ぴょんぴょんの「今、香港で何が?」

この記事を書いている時点で、結果はわかりませんが、
とにかく選挙が、終わりました。
選挙期間中、横目で見ていた香港デモについて調べてみました。
(ぴょんぴょん)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
ぴょんぴょんの「今、香港で何が?」


香港デモのきっかけと経緯



香港のデモも、こういう民主的な集まりだったの?
だって、あのショッピングセンターの暴動。


はじめは、あんなじゃなかったはずだ。

そもそも、何のためにデモだったの?

「逃亡犯条例」つまり〈犯人引き渡し条例〉の改正に反対したのが始まり。

〈犯人引き渡し条例〉て何?

たとえば、香港人が外国で犯罪を犯したら、香港に犯人を引き渡すだろ?
また、外国で犯罪を犯して香港に逃げてきた犯人は、本国に引き渡すよな。
しかし、それができるためには、香港と相手国との間に協定がないとできない。
ところが、困ったことが起こったんだ。
2018年、香港人が交際相手の女性を台湾で殺害して、トランクに詰めて台湾に捨ててきた事件があった。

ひええ、悪いヤツ!

犯人は香港へ逃げ帰ったが、台湾で殺人を犯した香港人に対し、香港には裁判管轄権がない。
裁判のために台湾に引き渡すにも〈引き渡し協定〉がないからできない。
Wedge
じゃ、〈引き渡し協定〉を台湾と結びましょうと言っても、台湾は中国に国家として認められてないから、協定を結べない。
つまり香港は〈犯人引き渡し協定〉を、台湾の親にあたる中国と結ばなくちゃならなくなった。
JIJI.com

中国と?

中国のコワさを身にしみて知ってる香港人にとって、犯人を中国本土に引き渡すのはコワい。相手は泣く子も黙る、中国共産党だぞ。

日本だって、似たようなものだけど?

中国に引き渡したくない、引き渡されたくない。
てことで、〈犯人引き渡し条例〉改正の反対デモが起こった。
最初のデモは6月9日で、いきなり参加者が103万人。

Author:Hf9631[CC BY-SA]
2019年6月9日、逃亡犯条例改正案に反対するデモ


いきなり100万人超え! 市民の関心がすごく高いね。

こんなに大規模なデモになったのにもかかわらず、香港政府の長、キャリー・ラム行政長官は「改正案を撤回する考えはなく、近いうちに採決する」と言ったために、市民の怒りは頂点に。
3日後の6月12日のデモで、市民や学生らは、立法会(議会)議事堂を包囲して、警官隊と衝突。警官隊は催涙弾やゴム弾を発射して、警官隊20人以上、デモ隊80人以上の負傷者が出たという。
JIJI.com

大変なことになっちゃったね。

抗議グループは日本に、そしてアメリカに助けを求めた。

香港民主化運動の「女神」、アグネス・チョウさんが日本に来たのも、その頃だったね。

ああ、2014年の「雨傘運動」でリーダーやった美人女子大生だな。
しかしおれは、アグネス・チョウよりアグネス・ラムの方が好みだな。

くろちゃん、それわかる人、今いないよ。

古くて悪かったな!

これが6月10日、日本記者クラブで行われたアグネス・チョウさんの記者会見。



う〜ん、日本記者クラブってのがなあ〜(引っかかる)。

それ、偏見だよ。

ま、それは置いといて。
このままじゃ、香港の「一国二制度」が壊されるって話をしようとしてた・・。

「一国二制度」?
香港は返還されて中国の一部になったけど、中国は社会主義、香港はそれまで通り資本主義、国は一つだけど主義は二つってことだね。

「米国・香港政策法」という法律で、アメリカは香港に関税やビザ発給で優遇措置をしてきた。
しかし、〈犯人引き渡し条例〉改正で、香港の「一国二制度」が怪しくなってきた。
じゃあ、香港の自治が保障されているか、アメリカが毎年チェックして、合格ならば継続としようという、ムチャクチャな法案が出されたんだ。
それを知って、中国は怒ったが。
JIJI.com

なるほどね、そうやってアメリカは中国を牽制したんだね。

それよりも、香港市民の不安の方が切羽詰まっていた。
近年、香港に対する中国の締めつけが厳しくなってきたからだ。

へえ、知らなかった。

たとえば、中国国歌を替え歌にして侮辱すると、最高3年の禁錮刑という「国歌条例案」の審議が、今年の1月から始まったし。
JIJI.com


コワいけど、日の丸、君が代だって似たようなもんだよ。


どうにも止まらないデモ、その陰に見える黒シャツ


ところが、話は急展開。
アメリカのムチャクチャ法案が効いたのか、G20前だったからなのか、6月15日、行政長官は〈犯人引き渡し条例〉改正の無期限延期を発表した。(JIJI.com

すごい、民衆の勝利だね! やったね!

・・・と、ふつう、ここで終わりと思うだろ?
だが市民は、「無期限延期」じゃ信用できない、「完全撤回」しろと言い出した。
翌日6月16日のデモは、香港史上最大の約200万人デモになった。
JIJI.com

もう、どうにも止まらない♪ってヤツだね。

おめえ、それ、知ってるヤツいねえぞ。

そっかな? くろちゃんよりは、新しいと思うけど?

って、張り合ってるバヤイじゃねえ、7月に入るぞ。
7月1日は、毎年恒例の香港返還の記念日デモのはずだった。
それが、一部の過激派が警官隊と衝突し、立法会(議会)になだれ込み、歴代議長の肖像をたたき落としたり、イギリス統治時代の香港旗を掲げたり、破壊行為をして大暴れしたんだ。
JIJI.com

なんか、これまでの平和なデモと違う?

しかも7月14日は、ショッピングモールでの衝突。
デモ隊の一部が、お客のいるショッピングモールへなだれ込み、双方が警棒と雨傘などで激しく殴り合った。警察側によると、デモ隊に指を食いちぎられるなどして警官10人が負傷。28人が負傷し、うち2人が重傷、40人超が逮捕された。
(産経新聞)

なんか変だよ、どんどん過激になってない?


こういう時、「非暴力で無抵抗な市民が、一方的に攻撃された」と聞く。
大袈裟太郎さんの香港デモレポートを読んでも、国家権力に立ち向かう丸腰の市民という、沖縄の基地反対運動そのままに見ている。

だって、そうじゃないの?
市民を守るべき警察が、市民に銃を向け暴力をふるう。
悪いのは警察で、市民は悪くない。

たしかに最初は、おれもそう思った。
しかし、2014年の「雨傘運動」のように「中国版のカラー革命で、ジョージ・ソロスの資金が流れ込んでいた」(時事ブログ)ようなことがあったとしたら?

へえ、まさかあ?

実際、現場にいた人の証言だ。
「事実はこうである。抗議者側も、石や鉄パイプなどが警察に向けて投げつけていた。非暴力の象徴だった雨傘も、警察に向けて乱れ飛んだ。孤立した警察官が、数人に囲まれて蹴りつけていた映像も、ニュースサイトでも見られた。」(IRONNA



ホントだ!

しかし、7月1日の立法会議場の破壊行動にもおかしい点がある。
一部の市民が、立法会の議場に突入して占拠する前、警備の警官全員が突如、建物から撤退した。
note

え、なんで?

この警官撤退について、報道関係者や市民はおかしいと思ったらしい。

もしかして、警察当局が、意図的に抗議者に占拠させたとか?

おかしいことは、もう一つある。
7月1日9:00pmごろ、抗議者が立法会庁舎に突入した。
10:20pm、警察のトップがフェイスブックにスピーチ動画を投稿した。
しかし、動画のなかで、そいつの腕時計は5:00pmごろを指していた。
大紀元

あれええ? もしかして、あらかじめ動画を撮ってたってこと?
ってことは、やっぱり市民をワナにかけた?

「抗議者が立法会に突入する前に、すでに誰かが割れたガラスを置いたのではないか」「政府が抗議者の破壊行為を見込んで、抗議者を立法会に突入するよう導引した。これは、政府に向ける市民の批判の目を逸らし、若者をやり玉に挙げるためだ。」(大紀元

ふしぎだ、ふしぎだ、そんなことがあるの?

もう一つ、ふしぎなことがある。
その立法会への乱入・破壊を先導していたのは香港の学生ではなかった。


ええ?! CIA?

なんか、デモの陰で、とんでもない戦いが繰り広げられてるような。

ああん、ワケわかんなくなった。
ディープステイトvs中国?

もう一つ、クエスチョン。
〈犯人引き渡し条例〉の改正、こうなることがわかっているのに、香港政府はなんでこのタイミングで出してきたと思う?

習近平からのお達しとか?

それしかねえよな。
この改正案は実は中国の金持ちを捕まえるために、中国が香港政府に出させたもの。」(Wedge

やっぱり。

「米中貿易戦争の煽りを受けて、人民元を外貨に換えて、海外に持ち出す資金逃避の動きが進んでおり、その出口として人民元最大の海外オフショアセンターである香港が抜け穴となっている。」(Wedge


つまり、中国の大金持ちが、中国政府におカネを取られるのを恐れて、香港に逃げ込んできた。そいつらを、中国へ引っぱり戻すのが目的だった。
となると、デモを大きくしたのは?

中国に引き戻されたくねえ金持ち側、ディープステイト側?

だけど、なんで最近は暴力的になってるの?
「『彼らはレンガや鉄の棒や木の板、さらには鉄柵までをも投げつけてきた。警察は自分自身の安全と立法会を守るためにしたことだ』と香港警察は説明する。
そして、これは私の見てきた限りで事実である。」(@niftyニュース

黒シャツは、フランスのイエローベスト運動を暴徒化させた「ブラック・ブロック」の影響らしい。
RONZA
「黒いTシャツを着ている抗議活動者の何人かにその服の意味を聞くと、SNSなどで回ってきた情報で黒い服を着ることを推奨されていたからだという。」(@niftyニュース

だから、黒シャツ着てる人が多いんだね。

このスレッド、見てみ。
暴徒デモ隊が警察を攻撃するための武器を配布しています。
ヘルメットもあり用意周到です。」


武器を受け取ってる人たちも、黒シャツ!
そして、こういう物資の資金はどこから?

こんな可能性も?

台湾民兵だって?
平和なデモが暴力的になり、それがさらなる暴力を呼ぶ。

人民解放軍の出動にならないことを祈るよ。
最後に、アグネス・チョウの話をしよう。

日本記者クラブで記者会見した、美人女子大生だね。

彼女は、香港が政治的に独立することを主張する「本土派」の中心的人物の一人で、堪能な日本語で、日本のメディアに香港政府、警察の圧力を訴えている。
しかし一方、それはプロパガンダではないかという見方もある。
「筆者は総じて香港警察に同情的ですらある。
ほとんどプロパガンダと言えるような情報に見事に乗せられてしまっている日本の人たちを見ると、もう少し慎重であれと思うのである。
香港の本土派が よりしたたかになってきているとも言える。
周庭氏(アグネス・チョウ)もそういう意図で日本に残っているのだろう。」(IRONNA

ええ?! 彼女はプロパガンダしに、日本にやって来たの?


なんか、マララとかスー・チーの臭いがしねえか?
マルコ・ルビオと一緒に写ってる写真もあるし。


だれ、マルコ・ルビオ?

トランプと大統領選で争ったヤツだよ。
「ルビオは・・・『無邪気なネオコン』であり、こんな人間を大統領候補にすれば、米共和党はブッシュ子政権がやったことはすべて正しかったと全世界に向かって宣言するのと同じことになる。」(MAG2NEWS

ブッシュ! ネオコン!

ヒロインが出てきてメディアが一斉に取りげたら本質的なモノは其処には無い。目的は別にある。反中国だで、安易にネオコンの策に嵌まる。」
営業せきやんの憂鬱12

何を信じたらいいのぉ〜??


Writer

ぴょんぴょんDr.

白木 るい子(ぴょんぴょん先生)

1955年、大阪生まれ。うお座。
幼少期から学生時代を東京で過ごす。1979年東京女子医大卒業。
1985年、大分県別府市に移住。
1988年、別府市で、はくちょう会クリニックを開業。
以後26年半、主に漢方診療に携わった。
2014年11月末、クリニック閉院。
現在、豊後高田市で、田舎暮らしをエンジョイしている。
体癖7-3。エニアグラム4番(芸術家)

東洋医学セミナー受講者の声

Comments are closed.