メキシコ便り(42):次から次にロペス・オブラドール大統領賞賛する他国のリーダーらが出現✨

 前回前々回とメキシコ便りでご紹介した、メキシコ人女性・捜査ジャーナリストのリディアさん。7月21日(日)カンクンにある彼女の自宅がメチャメチャにされました。😭彼女の留守中に、番犬のワンコ1匹を殺害し、もう一匹には毒を盛らせ、セキュリティカメラのコードを切り、彼女の仕事の資料、音声録音の証拠などごっそり盗み、リディアさんの下着などを取り出し、おもいっきり嫌がらせをして出て行ったようです。が、リディアは気丈!「こんなことで捜査はやめないわ!」と。。。さすがしっかりもので、いつも、あらゆる状況に備えているリディアは、海外に仕事の資料のバックアップを置いているそう。。。ふぅ〜、よかった!さすがだわ!リディア強し!リディア、かっこいい!人々は政府に、リディアへのより強力な保護を求めています。

 さて、今回は、5月あたりから外国のリーダー(中南米やフランスも)が、次々と公の場でロペス・オブラドール大統領を賞賛することが続いていたので、それをピックアップしてみました。世界の「愛」と「希望」を感じる内容です♪まのじ編集長のコメント「政治の場で、こんなに真心のある言葉が飛び交うなんて。。」まさに、それなんです!「政治の場で、真心のある言葉が飛び交う」だから、観ててとっても気持ちいい!もうメキシコのおばちゃんたちだけじゃない。。。外国のリーダーらが、ロペス・オブラドール大統領を愛し、慕っている!アムロ*愛は、世界にぐんぐん広まってるよ!(*アムロ=アンドレス・マヌエル・ロペス・オブラドール大統領のイニシャル呼び)
(popoちゃん)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
メキシコ便り(42):次から次にロペス・オブラドール大統領賞賛する他国のリーダーらが出現✨

ペルー人リカルド・ベルモント氏、アムロ大統領賞賛✨


5月9日(木)の朝のプレス・コンファレンスの終盤、毎朝、プレス・コンファレンスに出席し、最前列に座り手を挙げる石油関係の専門誌記者、モレキュルさん(あだ名)大統領から指されました。

突然、彼は「私の最初の質問を、私の友達、ペルーから来ているベルモント氏に回してもよろしいですか?」

15席ほど向こうの一番端に座っていたベルモント氏は、突然の指名?!にびっくり❗️❗️

蝶ネクタイ、チョビヒゲのお方がモレキュルさん

実はpopoちゃん、ベルモントさんのyoutube動画を一度だけ以前に見ていまして、
「あっ、このおじさん知ってる!youtube動画のおじさんだ。ロペス・オブラドール大統領をべた褒めしていた、どこかの南アメリカの国のおじさんだ!」

リカルド・ベルモント氏


そしてベルモント氏は立ち上がり、マイクを手にし、落ち着いた口調でこう話しはじめました。
「私はペルーから来ました。大統領、私は貴方さまのことをインターネットのおかげで存じ上げています。今日、私はとても嬉しく、穏やかな気持ちです。なぜかというと、今朝、このコンファレンスに来るという特別な日に携帯をなくしてしまいました。が、いつも大統領がおっしゃるように、メキシコの一番の財産 は「」だと。。。今日のたくさんのメキシコ人のご厚意への感謝は言葉で言い表せません。」(たしかに困っている人がいたら、無視しない、見て見ぬ振りしない、必ず助けてくれるのは、ココロあったかなメキシコ人!ここは助け合い精神が失われずに健在!)

ベルモント氏のyoutubeチャンネルでは、ロペス・オブラドール大統領のプレス・コンファレンスが毎回配信されています。氏によるとペルーでは一切メディアはロペス・オブラドール大統領のことを報じてないらしい。。。

そして、ネオリベラリズムに立ち向かっている大統領の勇気を賞賛し、
「ひょっとしたら大統領は私のことをご存知かもしれません。。。」と自己紹介。

なんと、ベルモント氏は1990〜96年の間、ペルー・リマの市長を2回やり、フジモリ大統領のライバルとして大統領候補をしたお方だったのです!(ロペス・オブラドール大統領はこの瞬間、一気にベルモント氏との距離が縮んだはず!)


「え〜❗️❗️❗️😱そんなお方だったのぉ〜❗️」
全くペルーのことに疎いpopoちゃんは画面に向かって叫んでしまった。。。

Wikipedia[Public Domain] & Author:病みつき04[CC BY-SA]
ペルー国旗と位置

それだけではなく、ベルモント氏の父親は、ペルーの11チャンネルTVbego excelsiorの創設者。FM Excelsiorラジオ(104.7FM)も所有。ベルモント氏は小さな頃からテレビ業界の中で育ち、36年間テレビ業界のディレクターをし、報道業界に46年従事。すべてを見てきたと。。。wikiによると、たくさんのテレビ番組のホストもしていたようでペルーでは超有名人のよう!

リカルド・ベルモント氏(左)11チャンネル

そして、ベルモント氏は、今日はメキシコの国内情勢に干渉するためにここに来たのではなく、ロペス・オブラドール大統領はラテン・アメリカ希望であることを伝えたかったと。。。そして、ベルモント氏が果たせなかった夢を、是非、ロペス・オブラドール大統領に果たしてほしいと。。。ロペス・オブラドール大統領は、将来、根が深く、葉がふさふさで、幹が太くなる木の種を今、植えているのだと。。。(ベルモント氏はこの木を見ることができないかもしれないがと言っていました。大統領より8歳年上、現在73歳)


今回メキシコに来た一番の目的は、こうやって大統領と面と向かってお話しをしたかったと。。。私は大統領に質問などありません。こうやって想いを伝えられるだけで十分だと。。。約6分ほど心のこもった口調で大統領に語り続けました。堂々と。。。さすが、話しぶりはプロでした!


その後、大統領は10分近く、ずっとベルモント氏のお顔をみながらメキシコとペルーの共通点、歴史、ネオリベラリズ・民営化=汚職の終わり、これからみんなが向かっていかなければならない方向性などを力説しました。(のちのyoutube動画インタビューでベルモント氏は、ずっと自分の目を見て語ってくれていた大統領に感動し、彼は本物だと言っていました。)

そして、プレス・コンファレンスの終了後、大統領のほうからベルモント氏のほうへ歩み寄っていき、ハグをしていました!(その時の動画下↓)こんなこと前代未聞!



モレキュルさんのベルモント氏への思いやりが、こんな展開を生みだし、ベルモント氏が果たせなかった夢を、ラテン・アメリカの夢を、ロペス・オブラドール大統領に託したプレス・コンファレンスになりました。そして、観ていた人のハート❤️を熱くし、この日、メキシコの朝はさわやかな笑顔で始まったのでした。


エル・サルバドルの新大統領もアムロ大統領を賞賛✨


トランプさんの関税脅しの後、すぐにメキシコは「兄弟の国々」、中南米の国々の支援を始めました。大統領は、以前からずっと、不法移民の根本的な解決は雇用を増やすことだと言い続け、またその旨をトランプさんに手紙でも伝えました。

6月20日、エル・サルバドルの新大統領ナジブ・ブケレ氏をメキシコ・チャパスに招き、メキシコ南部で行われている「命の種を蒔く」プログラム(メキシコの南部の農地開発、40万人の雇用育成プログラム)を拡大し、エル・サルバドルへ支援する式典を行いました。この拡大された「命の種を蒔く」プログラムは、メキシコが、エル・サルバドル、ホンドゥラス、グアテマラに計1億USドル(約108億円)・それぞれ約3千万USドル(約33億円)づつ投資をするというもので、まず最初にエル・サルバドルから始まりました。

上のツイートは地図を参考にさせていただいています。記事の内容とツイート文は一切関係ありません。

真ん中ヒゲの方:ブケレ大統領

ロペス・オブラドール大統領と、メキシコシティからチャパスの移動に同行したブケレ大統領は、行き先々での大統領の人気ぶり、大統領の国民への対応ぶりに脱帽したと言っていました。そしてスピーチ(動画下↓)ではこんな感じのことも言っていました。



「メキシコの皆さん、一つだけお願いがあります。アムロ大統領は、すばらしい大統領です。メキシコを心から良くしたいと思っています。他の動機は何もありません。ただただメキシコを良くしたいのです。メキシコは200年もの間、悪い状況下にありました。半年、1年、いや2年ですべてを変えることはできません。変化は少しづつ現れます。長い目でみてやってください。」

Wikipedia[Public Domain] & Author:エドド[CC BY-SA]
エル・サルバドルの国旗と位置

エル・サルバドルの新大統領ナジブ・ブケレ氏は、今年2月にエル・サルバドルの新大統領に支持率53.7%で当選。年齢37歳。尊敬する人:ロペス・オブラドール大統領。


また7月19日、エル・サルバドルでの、メキシコ「命の種を植える」プログラム開始の式典のスピーチで、ブケレ大統領はこのように具体的な数字でわかりやすく説明してくれました。

「一日に300〜400人のエル・サルバドル人がアメリカに移住。前政権5年間の間に50万人の人が移住したことになるのです。ここで雇用が1つ増えると、3人の移民を減らせるのです。メキシコはこの支援プログラムを通して、エル・サルバドルに2万人の雇用を生み出してくれます。この数は、前政権が一年かかって生んだ雇用の数。このメキシコの支援プログラムは、今日1日で2万人の雇用を生み出してくれるのです!」

そして、メキシコはホンドゥラスでも2万人の雇用支援(ツイート下↓)


Wikipedia[Public Domain] & Author:病みつき04[CC BY-SA]
ホンドゥラスの国旗と位置

メキシコ、中南米諸国は、ロペス・オブラドール大統領を軸に、不法移民問題を壁で解決するのではなく、お互い助け合いながら解決すると。。。兄弟愛、アミーゴ愛で協力し一致団結中❗️メキシコ・エブラルド外相は、私たちは世界の見本となるのだと宣言していました。


ジャン=リュック・メランション氏もアムロ大統領賞賛✨


2012年、2017年の2回、フランスの大統領選に立候補したジャン=リュック・メランション氏がメキシコ充電?!訪問。メランション氏いわく、彼の党は議員選挙で無様に敗北したと。。。メキシコにインスピレーションとオプティミズムを求めてやってきたと。。。


メランション氏は、「メキシコは、アメリカの隣で、こんなに近いところで、こんな大革命をしていることはすごいことだ。ロペス・オブラドール大統領に、この大革命を、是非、成功させてほしい!私はこのメキシコ大革命を学びにやってきた。そして私はこれをヨーロッパに持って帰る!」と。。。(ナチョさん動画より)

アムロ効果がすごいことになっている〜!!!
メキシコ国内だけでなく、ラテン・アメリカ、ヨーロッパまで波及しているよう。。。
ロペス・オブラドール大統領、今やメキシコのおばちゃんたちだけでなく、外国の国のリーダーにまで愛され慕われてちゃってるぅ〜

「愛」が基盤のメキシコ大改革は
「愛」を求める人たちに支持され
 💓日々、世界に浸透中💓


¡Viva Mexico!
(メキシコ万歳!)

(popoちゃん)

Writer

popoちゃん

メキシコ人夫とメキシコ在住中♪
新アムロ政権の勢いある改革ぶりを中心に
「今のメキシコ」をお届けいたします!

体癖5・9、ピッタ・カファ、エニアグラム1


Comments are closed.