アーカイブ: ’17/1ミサキタカクノボルヒメミコ様の光

天の川銀河のセントラルサン・ミサキタカクノボルヒメミコ様のイラスト / 惑星の性別について

竹下雅敏氏からの情報です。
 中西征子さんから、天の川銀河のセントラルサンのヒメミコ様でいらっしゃるミサキタカクノボルヒメミコ様のイラストが届きました。今回のイラストは2度妨害が入り、描き直すことになりました。いずれもハイアラーキーの残党のグループからの妨害でした。よほど、本当のセントラルサンのヒメミコ様を人類に知られるのが都合が悪かったのでしょう。
 ヒメミコ様のイラストを見て、ヒメミコ様の御名を、「ミサキタカクノボルヒメミコ様、ミサキタカクノボルヒメミコ様、ミサキタカクノボルヒメミコ様、… 」と、繰り返し唱えてみてください。サハスラーラ・チャクラ(頭頂)から霊妙な光がどんどん体の中に入ってくるのがわかると思います。この光は強力な癒しの効果を持っており、例えば、あるタイプの鬱病なら、御名を唱えることで効果があるかも知れません。
 下の記事では、惑星の性別に対する質問にコブラが答えていますが、半分正解といったところです。中西征子さんの惑星のイラストをご覧になるとわかるように、私たちの太陽系の惑星の性別は、すべて女性です。イラストはほとんどが幽体で、幽体での年齢を記していますが、別の身体、例えばプラズマ体では、もう少し年齢が高くなります。以前の記事で、ミサキタカクノボルヒメミコ様のご年齢を28歳としたのは、プラズマ体の年齢です。
 イラストでは、私たちの太陽系の太陽と地球のヒメミコ様のお姿を現したものも添付しました。それぞれのイラストをクリックすると、そのイラストのページに飛びます。
 このような高度に進化した神が実在することは、疑いの余地がありません。私自身はこれらの3柱の女神様に実際にお会いしているので、そのことがよくわかります。しかし、一般の方でもヒメミコ様の御名をしばらく唱えれば、サハスラーラ・チャクラからヒメミコ様による祝福の光が入ってくることがわかり、その実在性を実感すると思います。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————



ミサキタカクノボルヒメミコ
(天の川銀河のセントラルサン、年令12才) 〈幽体〉




タカキヒカリノヒメミコ
(タマコ)〔太陽、年令10才〕 〈幽体〉




ハナタチバナノヒメミコ
(サオトメ)〔地球、年令10才〕 〈幽体〉
————————————————————————
私のインタビュー整理ノート12
引用元)
(前略)

星の性別

Q:地球と金星は一般的に女性惑星とされ、太陽と火星は男性性とされている。何が星や銀河の性別を決定するのか?

A:惑星に強く繋がっている天使的存在のエネルギーの特徴だ。惑星とは惑星という肉体をもつ天使的存在のことだからだ。天体は高度に進化した天使的エンティティーの肉体だ。そしてそのエンティティーはより男性的、あるいは、より女性的な極性をもつことができる。地球の場合、より女性的なのだ。

(以下略)

ミサキタカクノボルヒメミコ様(セントラルサン)からの祝福の光 〜神智学とサーンキャ哲学との対応〜

竹下雅敏氏からの情報です。
 昨日の記事で、“12日の正午から転換が起こった”と記しましたが、事実だったようです。詳しく調べてみると、2017年1月12日正午から、私たちの銀河のセントラルサンのミサキタカクノボルヒメミコ様からの光がずっと降り注いでいます。
 このことを確認する方法をお伝えします。あらゆる存在には3つの相があり、それが“意識=心=体”です。私たちは肉体を持っています。そうすると、“肉体”に対応する“心”と“意識”も存在するのです。いま降り注がれている光は、私たちの肉体(狭義)に対応する“意識”の光です。この光は体表のチャクラのルートに沿って、体表のサハスラーラ・チャクラ(百会)から入ってきます。
 そこで、この光をはっきりと感じるために、両手を胸の前で合わせ合掌します。この時、全ての指の間を軽く開いてください。合唱の姿勢のまま、意識をサハスラーラ(百会)に集めます。これだけで感覚のいい方は、サハスラーラ(百会)から体表のチャクラのルートに沿って、光が流れ込んで来ているのがわかると思います。
 この状態を保ったまま、「ミサキタカクノボルヒメミコ様、ミサキタカクノボルヒメミコ様、ミサキタカクノボルヒメミコ様… 」とヒメミコ様のお名前を何回か唱えてみてください。声に出しても、心の中で唱えてもどちらでも構いません。
 お名前を唱えだすと、膨大な光が体表のサハスラーラ・チャクラから流れ込んでくるのがわかると思います。このことから、この光は私たちのセントラルサンのヒメミコ様から届けられた祝福の光だということがわかるのです。このことがまったく感じられないとすれば、かなり問題で、肉体の意識の波動が、闇に落ちていることになります。
 この光は今後5年間、2022年1月12日正午まで継続的に降り注がれると思われます。思い出した時に、体表のサハスラーラを意識してヒメミコ様のお名前を唱えると、様々なレベルで恩恵があると思われます。
 ところで、神智学的概念では、ヒメミコ様は上の表のモナドを宇宙レベルで体現している存在だと見なされます。ダスカロスという偉大なヒーラーは、この宇宙レベルのモナドのことを、キリスト・ロゴスと呼んでいます。キリスト・ロゴスは図の三角形(意思=智恵=活動)の宇宙的実在である聖霊と一体です。これは、下の記事のサーンキャ哲学のプルシャとプラクリティに相当します。(厳密に言うと少し異なり、プルシャがプラクリティに干渉した後にプラクリティから最初にあらわれる大=マハットに相当します。くわしくは宗教学講座286回をご覧ください)
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
契約制度の終焉
転載元より翻訳)
クリックで拡大

クリックで拡大



――――――――――――――――――――――――
サーンキヤ哲学では、唯一なる「一元」なるものの代わりに
二つの究極的な原理を想定しました。

精神的原理としての「プルシャ」と
物質原理としての「プラクリティ」です。


(中略) 

「プラクリティ」は、サットヴァ・ラジャス・タマスと言う
3つの「グナ」からなり、その平衡状態が破られた時、
世界を展開し始めます。

o0400038412707517170 

先ずは統覚機能である「ブッティ」が生じ、そこから
自我意識である「アハンカーラ」が生じ、
そこから11の器官(5感覚器官、5行為器官、マナス)
と5微細要素(色・声・香・味・触)、5元素(空・風・火・水・地)が生じます。

(以下略)