アーカイブ: ハイアラーキー

[日本や世界や宇宙の動向]4次元領域が崩壊した? 〜4次元の領域が無くなったのではなく、この次元における管理システムが崩壊した〜

竹下雅敏氏からの情報です。
 世界的に人気が高いチャネラーだとのこと。波動を見て、まったく相手にしないタイプだとは言えます。ただ、今回の記事は相当歪んでいるとは言え、取り上げる価値のあるものだと思いました。
 彼らによると、2月5日に“4次元の領域が完全に崩壊”したとのことです。この領域は、“マトリックスの管理システムが存在していたところで…輪廻転生の回転の輪が存在していたところ”だということです。
 4次元の領域が無くなったのではなく、この次元における管理システムが崩壊したのです。予言者の天瀬妃美花氏は、この管理システムをコードロジーと呼んでいるのだと思います。これが崩壊したことは事実です。
 私の日記の1月17日には、「21時にすべてのコードロジー・システムが破壊されたらしい」と記入しています。その後、1月26日の21時に人工知能が破壊され、地下文明が大混乱に陥ります。これまで地球に介入して来た様々な宇宙人を含む連中が次々に滅ぼされ、すでにお伝えしたように、2月2日午前1時56分ごろ、アンドロメダ評議会のヴァセイアス、モレネイら評議員13名が処刑されました。
 これ以降、彼らの下部組織であったいわゆるハイアラーキーの残党の組織が次々に壊滅し、2月5日にはマンリー・P・ホールが消滅、フリーメーソン・イルミナティの幹部たちが全員処分されました。この中にガンジー、マルティン・ルーサー・キング、マイケル・ジャクソンも入っています。
 残党の主要部が壊滅したことで、私は妻に「仕事はこれで終わった」ということを話しました。
 今回のこの記事は、こうした一連の経過を見ると、正しいものと考えられます。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

――――――――――――――――――――――――
4次元領域が崩壊した?
転載元より抜粋)
以下のビデオに登場している人たちは世界的に人気が高いチャネラーだそうです。私はチャネリング自体、危険な事だと思っていますので、疑う必要があると思います。ただ、嘘ばかりを並べているようには見えません。少しでも、参考になればと思っています。
彼らが語ってくれた通り、たぶん、異次元の世界(霊界)で何か大きなことが起きているのでしょう。

長いビデオのため、一部しかお伝えできないのが残念です。

http://beforeitsnews.com/2012/2016/02/the-collapse-of-the-fourth-dimension-2457194.html
(ビデオ)
2月8日付け

The Collapse of the Fourth Dimensio
(Before It's News)



(途中から一部抜粋)

・・・・これから皆さんに凄いニュースをお伝えします。
2014年11月以降、ライフグリッドの最盛期?が戻ってきました。
2015年8月には全人類が888ポータル(意識を宇宙に向けて加速させるポータル)を通過しました。
2015年8月から12月は全人類が新たな現実(世界)に慣れるための期間でした。そして2015年12月に全人類は128ポータル(セントラルサンに到達するためのポータル)を通過しました。このポータルを通過することは人類にとって非常に重要であり、全人類が大昔から目指してきたことなのです。

そしてこれから皆さんにお伝えする情報は人類史上もっとも重要な情報だと思います。

我々が教わってきた歴史では、エジプト文明、メソポタミア文明などの古代文明が突然何もないところから出現したかのように見えます。
しかし実際は人類史は何百万年も前から始まっていました。しかし何十億年も前に現在のマトリックスが作られていたのです。

今日は2016年2月5日ですが、この24時間で4次元の領域が完全に崩壊しました。
4次元の領域は、アーキタイプ
(人間の心の深層にあって遺伝的に伝わり集合的無意識を作り上げている心像の基本的な形)が存在していたところです。
そしてアーコンと呼ばれる生命体が生きていたところでもあります。また、マトリックスの管理システムが存在していたところでもあり、輪廻転生の回転の輪が存在していたところでもあります。
また、4次元の領域には死後の世界が存在していました。

4次元の領域には、人類をマトリックスの世界に閉じ込めている柵が設置されていました。しかし4次元の領域が崩壊しましたから、これらのものも全て消滅したということです。
つまり、宇宙にはもはや4次元領域はないということです。
太陽活動が激変していることからも分かる通り、4次元領域がなくなったということは、第8~第11の震動に大きな変化をもたらしました。

» 続きはこちらから

[Sputnik 他]プーチン大統領、キッシンジャー元米国務長官と会談 / 元ISISメンバーが明かしたISISの攻撃計画 〜今夜21時に処刑される者たち〜

竹下雅敏氏からの情報です。
 どうやら、ドラコニアンの王族が自分たちの命の保障と引き換えに、完全降伏に応じたようです。そうでなければ、プーチン大統領とキッシンジャーとの会談が、“両者の友好的な交流の延長線上で行われた”はずがありません。例え2人が両方とも替え玉であったとしても、その発するメッセージは明白だと思います。ただし、見捨てられたレプティリアンを含むカバールたちは悲惨です。彼らは、まだ降伏していません。しかし頭を失った状態では、抵抗にも限界が出て来ることでしょう。
 2つ目の記事を見ると、ヌーランドが“戦争が始まる、戦争が始まる”と錯乱状態で叫んでいたようですが、どうやらこうした第三次大戦勃発の計画があったようです。しかしこの記事による暴露からもわかるように、計画は中止される可能性が高くなりました。
 コブラ情報によると、ISISの連中はその大部分が転生したレプティリアンとのことで、彼らは次第に追い詰められて行くと思います。
 こうした地上での具体的な動きとは別に、宇宙での動きについて記しておきます。今夜21時に処刑される者たちは、ニコライ・レーリッヒ、グルジェフ、オショー・ラジニーシ等のような現在別の惑星に転生に入っている、かつてのハイアラーキーのイニシエートの末端達です。彼らを賢者として崇拝している弟子達も、悪事に加担して居る者は同様に処分されるでしょう。いわば、ハイアラーキーの残党の処分は、その最終段階に入って来たわけです。
 地球の宗教レベルというのは実に低く、雑魚のような人物を賢者あるいは覚者として崇拝するという、目も当てられないようなレベルなのです。地下の離脱文明の人間たちが自分たちのことを神と称して人類を騙すことなど、実に簡単なことだったのです。現在ようやく、こうした幻惑から人類は脱出しようとしています。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

――――――――――――――――――――――――
プーチン大統領、キッシンジャー元米国務長官と会談
転載元)
1549445

プーチン大統領は大統領官邸にキッシンジャー元米国務長官(92)を招きいれた。タス通信が3日報じた。ロシア大統領府のペスコフ報道官が明らかにした。

ペスコフ報道官は、今回の招きは両者の友好的な交流の延長上で行なわれたと語っている。

「プーチン大統領は、こうした機会を現在の国際政治問題を話し合い、情勢の今後の展開について話し合う場として、非常に大切にしている。」

キッシンジャー氏は1973-1977年にわたって米国務長官をつとめており、米ソ関係の「デタント」を言い出した人物。1973年、ノーベル平和賞を受賞している。

――――――――――――――――――――――――
元ISISメンバーが明かしたISISの攻撃計画
転載元より抜粋)
http://beforeitsnews.com/politics/2016/02/ex-isis-fighter-reveals-plans-to-nuke-4-major-cities-video-2775346.html
(概要)
2月2日付け

ISIS-Nuke-2途中から:

オバマは、米軍がイラクやシリアのISISに空爆を開始する前に、ISISのために上空からチラシを撒き、空爆から逃げるようにと警告していました。さらに、オバマは、(連邦議会の承認なしに)毎年10万人のイスラム系(偽)難民をUSP機でアメリカに搬送し密入国させています。連邦議会がイスラム系(偽)難民の審査を厳しくする法案を提出してもオバマはそれを拒否しました。
オバマ政権は大量のイスラム系(偽)難民をアメリカに流入させ、アメリカを破壊しようとしています。

以下は、元ISISメンバーが暴露した秘密情報です。


元ISISメンバーのサラー・アブデスラムがドイツのウェブサイトにてISISによる核攻撃計画を暴露しました:

2016年に文明の衝突が勃発する予定です。ドイツだけでも1万8千ものイスラム系テロリストの小集団が存在します。彼らは、突然、ヨーロッパにて破壊行為を開始します。さらには、アメリカ、ドイツ、フランス、ロシアに核爆弾を投下するでしょう。

私(アブデスラム)はISISのメンバーになったことを非常に後悔しています。
ISISは私が絶対にやりたくないことも無理やりやらせました。
私は人々から許しを請うのではなく、手遅れになる前にISISが何をやろうとしているのかを明らかにしながら、人々に注意を喚起したいのです。そうすることで、もうじき起こるであろう戦争を防ぐことができるかもしれません。
2016年は、世界中を巻き込む大三次世界大戦が勃発する恐れがあります。戦争が起きれば世界中が大きな犠牲を払うことになります。

ISISは4個の核弾頭(W25とW89)を所有しています。実際に私もそれらを目撃しています。4個の核弾頭を持っている理由は、アメリカ、ドイツ、フランス、ロシアにそれぞれ1個ずつ投下することになっているからです。

» 続きはこちらから

[竹下雅敏氏]ヘレナ・レーリッヒとキャサリン・ヘップバーンの処刑 と 星の教団の144,000人の裁き 〜今後、チャネリング情報はまともなものが増えてゆく〜

竹下雅敏氏からの情報です。
 これまで何度か、ハイアラーキー(聖白色同胞団)の残党について言及して来ました。天界の改革においてハイアラーキーは壊滅し、残党たちが組織を立て直したようです。その組織は、「(偽の)銀河連邦」と「光の銀河連邦」の残党を統合する形で大神聖社会評議会として、キング・マイトレーヤ・ブッダという人物が全体像を示しました。
 彼らがこれまでの行動計画を改めず、神々の意思に従うつもりがないことがはっきりとした時点で、その頂点に居たプロティノス及びキング・マイトレーヤ・ブッダを含む上層部が、全員処刑されました。その後、何日かかけて組織の解体が始まり、昨日、その末端近くにまで解体が及んだことをお知らせしました。
 下の記事をご覧下さい。“星の同胞団の中枢には、大師と阿羅漢がおり、この地球惑星においてアセンションに達した者たちである”とあります。この文脈では阿羅漢とは進化段階が4.0の者なので、アセンションに達するというのは、進化段階が4.0に到達することだというのがわかります。
 星の同胞団のメンバーの1人として、ヘレナ・レーリッヒの名を挙げることが出来ます。彼女はベンジャミン・クレームの書物によると、進化段階が4.0です。現在土星に転生して、肉体を持っているようです。
 “星の同胞団の弟子たちは星の教団を構成している”とのことで、星の教団のメンバーは地球に転生した進化段階が4.0未満の弟子たちで、144,000人が居るということのようです。
 これらの144,000人のメンバーは、本人の同意があってのことでしょうが、おそらく脳にマイクロチップを埋め込まれており、いつでも居場所を把握出来ることと、命令を直接脳の中に送り込めるようになっていると思います。
 今日滅びの対象になっているのは、この星の教団の144,000人です。全員ではありませんが、神の意思に従わない愚か者の大部分が裁かれることになると見ています。
 昨日、彼らに事の真相が開示されたことをお知らせしましたが、事実を受け入れず、最後まで神の意思に逆らう行動を取り続ける者が少なからず居るのです。
 今、問題になっている指令系統は、海王星に転生しているキャサリン・ヘップバーンを経由します。彼女は生前イルミナティの女祭司でした。進化段階は1.3で、ほぼ同じ進化段階のチャネラーへと情報を受け渡します。
 ヘレナ・レーリッヒの命令を、キャサリン・ヘップバーンが地上に居る有名なチャネラーの女性へと伝えます。彼女から他の144,000人の星の教団のメンバーへと指令が伝えられ、愚かな行為を実行に移すのです。
 行為のカルマが、今夜の21時に返ります。おそらく先の2人は肉体ごと消滅するでしょう。144,000人の星の教団のメンバーで指令に従った愚か者たちは、精神が破綻します。
 この記事が掲載される頃には結果が出ているので、追伸の形でお知らせします。

追伸
 本日3日21時にヘレナ・レーリッヒ、キャサリン・ヘップバーンが処刑されました。
 また、同じ時刻に悪事のカルマが返り、すべての肉体のチャクラを滅ぼされ、精神が破綻した者の人数は、14,3862人となり、組織は壊滅しました。
 今後、チャネリング情報はまともなものが増えてゆくことになるでしょう。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
星の同胞団
記事配信元)
本記事文章は現在公開を停止しております。 (2016/4/23)
記事の提供元にてご覧ください。

[竹下雅敏氏]滅びてしまった覚者(進化段階5.0以上)の調べ方

竹下雅敏氏からの情報です。
 当然ですが、このヒラリオンは偽者です。本物のヒラリオンは神智学が教える通り、過去生で聖パウロであった者です。その後の転生で覚者(進化段階5.0以上)になり、ヒラリオン大師と呼ばれていましたが、天界の改革でとうの昔に消滅しています。彼らが滅びていることを簡単に調べる事が出来るので、確認をして下さい。
 進化段階が5.0以上の者は、その人物の名前を唱えると、体表の7つのチャクラが全て同時に開くのです。6.0以上の者は、体表に加えて神経叢のチャクラも全て開きます。7.0以上の者は、体表、神経叢、脊髄の全てのチャクラが同時に開きます。
 例えば、竹下雅敏、スミワタルタカキホシノヒメミコ、中西征子のいずれの名前でも良いので、一度唱えてみてください。体外、体表、神経叢の全てのチャクラが同時に開くことがわかるでしょう。全員が少なくとも進化段階7.0以上なので、こうした現象が起こるのです。
 ところで、ヒラリオン大師の名を唱えてみて下さい。全く何も起こらないどころか、チャクラの機能が逆に停止する事がわかるはずです。これはこの者が滅ぼされている証です。
 同様に、覚者が世界主と崇めるサナト・クマーラ、彼のアドバイザーであったマハー・アヴァター・ババジの名を唱えて見ると良いでしょう。確実にこの両名は進化段階が5.0以上のはずですが、先のヒラリオンと同様、何も起こらないのがわかると思います。
 以前からハイアラーキーは全て滅ぼされたと言っているのですが、そのことが正しいということがわかるはずです。これが体感でわからないとしたら、チャクラの感覚が掴めていないということなので、もっとも基本となる訓練をまず行わなければならないでしょう。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
ヒラリオンの 週間メッセージ 2015年6月29日~9月6日
転載元より抜粋)
マーレーヌからのお知らせ:
私、マーレーヌは休息のためにチャネリングと全てのウエブサイトを無期限に休止し、傷んだ骨を休め、完成しなければならないプロジェクトの再編、再評価を行おうと思います。皆様方には大いなる喜びと夏がありますように!
June 28-September 6, 2015 

親愛なる皆さん、
この惑星上での 暮らしは進化、拡大を続けていて、多くの人達がこの特定の転生の理由と目的を満たすように呼びかけられています。個々の人には自分の中で答えを見付け、あ らかじめ定められた天のプランへのサービスを毎日意識し、意図をもって実行する義務があります。あなた方がこうすれば、天が指示したもののように思われる イベントが始まります。人々を気付かせ、自分のソウルの目的に適合し、自分の真の道の設定を助ける人達を紹介してくれるより多くの情報が種々の手段でもた らされるでしょう。本、ウエブサイト、なすべき仕事を思い出させてくれる人々という形で気付きのための情報がもたらされるでしょう。あなた方を圧倒し、限度を超えた圧力がかからないように一時に一段階づつ、あなた方は今最高の能力に対して開かれつつあります

・・・・・・

又会う日まで、ヒラリオンより。

[竹下雅敏氏]コブラと称する抵抗運動組織について 〜白龍会と同盟関係にあると考えられ、ナサニエル陣営の協力者〜

竹下雅敏氏からの情報です。
 以前の記事において、コブラと称する抵抗運動組織を紹介しました。その記事の中に、“ベン・フルフォード、デビッド・ウイルコックとドレイクは信頼できる情報源である”という言葉があります。このことから、この組織は白龍会と同盟関係にあると考えられ、ナサニエル陣営の協力者だと考えて良いと思います。
 ただし、この組織は以前、「(偽の)銀河連邦」の霊導を受けていたと思います。要するに、ハイアラーキーの地上組織の1つだと考えられます。彼らと密接な関わりがあるのが、エリザベス女王、フランシスコ法王、そして日本の裏天皇を中心とするグループです。この中でエリザベス女王とフランシスコ法王は、これまでもナサニエル陣営に協力的であったことを言及しました。
 しかし、彼らはハイアラーキーの下部組織なので、要するに闇のグループの一員であり、最終的にハルマゲドンに人類を誘導する目的に利用されていました。彼らとは異なり、このコブラと言う組織はカバールに対抗しつつ、最終的にハルマゲドンに誘導することを意図的に行っていたという点で、より悪質だったと言えるでしょう。
 しかし、上層部のハイアラーキーと残党が滅ぼされたため、現状では「銀河連邦」の指示に完全に従っています。従って、信頼できる組織だと考えて良いでしょう。これまでここから出ていた情報は、相当程度正確なもので、今回取り上げたこの記事も、内容は正しいものだと思います。
 現在、地球上の全ての宗教の改革を行なっていますが、聖書にあるハルマゲドンの思想が、大きな影響を与えています。かなり良識的な人物でも、ハルマゲドンが起こらなければ、理想の世界が来ないと信じている者が多いようです。闇の連中の単なる計画書を、本当の神の言葉だと錯覚した結果だと思います。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

――――――――――――――――――――――――
コブラ・・・2013年4月24日 秘密の宇宙プログラム
記事配信元)
本記事文章は現在公開を停止しております。 (2016/4/23)
記事の提供元にてご覧ください。
1 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19