アーカイブ: 安倍・闇人脈

[副島隆彦氏] 河井克行元法相は統一教会の最高幹部、案里氏は大幹部、黒川元検事長は統一教会検察100人のトップ、森雅子元法相まで統一教会のオンパレード 〜 法曹内部の統一教会vs非統一教会の抗争だった

 『統一教会と関わりを持った現職国会議員』リストが公表されています。さらにSNS上で追加情報も更新中です。公明党参院議員まで見つかっています。名指しされた議員たちは、抗議もせずに言い訳がましいコメントを出しています。玉木雄一郎議員に至っては「世界日報の取材依頼を受けただけ」と弁明していた数日後に「世界日報元社長から3万円寄付」を受けたことが報じられました。一応、隠したいことのようです。
 「きなこのブログ」というサイトで、副島隆彦氏の見解を取り上げておられました。それによると、以前に買収で逮捕された河井克行元法相は「日本の統一教会の最高幹部」、案里夫人も同じく「大幹部」とありました。河井克行元法相は、韓鶴子「お母さまに献げる会」1万人集会の主催者でもあったようです。河井氏が法相になった時「これで法務・検察の上に立った」と述べたことは、個人的野心以上のものがあったのだと今、理解できます。さらに賭けマージャンで失脚した黒川弘務検事長は、統一教会の検察官約100名のトップだとも。検察の例外だった63歳定年延長を持ち出し、閣議決定で黒川検事長を次期検事総長に据え、河井夫婦への追求を不起訴処分にし、ひいては「安倍晋三が逮捕されないための布石」にする計画は、法曹内の統一教会の意思だったとあります。おまけに無茶苦茶な答弁をしていた森雅子法相も、なんと統一教会関係者だったとなれば、あの時国会で見せられていた司法の崩壊劇は、統一教会に乗っ取られた姿だったわけです。結果的に非統一教会の主流派が安倍首相と黒川検事長の思惑を阻止しました。
 ブログではさらに、小池百合子も統一教会の7男・文亨進派であること、安倍晋三は「“聖母さま”の韓鶴子と3男坊の文顕進派の主流派である」ことを指摘しています。
 日本の国民が不幸になることを積極的に進めてきた自民党政権の真の姿が、はっきりしました。
(まのじ)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
配信元)
————————————————————————
統一教会に支配される日本 ~河井克行、案里の逮捕の裏側~
引用元)
(前略)
河井克行(中略)は、日本の統一教会(中略)の、現職、現役の、最高幹部だ
その奥さんの、案里(中略)も同じく、「お母様、聖母様」として日本の統一教会の大幹部だ
河井克行は、統一教会の創立者の文鮮明(中略)の奥様の韓鶴子(中略)を日本に招いて、東京の有明のビックサイトで開かれた、「お母さま(聖母様)に献げる会」の一万人集会の主催者である
そこにいた6人の自民党の衆議院議員の筆頭である。 
河井は、法務大臣(法相)になったとき、「これで(私たちが)法務・検察の上に立った」と言ったそうだ。
(中略)
5月22日に、賭けマージャンで、幕を引いた、黒川弘務(中略)東京高検 検事長が、検事総長になろうとして、遂に失敗した。
この黒川が、この日本の最高検と法務省に、「裏口入学」で、着々と潜り込んだ潜入者(中略)統一教会の検察官たち100人ぐらいのトップだ
(中略)
黒川を閣議決定で、稲田検事総長を急いで辞任に追い込んで、次に据えようとした 悪足掻(わるあが)きは、今年の1月31日である。
広島地検の 河井案里事件担当の若い検事が、殺された、昨年の12月10日から、1か月後である。
黒川弘務を検事総長にして、河井夫婦への追及を、不起訴処分で、押しつぶす計画だった。
当然、安倍晋三首相がやったことだ。
多くのボロボロ答弁で、苦境にある法務大臣の森雅子(中略)も、統一教会である
(中略)
小池ゆり子は、統一教会の中でも、7男坊の、文亨進(ぶんきょうしん)派だ。
安倍晋三が、“聖母さま”の韓鶴子(中略)と3男坊の文顕進(中略)派の主流派であるのと、派閥が違うのだ。 
(以下略)

岸信介、安倍晋太郎、安倍晋三、三代にわたって統一教会と深い関係にあった売国奴だった ~統一教会や国際勝共連合などはCIAの工作組織

竹下雅敏氏からの情報です。
 2016年の記事ですが、ゆるねとにゅーすさんが統一教会を取り上げ分り易い解説をしていました。
 昨日の記事で、「統一教会は、74年以降、秘書を無償で自民党議員に提供し、その斡旋を受けた議員は数百人。」ということでした。自民党二階派「志帥会」重鎮は、“自民党の議員はほとんどが、統一教会に応援してもらっている。実際にそれは酷い状態であり、それも安倍晋三たち幹部がやってきたことだった。”と言っていました。
 ゆるねとにゅーすさんは、“安倍総理の祖父・岸信介と文鮮明が握手を交わしている写真が残っており、特に自民党(清和会)と特別な関係を作ってきた…安倍晋太郎氏も統一教会と深い関係を持っていたようで、晋太郎氏は統一教会の信者を秘書として(無償で)自民党議員に大量に送り込み、さらには議員に対して統一教会のセミナーにも勧誘していた”と書いており、三代にわたって売国奴だったことが分かります。
 また、“統一教会は、設立と活動のプロセスにおいて、特に韓国・日本・アメリカの政界や裏社会と深く関わりがある…創価学会や生長の家など、他にもあるけど、これらは基本的に同じもの(アメリカ裏社会が関与している工作組織)と考えておおよそ差し支えない”とありますが、私も統一教会や国際勝共連合などは、CIAの工作組織だと見ています。
 昨日の記事で、全国霊感商法対策弁護士連絡会(全国弁連)の事務局長・山口広弁護士の記者会見での発言を紹介しましたが、その部分を切り取った動画があったので貼り付けました。
 藤原直哉氏は、「安倍氏の支持者には嫌韓の人が多い。しかし、日本の政界で最も韓国と近かったのが岸・安倍氏だった。」と言っていますが、ツイートを見ると「日韓トンネル推進全国会議」役員総会の写真に、世界平和統一家庭連合(統一教会)の田中富広会長が映っているのが分かります。
 “続きはこちらから”は、政府があべぴょんの国葬を行う方針を固めたということで、「#安倍晋三の国葬に反対します」というハッシュタグが現れトレンド入りしたらしい。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
安倍一族や安倍政権と深い関わりがあるといわれる「朝鮮統一教会」って一体なに!?
転載元)
(前略)
統一教会の”宗教”としての側面

かつてはテレビでも中継された「合同結婚式」

出典:人生の道しるべ

統一教会の中でも特徴的なのが、「教祖(文鮮明)のインスピレーションで信者同士を結婚させる」というスタイルだ。

このような信者同士の婚姻は「合同結婚式」として一大イベントで行なわれ、これがかつてのワイドショーで「奇怪な光景として」特集されたこともあった。
 
ちなみに、この合同結婚式によってカップルになったのは、日本だけでも1万組以上に達しているらしいけど、その中でも最も印象的だったのは、当時人気だった女優の桜田淳子が参加した合同結婚式だっただろう。
(中略)
統一教会は、悪質な霊感商法を多数行なってきたことでも知られている。
 
ただの壷を「霊界から開放されるため」と言ってみたり、ただの高麗人参を「血を清める」などと謳いながら高額で販売。

中には「これを購入しないと、あなたの大事な人に大変なことが起こる」などと脅しめいた文句で、相手を軟禁状態に置くような、完全な犯罪行為といってもいい商法を展開し、その結果、莫大な資金を集めることに成功しているようだ。
(中略)
安倍総理の祖父・岸信介元総理と深い交流のあった教祖・文鮮明
 
統一教会は、設立と活動のプロセスにおいて、特に韓国・日本・アメリカの政界や裏社会と深く関わりがあるといわれている。

日本では、安倍総理の祖父・岸信介と文鮮明が握手を交わしている写真が残っており、特に自民党(清和会)と特別な関係を作ってきたとされている。
 
↓1973年11月23日、統一教会本部を訪れた岸信介元総理(右)と握手を交わす文鮮明(左)。

出典:涼のブログ


出典:世界の真実を探すブログ

多くの自民党議員と関係を持ってきたみたいだけど、中でも安倍総理の祖父の岸氏との関係はとりわけ深かったようで、“闇社会のフィクサー”と呼ばれた笹川良一や児玉誉士夫らとともに、文鮮明が創設した政治団体「国際勝共連合」の設立に共に尽力したことが知られている。
 
また、岸氏の息子(安倍総理の父)の安倍晋太郎氏も統一教会と深い関係を持っていたようで、晋太郎氏は統一教会の信者を秘書として(無償で)自民党議員に大量に送り込み、さらには議員に対して統一教会のセミナーにも勧誘していたと言われている。
(中略)
ちなみに、この文鮮明が作った国際勝共連合は、現在も活発に活動を続けており、同団体の学生組織がつい最近に安倍総理の応援演説を行なっていたことも判明しているし、安倍総理本人が官房長官時代に統一教会の関連団体のイベントに祝電を送っていることも分かっている。
(中略)
(中略)

まとめ


日本には、政治と関係が深い宗教は創価学会や生長の家など、他にもあるけど、これらは基本的に同じもの(アメリカ裏社会が関与している工作組織)と考えておおよそ差し支えないかと思う。

(以下略)
————————————————————————
配信元)
 
 
 
 
 

» 続きはこちらから

銃撃事件で注目された統一教会とは 〜 李氏・安倍一族の背後で新たな国体を構想していた

 安倍元首相の銃撃事件については、7/9記事で時事ブログの見解を掲載しました。
 選挙前日のテレビでは銃撃事件の特番一色だったようで、しかも容疑者の供述から「統一教会と安倍元首相」の関係が原因にあったことが伝えられたにも関わらず、特番では「特定の宗教団体」すら検証されなかったそうです。杜撰な茶番劇で「統一教会」に注目を集める一方、それに反して「統一教会」など無かったようなメディアの扱い、まるで内部抗争でもやっているかのようです。
 統一教会といえば、「霊感商法」だの「合同結婚式」だのの怪しいイメージでしたが、それも今は昔、ネット上では「統一教会っていう言葉も 今回の件で初めて聞きました」というツイートも見られました。
 そこで、時事ブログの過去記事の統一教会に関する記事を抜粋しました。

旧満州と統一朝鮮、そして日本を一つにまとめた、例えば「大高句麗国」とも言うべき国家を建設しようとしている集団が居るのです。(中略)
 だとすると、この「大高句麗国」を建国しようとしている陰謀団は、現在の安倍政権を背後で支えている集団と大方が一致すると思われます。具体的には、統一教会、創価学会、勝共連合、日本会議、神社本庁、日本財団などなどです。(2019/3/15

“文鮮明は、いずれ韓国が日本を併合すると公言”していたとあります。(中略)旧満州、統一朝鮮、日本を1つの国とする「大高句麗国」とも言うべき国を建国しようとする勢力があるようです。まず間違いなく、現在の安倍政権を背後で支える勢力は、この構想を基に動いていると思います。
 CIAが日本を属国として支配するにあたって、血筋などを考慮に入れて、日本人に成り済ますのが容易な、李氏朝鮮の残党である李一族に権力を与えたと考えるとわかりやすいと思います。それが、安倍一族です。(2019/3/31

これらから察するに、旧満州、統一朝鮮、日本をひとつにまとめた国家の建国と、その権力を安倍一族に与えるという構想が、あの分かりやすい茶番劇を使って潰えたことを示したようにも見えます。
「fruitfulなブースカちゃん」が怒涛の88連ツイで統一教会を解説されていましたので、面白いところをピックアップしました。今からでも遅くない、安倍晋三の闇を知ろう。
(まのじ)
————————————————————————
配信元)

» 続きはこちらから

NHK日曜討論にNHK党の「自爆テロ」〜 安倍晋三と統一教会、岸信介とCIAなど公然のタブーを地上波に乗せてしまう鳥獣戯画

 6/26、NHK日曜討論で国防をテーマとする際に、NHK党黒川幹事長が唐突に「安倍元総理が統一教会の集会に参加」「自民党は米公文書でCIAから資金援助を受けていた」と述べ、その上で「自民公明は外国勢力の利益のための政治を行なっているのではないか」と発言しました。公然の事実でありながら地上波ではタブーであろう事柄を言い切ってしまったことに驚きましたが、さらに歌まで歌ったとあって呆気にとられました。(竹下家では「自爆テロだ」とウケたらしい。)忖度NHKにとっては前代未聞の珍事だと思いますが、自民党の茂木幹事長は「事実に反する発言」と憮然とし、日頃は数に物を言わせて好き放題している自民、公明が「民主主義のルールに従って(発言すべき)」と苦々しげにたしなめ、あげく不祥事議員のデパート維新まで「やめていただきたい」と踏ん反り返ったのは鳥獣戯画のようです。図らずも茂木幹事長自身の“事実に反する発言”をも引き出しました。
 これについての、ゆるねとにゅーすさんの考察が腑に落ちました。「マスコミ界のタブーにどんどん突っ込んでいくこと自体は素晴らしいことなんだけど…」「これでは、多くの視聴者に対して『ただの頭のネジが外れた変な人』とのイメージが植え付けられてしまっただけなのではないかな。」「自民党や安倍一族が統一教会やCIAの支配下にあることなども『変な人が言ってる荒唐無稽の陰謀論』といった風になってしまうし、」「自民公明や維新を勝たせることに協力しているのでは?(つまり、今回の放送自体が一種の茶番劇なのでは?)と疑いたくもなってくる。」と。なるほど。確かにまのじも「変な人だ」と思ったわ。
(まのじ)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
【日曜討論】N党黒川幹事長「安倍氏が統一教会の集会に参加していた」「祖父の代からCIA」「自民はCIAから資金援助を受けていた」→茂木幹事長「事実に反する発言をしないように」NHKアナ「今すぐ発言を止めなさい」
転載元)
どんなにゅーす?

・2022年6月26日放送のNHK「日曜討論」において、NHK党黒川敦彦幹事長が「安倍元総理が統一教会の集会に参加し大炎上していた」「自民党は米公文書でCIAから資金援助を受けていたことが分かっている」と発言した上で、「自民公明は外国勢力の利益のための政治を行なっているのではないか」と批判した

・これに対して、自民・茂木幹事長は顔を引きつらせながら「事実に反する発言をしないように」とコメント。この他にも黒川氏は「安倍のせいだ~♪安倍のせいだ~♪おじいちゃんの代からCIA!おじいちゃんの代からCIA!」と歌い出し、アナウンサーが「今すぐ発言を止めるように!」と強く制止。ネット上で大きな反響が沸き起こっている。

(中略)

» 続きはこちらから

未だに一般教書演説もせず、各国首脳会談もせず、エアフォース1も飛ばない米「バイデン」新政権を支える勢力とは 〜 藤原直哉氏の「時事放言」から

 米「バイデン」新政権ですが、未だに一般教書演説はなく、エアフォース1の飛行形跡もなく、さらに未だに各国トップとの会談もなく異例づくしです。
 藤原直哉氏の「時事放言」では、客観的な事柄をもとに現在進行している新政権の実態を非常に興味深く考察されていました。ことはアメリカに止まらず、深く日本に関わるものでした。元記事のnoteには音声データもあります。気になる点を引用の後にまとめてみました。
 時事ブログの「ユダヤ問題のポイント」をご覧の方は、安倍・菅政権が戦犯を免れた「満州人脈」であるという指摘は無理なく納得されると思います。菅首相の父親は「いちご農家」というイメージが強いですが、「父親である菅和三郎は第二次世界大戦末期、南満州鉄道職員として当時満州国(現在の中国東北部)の首都だった通化市で日本の降伏を迎えた。」(ウィキペディア)とあります。一説には岸信介と協調して動いていたとも。
(まのじ)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
043 藤原直哉の時事放言/ヤバイデンとやばいぞ日本政府/2021年3月26日(金)
引用元)
(前略)
2機同時のコールサインの意味
・空席からの3番目と暫定と2期目
・GAO_Government Accountability Office_米国会計検査院レポート
・米日関係と米韓関係の意義
・年間83億ドル
・また延びたまた上がった
・CSIS_戦略国際問題研究所レポート
・尖閣諸島と日米安全保障条約第5条の適用
満洲帝国の最後
歴史と緊張をほぐしていたトランプ
リズミカルな命中
鉄道利権と南満州鉄道
・辺野古とオリンピックと
・リズミカルに来ますから
・一度にたくさんは消化不良
・間があくとみんな忘れちゃいますから
・大政奉還にはならない
(以下略)

【要点まとめ】
3月25日に2機のエアフォース2が同時に飛んだ。エアフォース2は副大統領が搭乗するが1機はカマラ・ハリス氏、ナゾのもう1機はトランプ所轄の宇宙軍があるアラバマ州ハンツビルに立ち寄っていた

・アメリカの憲法上、大統領選挙ではどちらかが「敗北宣言」をしない限り決着がつかない仕組みで、今のところどちらもやめると言っていない。アメリカ連邦政府は、早々に不正選挙があったと発表。他方、最高裁は、不正の有無の判断をしていない。これらのことから正式な政権移行はできていないのではないか。

・大統領承継法では、正副大統領が空席の場合、3番目のペロシ下院議長が暫定大統領となる。恐らく1月6日にバイデン・ハリスの就任に見せて実はペロシ氏が暫定大統領になったのではないか。ペロシ氏が指名してハリス氏が副大統領をやっているのではないか。それを支援している勢力があるはず。ペロシとバイデンの関係は不明だが、少なくともバイデンは大統領ではない

他方、バイデンが大統領でなければ困る勢力もいる。しかしトランプが体制に「タガをはめており」バイデンが動くと政策が裏目裏目に出てしまう。例えば、難民、ワクチン、金融政策、経済界はトランプが抑えている。

この「バイデン」大統領に会おうとしている唯一の元首が日本の菅首相だ。今までどの国の元首もバイデンに直接会っていない。バイデンが大統領就任の挨拶のために外国のトップに電話をかけたのは、カマラ・ハリスだった。普通は大統領本人が電話をかける。ところがそのバイデンに就任祝いの電話をしたのが他ならぬ菅首相だった。バイデンを「飼って」いるのは日本の戦争屋(ディープステート)ではないか

・その視点で見ると、今、日本で起こっていることの背景がうかがえる。
アメリカ側は、米国会計検査院のレポート、CSISのレポートも在日米軍にかかる予算不足を訴えており、沖縄辺野古の竣工も2030年に再延長させた。これは暗に日本からの引き上げのメッセージではないか。

・これに対して日本をこれまで支配してきたいわゆる「満州人脈(戦争屋)」は、尖閣問題を理由に「日米安保は大事」として安保条約第5条を錦の御旗にしている。日本政府は北朝鮮のテポドン再燃で危機感を煽り、韓国とも揉め事を起こそうとしている。トランプがほぐしたアジアの緊張を再び悪化させている状況。

・こうした状況を背景に、いわゆる文春砲、新潮、赤旗はきっちり狙って菅首相を直撃している。リズミカルに少しずつ、しかし途切れることなく菅首相のスキャンダルを出してきている。
菅長男の接待疑惑、鉄道利権の中心人物は菅側近の和泉補佐官、宮崎県と文科省の同席疑惑の藤原誠事務次官は菅官邸直結。辺野古やオリンピックは菅次男の務める大成建設など、これからも出てくるだろう。戦後日本を東電、関電を介して牛耳ってきた「テレビ放送」「原発」も揺さぶりがかかっている。満州人脈「お取り潰し」「満州帝国の最後」となる可能性。
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11