アーカイブ: アメリカ情勢

バイオテクノロジーを利用して、脳をコントロールする兵器などの技術を開発している中国共産党、アメリカ国防高等研究計画局の書類から明らかになった、現在国際的に販売されている104の食品や農産物などに含まれているナノマイト

竹下雅敏氏からの情報です。
 中国共産党軍事医学院とその研究機関11社が、バイオテクノロジーを利用して脳をコントロールする兵器などの技術を開発しているとのことです。米国商務長官ジーナ・ライモンド氏が、「残念ながら、中国共産党はこれらの技術を国民をコントロールし、少数民族や宗教団体のメンバーに対する弾圧を追求するために使うことを選択している。」と言っているように、こうした事柄は「陰謀論」ではありません。
 冒頭の動画は2016年の動画で、名古屋大学の新井史人教授の研究「ナノマイクロロボットの操作技術」を紹介しています。光ピンセット技術によって、一つのウイルスだけを、狙った細胞まで搬送し感染させることに成功した(3分10秒)とのことです。
 二つ目の動画では、“私たちは将来ナノボットを持つようになるでしょう。…私たちの脳に挿入し、直接クラウドに接続できるものです。(55秒)”と言っています。
 COVID-19のワクチンに関しては、“ナノ粒子のロボット、ナノボットまたはナノマイトを含んでいるか、それらに基づいているという疑念や思いがあります。…ウイルスがナノボットによって治療された後も、ナノボットはそのシステムを離れず、体内に留まります。そして…5Gを待つのです。…ワクチン製造には約40日しかかかっていません。これは驚異的な速さです。…以前から計画が練られていたのは明らかで、裏で長い間取りくまれていた可能性があります。(2分58秒~6分45秒)”と言っています。
 6分45秒以降は、「国内ナノ食品添加物制圧概算書段階4更新版コンプライアンス」というDARPA(アメリカ国防高等研究計画局)の書類の説明です。“次の機関で分散量を増やす必要があると書かれています。ペプシ9.9%、ネスレ8.5%。そして異なるパーセンテージで以下に続きます。シカゴ水道局、アトランタ水道局、コカコーラ、ロサンゼルス自治体、シアトル自治体。…これらが事実であることをNASA関係者も認めています。…水だけでなくワクチンの中にも含まれていることが事実であると認めました。ここで話している特別なナノマシンは医療用ナノ装置、つまり裸眼では全く見ることができないほど非常に小さいものです。…この特別なナノマシンは強靭なスマートナノ構造からなる革命的なものです。…周波を受診、指令を受け取り、任務を遂行し、任務が完了すると何をしたか報告するのです。…このプログラムは1995年に始まっていました。(6分45秒~11分7秒)”と言うのです。
 “少なくとも104の食品、食品包装、農産物にナノマイトが含まれており、現在国際的に販売されていることが明らかになりました。(11分52秒)”とあり、イーロン・マスクの最新プロジェクトはニューロリンクと呼ばれ、人間の脳にチップを埋め込み、さらに脳をコンピューターに接続することを目標としており、「私たちは来年(2020年)末には患者さんにこの技術を届けたいと思っています。(13分55秒)」と言っています。
 トランスヒューマニズムをどのようにして実現しようとしているのかが、良く分かります。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
微小物体を自在に操る ナノマイクロ操作技術
2016年の動画になります。
配信元)
————————————————————————
「ワク●ンとナノボットや5Gの関連性」は陰謀論なのか?
配信元)
————————————————————————
秘訳オンライン:米国は中国共産党が脳をコントロールする兵器を開発したと非難
引用元)
(前略)
米商務省が、中国共産党軍事医学院とその研究機関11社を、バイオテクノロジーを利用して人権を侵害し、脳をコントロールする兵器など、米国の国家安全保障を損なう技術を開発している疑いで非難していたことがわかった。
(中略)
米国商務長官ジーナ・ライモンド(GinaRaimondo)は、「バイオテクノロジーと医療技術革新の科学的追求は、人命を救うことができる。残念ながら、中国共産党はこれらの技術を国民をコントロールし、少数民族や宗教団体のメンバーに対する弾圧を追求するために使うことを選択している。米国の商品、技術、ソフトウェアが、(中国共産党の)医学やバイオテクノロジーを支援するために使われ、それによって米国の国家安全保障が脅かされることは許されない。」と述べた。
(中略)
中国共産党の「軍民統合」戦略の下、北京は遺伝子編集、人間のパフォーマンス向上、ブレイン・マシン・インターフェース、生体材料などの研究に資金を提供するなど、新興バイオテクノロジーを将来の軍事用途に利用しようとしていると述べている。
(以下略)

BLOGOS「ロシア疑惑は捏造だった 」〜 虚偽を広めた弁護士は大陪審に起訴、所属する法律事務所はヒラリー陣営と契約していた / 虚偽報道を高く評価していたピューリッツァー賞

竹下雅敏氏からの情報です。
 2016年大統領選挙でトランプ陣営がロシア政府と共謀して不正選挙を行ったという、いわゆる「ロシアゲート」がありました。トランプ大統領の弾劾手続きにまで及び、特別検察官ロバート・モラー氏らの2年にわたる徹底した捜査の結果、疑惑の証拠が何もなかったという結論が2019年に出ています。今回の新たな動きは、この「ロシアゲート」こそ民主党陣営が綿密に仕組んだ不正な工作だったことを大きく世に示しました。当時のトランプ大統領を陥れる目的で虚偽工作を行ったサスマン弁護士は、ウソの報告と資料をFBIに提供し、その内容をニューヨークタイムズなどの大手メディアに「事実として」伝え報道させたとしてアメリカの大陪審に起訴されました。彼の工作はサスマン弁護士の所属するパーキンス・コール法律事務所の業務として行っており、この法律事務所は民主党ヒラリー陣営と選挙対策契約を結んでいました。そしてこのパーキンス・コール法律事務所は「ロシアゲート」の根拠になったガセネタ「スティール文書」の作成にも資金を出しています。もはや「ロシアゲート」が冤罪であったことを認める流れは確定的です。
 当時の報道は「2016年の大統領選挙におけるロシアの干渉と、そのトランプ陣営、次期大統領の政権移行チーム、そして最終的な政権とのつながりについて、各国の理解を飛躍的に深めた、深い情報源と執拗なまでに報じた公益性の高い報道」と称賛され、2018年のピューリッツァー賞を受賞しました。トランプ元大統領は、この虚偽の「ロシアゲート」報道を高く評価し与えられた2018年のピューリッツァー賞を直ちに取り消すよう声明を出しました。当然と言えば当然ですが、その声明の内容は報道への痛烈な批判です。“非常にセンセーショナルな見出しにもかかわらず、信ぴょう性のある証拠が何もない、「政治的動機に基づく茶番」を報じ続けたことが明らかになってなお、受賞を取り消さないことは、この賞自体の品位が完全に損なわれる”とメディアの欺瞞を指摘しています。
 時事ブログでは、2018年当時から「ロシアゲート」がヒラリー陣営を中心にFBIと司法省が仕組んだでっち上げと見てきました。何年も経てやっと動き出した感ですが、この動きがトランプの意図に基づくものか、あるいはトランプをも巻き込んだものとなるのか、英雄を望むことなく見極めたいです。
(まのじ)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
配信元)
————————————————————————
「ロシア疑惑」は捏造だった
引用元)
(前略) 
「ロシア疑惑」の逆転とも呼べそうだ。(中略)疑惑を広めた側の首謀者が実は虚偽の証言をしていた容疑で9月中旬、首都ワシントンの連邦大陪審で起訴されたのである。
(中略)
サスマン弁護士は2016年9月、連邦捜査局(FBI)法律顧問のジェームズ・ベーカー氏に会い、ロシアの銀行がトランプ選挙本部と秘密の交信を重ね、アメリカ大統領選挙での投票の不正操作などの共謀工作を進めている、と報告し、その資料をも提供した

 ・サスマン弁護士はこの情報提供は一市民の良心からだけだと主張したが、実際は同弁護士が所属するパーキンス・コール法律事務所の仕事として委託され、報酬を受け、実行していた。同事務所は民主党のヒラリー・クリントン選対本部と契約し、対抗するトランプ陣営の弱点などを調べる政敵調査を委託していた

 ・サスマン弁護士が提供したロシア政府機関とトランプ陣営の「秘密協力の情報」も同陣営とされた組織は実はトランプ関連企業に物資を調達するだけの外部機関で情報自体が虚偽だった。同弁護士はこの虚偽情報を大手メディアに事実として伝え、報道させることに成功した。その間のすべての活動はクリントン選対への提供業務として代金支払いを受けていた

(以下略)
————————————————————————
配信元)

21/07/12 フルフォード情報英語版:ヨーロッパ王室のロスチャイルド拒絶は、人類の大勝利

 7月12日のフルフォード・レポート(英語版)です。7月2日にエリザベス女王とメルケル首相が会った時の写真で、エリザベス女王は三角形のハンドサインをしなかったことが、200年ぶりに英国王室がロスチャイルド家の支配から解放されたことを意味するらしい。メルケル、エリザベス女王、ヒラリーともにヴィクトリア女王の子孫、つまりザクセン=コーブルク=ゴータ家とのこと。モサドによるとクラウス・シュワブはロスチャイルド家の一員。これらの人々は、全人類にワクチン接種が必要だとゴムマスクのフランシスコ法王に置き換えるほどの力をもっている。が、フルフォード氏によると、このハザール・マフィアが権力維持のために利用しようとした奴隷化予防接種は、わずか地球人口の11.9%に終わり、失敗とのこと。P3フリーメーソンは、ワクチン実施者に対する新しいニュルンベルク戦争犯罪法廷を開始するために、ロシア、中国、NATO、ペンタゴンの支持を得ていて、MI6も全面的に支持。

米軍はハザール・マフィアの戦争への支援を打ち切ったそう。アフガニスタンからの米軍の突然の撤退は最も明白だったというフルフォード氏。また、アメリカはカタールにある3つ巨大な物流拠点を解体。これはイスラエルに代わってイランに戦争を仕掛けるつもりがないことを意味するらしい。

今後の見通しのヒントを得るためにとGESERA/NESERAのことが出てきますが、竹下先生の見解は、「NESARA はNWO(新世界秩序)の道具で、人々を奴隷支配するものだと思います。これを推進しているのは、フランスのロスチャイルド家を中心とするグループです。」また、竹下先生の2020年10月28日の記事では、GESARA/NESARAがいかに怪しいかが分かる経緯が書かれています。ので、ご留意して読み進めてくださいませ。

「フルフォード氏の白龍会は何しているんだ!」「米軍は何してるんだ! いつまでカバールを倒すのにかかっているんだ!」「神様は何しているんだ!」と言う精神性と根性では、世界は変わらないと竹下先生は映像配信、宗教学講座 中級コース 第67回 7月9日公開でコメントされています。「軍じゃない、皆さん一人一人が立ち上がるかどうかで世界が変わる」「この世の中は自分が変えることで変える」「非常にネガティブな状況にあっても、もし自分が平静な心でやり過ごせたら、これ世界に革命が起こるぞと思ってほしい。」などなど、今後も食料危機、停電など非常事態が起こるかもしれない昨今、良きアドバイスが詰まっている映像配信です。まだの方は是非♪ 最近の竹下先生の映像配信は、より詳しい時事の説明が盛り沢山でサバイバルに必須だと感じます。

最後に、7月12日の竹下先生のコメント「諜報機関の仕事の95%以上は、敵を攪乱する偽情報を流す事です。もしも、フルフォード氏に提供される諜報機関からの情報が真実なら、敵方に情報が筒抜けになってしまいます。そうした意味からも、私はフルフォード情報の半分は攪乱情報だと見做しています。チャネリング情報の場合は、正しい情報は5%以下なので、フルフォード情報の精度は、かなり高いと見ているのです。」めっちゃ納得のpopoちゃんでした!😊
(popoちゃん)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
フルフォード情報英語版:ヨーロッパ王室のロスチャイルド拒絶は、人類の大勝利
投稿者:フルフォード

Great Victory For Humanity As European Royals Reject Rothschilds

英国王室、ロスチャイルド家の支配から200年ぶりに解放、ユダヤ人も3,793年ぶりに自由になる可能性


Major developments have been taking place behind the scenes recently as both the British Royals and the P3 Freemasons have declared war against the Rothschild family and the Swiss-based Octagon group, MI6 and P3 sources say. 英国王室とP3フリーメーソンが、ロスチャイルド家とスイスのオクタゴン・グループに対して宣戦布告したことで、最近、水面下で大きな動きがあったとMI6【《英》軍事情報活動第6部】とP3の情報筋が語っている。

The liberation of the Jewish people being held hostage in Israel is also underway, Mossad sources say. When the dust settles this will completely change the UN, the IMF, the World Bank, and even the ruling hierarchy of monotheism itself. イスラエルで人質になっているユダヤ人の解放も進められているとモサド【イスラエル政府の情報機関】の情報筋は言う。ひと段落したら、国連、IMF 【国際通貨基金】、世界銀行、さらには一神教の支配階層そのものが完全に変わるだろう。

That is why Queen Elizabeth told reporters to “take a picture and make history” when she met her cousin Angela Hitler (Merkel) on July 2nd, MI6 sources say. They explain that Merkel’s iconic hand sign of a triangle is a sign to insiders that she is a member of the Saxe-Couborg Gotha clan. https://en.wikipedia.org/wiki/House_of_Saxe-Coburg_and_Gotha なので、エリザベス女王は7月2日に従兄弟のアンゲラ・ヒトラー(メルケル)に会った際、記者たちに「写真を撮って、歴史に残して」と言ったとMI6の情報筋が伝えている。彼らの説明によると、メルケル首相の象徴的なハンドサインである三角形は、彼女がザクセン=コーブルク=ゴータ【ウィンザー家の元の家名(王朝名)】一族の一員であることを内部の人間に示すものだそうだ。
https://en.wikipedia.org/wiki/House_of_Saxe-Coburg_and_Gotha


The fact the Queen refused to make the sign signaled the British Royals had broken with their German cousins and would no longer obey their Swiss-based leadership, MI6 explains. https://www.dw.com/en/germanys-angela-merkel-makes-last-official-visit-to-uk-as-it-happened/a-58133003 女王がこのサインを拒否したことは、英国王室がドイツの従兄弟たちと決別し、スイスを拠点とする指導者たちに従わなくなったことを意味するとMI6は説明している。
https://www.dw.com/en/germanys-angela-merkel-makes-last-official-visit-to-uk-as-it-happened/a-58133003

This means for the first time in about 200 years, the UK is free from Rothschild family rule. That is because the Rothschild family has been intimately intertwined with the Saxe-Couborg Gotha Royals since before the Napoleonic wars. The founder of the Rothschild banking clan, Mayer Amschel Rothschild got his big break by lending money to support Saxe-Couborg Gotha wars. His son Nathaniel famously took over the Bank of England via clever insider trading based on knowledge Napoleon had lost the battle of Waterloo. これは、約200年ぶりにイギリスがロスチャイルド家の支配から解放されたことを意味する。それは、ロスチャイルド家がナポレオン戦争以前からザクセン=コーブルグ=ゴータ王家と密接に関わってきたからである。ロスチャイルド銀行一族の創始者であるマイアー・アムシェル・ロスチャイルドは、ザクセン=コーブルグ=ゴータ家の戦争を支援するためにお金を貸して大成功を収めた。息子のナサニエルは、ナポレオンがワーテルローの戦いで負けたという情報をもとに、巧みなインサイダー取引でイングランド銀行を買収したことで有名だ。
1815年6月18日に行われた,ナポレオン1世とイギリス・オランダ・プロイセン連合軍との戦闘。コトバンクより)

While England may be free for the first time in 200 years since the Rothschilds claim to be descended from the Babylonian Tyrant Hammurabi, soon the Jewish people may be freed for the first time in 3,793 years. イギリスは200年ぶりに初めて自由になる可能性がある一方、ロスチャイルド家がバビロニアの暴君ハンムラビの子孫を名乗っているので、まもなくユダヤ人も3,793年ぶりに自由になるかもしれない。

This may seem like ancient history, but it intimately affects the fake pandemic and vaccine campaign going on right now. これは古い歴史のように思えるかもしれないが、現在行われている偽のパンデミックとワクチンキャンペーンに密接に影響している。

» 続きはこちらから

21/05/03 フルフォード情報英語版:地政学的巨大地震の到来、間近

 5月3日フルフォード・レポート(英語版)です。バイデン劇場上演が続くなか、地球の裏、どこかで数千年の歴史を持つ政権が体制崩壊に直面し、新しい政権について秘密交渉が進行中とのこと。

今回のレポートもアメリカのニュースがメインです。フルフォード氏によると、政権崩壊時によく見られるハイパーインフレがアメリカで起こっているそう。偽バイデン政権が、お金を刷りまくり、現在、アメリカの全世帯収入の34%が政府からの補助金。そのためアメリカではあまり働きたい人がいないようで、企業側は人手不足で困り、また食料価格の高騰、食料不足の問題も深刻化。が、なぜ米ドルがこれほど強いのかの問いにフルフォード氏は2つの理由を挙げています。その際、アジアの秘密結社関係者からの情報で「中国系アメリカ人のキャサリン・タイ米国通商代表が事実上の米国大統領」というのにはびっくり!😱

世界的コロナ禍を正常な状態に戻す決断は上層部のほうでなされているらしい。パンデミックの真相として、とてもショッキングなニュースは、ファイザーを所有している大手製薬会社グラクソ・スミスクラインが、武漢の中国生物学研究所を所有しているとのこと。この製薬会社は、武漢の生物学研究所で始まったウイルスに対するワクチンを作り、また、そのワクチンを推進しているファウチ博士が出資していると。。。完全な自演自作!!!

さぁ、このお方たちはいつちゃんと裁かれるのでしょう?
(popoちゃん)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
フルフォード情報英語版:地政学的巨大地震の到来、間近
投稿者:フルフォード
Geopolitical Mega Quake Ready to Blow

数千年の歴史を持つ政権が体制崩壊に直面


While the Western world wanders through the dystopia of a fake Joe Biden presidency and a manufactured pandemic, something huge is brewing. A thousands-of-years-old regime is facing systemic collapse and secret negotiations about its replacement are ongoing. We cannot talk in detail about the negotiations yet for security reasons. All we can say is that it will be the biggest thing since monotheism began in ancient Egypt thousands of years ago. When it happens it will be on all the screens and news outlets. Until then operational secrecy is vital, so let’s look at the signs of systemic collapse. 西洋諸国が偽のジョー・バイデン大統領とでっち上げられたパンデミックというディストピア【暗黒世界:ユートビアの反対】をさまよっている間に、何か巨大なことが起ころうとしている。数千年の歴史を持つ政権が体制崩壊に直面しており、その政権の代わりになるものについて秘密交渉が進行している。セキュリティ上の理由から、この交渉について詳しく話すことはまだできない。ただ言えることは、何千年も前に古代エジプトで一神教が始まって以来の大事件になるということだ。それが実現すれば、あらゆるスクリーン【テレビ、コンピューター、スマホなど】やニュース媒体で報道されるだろう。それまでは、作戦上の秘密が重要だ。なので、システム崩壊の兆候を見てみよう。


アメリカでハイパーインフレ発生


The biggest thing visible is hyper-inflation emerging in the U.S. This is something commonly seen during regime collapse. The cause is the people behind the Biden avatar printing money like there is no tomorrow (for them it is probably true). Government hand-outs exploded in March to an annualized $8.1 trillion, double the $4.1 trillion from February and $5 trillion above the pre-“pandemic” level of $3.2 trillion. https://www.zerohedge.com/economics/record-34-all-household-income-us-now-comes-government 最大の特徴は、アメリカでハイパーインフレが発生していることだ。これは政権崩壊時によく見られることだ。その原因は、バイデン・アバターの背後にいる人たちが、まるで明日【未来】が来ないかのようにお金を印刷しているからだ(彼らにとっては、おそらくそれ【明日(未来)がないこと】は真実であろう)。政府の補助金は3月に爆発的に増え、年換算で8.1兆ドルに達した。これは2月の4.1兆ドルの2倍で、「パンデミック」前の3.2兆ドルを5兆ドル上回っている。

ツイートはシャンティ・フーラが挿入

This is what it has done to commodity prices over last year, even though the party has just barely started: Lumber: +265%, WTI Crude: +210%, Corn: +84%, Copper: +83%, Soybeans: +72%, Silver: +65%, Sugar: +59%, Cotton: +54%, Platinum: +52%, Palladium: +32%, Wheat: +19%, Coffee: +13%. http://themostimportantnews.com/archives/and-the-federal-reserve-is-trying-to-convince-us-that-inflation-isnt-a-problem パーティー【祝い】はまだ始まったばかりだが、昨年と比べて商品価格にどのような影響があったかを紹介する。材木: +265%、WTI原油【WTI:ウェスト・テキサス・インターミディエイト、テキサス州を中心に産出される原油】+210%、トウモロコシ:+84%、銅+83%, 大豆+72%, 銀+65%, 砂糖+59%, 綿花+54%, プラチナ+52%, パラジウム+32%, 小麦: +19%, コーヒー+13%。

Supply-chain experts say they have never seen anything like what is now happening. サプライチェーンの専門家によると、今のような状況は見たことがないという。

“There is a total, global log-jam; goods cannot be shipped in some cases; and supply-side inflation on a scale we have not seen for a long, long time looks imminent.” https://www.zerohedge.com/markets/rabo-we-are-edging-closer-biblical-commodity-price-increase-scenario 「世界的な大渋滞が起きており、商品が出荷できないケースもあり、長い間見たことのない規模の供給サイドのインフレが迫っているようだ。」

» 続きはこちらから

CNNがトランプ大統領排除のプロパガンダを行っていたことを認める動画 〜 プロジェクト・ベリタスが潜入取材

読者の方からの情報です。
 かつてトランプ大統領がCNNをフェイクニュースだと非難し、それを受けた大手メディアが言論弾圧だとして、さらにトランプ氏を叩くという状況がありました。「CNNはフェイクだ」と言うと「陰謀論者」と決めつけられたものですが、今や雲行きが変わったようです。CNNに潜入した「プロジェクト・ベリタス」がCNNのテクニカル・ディレクター、チャーリー・チェスター氏の発言を公開しました。チェスター氏がCNNに来た理由は「トランプ大統領を追い出すプロパガンダに加わりたかったから」。トランプが身体のダメージを受けているような演出や、バイデンが健康的に見える演出を行なっていたことなどをのんきに語っています。詳しい会話の書き起こしはこちらのサイトにありました。そしてさらにCNNは「新型コロナで恐怖を煽るメディア報道は近いうちに終了し、今後は気候変動の恐怖を広める報道にシフトする」のだそうです。温暖化を叫ぶのか、経済的なダメージを訴えるのか、まだ会社のトップが決めていないのだそうです。やれやれ。
櫻井ジャーナルによると、CNNが一気に偏向したのは911以降のようです。
 プロジェクト・ベリタス、最近どこかで見たと思ったら、ツイッター社がプロジェクト・ベリタス創業者ジェームス・オキーフ氏のアカウントを永久閉鎖した、という件でした。
(まのじ)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
プロパガンダに集中するCNNの実態を明らかにする新たな映像が公開された
引用元)
ドナルド・トランプをホワイトハウスから追い出してジョー・バイデンに取り替えることにCNNは集中​していたと語る男性の映像を「プロジェクト・ベリタス」は公開した。その男性とはCNNで技術ディレクターを務めるチャーリー・チェスターで、次には「気候変動」で恐怖を煽るとしている
(中略)
(中略)アメリカ陸軍の第4心理作戦群の隊員が2週間ほどCNNの本部で活動していたことも明らかになっている。「産業訓練」というプログラムの一環。アメリカ軍の広報担当だったトーマス・コリンズ少佐によると、派遣された軍人はCNNの社員と同じように働き、ニュースにも携わったという。

 そして2001年9月11日にニューヨークの世界貿易センターとバージニア州アーリントンの国防総省本部庁舎(ペンタゴン)が攻撃され、それ以降、CNNもプロパガンダ一色が一気に強めた
————————————————————————
PART 1: CNN Director ADMITS Network Engaged in ‘Propaganda’ to Remove Trump from Presidency
配信元)
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 16