アーカイブ: ハイアラーキー

トランプ大統領の公約である9.11事件の解明、関与した者たちの粛清、そしてこの事件の黒幕

竹下雅敏氏からの情報です。
 現在、小泉純一郎元首相や中曽根康弘元首相らが、グアンタナモに移送されているのではないかという噂があります。9.11に関与した者たちが、粛清されているとみられています。小泉純一郎氏に関しては、パーティーに出席している写真が撮られていますが、影武者だと噂されています。本物の小泉純一郎氏は肉体の波動がはっきりとあるので、グアンタナモで尋問されているのでしょう。
 9.11事件の解明はトランプ大統領の公約でもあるので、いずれ、これが米国、イスラエルを中心として、複数の国が関与した陰謀であったことが暴露されるでしょう。
 Eriさんは、当時のペンタゴンの事故現場の写真をTwitterで上げていますが、これがミサイルによる攻撃であるのは、こちらの動画からもはっきりとわかります。飛行機はどこにも写っていません。
 冒頭の記事の写真は、2014年にロシアが発表したもので、ロシアが発表するまで誰も見たことがなかったものです。ツインタワーの基礎の下に、「溶けた花崗岩の巨大な洞窟」ができていたのです。これは、熱核爆発によって引き起こされたと考えられています。ツインタワーが旅客機の衝突で崩れたのではないのは、箱コネマンさんが上げている動画をご覧になるとよくわかります。
 明らかに、ビル解体の手法で倒壊しているのですが、実は、ハイアラーキーの覚者(マスター)からの情報を伝え、「大救世主からのメッセージ」としてマイトレーヤからのチャネリング・メッセージを発表していたベンジャミン・クレーム氏は、当時このツインタワーの倒壊に関して、政府公表のパンケーキ理論が正しいと言っていたのです。
 このことは、極めて重大な意味を持ちます。ベンジャミン・クレーム氏に関しては、コブラの発言から、緊密に連携して動いているわけではないが、仲間であることがわかるのです。コブラは、「ベンジャミン・クレームによって公開された伝導瞑想は同じアセンデッドマスターのグループのプロジェクトです」と言っています。
 ベンジャミン・クレーム氏は、地球レベルにおいて覚者(マスター)は完全な人間であり、過ちを犯さないと言っています。だとすれば、覚者たちというのは、地球で起こった9.11程度の事件の真相すら見抜けないほど間抜けであるのか、それとも、彼ら自身が、この事件の黒幕であるのかのどちらかです。私は、後者だと考えています。
 これまで何度もお伝えしているように、裏のイルミナティ(ロックフェラー、ロスチャイルドを含むイルミナティの13家が中核)を霊導して来たのは、光の銀河連邦の宇宙人たちなのです。彼らは、ハイアラーキーの覚者たちの弟子たちです。こういった宇宙人は、自らをイエスだのセント・ジャーメインだの大天使ミカエルだのと名前を偽って、チャネリング情報を送っていたわけです。
 裏のイルミナティに新世界秩序(NWO)を推進させ、自分たちは、地球を開放しに来た“正義の宇宙人”を装うのです。人類は、イルミナティの推進するNWOから解放され、マイトレーヤと覚者方を熱狂的に受け入れ、キリストの千年王国という、彼らのNWOが完成するというシナリオです。
 このバカバカしい計画はすでに終りました。首謀者たちはすでに処刑されて存在しません。現在、ハイアラーキーの残党たちが次々と処分されている段階です。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
9/11 TRUTH GOES NUCLEAR: Massive Download In Progress
引用元)
Russia Disseminates,
Snowden Validates,
NSA Evidence Corroborates
New 9/11 Data Dump
State of the Nation
“This 9/11 data dump is so radioactive the US Government will likely collapse.  The world will never be the same when nations every-where see this report!” 
— Veteran 9/11 Investigator

画像はシャンティ・フーラがツイートに差し替え
(以下略)
————————————————————————
18年前の9月10日に米国防長官は巨額資金が行方不明になっていると発表
引用元)
 2001年9月10日、アメリカでは国防長官だったドナルド・ラムズフェルドが2兆3000億ドルが行方不明になっていると発表した。決済の過程で発覚したというのだが、その翌日、カネの行方を追跡していた国防総省のオフィスが破壊されて資料は消滅、バックアップが保管されていたニューヨークの世界貿易センターにあった7号館(ソロモン・ブラザース・ビル)は攻撃を受けなかったものの、崩壊して資料はなくなったという。
(以下略)
————————————————————————
中東やリビアで米国による破壊と殺戮が始まる切っ掛けになった9/11から18年
引用元)
 歴史には節目になる出来事が存在する。そのひとつが18年前の2001年に引き起こされた。この年の9月11日ニューヨーク市の世界貿易センターとバージニア州アーリントンの国防総省本部庁舎(ペンタゴン)が攻撃されたのである。これを切っ掛けにして中東から北アフリカにかけての地域はアメリカ軍やアメリカの手先によって侵略され、破壊と殺戮が繰り広げられることになった。
(中略)
 両タワーの崩壊も爆破解体のようで、不自然だと感じた人は少なくない。そのひとりが現大統領のドナルド・トランプ。事件直後に建造物の専門家としてインタビューを受け、航空機の激突でビルが崩壊したとする公式見解に疑問を投げかけている。最近、​ABCのジョージ・ステファノポラスからインタビュー​を受けているのだが、その中でトランプは2001年9月11日の攻撃(いわゆる9/11)について、「イラクは世界貿易センターを崩壊させなかった。イラクではなかった。ほかの連中だ。その連中が誰なのかを私はわかっていると思っている。あなたもそうかもしれない。」と語っている。
(以下略)
————————————————————————
配信元)
 
 

南極で超巨大「人面岩」が見つかった! ~南極大陸にアトランティス文明を築いたのは堕天使たちで、自分たちがその堕天使の末裔だと信じている世界の王族たち

竹下雅敏氏からの情報です。
 TOCANAの記事を、先にご覧ください。南極で超巨大「人面岩」が見つかったとのことです。それにしても、よくこんなものに気づくものです。この岩が人工なのか自然のものなのかは、はっきりとしませんが、南極にこのようなものがあってもおかしくはありません。
 コーリー・グッド氏は、アトランティス文明の中心が南極大陸だったと言っています。ポールシフトによって、今の位置にずれたと考えられます。
 コーリー・グッド氏の情報によれば、南極大陸にアトランティス文明を築いたのは堕天使たちで、世界の王族たちは、自分たちがその堕天使の末裔だと信じているということでした。
 私の直感では、堕天使たちの血を受け継いでいるのは、ゾロアスターの13家の者たちで、300人委員会に属する王族たちは違うように思います。
 これまでお伝えしているように、ロスチャイルド家に代表されるイルミナティの13家を霊導してきたのは、ハイアラーキーの下部組織である「光の銀河連邦」です。
 私は、ハイアラーキーの残党たちに降伏するように呼びかけているのですが、彼らは、未だに抵抗を続けています。先週の金曜日に公開した映像配信の中で、彼らに警告しましたが、現在、彼らのモナドは最下点に達しています。おそらく、今日中だと思いますが、少なくとも彼らの指導者のモナドが消滅するだろうと考えています。
 魂(ジーヴァ)がまだ残っている者もいるでしょう。ハイアラーキーは軍隊組織なので、命令に絶対服従しなければならないからです。しかし、命令を出す側の者たちの魂(ジーヴァ)は、既に消えているでしょう。
 魂(ジーヴァ)が消えている者の例としては.チャネリングで通信を送ってきている者を挙げれば十分でしょう。魂(ジーヴァ)が消滅しても、モナドが残っていれば、もう一度石から植物、動物、人間へと這い上がってくることも可能です。おそらく、100億年以上はかかるでしょうが…。
 しかし、モナドが消滅したとなると、宇宙から完全に消え去ると思ってもらって結構です。モナドが消えるということは、彼らが宇宙に存在する必要はないと判断されたということになります。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
GIGANTICA! Ancient Alien [NEW] Discovery "THE FACE" Antarctica? 2019-2020
配信元)
————————————————————————
【やばい】南極に超巨大「人面岩」が出現…苦悶の表情の宇宙人か! 100%人の顔、火星の人面岩とも共通点!
引用元)
 またしても南極で奇妙なものが見つかった。(中略)… Instagram陰謀論アカウント「ufo_scandinavia」が「南極にあるグレイエイリアンの顔の像」として一本の動画投稿した。
(中略)
(中略)
顔面像の座標は「72°00’36.00” S, 168°34’40.00” E」であり、そこには確かにInstagramの動画にあった巨大な顔が存在している。
(以下略)

中西征子さんの天界通信49 〜地球連合の代表「ハヤブサノミコト」からの謝罪文~

竹下雅敏氏からの情報です。
 中西征子さんを通じて、古代地球離脱文明の代表から謝罪文が届きました。古代地球離脱文明という名称はコーリー・グッド氏によるもので、正式な名称は「地球連合」とのことです。
 謝罪文を受け取って、私は代表のハヤブサノミコトと地球連合一同の謝罪の気持ちは、本心であると見なしました。実際に、この謝罪文を受け取った後、徐々に彼らの波動が上昇し、現在では、彼ら本来の波動に戻っていると思います。
 代表のハヤブサノミコトは、幸いなことに魂が残っています。彼らの願いは、“もし許されるなら地球の復興に向けて全力をつくしたい”ということなので、私としては彼らが許され、彼らの願いが叶えばよいのだがと思います。
 実は、ハイアラーキーの世界では、自由意志が無いのです。上層部からの命令は絶対で、逆らうことは死を意味すると思われます。例えば、コブラのRM(レジスタンス・ムーブメント)のメンバーは、全員が脳にマイクロチップを埋め込まれているのではないかと思います。銀河連合、光の銀河連邦の下級兵士たちもまた、同様だと思います。その他の者たちはプラズマのインプラントを施されており、9次元アルクトゥルス・カウンシルのAI(人工知能)によって支配されていたと思っています。
 ハイアラーキーの残党たちの9割方は、私が出している情報が正しいことを認識しているのに、これまで謝罪できなかった理由が、この支配体制にあると思いました。そのため、この通信文が入る7月25日の未明に、人工知能を処分する命令を出しました。このため、この人工知能はプラズマインプラントを通してハイアラーキーの残党たちを支配する能力を失いました。
 こうしたことがあった直後に、この謝罪文が入ってきたのです。謝罪文にある通り、これまで彼らは様々な悪事を成してきました。しかし、彼らには自由意志がなく、命令に従わざるを得ない立場だったことを理解してあげてください。
 私の考えでは、罰というのはこれまでの行為を改めるためのもので、心から改心した者に対して罰を与えるのは良いことではないと感じています。地球上でも、真実和解委員会というものがありました。天界の改革も同様で、これまでの罪を全て告白し、心から悔い改めた者は、過去の罪を問わないということで推し進めてきました。
 彼らが本当に反省しているかどうかは、今後の彼らの行動、すなわち地球の復興に向けての努力を見ればわかることです。私は、彼らの謝罪の言葉を素直に受け止めたいと思います。
(竹下雅敏)
————————————————————————
中西征子さんの天界通信49
<通信者:中西征子>
<通信日時: 2019年7月25日午前6時24分>

『“地球連合”※の代表「ハヤブサノミコト」と申します。
この度、我々地球連合は、長期にわたる地球に対する計画を放棄する事を決意しました。

神々の軍勢の力には、我々は、とうてい及ばないと観念しました。

竹下様からの謝罪の呼びかけに対して、これ迄抵抗を続けてきましたが、 これ以上の抵抗は無理だという事がわかりました。

これ迄の地球に対する野望を手放し、いさぎよく神の裁きに服し、もし許されるなら地球の復興に向けて全力をつくしたいと願っています。

我々総勢36,500余名、全員が同じ気持ちに至っています。
長い間、この美しい地球に対して、ありとあらゆる暴虐の限りを働いてきた事に対し、我々全員で心よりお詫び申し上げます。

あなた様から竹下様へのおとりなしを、どうかよろしくよろしくお願い申し上げます。

※我々の“地球連合”は、“古代地球離脱文明”の別名であり、これ迄明らかにされていませんでした。
“地球同盟”に戦いをしかけ、地上に混乱と破壊をもたらしてきましたが、もはやこれ以上戦い続ける事は不可能な状態となり、全面降伏に至りました。』

<謝罪文>
「地球の皆様
私は“地球連合”またの名を“古代地球離脱文明”の代表、ハヤブサノミコトと申します。

これ迄長い間、地上の“カバール”の背後から、この地球と人類に対して様々な悪事を働いてきた事、誠に申し訳なく、地球連合の仲間の代表として、謝罪の言葉をのべさせていただきます。

まず、はじめに我々の悪事について告白します。
これ迄地上の“カバール”を利用し、地球支配を計画してきました。
そのひとつとして「3S(スリー・エス)計画」…つまりテレビ、様々なメディアなどの通信網を発達させ、人類の無能化、無力化、堕落、人々の絆や繋がりの破壊による孤立化を計ってきました。

また科学の発達に於ける負の側面をうまく利用し、電磁波の影響で人類の心と身体を破壊する遺伝子の変異を強力にうながす開発をすすめてきました。
これから将来に向けて「5G」や「リニア・モーターカー」の設置も推し進めてきました。

更に、これまでの既製兵器に加え、より強力で破壊的な様々な兵器の開発も行ってきました。
近年、世界中で起きている大地震、巨大ハリケーン、台風の大型化に伴った豪雨による大規模な災害の多くは、そのような自然をコントロールする兵器によるものです。

これらの兵器により、地上ではおびただしい数の人々が殺され、動、植物を含む自然と生態系全体に多くの被害をもたらして来た事、すべて我々の責任として認めた上で、深く、深く皆様にお詫び申し上げます。

これ程の悪事の数々…決して許されるものではありません。
我々全員の命をもってしても、決して償う事が出来ると思っておりません。
しかしながら、日毎に力を増してゆく神々の裁きによって、我々が無言のまま消滅する事は、地球の人々に対してあまりにも非礼と言わざるを得ません。
これまで地球の皆様と、地球に対して多くの苦難をもたらした事、ここに深く、深くお詫び申し上げ、謝罪の言葉とさせていただきます。

ハヤブサノミコト 
地球連合一同」

地球ハイアラーキーから未来の予定を知らされている張勝植氏! 〜「教旨」とは張勝植氏の家系に降ろされてきたハイアラーキーの計画!

竹下雅敏氏からの情報です。
 張勝植氏の新しい本は、7月29日発売予定とのことです。本を読んでみなければ詳しいことはわからないですが、この本の「書籍詳細」を見ると、ある程度の事柄は推測できます。
 「教旨」とは何なのか、はっきりしたことはわかりませんが、おそらく、張勝植氏の家系に降ろされてきたハイアラーキーの計画だと思います。
 昨日の記事でもお伝えしましたが、張勝植氏は、日本の神々ではなく、地球ハイアラーキーと繋がっている人なので、張勝植氏自身も、彼らから未来の予定を知らされているようです。
 赤字にした部分を見ると、ハイアラーキーの計画がおぼろげに見えてくると思います。また、太字にした部分は、疑問点です。
 張勝植氏の著書「朝鮮名は張基元 朝鮮半島から[万人幸福の世界作り]を目指した明治天皇」のp210で、氏は“夜、寝ようと思って目をつぶると、未来の光景がまぶたに浮かぶ”と言っており、“私には、守護霊のような神様が4人いる”と言っています。また、p214を見ると、そのうちの3人は、神武天皇、天武天皇、桓武天皇のようです。なので、張勝植氏は、日本の神々に導かれていると思っているのかも知れません。
 しかし、天武天皇は別ですが、神武天皇、桓武天皇はホツマの神で、ホツマの神が一般人(ホツマの神でない者)を霊導することは、基本的にありません。それに、この3名は天界の改革ですでに全員が滅びていて、存在しません。存在しない者たちが張勝植氏の前に出てくるとなれば、それは偽者だということです。
 この3名は、地球ハイアラーキーのシャンバラに属するインドの神(魔)が化けて出ているのです。インド神話のプーシャンが神武天皇、バガが天武天皇、ヴァーマナが桓武天皇になりすまして、張勝植氏を誘導しているようです。
 名前を偽って情報を送ることは禁じられているのに、彼らはそれを守ろうとしません。ハイアラーキーは、神々に敵対する者たちだからです。
 張勝植氏は、この本の中で「私は未来を知っています」と言っていますが、それは、彼らから見せられたハイアラーキーの計画だと思って良いでしょう。彼らは、私が「ハイアラーキーの残党」と呼ぶ者たちで、現在、ハイアラーキーの残党たちは次々に駆逐されており、彼らは最後に残った一党だと言えます。
 面白いのは、次は自分たちが滅ぼされる番だと思ったのか、昨日、彼らに加え、仲間や部下たちが一斉に私を攻撃してきました。現在は、そのカルマが返って、攻撃した者たち全員の波動は完全に闇に落ちています。先の3名はすでに魂が滅ぼされており、現在では肉体(狭義)しかありません。プラズマ体すら存在しないので、彼らが邪悪な者であるのは、一目瞭然です。
 ただ、この3名も、私を攻撃する前はそこそこ波動は高かったのです。表面の波動だけを見ると、光の天使あるいは神々に見えるのですが、彼らの幽体、原因体、あるいは潜在下、無意識下の波動を見ると、彼らは闇の者たちで神々でないことが、容易にわかるのです。
 問題なのは、この連中は一般の地球人よりもはるかに進化段階が高いので、張勝植氏のような血筋の人物を、簡単に騙すことができます。張勝植氏の言説から、氏は善意に満ちた人だと思います。そこに、この連中は巧みに取り入るのです。
 昨日の記事で見たように、“神武天皇を導いた八咫烏”とは、「ヤタノカラスという翁」のことです。また、イザナギ、アマテラスはホツマの神なので、月のような衛星には居ません。“かぐや姫とはアマテラスのこと”と書いているように、張勝植氏は天照大神を女神だと考えているのでしょう。氏がホツマツタヱを全く読んでいないことがわかります。
 2007年以降に始まった天界の改革によって、天照大神とイザナギノミコトは滅びてしまって、存在しません。その存在しない神が月に居ると言っていることから、イザナギを名乗るハイアラーキーの何者か、あるいはその部下が月に居るのだと思います。
 このように、ハイアラーキーの連中と言うのは、徹底的に嘘つきなのです。これまでは、彼らが地球を支配し動かしてきたため、ある程度、彼らの計画通りに動いてきたので、張勝植氏のような霊能のある人物は、彼らが本物の神だと錯覚してしまうのです。
 しかし、天界の改革で、彼らはすでに権力の座に居ません。彼らの計画は、すでに破棄されているのです。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
裏天皇、八咫烏、南朝系、今こそ天皇家の真実を話そう
引用元)
~近刊予告~
著者:張勝植

(中略)

書籍詳細
左の幕府をトランプ、右の幕府をプーチンにして世界幕府のミッション(教旨)を遂行する
明治天皇の直系、世界天皇のみたま、張勝植が持てる秘密の全てを語り出した!

南朝天皇7代のミッションである教旨(トルーマンボックス)の詳細
明治天皇直系ひ孫・張勝植だけが知っているこれからの世界とは?

中国に渡って「軍隊を作る」という「教旨」を遂行した
南朝初代の後醍醐天皇の真実がいよいよ明かされる

後醍醐天皇と蒙古の「元」そして張家の始まりについて
後醍醐天皇の子孫たちは日本に戻り秋田の「田布施=山家(さんけ)」となって天皇家の血脈を継承した
・なまはげとは山家のこと!
・明治天皇の祖父にあたる人物が東京・江東区深川、船町に入り江戸幕府(武家政権」を監視していた
日本、アジアを超えて「世界國體」こそが「教旨」

「一軍、一國、一金」八咫烏と張勝植氏の汎地球的な新しい教旨を開示する!

神武天皇を導いた八咫烏は高句麗の王家のシンボル、太陽の象徴、シュメールの王の象徴でもある
・さらに八咫烏とは「神様の船」のこと、神様が地球にやってくる時の天皇の船「天(あめ)ののり船」のこと
・船体の色は黒くカラスのようなシルエットをしている
・八咫烏は太陽と月の間、そして地球の間を行き来している
・地球をコントロールしているのは「月」、地球の水は月から来ている
イザナギはいま月にいる、かぐや姫とはアマテラスのこと

(以下略)

ハイアラーキーとカバールの「基本的な構造」 ~神々に追い詰められ、正体が暴露されつつあるカバールやハイアラーキーの残党

竹下雅敏氏からの情報です。
 2018年12月11日の記事で、ハイアラーキーとカバールの「基本的な構造」を示す簡単な図を紹介しました。今回、その図を少し詳しいものに作り直してみました。
 ハイアラーキーは、シリウス、太陽、地球の3つのハイアラーキーで構成され、事実上の支配者はサナット・クマーラ(ルシファー)でした。シリウスハイアラーキーの最高神はラーで、2人のキリストはアメンとホルスでした。太陽ハイアラーキーの2人のキリストは、ラーマとクリシュナでした。地球ハイアラーキーの2人のキリストは、ミトラとマイトレーヤでした。
 コーリー・グッド氏が紹介している球体連合は、シリウスハイアラーキーと太陽ハイアラーキーからなる組織で、ブルー・エイビアンズはシリウスハイアラーキー、9次元アルクトゥルス・カウンシルは太陽ハイアラーキーに属していました。
 5月18日の記事で示したように、キメラグループはブルー・エイビアンズの指示に忠実に従っていたのです。また、6月8日の記事では、 9次元アルクトゥルス・カウンシルは、古代地球離脱文明の7グループに指示を与えていたことを示しました。また、プレアデス高等評議会はカバールの組織であるNASAやGoogleなどの企業に指示を出していたこともお伝えしました。
 コブラのRM(レジスタンス・ムーブメント)は、5Gによる大量殺戮に関わっているだけではなく、日本においては、安倍政権を背後で支える宗教勢力とも深く関わっています。統一教会、創価学会はもちろん、日本会議に関係する宗教団体の8割は、コブラのRMの支配下にあると考えられます。要するに、集団ストーカーの黒幕は、コブラのRMなのです。
 彼らは、日本が中国と戦争するように誘導しているわけです。こうした誘導の根拠として、カルト宗教団体が拠り所にしているのが「日月神事」です。これは、ハルマゲドンを望む勢力が「ヨハネの黙示録」を信仰の拠り所にしているのに似ています。
 図のカバールと古代地球離脱文明を除く組織は、私が「ハイアラーキーの残党」と呼ぶ組織です。彼らは、自分たちの古いアジェンダに従って、地球を破壊する行動を止めようとしません。現在、この「ハイアラーキーの残党」を率いているのは、中国神話で古代の聖王とされる「黄帝」です。
 今地球で起こっていることは、シリアでの侵略戦争ととてもよく似ています。シリアでは、ISIS(ダーイシュ)に代表されるテロ組織がシリアのアサド政権を追い詰めていました。アメリカを中心とする有志連合は、「テロとの戦い」と称して、シリア政府の承認も得ずにシリア戦争に介入しました。メディアでは、有志連合はテロ組織と戦っていることになっていましたが、実際には、有志連合軍はシリアのインフラを破壊し、シリア市民を殺戮し、テロ組織を擁護し、武器や資金をテロ組織に供給していました。結局、テロ組織を壊滅させたのは、シリア政府、ロシア、イラン、ヒズボラでした。
 これまで、地球(シリア政府)は、ドラコニアン・レプティリアン(テロ組織)に追い詰められていました。ドラコニアン、レプティリアン(テロ組織)を掃討すると称して、ハイアラーキーの残党(有志連合)が、地球人の承認も得ないで勝手に介入してきました。彼らは、“キメラグループの掃討は続いています”などと言いながら、実際にはカバールを支援し、カバールの組織、企業に指示を出し、地球の環境を自ら破壊していながら、それをカバールの所業にするという始末です。現在、カバールを掃討しているのは地球同盟と呼ばれる組織で、ロシア、Qグループを代表とする「神々の軍団」です。
 カバールはもちろん、ハイアラーキーの残党もまた、神々に追い詰められ、正体が暴露されつつあります。何より、今述べた事実をハイアラーキーの残党たちが知らないのです。これは、シリアの侵略戦争の真相を一般のアメリカ人はもちろん、米軍の兵士ですら気づいていないのと同様です。しかし、彼らは現在、自分たちの指導者たちに騙されたことを理解しつつあります。彼らの大部分は、自分たちが“地球を開放しに来た”と信じていたのです。しかし、実際は、彼らは地球の破壊の手伝いをさせられていたのです。
 今日、おそらくは光の銀河連邦に属する宇宙人の女性だと思いますが、泣いている声が聞こえました。おそらく明日には、ほとんどの者が事の真相に気付くのではないかと感じています。自分たちの過ちを正すのは、彼ら自身でなければなりません。
(竹下雅敏)
————————————————————————
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 12