2019年7月3日 の記事

米ロの潜水艦が戦闘状態に入り、米潜水艦がロシア潜水艦からの魚雷を受けて沈没 ~第三次大戦を引き起こしたい勢力が、自爆覚悟で行った攻撃によるもの

竹下雅敏氏からの情報です。
 大量逮捕を免れるための死に物狂いの抵抗なのか、背後では大変なことが起きているようです。ペンス副大統領が急遽予定をキャンセルし、ホワイトハウスに緊急移動。ほぼ同じ時刻に、プーチン大統領も緊急会談を実施したというのです。
 “続きはこちらから”の情報によれば、米ロの潜水艦が戦闘状態に入り、米潜水艦がロシア潜水艦からの魚雷を受けて沈没したとのこと。詳しくは、引用元の記事をご覧ください。
 専門的なことはわかりませんが、通常、領海に侵入していたロシア潜水艦に、何の警告もせず米潜水艦が攻撃するというのは考えにくいです。なので、こうした状況になったとすると、これは第三次大戦を引き起こしたい勢力が、自爆覚悟で行った攻撃だと思われます。
 しかし、これまでのところ両国政府は冷静で、戦争をする気はないように見えます。なので、この事件の真相が、表のニュースに上がって来ることはないのかも知れません。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
【速報】米副大統領、緊急事態発生でイベントキャンセル!露のプーチン大統領も予定キャンセルで緊急会談中
転載元)
7月2日夜(日本時間)にアメリカのペンス副大統領がイベントの予定を急遽キャンセルし、ホワイトハウスに緊急移動したことが分かりました。

詳しい理由は不明ですが、ほぼ同じ時間帯にロシアのプーチン大統領もロシア国防相らと緊急会談を実施。プーチン大統領も予定されていたイベントを急遽キャンセルした形で、海外メディアは「何らかの非常事態が発生している恐れがある」と報じています。いずれもイベントをキャンセルした詳しい理由は不明です。

一部からは「ロシアの原子力潜水艦が大規模な事故を起こした」との情報もありますが、確認は取れていません。

(中略)
(中略)
(以下略)

» 続きはこちらから

JR新宿駅西口地下広場にある「新宿の目」が破損 ~イルミナティの崩壊を示唆するメッセージ

竹下雅敏氏からの情報です。
 東京都のJR新宿駅西口地下広場にある「新宿の目」が、破損したとのことです。何らかのメッセージだと思いますが、タイミングから見て、イルミナティの崩壊を示唆するものかと思われます。
 すでにお伝えしているように、プラズマレベルより上の階層では、こうした邪悪な秘密結社は既に滅ぼされています。というよりも、秘密結社は許されていないのです。なので、地上もいずれ、そのようになります。
 冒頭のツイートで、コーリー・グッド氏は、NBCがヒラリー・クリントンの小児性愛犯罪集団について報じたと言っていますが、この動画は、2019年6月19日にYouTubeに挙げられたもので、動画自体は、書き込みよると2013年のもののようです。
 動画からわかることは、大量逮捕の計画が2013年にはすでにあったということで、それが何度も延期されてきたということでしょう。このタイミングで、コーリー・グッド氏がこの古い動画を取り上げたということに意味があるのかも知れません。
 次の北朝鮮が日本人シェフ・藤本健二氏を逮捕したというニュースが本当であれば、驚きです。逮捕の理由が、「東京支部のCIAで、人の肉を調理をしていた」ということであれば、イルミナティの解体が始まったとみてよいでしょう。
 7月4日に何かが起こるという噂がありますが、これまでに日時が指定されて、その通りになったことはないので、あまり期待はしていませんが、大量逮捕関連の機密情報の開示など、何かが起こる可能性は十分にあります。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
「新宿の目」が破損=器物損壊容疑で捜査-警視庁
引用元)

画像はシャンティ・フーラがツイートに差し替え
東京都のJR新宿駅西口地下広場にある「新宿の目」。
上が破損前(2015年4月)、下が破損後(19年6月30日)。
白い部分が破損箇所

 東京都のJR新宿駅西口地下広場のランドマークとして知られる「新宿の目」が破損し、所有する小田急電鉄が被害届を提出していたことが1日、分かった。警視庁新宿署が器物損壊容疑で捜査している。
(以下略)
————————————————————————
配信元)
 
 
 

[YouTube]パガニーニ24のカプリース フラフープ(ヒラリー ハーンと共演)

読者の方からの情報です。
(1分からはじまります)

す、すごい!
(annie)
————————————————————————
Paganini 24 Hula Hoop (with Hilary Hahn)
配信元)

「現代の蟹工船」コンビニフランチャイズに声を上げた三井よしふみ氏が次なる候補者〜れいわ新選組の候補の顔ぶれを見ると今の日本の歪みが見える

 毎回、度肝を抜かれる人選ですが、2日のれいわ新選組の候補者発表も驚きと、通常の報道では知り得ない真実の情報が詰まっていました。
 すでに「戦うコンビニ店長」として知られていた三井よしふみ氏は、大手銀行に勤務され海外経験も豊富、リスクマネジメントにも携わった経験をお持ちで、国内外の労働状況を比較し、会計にも明るい方です。そのような“肥後もっこす”が、気軽にセブンイレブンオーナーとなったために現場で遭遇した無法を怒りを込めて告発するには最適の人材だと思わざるを得ません。「なんでこの日本は一生懸命働いている現場の人たちをこんなにいじめるのか」日本はそんな国ではないはずだと「強い者が弱い者を助く」はずの国が今や「勝ち組や負け組」などと言って日本の心を壊していると真っ直ぐに語られました。
「コンビニの問題はコンビニだけの問題ではない、本当に真剣に底辺で働いている人たちが割りを食っているのが今の社会だ。彼らは選挙に期待していないと思う。誰かが彼らの声を真剣に政治に届ける必要がある。」
 会見の中では、災害時などの「社会インフラとしてのコンビニへ」と上からお達しがあった背景を語られていますが、その残酷さには息を飲みます。(22:50〜)オーナーさんは人間扱いされていないのでした。
 今のフランチャイズの問題を是正するために、以前に「フランチャイズ規制法案」を専門家たちとともに作り上げ、いざ国会の場へ出すという段階で、政界ボスの一声でボツになった経緯から政治に失望された経験をされました。そんな中「ガチで喧嘩する」のが山本太郎議員の魅力だと評価されています。銀行員の時には見えなかった様々なことが見えてきたという、この方も誠実な方だと思います。
 山本太郎代表にも、不意に「消費税廃止とMMT理論」について質問が飛びましたが、即座に分かりやすく、しかも簡潔に説明され、もはやこの大事な分野はメカニズムも数字も身についておられるのだなあと感心します。(31:24〜)
三井さんもコンビニ店主にとって消費税は地獄だと、消費税の別の罪深さを語られています。(39:43〜)
 会社に殺される、仕事に殺される、搾取し続けるブラック企業や悪徳企業は取り締まられない中で敢然と声を上げた人を候補者に選んだれいわ新選組、お見事でした。
(まのじ)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
配信元)



————————————————————————
候補
引用元)
(前略)
銀行を早期退職し、贅沢はできないが定年を考えず長く安心して働けると思って加盟した大手コンビニフランチャイズチェーンの現場は、過酷な労働搾取の世界だった
事業主として契約したにもかかわらず、売上金は毎日本部に送金させられ一円も手元に残らず、本部からの仕入価格は理不尽に高く、働けど働けど所得は上がらず食べるのにギリギリ、24時間365日の営業はオーナーが倒れても優先させられるものだった。

契約時には説明されていないことがコンビニを始めてから次々と起こり、本部に改善や説明を求めても、まともな回答は得られず、限界を感じ辞めようとすると多額の損害賠償を請求され辞めたくても辞められない
まさしく日本のコンビニフランチャイズは、現代の蟹工船。人手不足が加速し、次々と体調を崩すオーナーたちをこれ以上放置できない

早急に他国には存在し、日本だけが持っていないフランチャイズ規制法を制定し、加盟店が幸せに働ける業界にしたく立ち上がりました。
(以下略)
————————————————————————
れいわ新選組公認候補予定者 三井よしふみ 発表記者会見 2019年7月1日
配信元)

ぴょんぴょんの「留学生問題の今」

 去年の12月、入国管理法改正案が可決され、この4月から外国人労働者の受け入れ拡大が始まりました。
 あの頃は外国人実習生・留学生の悲惨な現状が、私たちの知るところとなりましたが、あれから良い方向に向かっているのでしょうか。
 選挙では、こういう弱い立場の人たちに目を向ける国会議員を選びたいものです。
 最後の、オマケも読んでね!
(ぴょんぴょん)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
ぴょんぴょんの「留学生問題の今」


日本にいる実習生・留学生たちの実情


最近、田舎でも外国人を目にするが、あれはきっと農業研修生だな。

ぼくの町には国際大学があるから、レストランやコンビニで外国人バイトによく会うよ。みんな明るくて感じがいいし、日本語も上手。
でも、タクシーの運ちゃんの話だと、夜の街でバイトしてる女子大生もいるし、借金で苦しんで自殺する学生もいるって聞いたよ。

つい先日、日本語学校に通うミャンマーの留学生のことをテレビで見た。
彼女は学校に通いながら、借金を返すために、複数のバイトをかけ持ちしている。なのに、家賃、食費、学費を引いたら、生活するのがやっと。
彼女の財布の中には、小銭合わせて1000円しか入ってない。
「これで、1週間なんとか生活しないといけないの。」

1週間、1000円はキビシイ!

おもちゃの、びっくりチキンをキーキー鳴らしながら、「この音を聞くと、元気が出る。」と言いながらも、「不安だ、寂しい、早くミャンマーに帰りたい。」と、泣き声で話した。


でも、学校に行きながら働いて借金返すのは、奨学金をもらってる日本の学生も同じなんじゃ?

しかし、外国人にとって、ここは異国の地だ。
しかも、ろくに日本語も話せないヤツが、いきなり日本で暮らすのはキツイぞ。

どんなに心細いだろうね。

ミャンマーも同じと思うが、ベトナムでは「1000人送り出せば100億円儲かる」と言われ、実習生・留学生の〈送り出し〉は一大国家産業になっている。(HBO

国を上げての、送り出しだったら、国が費用を負担するべきだよ。
個人に借金させるのはおかしい。

まずは、カモを探すことから始まる。
地方の貧しい農村に行って、若者をスカウトする。
「日本に留学すれば、働きながら勉強できる。」
「うちに任せてくれれば、渡航手続きから何からすべてやれる。
ただ、仲介料や手数料など合わせると、100〜150万円かかる。

» 続きはこちらから