ぴょんぴょんの「留学生問題の今」

 去年の12月、入国管理法改正案が可決され、この4月から外国人労働者の受け入れ拡大が始まりました。
 あの頃は外国人実習生・留学生の悲惨な現状が、私たちの知るところとなりましたが、あれから良い方向に向かっているのでしょうか。
 選挙では、こういう弱い立場の人たちに目を向ける国会議員を選びたいものです。
 最後の、オマケも読んでね!
(ぴょんぴょん)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
ぴょんぴょんの「留学生問題の今」


日本にいる実習生・留学生たちの実情


最近、田舎でも外国人を目にするが、あれはきっと農業研修生だな。

ぼくの町には国際大学があるから、レストランやコンビニで外国人バイトによく会うよ。みんな明るくて感じがいいし、日本語も上手。
でも、タクシーの運ちゃんの話だと、夜の街でバイトしてる女子大生もいるし、借金で苦しんで自殺する学生もいるって聞いたよ。

つい先日、日本語学校に通うミャンマーの留学生のことをテレビで見た。
彼女は学校に通いながら、借金を返すために、複数のバイトをかけ持ちしている。なのに、家賃、食費、学費を引いたら、生活するのがやっと。
彼女の財布の中には、小銭合わせて1000円しか入ってない。
「これで、1週間なんとか生活しないといけないの。」

1週間、1000円はキビシイ!

おもちゃの、びっくりチキンをキーキー鳴らしながら、「この音を聞くと、元気が出る。」と言いながらも、「不安だ、寂しい、早くミャンマーに帰りたい。」と、泣き声で話した。


でも、学校に行きながら働いて借金返すのは、奨学金をもらってる日本の学生も同じなんじゃ?

しかし、外国人にとって、ここは異国の地だ。
しかも、ろくに日本語も話せないヤツが、いきなり日本で暮らすのはキツイぞ。

どんなに心細いだろうね。

ミャンマーも同じと思うが、ベトナムでは「1000人送り出せば100億円儲かる」と言われ、実習生・留学生の〈送り出し〉は一大国家産業になっている。(HBO

国を上げての、送り出しだったら、国が費用を負担するべきだよ。
個人に借金させるのはおかしい。

まずは、カモを探すことから始まる。
地方の貧しい農村に行って、若者をスカウトする。
「日本に留学すれば、働きながら勉強できる。」
「うちに任せてくれれば、渡航手続きから何からすべてやれる。
ただ、仲介料や手数料など合わせると、100〜150万円かかる。


ちょっと、待って!
ベトナムの平均年収って2〜30万円でしょ?
これは、ちとムリすぎやしませんか?

いやいや、そんなことはない、とブローカーは言う。
「借りられる銀行を紹介するから大丈夫。
それに日本は給料もいいから、すぐに返せる
って。」

日本でも、100万稼ぐのは大変なことなんだから!
だまされちゃ、だめだよ!

しかし純朴と言うか、アホと言うか、若者と両親はブローカーにまんまと乗せられて、家と土地を担保に銀行から多額の借金してしまう。


あ〜あ・・・返せないとわかってて、貸す銀行、おかしくない?

銀行もグルだな。
若者が借金したカネで、〈送り出し機関〉が留学手続きを開始する。
〈送り出し機関〉は、〈受け入れ企業〉を探すため、日本の〈監理団体〉に手数料を支払う。その〈監理団体〉は、〈受け入れ企業〉に諸経費を支払う。(HBO

若者が家と土地を失う覚悟で手にした100万ものおカネが、日本にも流れ込んでいるんだね。

しかも、借金でがんじがらめの彼らを日本で待ち受けるのは、低賃金、長時間労働、パワハラ、セクハラ、労働災害、強制帰国などの人権侵害だ。
逃亡した実習生たちに、シェルターを提供している人は言う。
「実習生を入管へ連れて行って『この子、実習先で殴られたんです』と訴えた時、職員は『なんで我慢しなかったのか』と言いました。
・・・彼らの大半は傷つけられ、日本が嫌いになって帰っていきます。」(HBO

日本人として、聞いててつらい。実習生に、あやまりたい。


上級国民以外は皆奴隷だと思っている日本の支配層


実習生・留学生制度は、国際社会からも〈現代の奴隷制〉と批判されているが、その〈奴隷制〉を奨励してるのが、日本政府と政府を後押しする、経団連だ。

政府と経団連は、同じ穴のムジナ・・・自分たちが儲かることしか考えてない。
そして、いつも仲良く弱い者いじめしてる。

この国の支配層が、外国人実習生を人間扱いしていないことがよくわかると思います。彼らは、実習生のみならず、上級国民以外は皆奴隷だと思っているのです。」(時事ブログ

ぼくたちも、実習生や留学生と変わりなく奴隷とみなされてるんだ。
ひどい国・・・ため息しか出ない。
でも、もともとは、発展途上国の人々に技術を教えて、人材育成する計画じゃなかったっけ?


ところが、ふたを開けてみると、日本国民がいやがる低賃金・重労働の「単純労働」に、外国人をだまして送り込むシステムに化けていた。

化かすの上手だよねえ。

おれたちもアホだから、何度も同じ手口で化かされてきたが、ここまできたら、もういい加減、悟りの境地に達したわ。

ところで、留学生・実習生の世話をする〈監理団体〉って、公的な機関?

公的でもなんでもない。
本来の業務は、留学生を送り出す〈送り出し機関〉と連絡をとり合って、留学生と〈受け入れ企業〉の橋渡しをしたり、慣れない日本での生活をサポートすることだ。
しかし実際、学生や実習生が困って相談に行っても、何の役にも立ってくれない。
Session-22

無責任な団体だね。
ちゃんと、仕事してるかどうかチェックしないとだめじゃない。

書類審査だけで作れるから、やろうと思えば誰だってやれる。
たとえ「暴力団でないことが条件」とあっても、わざわざ「暴力団です」って書くヤツはいねえから、大抵のことは通っちまう。(Session-22

ひええ、じゃ、暴力団がらみもあり?

技能実習制度の裏には、『反社会的勢力』の存在が指摘されたとあります。
技能実習制度には、麻生財務大臣が最高顧問を務める『日本ミャンマー協会』というピンハネ組織があり、笹川陽平氏が会長の日本財団が、バックアップしているということでした。なので、この下にいくつもの実働部隊となる反社会的勢力がぶら下がっていても、むしろ、その方が自然だという気がします。」(時事ブログ


ピンハネ組織を、日本財団がバックアップ?  反社会的勢力のぶら下がり?

聞けば聞くほど、「フルスペックの人身売買」だろ?
Session-22

こんなにひどいことが表に出てるのに、なにも変わらないのはなぜ?

一言で言うと、利権だな。
実は、〈監理団体〉のさらに上には、〈政府〉〈国会議員〉〈厚労省〉〈法務省〉〈農林水産省〉などが芋づるでつながってる。
ヤツらは、留学生たちの悲惨な現状を黙認し、むしろ推進しているという実態。(Session-22

貧しい人に借金させて外国に送り出す国もひどいけど、それを黙認してカネを受け取る政治家や官僚も悪だね。

最近、ミャンマーの留学生が増えてきてる。
5年前は2~300人だったのが、2017年は6,000人だ。
ミャンマーからの実習生・留学生は、さっきのピンハネ組織〈日本ミャンマー協会〉を通さないと、日本に受け入れてもらえない。
山本太郎も国会で言っている。
「この〈ミャンマー協会〉というのはすごくて、要は、申請の事前確認作業をするに当たり、受入れ〈監理団体〉から多額の手数料を徴収しているんですよね。・・・ で、結局、払わされるお金、これツケがどこに回るかといったら、働く人々から徴収されるおそれがあるんですよ。」
(参議院議員 山本太郎17/7/6)

何ものなの?〈ミャンマー協会〉?


うわ〜!!
名誉会長が中曽根(康弘)で、最高顧問が麻生太郎って!
甘利にあんまりだ」もいるよ

中曽根康弘

副会長は大手商社の、三菱、丸紅、住友のトップ3名。
理事には、立憲民主党、公明党、自民党の政治家
そして、財務省、経済産業省の次官経験者、ミャンマー大使などがズラリ。

外国人の実習生・留学生を食い物にして、儲けているのはこいつらです!

外国人労働者を受け入れるシステム、どう見ても誰かが儲かるようになってる。が、このシステムは、日本が「人手不足」だという前提で成り立っている。

やっぱ日本は「人手不足」だから、外国人の手を借りないとムリなんでしょ?

じゃあ聞くが、外国人を入れたら「人手不足」は解決するのか?
コンビニ弁当工場、建築業、運送業、縫製工場、ホテル関係、飲食店、介護の現場は、なんで慢性的な「人手不足」なんだ?

少子化で人口が減ったからでしょ?

じゃおめえは、今言ったうちの、どの職種で働きたいか?

どれもムリ・・・労働時間は長いし、賃金も安いし、休日も少ないし。

少子化による人口減少以前に、労働条件が変わらなければ、働き手は集まらねんじゃねえか?

そうだった! また、化かされていた!
「人手不足」の原因は、低賃金と過酷な労働条件だ!


じゃ、労働条件の改善や、賃金アップに抵抗するのは、どこのどいつだ?

雇用者。

つまり、企業側はそれをしたくない。
ブラックを改善するために、カネを出したくない。

だけど、給料上げたくても上げられない、良心的な中小企業もいるはずだよ。

じゃ、その中小企業の経営をキビシくしたのは、どこのどいつだ?

デフレを黙認してる、政府だね。

すべては、経団連とタッグを組んだ政府のしわざよ。
外国人をいっぱい日本に入れて、日本人の立場を弱くして、奴隷化したいと考えるヤツらのしわざよ。

はあ、なんか日本から出て行きたくなった・・。

まずは、デフレを国民目線で脱却し、社会に潤沢にカネが流れるようにする。
それには山本太郎の言うように、国債を発行して、日銀にカネを刷らせてもいい。
カネが下々まで潤沢に流れたら、中小企業の経営も安定して、労働時間の短縮や、賃金アップ、福利厚生を充実させる余裕が生まれる。

そうすると、中小企業にも、自然と人は集まるね。

ロボットやAIを活用すれば、たとえ少子化でも、外国から労働力を借りずにやってけるはずだ。
そして、本当に技能を身につけたい実習生、日本で勉強したい留学生には、借金しなくても日本に来られるように、日本から補助金を出してあげて、世界に貢献できる日本にしたい。

そして帰国するときは、「日本に来て、ほんとに良かった」「日本が大好きだ」と言ってもらえて、帰国後も、自分たちの国を「日本のように不正のない、豊かな国にしたい」と思ってもらえたら、どんなにいいだろう!


***** ここから、オマケ *****

書かずにはいられない!
またまた起こってしまった、ぴょんぴょん村ミステリー。
いったい、何がどうしたんだ?!

いやはや、ぶったまげた!

また? 
今度は、くろまるがUFOに連れて行かれた、とかじゃないよね?

くろまる消失事件の真相も未解決のまま、新たな事件が勃発した。

なになに・・?

実は昨日、注文してあった「山本太郎」のポスターが、届いたんだ。

へえ、くろちゃん、や〜る気ィ〜!

しんしん丸さんの記事にあおられて、
いや、刺激を受けて、せめてうちだけでも貼ろうと思ってな。
注文したのは、「みんなに忖度!」のでっかいコレ。


無事に、玄関の横の壁に貼り終えたのは、夜の10時過ぎだったな。
しかし、この「ど!ピンク」ポスターは、めちゃくちゃ恥ずかしかった。

意外! くろちゃんが、恥ずかしい?

だって、初体験なんだよ、政治家のポスターを貼るの。

田舎だから、何言われるかわからないしね。

それで、そのまま「お休みなさい」で、朝が来た。
その晩は雨で、少し風も吹いていたが、ポスターは無事だろうか?

気になるよね。

顔を洗うやいなや、外に出た。そしたら・・・・!

そしたら?

きれいさっぱり、消えていた!! ただの壁!!

風で、はがされたんじゃないの?

台風みたいな風も吹かなかったし、遠くに飛ぶような軽いもんじゃねえし。
なのに、どんなに探しても、あの「ど!ピンク」ポスターは見つからん。
胸に手を当てて考えた。おれ、人の恨みを買うようなことしたか?
ここは、憲法で、思想の自由も集会の自由も認められた国のはずだ。
おら、何も悪いことしてねえだ!

夜の10時に貼ったんでしょ?

朝、起きたのは9時。
11時間のどこかで、ポスターは消えた。

夕べの時点じゃ、真っ暗で車も人も通ってないから、朝散歩してる人かな?


意外! 田舎でも、「山本太郎」って人気あるんだ。
でも、言ってくれりゃ、いくらでもネットで取り寄せられたのに。

まるで、アイドルのポスター盗難事件みたいだねえ。
まさか、自民党の党員?

う〜ん、「岩屋毅」のポスターは、誰も盗まねえだろうがな。

ぼく、いらない・・・。

(おしまい)


Writer

ぴょんぴょんDr.

白木 るい子(ぴょんぴょん先生)

1955年、大阪生まれ。うお座。
幼少期から学生時代を東京で過ごす。1979年東京女子医大卒業。
1985年、大分県別府市に移住。
1988年、別府市で、はくちょう会クリニックを開業。
以後26年半、主に漢方診療に携わった。
2014年11月末、クリニック閉院。
現在、豊後高田市で、田舎暮らしをエンジョイしている。
体癖7-3。エニアグラム4番(芸術家)

東洋医学セミナー受講者の声

Comments are closed.