アーカイブ: 安倍・闇人脈

安倍晋三が逮捕させないように庇った高橋治之容疑者は「非常に近い親戚」だった 〜 あらゆる腐敗が安倍一族につながる

 安倍晋三が「絶対に逮捕されないように守る」と約束して、高橋治之容疑者を五輪プロジェクトに引き入れたことを報じた「文藝春秋」に続き、今度は「リテラ」が二人は親戚関係にあることを報じました。このことは高橋氏自身が1991年に「なくなった安倍晋太郎さんとは親戚」「非常に近い親戚」とインタビューで述べ、故・中西啓介元防衛庁長官も国会の場で証言したようです。さらに高橋治之氏の実弟・治則氏は1990年代、安倍晋太郎に大々的な資金援助をしていたことも発覚しています。五輪の東京招致が危ぶまれていた時期に、竹田恒和JOC前会長の要請を受けた安倍晋三元首相が、親戚の高橋容疑者を説得し招致のテコ入れを頼んだ、という流れらしい。その後の招致委員会から「コモンズ」への巨額の資金振込は「FACTA」が報じました。
しかし、フランス司法当局の捜査共助に応じた東京地検特捜部は、コモンズに振り込まれた9億6000万円について「露骨なサボタージュ」を行い、フランスの予審判事から非難される始末です。
 結局、この国の腐敗はことごとく安倍晋三に繋がるということか。
(まのじ)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
【闇が次々露わに】安倍元総理と五輪汚職逮捕の高橋治之容疑者は親戚同士だった!安倍家の自宅購入資金を二信組事件で逮捕された弟・治則氏が捻出!
転載元)
どんなにゅーす?

・五輪汚職事件で特捜に逮捕された元・電通専務の高橋治之容疑者と安倍元総理が親戚同士だったことが判明。
一部メディアが報じた。

・文藝春秋では、「逮捕されたくない」との理由で五輪招致活動を断った高橋容疑者に対し、安倍氏が「絶対に逮捕させません」と約束したことが報じられた中、安倍家と高橋家の「闇にまみれた繋がり」が徐々に明らかにされつつある


(中略)


(中略)

安倍元総理と高橋容疑者は血の繋がる親戚同士だったことが発覚!五輪をめぐる特権階級一族同士の(血税を食い物にした)腐った構図がさらに鮮明に!


(中略)

またまた驚くべき情報が明らかになったわね。
少し前に、招致活動に関わりたがらない高橋容疑者に対して、安倍さんが「絶対に逮捕させません」と約束したことが大きな話題になっていたけど、まさか二人が血のつながっている親戚だったなんてね…。

ああ。
これで、不正な黒いカネが方々に飛び交っていた東京五輪において、これまで検察が全く動こうとしなかった理由や背景がかなりはっきりしてきたし、やはり、安倍氏が生前に水面下で「腐った権力」を強力に放っていたことで検察が全く身動きできなかったということだね。
中でも、高橋容疑者の弟・治則氏が安倍の父親(晋太郎)と非常に親しかったみたいだし、晋太郎氏が所有する4つのゴルフ場の会員権1億2千万円を治則氏が購入することで安倍家の自宅購入資金を提供したという話もなかなかに凄まじい。

当サイトでは、これまでずっと、日本の民主主義システムは、戦後にグローバル支配層がインストールした「張りぼて同然」のものであり、その実態は、(グローバル支配層に国富を横流しするのと引き換えに支配層から超法規的な権力を与えられる)長州一族を中心とした超法規的な独裁システムが敷かれている(田布施システム)ことを指摘し続けてきたけど、やはり、ボクが指摘し続けてきたものが陰謀論でも何でもなくすべて本当だったということが、安倍氏が消されたのを機にどんどんと暴露されつつあるね。
(以下略)

» 続きはこちらから

伊藤詩織さんに敗訴確定した山口敬之氏が今度は大石あきこ議員にスラップ訴訟 〜 犯罪の反省も謝罪もないまま3年も前のツイートに対して

 伊藤詩織さんを強姦し、さらに伊藤さんに1億円を超えるスラップ訴訟を仕掛けて敗訴確定した、あの山口敬之なる輩が、今度は突如、大石あきこ議員を訴えました。
なぜに?、、と思ったら、3年も前の大石氏のツイート「伊藤詩織さんに対して、計画的な強姦を行った。。1億円超のスラップ訴訟を伊藤さんに、仕掛けた、、とことんまで人を暴力で屈服させようという、思い上がったクソ野郎!!」が誹謗中傷・侮辱にあたるとして削除し、880万円を支払え、謝罪文を掲載し1ヶ月間固定ツイートにしろと、今頃になって提訴してきたということのようです。
このことを大石議員のツイートで知った時、大石ファンまの爺は頭にきて冷静なコメントを書く自信がなかったのですが、ありがたいことにシルクさんがサラリとブログ記事にされていました。
 大石議員が問題とされたツイートをした時は、まだ議員になる前でした。当時の伊藤詩織さんは、卑怯な権力を相手にたった一人で、多くの女性のために戦っておられました。大石あきこ氏の当時の思いは間違いなく伊藤さんを応援する人々の思いと同じでした。
 敗訴が確定した山口氏は未だに反省も謝罪もないばかりか、まだこんな卑劣なスラップ訴訟をやるとは、どこまでも見下げ果てた人間、まさに「恥の上塗り」だ。
 大石議員は当時、自分にできることは「伊藤さんの訴えを全面的に支持し、激励し、伊藤さんを防衛すること」だったと語っています。今、その同じ山口氏に攻撃されている大石あきこ議員にも全面的な支持と激励をしたいと思いました。大石議員、これで橋下徹氏と山口敬之氏という2件のスラップ訴訟を引き受けたことになります。
 「続きはこちらから」のツイートの人物相関図では、これまで山口氏の後ろ盾てであった人物は亡くなるか権力の座を降りています。なのになぜ今ごろ大石議員に噛み付いたのか、それは謎だ。
(まのじ)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
配信元)
————————————————————————
大石あきこ議員、、、また訴えたれたの??
引用元)
(前略)
3年前の2019年の大石さんの、山口氏に対するツィッタ-に対してとか。。

伊藤詩織さんに対して、計画的な強姦を行った。。1億円超のスラップ訴訟を伊藤さんに、仕掛けた、、とことんまで人を暴力で

屈服させようという、思い上がったクソ野郎!!


この部分らしいわよ。削除せよ!880万円支払え!謝罪文を掲載せよ、それを固定ツイ-トにせよ!!だとさ。。
(中略)
凄いね、、、一切反省なし、謝罪なし、恥の上塗りするんやね。
(中略)

大石さんはね、「理不尽な目に逢っている人と共に闘う!」ことが原点の人!(本人がおっしゃってますから)

何重もの、被害、侮辱を受けた一人の女性に、ひどいことだと思いながら何もしないというわけにはいかなかったと!!

すべての人の尊厳を守るためにね!!

伊藤さんを全面支持し、激励し、防衛することだとしたら、、まともなツイ-トやん!!まあちょい感情的だけど。。
(中略)
こんなもんに負けるな!!大石あきこ議員!!

そういや、、この山口氏、、安倍さんが襲撃されて、病院運ばれたとき、、いち早く死亡説流した人よね。。

仲良しだったのでは??普通はさ、、、そうあってほしくないと願って控えない??
(以下略)

» 続きはこちらから

[副島隆彦氏] 河井克行元法相は統一教会の最高幹部、案里氏は大幹部、黒川元検事長は統一教会検察100人のトップ、森雅子元法相まで統一教会のオンパレード 〜 法曹内部の統一教会vs非統一教会の抗争だった

 『統一教会と関わりを持った現職国会議員』リストが公表されています。さらにSNS上で追加情報も更新中です。公明党参院議員まで見つかっています。名指しされた議員たちは、抗議もせずに言い訳がましいコメントを出しています。玉木雄一郎議員に至っては「世界日報の取材依頼を受けただけ」と弁明していた数日後に「世界日報元社長から3万円寄付」を受けたことが報じられました。一応、隠したいことのようです。
 「きなこのブログ」というサイトで、副島隆彦氏の見解を取り上げておられました。それによると、以前に買収で逮捕された河井克行元法相は「日本の統一教会の最高幹部」、案里夫人も同じく「大幹部」とありました。河井克行元法相は、韓鶴子「お母さまに献げる会」1万人集会の主催者でもあったようです。河井氏が法相になった時「これで法務・検察の上に立った」と述べたことは、個人的野心以上のものがあったのだと今、理解できます。さらに賭けマージャンで失脚した黒川弘務検事長は、統一教会の検察官約100名のトップだとも。検察の例外だった63歳定年延長を持ち出し、閣議決定で黒川検事長を次期検事総長に据え、河井夫婦への追求を不起訴処分にし、ひいては「安倍晋三が逮捕されないための布石」にする計画は、法曹内の統一教会の意思だったとあります。おまけに無茶苦茶な答弁をしていた森雅子法相も、なんと統一教会関係者だったとなれば、あの時国会で見せられていた司法の崩壊劇は、統一教会に乗っ取られた姿だったわけです。結果的に非統一教会の主流派が安倍首相と黒川検事長の思惑を阻止しました。
 ブログではさらに、小池百合子も統一教会の7男・文亨進派であること、安倍晋三は「“聖母さま”の韓鶴子と3男坊の文顕進派の主流派である」ことを指摘しています。
 日本の国民が不幸になることを積極的に進めてきた自民党政権の真の姿が、はっきりしました。
(まのじ)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
配信元)
————————————————————————
統一教会に支配される日本 ~河井克行、案里の逮捕の裏側~
引用元)
(前略)
河井克行(中略)は、日本の統一教会(中略)の、現職、現役の、最高幹部だ
その奥さんの、案里(中略)も同じく、「お母様、聖母様」として日本の統一教会の大幹部だ
河井克行は、統一教会の創立者の文鮮明(中略)の奥様の韓鶴子(中略)を日本に招いて、東京の有明のビックサイトで開かれた、「お母さま(聖母様)に献げる会」の一万人集会の主催者である
そこにいた6人の自民党の衆議院議員の筆頭である。 
河井は、法務大臣(法相)になったとき、「これで(私たちが)法務・検察の上に立った」と言ったそうだ。
(中略)
5月22日に、賭けマージャンで、幕を引いた、黒川弘務(中略)東京高検 検事長が、検事総長になろうとして、遂に失敗した。
この黒川が、この日本の最高検と法務省に、「裏口入学」で、着々と潜り込んだ潜入者(中略)統一教会の検察官たち100人ぐらいのトップだ
(中略)
黒川を閣議決定で、稲田検事総長を急いで辞任に追い込んで、次に据えようとした 悪足掻(わるあが)きは、今年の1月31日である。
広島地検の 河井案里事件担当の若い検事が、殺された、昨年の12月10日から、1か月後である。
黒川弘務を検事総長にして、河井夫婦への追及を、不起訴処分で、押しつぶす計画だった。
当然、安倍晋三首相がやったことだ。
多くのボロボロ答弁で、苦境にある法務大臣の森雅子(中略)も、統一教会である
(中略)
小池ゆり子は、統一教会の中でも、7男坊の、文亨進(ぶんきょうしん)派だ。
安倍晋三が、“聖母さま”の韓鶴子(中略)と3男坊の文顕進(中略)派の主流派であるのと、派閥が違うのだ。 
(以下略)

岸信介、安倍晋太郎、安倍晋三、三代にわたって統一教会と深い関係にあった売国奴だった ~統一教会や国際勝共連合などはCIAの工作組織

竹下雅敏氏からの情報です。
 2016年の記事ですが、ゆるねとにゅーすさんが統一教会を取り上げ分り易い解説をしていました。
 昨日の記事で、「統一教会は、74年以降、秘書を無償で自民党議員に提供し、その斡旋を受けた議員は数百人。」ということでした。自民党二階派「志帥会」重鎮は、“自民党の議員はほとんどが、統一教会に応援してもらっている。実際にそれは酷い状態であり、それも安倍晋三たち幹部がやってきたことだった。”と言っていました。
 ゆるねとにゅーすさんは、“安倍総理の祖父・岸信介と文鮮明が握手を交わしている写真が残っており、特に自民党(清和会)と特別な関係を作ってきた…安倍晋太郎氏も統一教会と深い関係を持っていたようで、晋太郎氏は統一教会の信者を秘書として(無償で)自民党議員に大量に送り込み、さらには議員に対して統一教会のセミナーにも勧誘していた”と書いており、三代にわたって売国奴だったことが分かります。
 また、“統一教会は、設立と活動のプロセスにおいて、特に韓国・日本・アメリカの政界や裏社会と深く関わりがある…創価学会や生長の家など、他にもあるけど、これらは基本的に同じもの(アメリカ裏社会が関与している工作組織)と考えておおよそ差し支えない”とありますが、私も統一教会や国際勝共連合などは、CIAの工作組織だと見ています。
 昨日の記事で、全国霊感商法対策弁護士連絡会(全国弁連)の事務局長・山口広弁護士の記者会見での発言を紹介しましたが、その部分を切り取った動画があったので貼り付けました。
 藤原直哉氏は、「安倍氏の支持者には嫌韓の人が多い。しかし、日本の政界で最も韓国と近かったのが岸・安倍氏だった。」と言っていますが、ツイートを見ると「日韓トンネル推進全国会議」役員総会の写真に、世界平和統一家庭連合(統一教会)の田中富広会長が映っているのが分かります。
 “続きはこちらから”は、政府があべぴょんの国葬を行う方針を固めたということで、「#安倍晋三の国葬に反対します」というハッシュタグが現れトレンド入りしたらしい。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
安倍一族や安倍政権と深い関わりがあるといわれる「朝鮮統一教会」って一体なに!?
転載元)
(前略)
統一教会の”宗教”としての側面

かつてはテレビでも中継された「合同結婚式」

出典:人生の道しるべ

統一教会の中でも特徴的なのが、「教祖(文鮮明)のインスピレーションで信者同士を結婚させる」というスタイルだ。

このような信者同士の婚姻は「合同結婚式」として一大イベントで行なわれ、これがかつてのワイドショーで「奇怪な光景として」特集されたこともあった。
 
ちなみに、この合同結婚式によってカップルになったのは、日本だけでも1万組以上に達しているらしいけど、その中でも最も印象的だったのは、当時人気だった女優の桜田淳子が参加した合同結婚式だっただろう。
(中略)
統一教会は、悪質な霊感商法を多数行なってきたことでも知られている。
 
ただの壷を「霊界から開放されるため」と言ってみたり、ただの高麗人参を「血を清める」などと謳いながら高額で販売。

中には「これを購入しないと、あなたの大事な人に大変なことが起こる」などと脅しめいた文句で、相手を軟禁状態に置くような、完全な犯罪行為といってもいい商法を展開し、その結果、莫大な資金を集めることに成功しているようだ。
(中略)
安倍総理の祖父・岸信介元総理と深い交流のあった教祖・文鮮明
 
統一教会は、設立と活動のプロセスにおいて、特に韓国・日本・アメリカの政界や裏社会と深く関わりがあるといわれている。

日本では、安倍総理の祖父・岸信介と文鮮明が握手を交わしている写真が残っており、特に自民党(清和会)と特別な関係を作ってきたとされている。
 
↓1973年11月23日、統一教会本部を訪れた岸信介元総理(右)と握手を交わす文鮮明(左)。

出典:涼のブログ


出典:世界の真実を探すブログ

多くの自民党議員と関係を持ってきたみたいだけど、中でも安倍総理の祖父の岸氏との関係はとりわけ深かったようで、“闇社会のフィクサー”と呼ばれた笹川良一や児玉誉士夫らとともに、文鮮明が創設した政治団体「国際勝共連合」の設立に共に尽力したことが知られている。
 
また、岸氏の息子(安倍総理の父)の安倍晋太郎氏も統一教会と深い関係を持っていたようで、晋太郎氏は統一教会の信者を秘書として(無償で)自民党議員に大量に送り込み、さらには議員に対して統一教会のセミナーにも勧誘していたと言われている。
(中略)
ちなみに、この文鮮明が作った国際勝共連合は、現在も活発に活動を続けており、同団体の学生組織がつい最近に安倍総理の応援演説を行なっていたことも判明しているし、安倍総理本人が官房長官時代に統一教会の関連団体のイベントに祝電を送っていることも分かっている。
(中略)
(中略)

まとめ


日本には、政治と関係が深い宗教は創価学会や生長の家など、他にもあるけど、これらは基本的に同じもの(アメリカ裏社会が関与している工作組織)と考えておおよそ差し支えないかと思う。

(以下略)
————————————————————————
配信元)
 
 
 
 
 

» 続きはこちらから

銃撃事件で注目された統一教会とは 〜 李氏・安倍一族の背後で新たな国体を構想していた

 安倍元首相の銃撃事件については、7/9記事で時事ブログの見解を掲載しました。
 選挙前日のテレビでは銃撃事件の特番一色だったようで、しかも容疑者の供述から「統一教会と安倍元首相」の関係が原因にあったことが伝えられたにも関わらず、特番では「特定の宗教団体」すら検証されなかったそうです。杜撰な茶番劇で「統一教会」に注目を集める一方、それに反して「統一教会」など無かったようなメディアの扱い、まるで内部抗争でもやっているかのようです。
 統一教会といえば、「霊感商法」だの「合同結婚式」だのの怪しいイメージでしたが、それも今は昔、ネット上では「統一教会っていう言葉も 今回の件で初めて聞きました」というツイートも見られました。
 そこで、時事ブログの過去記事の統一教会に関する記事を抜粋しました。

旧満州と統一朝鮮、そして日本を一つにまとめた、例えば「大高句麗国」とも言うべき国家を建設しようとしている集団が居るのです。(中略)
 だとすると、この「大高句麗国」を建国しようとしている陰謀団は、現在の安倍政権を背後で支えている集団と大方が一致すると思われます。具体的には、統一教会、創価学会、勝共連合、日本会議、神社本庁、日本財団などなどです。(2019/3/15

“文鮮明は、いずれ韓国が日本を併合すると公言”していたとあります。(中略)旧満州、統一朝鮮、日本を1つの国とする「大高句麗国」とも言うべき国を建国しようとする勢力があるようです。まず間違いなく、現在の安倍政権を背後で支える勢力は、この構想を基に動いていると思います。
 CIAが日本を属国として支配するにあたって、血筋などを考慮に入れて、日本人に成り済ますのが容易な、李氏朝鮮の残党である李一族に権力を与えたと考えるとわかりやすいと思います。それが、安倍一族です。(2019/3/31

これらから察するに、旧満州、統一朝鮮、日本をひとつにまとめた国家の建国と、その権力を安倍一族に与えるという構想が、あの分かりやすい茶番劇を使って潰えたことを示したようにも見えます。
「fruitfulなブースカちゃん」が怒涛の88連ツイで統一教会を解説されていましたので、面白いところをピックアップしました。今からでも遅くない、安倍晋三の闇を知ろう。
(まのじ)
————————————————————————
配信元)

» 続きはこちらから
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 12