アーカイブ: ケムトレイル

人々がケムトレイルの真実に気づき始めた 〜 陰謀論などではなく確実に人体を蝕んでいる / 放射性物質も含まれると米海兵隊員が証言

読者の方からの情報です。
 偶然なのでしょうか、読者の方々からここ数日、ケムトレイルに関する投稿が相次ぎました。時事ブログではそれこそ10年前からケムトレイルの危険を取り上げてきましたが、ウィキペディアでは未だに「陰謀論、デマである」といささか常軌を逸した決めつけをしており、その検閲ぶりから逆に「本当のことなんだな」と推察できます。どんなに権威をかさに陰謀論だと決めつけられても、各界の誠実な人々の声をかき消すことはできません。いずれ「DSディープステイト」同様、「陰謀論」ではなく「陰謀」だったことが明らかになると思われます。
 今回届いた情報に加えて、過去記事の情報も少しずつ振り返ってみたいと思います。ぴょんぴょん先生も良記事を書いておられました。当時、これらの情報を見たらアッという間に状況が伝わると思っていましたが、それ以上に「陰謀論」洗脳が強烈でした。
 ナカムラクリニックさんのnoteからは、パイロットの方にとってケムトレイルは陰謀論ではありえないことが分かります。ぴょんぴょん先生の記事では「主にアルミニウムなどナノ金属粒子と、亜硫酸ガスをミックスしたエアロゾル。それが〈ケムトレイル〉と呼ばれるものの正体だ。」とありますが、2013年の雨水に含まれるアルミニウムが13100μg/Lという猛烈な数字になっていました。あれから撒き続けた今現在、一体どれほど人体や土壌に蓄積されたのか。中村先生が体内ミネラル測定器でご自身のアルミニウム濃度を調べると「高値–」という評価だそうですが、それでも一般の人に比べると「相当低い」のだそうです。
 note内では高橋清隆氏の取材記事も紹介されています。「ケムトレイル散布に米軍が関係していることについては、私が直接確認しました。」とあり、飛行機から排出される白い煙には2種類あること、有害物質をジェット燃料に混ぜて散布する場合は、日本で飛ぶ全ての飛行機で使われ、もう1種類がケムトレイルだそうです。いずれの場合も放射性物質が含まれており、それは日本領土内に保有された核廃棄物由来のものだと。他の国では環境規制が厳しく不可能なことが、日本ではやりたい放題です。また高橋氏が参考に挙げられていた動画の中には、2012年当時、市民の問い合わせに国交省がなんとか回答しようとする様子が残されていました。謎の物質を撒いていた飛行機に該当するのは米軍機だったらしいと。
 ナカムラクリニックさんは「戦争に負けるというのは、こういうデタラメを甘受するということなんだよね。」と締めくくっておられましたが、まのじは少し違う。
売国奴に国を任せるということは、こういうデタラメを甘受するということなんだな。
(まのじ)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
配信元)
————————————————————————
ケムトレイル
 先週東京に行ったとき、某民間航空会社に勤務するパイロット氏と話す機会があった。
「最近、“においのする雲”が多いんです。コクピットから見ていて、そういう雲はだいたい分かります。『あの雲の一団にぶつかったらにおいがしそうだな』という雲が確かにあります。人工的な、いかにも不快なにおいがします。(中略)ケムトレイル(chemtrail)のことを言っています。
ケムトレイルについて、いまだに陰謀論のように語られることがありますけど、リアルですよ。航空会社が公式にその存在を認めているわけではありませんが、現場のパイロットなら、自然の雲か単なる飛行機雲かあるいはそうではない別の特殊な雲なのか、当然見分けがつきます
(中略)
衝撃の事実だ。
米軍が使用する燃料には、生殖毒性がある。米軍基地の近くに住む若年女性は気を付けるべきだろう。また、ハイブリッド燃料とケムトレイルにより、Pb、Hg、As、Ra、Al、Cs、Ptといった重金属(あるいは放射性物質)が散布される
気象操作というのは表向きの理由で、本当の理由はもっと単純。「核廃棄物を捨てるため」。
告発者がこれを日本のメディア(朝日新聞、東京新聞)にリークしても、全然報じようとしない
メディアが機能していないことはうすうす分かっていたけど、やっぱりそうなんですね。政治も機能していない。日本に核兵器があり、その廃棄物が日本上空から散布されていることを安倍も知っていたが、何も対策をしなかった。
戦争に負けるというのは、こういうデタラメを甘受するということなんだよね。

» 続きはこちらから

ケムトレイルは、自己集合特性を有する半導体ナノテクノロジーの産物で、群知能が備わっている。この兵器システムの領域と能力は、度肝を抜かれる ~「今年は雪がおかしい。雪が汚い」

竹下雅敏氏からの情報です。
 Maxwell Smartさんの一連のツイートによると、“ケムトレイルとは統合された大気兵器システムの一部であり、それは、気象操作、人口管理、高度な監視、生物兵器、人口知能など複数の目的がある。…私の研究で高度なナノテクノロジーの産物の一部であることが分かった。私は、自己集合特性を有する半導体ナノテクノロジーと結論づけた。軍が散布しているものに「群知能」が備わっており、それはスマートダストなのだ。…気象操作はHAARP(高周波活性オーロラ調査プログラム)を使って行っている。”とありますが、私はケムトレイルの中にナノボットが入っているのではないかと見ています。
 こちらのツイートの「腰抜かすわ」という雪の写真を見ても分かりますが、“今年は雪がおかしい。雪が汚い”のです。
 私は、誰にも会わない「明るい引きこもり生活」を続けているので、基本的に「ぴよらか」で2~3日は風呂に入る必要を感じないはずなのですが、今年は違うのです。毎日風呂に入らないと気持ちが悪い。
 「ケムトレイルは、自己集合特性を有する半導体ナノテクノロジーの産物で、群知能が備わっている。この兵器システムの領域と能力は、度肝を抜かれる」と書かれているように、このテクノロジーはワクチン接種の目的と非常に良く合致するのです。
 ナノボットの解毒、排出にもアンズ、ビワなどのバラ科植物の種子が使えます。
(竹下雅敏)
————————————————————————
配信元)
 
 
 
 

» 続きはこちらから

「ワクチン」は優生学と人口削減アジェンダを実行するための生物兵器であり、生き残った人間もトランスヒューマン(ロボット人間)に作り替えられてしまう! ~ケムトレイルの本当の目的とは

竹下雅敏氏からの情報です。
 6月14日の記事で、WHOのアストリット・ステュッケルベルガー博士(公衆衛生専門)の内部告発動画を紹介しました。現在のワクチン接種キャンペーンは、ビル・ゲイツが設立した「GAVI(ワクチンと予防接種のための世界同盟)」が、とてつもない力を持つプレーヤーで、“GAVIのスタッフは、どんな犯罪も許され、私達がオフィスの中に入って、調べることはできません”という事でした。
 博士によれば、mRNAワクチンにはナノチップが含まれていて、ワクチンを接種した人間は、“体内のナノチップを介してAI或いはその他の電子指令に反応するようになります”と言っています。 
 「ワクチン」は優生学と人口削減アジェンダを実行するための生物兵器であり、生き残った人間もトランスヒューマン(ロボット人間)に作り替えられてしまうとのことです。これらの見解は、時事ブログと全くと言って良いほど同じです。むしろ一部の人達は、体内のナノチップを介してAIと接続することで得られる能力の拡大を、歓迎するのではないかと思われます。
 “続きはこちらから”の記事によれば、人工知能研究の世界的権威であるレイ・カーツワイル氏は、“2030年までに、人間は大脳新皮質に移植されたナノボットを使って、世界中のあらゆる物事と即座に接続できるようになるだろう”と予測しています。「ナノロボットを注入した人間の脳とクラウドを接続させると、記憶を保存することができ、その創造性と感性を拡大させることができる」というのです。
 残念ながら、ファイザー社の2回目のmRNAワクチンには、ナノチップが含まれているように思います。また、米国海兵隊に所属したジェフ・スパロウ氏は、ケムトレイルについて、「横田基地の人がまいている」と明言しており、記事にあるように「ケムトレイルの本当の目的」の中には、“「ナノボット」(超極小ロボット)と呼ばれるスマートダストを散布し…5G(次世代移動通信システム)と相互作用するように設計してあり、最終的にはトランスヒューマン(超人間)化、すなわち機械による人体乗っ取りを狙う”があるとのことです。ですから、ワクチン接種をしない人も、こうした危険にさらされているわけです。
 ところで、6月20日の記事で取り上げたチャネリング情報では、“テスラーヒーリング・テクノロジーと人を繋げる為には、ナノボットが必要になる”という事で、現在提供されているワクチンはホワイトハットのものであり、“ブラックハットは、一切このオペレーションの指揮は出来ない状況にある”とのことでした。
 実際には、カバールに優生学と人口削減アジェンダを実行させ、カバールの目的とする「ゾンビ・アポカリプス(ゾンビによる世界の終末)」を封じて、“テスラーヒーリング・テクノロジーと人を繋げる”という計画なのだろうと想像しますが、人々がブラックキューブ(人工知能666)の支配下に置かれるという事実は同じです。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
6/26-その1 コロナ(偽)ワクチンを注射するとナノチップが埋め込まれます。
引用元)
(前略)
henrymakow.com - Exposing Feminism and The New World Order
(概要)
6月25日付け
(中略)
スイスの医学博士、元WHO内部関係者のAstrid Stuckelberger博士は、mRNA「ワクチン」は優生学と人口削減アジェンダを実行するための生物兵器であると言いました。
(中略)
mRNA「ワクチン」遺伝子療法にはナノチップが含まれています。
(中略)
2016年にスイスのテレビ番組にてインタビューを受けたクラウス・シュワブ(世界経済フォーラムの創設者)は、人間の脳に直接つながるナノチップを体内に注入することにより人間をトランスヒューマンに転換させることができると語りました。

人間は、体内のナノチップを介してAI或いはその他の電子指令に反応するようになります。つまり、人間は世界の支配層(グローバリスト・カバール)の思うがままに操作されることになるということです。
(中略)
シュワブは「このようなSFのような世界は10年以内(2026年頃まで)に実現できるだろう。これは、肉体、デジタル、生物学的世界を融合させることである。そしてもうじき世界人類は脳や皮膚にチップが埋め込まれ、肉体とデジタルの融合が実現化するだろう。」と述べたのです。
(中略)
彼等の最終目的の一つが母なる地球の人口削減です。多くの有名な生物学者、医学者らが警告している通り、グローバリストによるNWOの猛攻を今すぐ止めさせなければ、我々人類はトランスヒューマン(奴隷ロボット化)に作り替えられてしまいます。
(以下略)

» 続きはこちらから

ぴょんぴょんの「ケムに撒かれるな!」

散歩しながら空を見上げると、「消えない飛行機雲」が放射線状に走っている。
「ああ、また撒いてるな」とうんざりします。
「えっ? あれは、飛行機雲でしょ?」と思ってるあなた!
いつまでも消えないあれは、飛行機雲じゃないですよ。
「ニセ飛行機雲」をレンチンしたら、19号のような巨大台風になるって知ってた?
(ぴょんぴょん)
————————————————————————
ぴょんぴょんの「ケムに撒かれるな!」


核兵器以上に恐ろしい物理学兵器 HAARP


なんか、とんでもない巨大台風が日本列島を襲ってるね。

Wikimedia_Commons[Public Domain]

台風19号だな。

大丈夫かな〜 このあいだ被害を受けた千葉県とか。

あんな、どでかいのを作りやがって。
しかも、千葉をねらいやがって。

気象兵器、HAARPのしわざだと言うんだね。
でもそれ、陰謀論て思われるから、軽々しく口にしないほうがいいよ。

おおう、いいじゃねえか、言ってくれよ、陰謀論なり何なりと!

ところで、HAARPって、なんだっけ?

ガクッ!
陰謀論とか、エラそうなこと言いながら、HAARPのこと知らないんか?
よし、陰謀論じゃねえとこを、説明してやろう。
HAARPとは、「核兵器以上に恐ろしい物理学兵器」だ。 
(ニコニコ動画)

核兵器以上だって?!

HAARPは、世界中の農業・生態システムを破壊する大量破壊兵器。
核爆発を伴わない爆弾、つまり「核兵器以上に恐ろしい物理学兵器」。
(トカナ)

そんなに恐ろしい兵器なの?

しかも、ほとんどの地球人は、その存在すら知らない。
ナチスの時代からある
ことさえも。

Wikimedia_Commons[Public Domain]

ナチスだって?

時事ブログのコメント。
気象兵器の歴史は意外なくらい古いのです。実はナチスが開発しようとしていたようなのです。・・ナチスはスターリングラードの戦いにおいてソ連軍に打ち負かされるのですが、どうして真冬にソ連軍と戦うという愚かな作戦を実行したのか・・実はヒトラーは、気象兵器によって天候を変えるつもりだったのが、兵器開発が間に合わなかったと言われています。」

ということは、とっくに完成しているってことだ。

» 続きはこちらから

ケムトレイルについて報じたドイツ公共放送「ドイツ連邦軍の軍用機が気象を操作している」 / カバール企業のアップルは、Siriで盗聴していたことを謝罪した

竹下雅敏氏からの情報です。
 冒頭のケムトレイルについて報じた、ドイツ公共放送の3分弱の動画をご覧ください。ドイツ連邦軍の軍用機が気象を操作していると言っています。
 この動画を見てもなお、ケムトレイルなどというものはなく、単なる飛行機雲だと言い続ける人がどのくらいいるのでしょう。多く人の頭の中では、公共放送が報じて初めて真実になるわけです。歴史学者にとって、公文書が出てきて初めて真実になるのと似ています。
 しかし、現実はと言うと、ほとんどの歴史は陰謀によって作られており、秘密結社が背後でうごめいています。彼らが公文書を残すはずがありません。なので、真実を見極めるには、自分で情報を集め、自分の頭で判断するよりないわけです。
 最後のツイートをご覧ください。「カバール企業のアップルは、Siriで盗聴していたことを謝罪した」とあり、こうしたことも含め、様々な事柄が「新世界秩序」を実現するために行われているとあります。
 “続きはこちらから”は、そのSiriの盗聴に関する記事です。アップルは「Siriが誤動作で起動したせいで、ユーザーが意図しないまま録音されたもの」と言い訳していますが、おそらく嘘でしょう。
 確かフルフォード氏だったと思いますが、スマホの電源を切って何かの商品について会話をした後にスマホを使うと、会話した商品の広告が出てくると言っていたと思います。要するに、電源を切っていても盗聴されているのです。
 支配層の目指す「新世界秩序」は、私たちにインプラントして、人工知能が管理する奴隷支配の世界です。イーロン・マスクのような人たちは、そうした世界の実現のために選ばれた存在なのです。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
配信元)
 
 
 

» 続きはこちらから
1 2 3 4 5 6 7 8