犯人を引き渡すだろ?
また、外国で犯罪を犯して香港に逃げてきた犯人は、本国に引き渡すよな。
しかし、それができるためには、香港と相手国との間に協定がないとできない。
ところが、困ったことが起こったんだ。
2018年、香港人が交際相手の女性を台湾で殺害して、トランクに詰めて台湾に捨ててきた事件があった。

ひええ、悪いヤツ!

犯人は香港へ逃げ帰ったが、台湾で殺人を犯した香港人に対し、香港には裁判管轄権がない。
裁判のために台湾に引き渡すにも〈引き渡し協定〉がないからできない。
Wedge
じゃ、〈引き渡し協定〉を台湾と結びましょうと言っても、台湾は中国に国家として認められてないから、協定を結べない。
つまり香港は〈犯人引き渡し協定〉を、台湾の親にあたる中国と結ばなくちゃならなくなった。
JIJI.com

中国と?

中国のコワさを身にしみて知ってる香港人にとって、犯人を中国本土に引き渡すのはコワい。相手は泣く子も黙る、中国共産党だぞ。

日本だって、似たようなものだけど?

中国に引き渡したくない、引き渡されたくない。
てことで、〈犯人引き渡し条例〉改正の反対デモが起こった。
最初のデモは6月9日で、いきなり参加者が103万人。

Author:Hf9631[CC BY-SA]
2019年6月9日、逃亡犯条例改正案に反対するデモ

» 続きはこちらから